月毎変化のまとめ2016年へ戻る    *最初に戻る  *現在の日記に戻る  * ←前の期間に戻る   * 次の期間に行く→    *

日記Ynas1612

2016年7月から12月までのの日記です。

    2016年後半の日記です。
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    ※ 読者のみなさんの参考のために

      靖子さんは (2016.7.1)現在71歳8ヶ月。
      アルツハイマー 発病後17年11ヶ月
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2016.7.1(金) 晴れ 湿度71%
    −−◎午後4時靖子さんを見に行ったら、風呂に入れてもらった後で寝ていた。起こすのも悪いので

        そのまま脇に掛けて少しの間様子を見ていて帰ってきた。

        今月病院行の外出届を出してきた。
             

2016.7.2(土) 曇り のち 晴れ 湿度70%
    −−◎土曜日の諸事、用件を済ませた。

    −−◎私は今までに何人の人に巡り合ったか?。

        分類

        @直接見て会話を交わした人。

        A顔を見ていないが、手紙、電話、メールなどで交流した人。

        B新聞、テレビ、催ものなどで、私が一方的に知っている人。

        C新聞、テレビ、催ものなどで、相手方が私の事を一方的に見たことがある人。

        D当人の書いた書籍、当人以外の人が書いた書籍、文章などにより私が知っている人。

          歴史上の人物もあるし、現役バリバリの人もいる。


        その時に双方が印象を持った人は@またはAの人であるがAの人はきわめて少なく@に限定して

         思い出しい見る。生活年齢的にそれぞれの年代でこの程度いたと思われる人数を加算すると

        1000人以下ではなく1万人は超えない人数であった。

        意外と多かったと思った。

2016.7.3(日) 曇り のち 雨 湿度 83%
    −−◎☆マルティン・ルーサー・キング・ジュニア(1929/1/15〜1968/4/4)

           ※アメリカで人種差別撤廃 公民権獲得運動をおしすすめた。法的に黒人差別は無くなった。

        ☆ネルソン・ホリシャシャ・マンデラ(1918/7/18〜2013/12/5)

          ※南アフリカが独立後(1961年)も植民地時代から継続していた白人支配と差別制度を廃止

          するよう運動をおしすすめ、撤廃させた指導者だった。一時・1年間ほど“武装闘争”方針を

          取ったことがあったがその後変えた。27年間投獄された。出獄後、投獄の恨みを口にする

          ことなく種族間の対話、政党間の対話を呼びかけ理解が広まり支持を得て大統領を一期だけ務めた。

        ☆マハトマ・ガンジー(1869/10/2〜1948/1/30)

          ※インド独立運動の指導者。

        キング牧師、マンデラ南アフリカ元大統領、インド独立運動のガンジーは 西欧諸国の海外での

        植民地支配、その継続での白人支配や、途上での“人身売買”よって送り込まれたアメリカで奴隷に。

        その苦難を解消した人たちである。いずれも“非暴力”で運動し実現させて行った。

        自分たちに苦難を与えている者と同じ精神レベルで闘うのではなく、より崇高な精神レベルに立ち

        運動を進めた結果国内でも国際的な世論の支持も得て獲得できた。


2016.7.4(月) 曇り 1時間ほど どしゃぶり雨  湿度81%
    −−◎靖子さんの介護保険の更新手続きを市役所へ行ってしてきた。

    −−◎このところ夜間に雨が降り、朝顔が良く伸びてきた。昨日の棚を作った。     

2016.7.5(火) 晴れ 湿度79%
    −−◎見たことはないが印象に残っている風景。

        私が20歳前後までのことだったが、知人・友人が旅行に行ってきての お土産話の“風景”イメージで

        今もって覚えていることがある。いかに美しかったか、素晴らしかったかに 感動したようすを熱を

        込めて話してくれたことである。

        Oさん・・・田沢湖。湖面に紅葉が映し出されていた。

        Nさん・・・大正池。上高地周辺の大正池に至る景色がよかった。

        Kさん・・・富士五湖周辺。自然の空気に洗われた。

        Mさん・・・須賀川(福島県)牡丹園の一面のチューリップ。こころが広がり躍動感が出てくる。

        東北から九州まであちこち団体旅行などで行き印象に残っている風景はあるが、この四ヶ所は

        今も行ったことはない。長年の間には絵ハガキなどで見てイメージはある。

        美しい風景を見ることは、自分も楽しかっただろうが、人も楽しませてくれる。再会したことはないが

        こころ穏やかな人として記憶に残っている。         

2016.7.6(水) 昨晩雨 朝から晴れ 湿度74%
    −−◎今日は靖子さんを県医療センターへ診察で連れて行った。

        靖子さんが部屋から出て車に乗るまでの間「う〜っ、う〜っ」と言っていたが腕をさすって

        いたら静かになった。眠ったような状態で表情の変化はなかったが、注射針を刺される時

        眉間と口元がわずかに動いた。

        病院の先生には この1ヶ月間は風邪や消化器系の異常は無かったのでそのように伝えた。     

2016.7.7(木) 晴れ 曇り湿度67%
    −−◎七夕。夜空を見上げたが曇っていて天の川は見えなかった。

             

2016.7.8(金) 曇り 湿度75%
    −−◎年俸

        ソフトバンク 社長 孫 正義さん          95億5千8百万円

        ソフトバンク 取締役(6月退職)  ニケシュアローラさん

        報酬 2014年4月〜2015年3月...  年俸 54億7千万円

                    〜2016年6月...     165億5千6百万円...(東洋経済HPより)

        以前は「どこどこの社長は一億円を超えている」などと5本の指で数えられたが今では440人

        以上いる・

        社会は様々な人の有機的なつながりにより構成されている。それぞれの人はその居る場所

        で社会に貢献している。収入は 年齢にもよるが700万円以下...500万円以下...

        300万円以下...200万円以下...。

        派遣社員(収入の多い少ないはあるが地位は不安定)...自分には不向きだがやらざるを得ない人

        入った会社がブラック企業で困っている人...新卒でなかなか就職決まらない人...

        近年 大手企業の“社長重役”の年俸は年々増えている、それに反比例するように困って

        いる人が増えている。

        なのに“法人税”は「企業が活動しやすいように」と減税されている。おだやかに上品に制度を

        自らが有利なように編成をしている。

        仮に収入が300万円の人の1日の働きに対して 54億円の人は1800日分働いたことに

        なるが不可能な話である。

        

2016.7.9(土) 雨 湿度73%
    −−◎明日は参議院議員の選挙だ。皆さま、選挙の投票に行きましょうね。

    −−◎7月2日に「今までに何人の人に巡り合ったか?。」

        「@直接見て会話を交わした人。」は「1万人を超えないだろう」と書いた。「もっと多かっただろう」

        と数日後の私が言った。

        幼児期は意識していた人は少ないが大きくなりとクラス人数やら小学校からその次へと集計していき

        就職後は固定顧客と新規開拓への対応などを集計したものであった。

        その他に例えばワンマンバスの運転手の人が「足元お気をつけて」と言われて「ありがとうございます」

        と返すことや、たまにタクシーに乗ったり、

         コンビニやスーパーで「○○円でございます」と言われ「じゃーここに」などと・

        組合、講習会、病院、旅行、その他、+2万人ほどいる計算になる。

        「えっ」と思ったが、日数で計算してみると365日×46年=16,790日になる。

        1日に1,5人と対面すると仮定して24,185人と対面したことになる。前日計算分に加えると

        3万人を超えることになる。

        1万人でも、3万人でも良いが、人(現代人)と言うものは多くの別の人と関わり合いを持ちつつ

        存在ししている。

    −−◎

2016.7.10(日) 晴れ 湿度70%
    −−◎世の中には「エッ!」と思うような事がたまにある。

        「国公立大学の文系学部を廃止しよう」との提起である。すでに廃止または縮小の動きもある。

        これはえらいこっちゃ!!。私の驚きの第一声である。詳細は後日書く。     

2016.7.11(月) 晴れ 湿度65%
    −−◎平日、日程に従って業務を進め時間にまとめて終わった。日中は室内でも暑かったが

        夕方5時45分散歩に出た時は涼風がふき、湿度も幾分少なく快適だった。

        私は夏好みの人間のようだ。日中の暑い時間は別だがそれ以外の時間には冬季よりも

        行動を起こす気分も湧いてくる。     

2016.7.12(火) 曇り のち 晴れ 湿度73%
    −−◎私が県医療センターの整形外科で受診してきた。異常なし

    −−◎靖子さんの介護保険の更新のため状況調査があり立ち会った。本人や私、施設の職員さんに

        靖子さんの日常の生活動作や介護について質問された。

    −−◎上記とは別件で施設が依頼しているお医者さんの医院で6月30日にエコー検査を受けた。

        その結果について先生から詳細な「検査報告書」をもらい説明を受けた。

        エコーで肝臓、胆のう、総胆管、すい臓、脾臓、腎臓,膀胱、大腸、大動脈について、大きさ(萎縮や

        肥大は無いか)、表面、内部エコーで動作を見、管の萎縮、肥大は無いか、などを説明された。

        また臓器や管に、コロイド(流体物)、沈殿物、結石は無いか、なども調べた。

        「内臓にほぼ異常はありませんねー」とのことだった。

        「報告書」のコメントの最後に“WNL”と書いてあり何のことかと思い家に帰って調べたら

        “正常の範囲内”とのことだった。今回は無かったが6ヶ月に1回くらいやってもらっている

        血液検査のデータと重ね合わせて見れば状態はわかるようだ。

        靖子さんのように声は出すが言葉を言えない状況で去年の秋、どこか痛いような声を発していて

        胆のうか肝臓が痛いのかと思ったが臓器に異常はなかったようだ。

        物言えぬようになってしまった人にとっては良い診断方法だと思った。

    −−◎クリントンさん、トランプさん、

        短期でやれること(一見良いことに見えるか先々問題の発生する事)、大げさな事、

        ある範囲では利益を守るが国際的に見ると大問題の事を言っているトランプさん。

        世論調査ではクリントンさんがやや有利とか...。

        「人に聞かれてトランプとは恥ずかしくて言えないよ」と思いつつ、クリントンさん支持を言い、

        投票所ではトランプさんに入れる。なんてことになって異様な世界にならないよう望む。    

2016.7.13(水) 曇り 湿度73%
    −−◎NHKの朝ドラは明治、大正。昭和と生きた女性の物語が多い。

        その中によく出てくるお話は「元始、女性は太陽であった。」(平塚らいてう)の言葉である。

        平塚らいてう=(1886/2/10〜1971/5/24)、評論家、作家、思想家で女性解放運動に尽くし

        戦後は平和運動にも参加した。

        ところで近頃女性が太陽になりつつある部門がある。世界の国の元首である。

        イギリスでテリーザ・メイさんが首相に就任の模様である。

        世界の女性元首を見てみると、

        ドイツ      メルケル首相

        アイスランド、 ヴィグディス・フイン大統領(16年務め退任)

        スコットランド行政府   スタージョン首相

        カナダ     キム、キャンベル首相(6ヶ月務め退任)

        韓国      朴大統領

        台湾      サイ(草冠に祭)首相・総統

        タイ       インラック首相

        オーストラリア ギラード首相

        ニュージーランド クラーク首相

        マーシャル諸島 ヒルダ・ハイネ大統領

        ネパール     ビディヤ・デビー・ファキム大統領

        サン・マリノ   ロレッラ・ステファネッリ執政

        モーリシャス  アミーナ・グリブニファッキム大統領

        クロアチア   コリンダ・グラバル=キタロヴィッチ大統領

        チリ       ミシェルバチェレ大統領(4年務め退任)

        ブラジル    ジルマ・ルセフ大統領

        コスタリカ   ラウラ・チンチージャ大統領(現在は退職)

        パナマ    ミレヤ・モスコン大統領(5年務め退任)

        アルゼンチン クリスティーナ・フェルナンデス大統領(8年務め退任)

        インド     プラティバ・パティル大統領(5年務め退任)

        リベリア    エレン・ジョンソン・サーリーフ大統領

        インドネシア メガワティ・ステイファティ大統領(退職)

        フィリピン   グロリア・アロヨ大統領(9年務め退任)

        ミャンマー   スーチン氏政界有力者。

        その他元首級の女性がいた国は

        モンゴル、ボリビア、マルタ、サンマリノ、ハイチ、ニカラグア、アイルランド、ブルンジ、スリランカ、

        リベリア、エクアドル、ガイアナ、ラトビア、フィンランド、グルジア、

        などがある。その他にもいるかも知れないが私がわかるところではこの範囲。

        もし ヒラリー クリントン大統領になると 独 英 米の主要大国の元首が女性となる。

        およそ40ヶ国が現在女性元首であるかまたは過去50年の間に女性元首を置いた経緯のある国である。

        長い歴史過程から見れば女性進出の歴史的な進展である。

        女性がトップになる国がたくさん出てきて課題はつぎのレベルへと進み「女性が良い」「男性が良い」

        と言う事を越えて、どちらが担当しても 内容的に長期の見通しを持って、平塚らいてうも言っていた

        ように平和で民主的な発展が期待される。


2016.7.14(木) 曇り のち 晴れ 湿度68%
    −−◎全国各所で大雨のもようと伝えられている。当地では雨は少ししか降っていない。それも

        夜間に降る程度だ。昨日珍しく、昼間1時間ほど どしゃぶり雨が降った。

        かなり大降りだったが浸水や土砂崩れ話は聞いていない。

2016.7.15(金) 曇り 晴れ 曇り 湿度70%
    −−◎私の平日の昼休みはAM11:30〜12:30である。

        NHKのEテレに今日のお料理のすぐ後に AM11:25から5分間「きょうのお料理ビギナーズ」

        との番組がある。仕事を早めにまとめた時は時々これを見て 見た時はメモをとって置く。

        おばあちゃんが孫やお嫁さんと一緒に仲良く作り(説明はアニメで料理は実写)説明している。

        素材も調味料も我が家で普通に見かける物で参考になる。その場でそれを昼御飯用に

        作るわけではないが、「今日は何にしようか?」と思った時、メモを見て冷蔵庫を見て作っている。

        靖子さんが病気になってから、時々この番組を見て“主夫業”のおかず作り部門を上達させてきた。

        自宅介護の時は、仕事は休業状態だったし、デイサービスに行くようになって、仕事を半分回復し

        ていたが“主夫業”はこなさなければならず、この番組を見て“お料理”を学んでいた。

        学生時代も独身時代も自炊をしていたがカレーを大量に作りすぎて3日間食べても苦になら

        なかった。(今 人に食べさせる時にはそうはいかない)また 外食したり、マーケットで出来上が

        ったおかずを 買ってきたりしていたこともあった。

        当時と比べると格段の前進である。  (^O^)/

        50歳を過ぎてからでも学び前進させることができるものだ。

2016.7.16(土) 晴れ 曇り  湿度 72%
    −−◎家事、生協受け取り、食品日用品買い物、靖子さんの日用品買い物、午後2時間ほど

        昼寝、その後は趣味の作業。

        昔と比べると本を読むスピードが遅くなった気がする。眼と頭の弱化かも知れない。

        追いかけられて読んでいるわけではないのであまり気にかかりもしないが...。

        時に10分くらい音読をして、発声を保っている

        

2016.7.17(日) 曇り 雨 曇り 湿度72%
    −−◎何台かあるパソコンのシステム動作点検をした。

        起動時間、ネット接続時間、プリンタへの接続印刷できているか、画面の明暗、音声

        その他をチェック。

        ウィルスについては個々の機器はトレンドマイクロのウィルスバスタでチェックし、

        全体的にはNTTのセキュリティ対策ツールで防止され、サーバーの会社も独自のセキュリティ

        システムで刻々チェックしているので本日は除外。

        進めていると そのうちの1台では外付スピーカーの音が 聞こえない。画面から見ると音声は

        送り出されていて“発声”しなければならない。

        外付スピーカーの裏蓋を開きチェックすると接触音(=カサッ カサッとか ブーーンという音)が

        聞こえ壊れていないと感じた。

        そういえば思い出したが以前にこのスピーカーは壊れて音量調節が効かなくなっていたなー

        大きい音が音量調節をしても出っぱなしだったなー。

        そこで別のパソコンに このピーカーつないでテストしたら 巨大な音声を発し 大音響以外は

        壊れていないことがわかった。

        (ここまで来ても本当の原因に気付かず“音を出さねば”と次に進めた。)

        スピーカーの裏蓋を閉じねじ止めをした。次に有効な別の外付スピーカーを音を発しないパソコン

        につなぎ試みたが音声を発しなかった。「本体の方が原因だなー」

        「うーん、マイクロソフトノの呼びかけで 以前にWIN10に切り替えたせいかな..。いや

        そんなことはない その後でも声は出ていたなー。うーん」

        音の出ないパソコン本体を前後左右と観察していたら 外部音声の取り出し口が後ろ側と正面の

        2ヶ所にあって後方の取り出し口に接続していた。正面の取り出し口の横に小さなボリュームコントロール

        がある。「そうだ!このボリュームで音声0にまで廻しておいたんだ」と気づいた。このパソコンでは

        音声使用の作業をしていなかったのですっかり忘れていた。

        その音量を上げて サンプルで音声を出してみると快適に音声が聞こえてきた。存在しない“おばけ”に

        向かって2時間余り立ち向かっていたが“幽霊の正体見たり枯れ尾花”であった。 (^O^)/

        このケースの場合、音量調節機能は

        @外付スピーカーの ボリューム(これが壊れていて最大音を出していた)

        Aパソコン本体の構造的ポリューム。

        Bパソコン本体のソフトプログラムでのボリューム

        CDVDやインターネットの提供側がセットアップしているボリューム

        4種類あったが@が壊れていてAで0に抑えていて本日点検の時忘れていて右往左往した。

        その他のパソコンは毎日使わない機能も含め点検したがほぼ正常に作動した。


2016.7.18(月) 海の日  晴れ 湿度62%
    −−◎休日日、ゆっくり過ごす。梅雨明けらしい 日中の外は日射しが強く 暑いので冷房をかけて

        こもっていた。雑事を片付け夕方5時30分ころ駐車場脇の草花を見に外に出た。家の東側で

        夕方は日陰になり風もあり思ったより涼風だった。

        ちょうどその時、たまに散歩で別のところで出会ったことのある名前は知らないが ご婦人が

        通過された。

        ご婦人「こんにちわ 暑うなりましたね」

          私「いゃー たいへん暑うなりました」

          婦「奥さんはどうですか。見に行っていらっしゃる?」

          私「えー 3日に1回くらい行ってますが、それなりに体調も悪くならず過ごしています」

          婦「施設やったら 急に悪るなる事もないからねー」

          私「冷房もかけたあって熱中症の心配もないし」

          婦「大事にしてやっください。お宅 この頃は散歩に行かないんですか」

            そういえばこのご婦人とは2〜3ヶ月散歩で出会っていないなー。時間が違うらしい。

          私「私ー 晴れの日は 日が陰ってから暗くなるまでの間をぬって行っているんです。

            朝でも6時半、7時には陽が強くなっていますし...」

          婦「そうや(です)ね、暑いとかえって体に悪いし。私 川べりまで行ってこようと(しているのです)」

          私「(ごようすから見て)毎日頑張っておられますね。歩くのは体に良いと言われてますから

            (いいですね)。お気をつけて(車などに)回ってきてください、」


2016.7.19(火) 晴れ 湿度67%
    −−◎靖子さんとこへ、スポンジ歯ブラシを持って行ったあげた。これは普通の歯磨きをしてもらった後

        1日1っ回程度 舌や上顎、左右の内部をぬぐってもらって口の中を清潔に保つためである。

        その時 たまたま 新規の相談員さんがフロアにおられて、部屋に立ち寄られたのでお話をした。

        部屋に貼ってある靖子さんの若かった頃の写真やイラストや新聞記事などのことをお尋ねになり

        私も 美人の靖子さんのことを得意になってしゃべっていたらしゃべりすぎた。お話ししやすいかた

        だった。     

2016.7.20(水) 晴れ 湿度70%
    −−◎靖子さんを歯科へ連れて行くためレンタカーを借りてきた。     

2016.7.21(木) 晴れ 湿度72%
    −−◎靖子さんを歯科へ診療に連れて行った。

        いつものように治療と清掃をしたもらった。終わった後で

        本日は「身障のかたには “訪問診療”もありますよ。施設でも行きますよ」と言われた。

        私「そういうことがあるのですか。どうすればいいのですか。」と聞き

         「靖子さんには 根だけ残っている歯があり、化膿する惧れもあり、訪問診療では器具の

        関係で抜歯は出来ないので、事前に準備を整える意味で抜歯を行ない、体が

        ご不自由なので2日間ぐらい入院していただいて...」

        私「入院といっても 本人はまったく動けないし、ご飯も排泄も何もかも世話してもらっている

        のですけれども...」と聞くと

        担当の先生や、主任の先生、衛生のかた、から詳しい説明を受け、病棟まで一緒に行って

        看護師さん、からも説明を受けた。

        −−歯科の病院だと 衛生士さんか?−−との私の疑問を察知してか

        看護師「私は看護師で病棟のメンバーは介護のことも心得ていますから大丈夫です。」

        いろいろ聞いて、たとえ2日でも入院となるとすぐ決められないので、次回までに方針を

        決めることにして戻った。

    −−◎

2016.7.22(金) 晴れ 湿度73%
    −−◎「民族主義」と目先の利益を表示してその勢力を強めようとする傾向の世界での広がりを

        危惧する。

    −−◎7月10日のこの日記の記事で「国公立大学の文系学部を廃止...」について「後日書く」

        としていたが、整理してみると膨大な記事となり、日記に収まらないので要点の一部のみ記す。

        ☆国立大学が「国立大学法人」となり 当初は 自由な研究がすすめられると言っていたのに

         それまで 学生数、教員数などの一定の基準で配分されいた運営費交付金が その後文部

         科学省の点数評価 により増減されることになり、文部科学省の介入を受けやすくなった。

         通常を100%とすると 評価の高い大学は118.6% 低い大学は75.5%となっている。

        ☆理工系学部を増やし強化し、人文社会科学系、教員養成学部の廃止または縮小をする。

         哲学や批判精神の薄い人間が増えて「理科栄えて 国衰退」にならぬか心配である。

        ☆一例

         佐賀大学で文化教育学部の廃止に学生は「思い出を残そう」と「こころの栄養素は文化だ」

         「文教は永久に不滅よ」と書いた表示板をかかげ数十名が学内でデモをしたという。

         (佐賀大学の件は佐賀新聞HPより―文責筆者)

        

2016.7.23(土) 晴れ 湿度67%
    −−◎夕刻 家のまわりの草刈りをした。ちょっと前に取ったばかりなのにこの時期雨が降り晴れて

         の繰り返しですぐ伸びてきてしまう。

        駐車場のコンクリートの裂け目に出てきた草は「草取り」で済むが 西側なんてんの木のある

        あたりは雑草がしっかり根を広めて30分で「草取り」は出来ない状態で「草刈り」となったしだい。

        刈り取った雑草は45gのビニールゴミ袋いっぱいにあった。     

2016.7.24(日) 晴れ  薄曇り 湿度59%
    −−◎一寸先は雨。

        春先から近頃までの間に、散歩に出た時、曇り空で 雨になるかなと傘を脇にもって出た

        ことが数回あった。曇り空でも雨は降り出さなかったが 散歩のあとで降ったりすることも。

        停めてある車のガラスに数えられる程度の雨滴があったが家に戻るまで降らず、

        幸い傘は不要だった。

        そして過日梅雨明け前のある日、曇っていたが「今日も大丈夫だろう」と傘を持たないで

        出かけたら 5分ほど行ったところで降りだして、引き返して来た。ずぶぬれだった。

        現在から未来にかけての事実推移は予測はつくが予測通りになる時とならない時がある。

        大枠では「暗い曇り空」で雨の予測はつく、だが 帰宅するまでは降られなかった経験と

        「降らないでほしい」との願望が結びついて「降らない」と判断して動きだしたら降られてしまった。

        梅雨時のひとこま (#^.^#)     

2016.7.25(月) 晴れ 湿度68%
    −−◎靖子さんの介護にかかわる諸費用の 介護保険での利用者の負担割合の「お知らせ」

        がきた。昨年7月までは1割だったのに8月から2割負担になり、そのまま継続で今後

        1年間も2割負担になった。消費税が5%から8%に増税されたとき"福祉の充実のため"とか

        言っていたが内容がかえって悪化している。

        来年度から厚労省の案で介護度3以上を保険給付の対象とし介護度2以下は対象から外す

        としている。要介護1〜2の初期状態の人は大変困ったことになってしまう。

             

2016.7.26(火) 一日中 雨 湿度 71%
    −−◎朝顔が 羽佐いっぱいに広がって上へ伸びてきた。勢いの良い苗は1日15cmほど伸びた

        日もあった。細い 今上り始めた苗もある。大きい方は2cmほどのつぼみが出てきていて

        もうすぐ咲きそうだ。

    −−◎世の中 とんでもない事件が起きて 思考停止に陥りそうだ。いかなる"正義"や問題解決の

        論理でも 他者の生存権(生命)を侵害するような正義はありえない。

        

2016.7.27(水) 曇り 晴れ 曇り 湿度76%
    −−◎経済的格差社会の一層の深まりは大きな問題だ。

        並行して"文化的貧困"というか"人間的貧困"の現出も大きな問題だ。

        野生の生物は野生の法則に基づいて生存している。人間は野生を乗り越えて進歩し

        人間社会に生きる共通認識を持って生存し継続発展してきた。

        手元に「新潮文庫の100冊の本」という小冊子がある。毎年(たぶん)更新されて新しい本も

        入っている。私の青年時代から同じタイトルで出されている。好みもあるし、他の本や業務

        との関係で全部読んだわけではない。今夏も小学生の"自由研究"のごとく 1冊(上下2冊

        もあるが)は読みたいものだ。みずみずしいこころの発達と、他者へのまなざしを育むには

        文学作品は欠かせない。         

2016.7.28(木) 曇り 晴れ 曇り 湿度74%
    −−◎朝顔が今夏初めて咲いた。軸に近い方が黄色みがかった真っ白の花が1輪と、

        赤みがかった紫の花と 2輪咲いていた。

        いつの年だったか 種まく時が遅くて 8月の末ころから咲き始めたことがあった。

        今年は普通の時期に咲くようになってよかった。


2016.7.29(金) 晴れ 湿度74%
    −−◎明日 土用丑の日

    ◎ねこ1「ネーネー うしさん 明日(7月30日)は土用

          丑の日だよ」

      ねこ2「そうそう それで お料理作ってケーキも

         買って来てねって 女王さまに言ったら"あな

         たたち毎日パーティーをやっているのね"っ

         て」

      うし 「で 明日は僕がその"理由"になるわけね」

      ねこ1「夏休み 毎日が日曜日で次々こなして

          いかないとすぐ終わってしまうから」

      うし 「よしみんな呼んでくる、椅子は大きめのを

         出しとかなくては」

      ねこ2「私の方は普通のを出してくる」

2016.7.30(土) 晴れ 湿度67%
    −−◎日日草という草花がある。

        店の南側に出窓があり、営業のころはポップ・アドや時折花などが飾ってあったが

        今はプランターと小植木鉢の花が飾ってある。草丈が伸びすぎないように育てている。

        菊、日日草、パンジーなど。小植木鉢の方は時によって取り換えて。

        日日草は以前は小さな苗を買って来て外で育てていた時は花が咲き始めて秋には枯れて

        一年草、だと思っていた。出窓に植えて花が咲き秋になり冬になっても、先端の葉が数枚

        残っていた。そのまま放置して春になったら枝が出て勢いが盛り返してきて、去年より

        大きく広がって花をつけた。次の年もその次の年も花をつけた。

        花屋さんに「日日草って一年草ではなかったかな?」と聞いたところ。

        「日日草は本来多年草なんですよ、キョウチクトウ科で原産地(マダカスカル)では多年草

        で年中花を咲かせているんですよ。この辺では普通に冬は枯れてしまいますが、

        出窓で冬も暖かいから長持ちしているんでしょう」

        私「そうなんですか」

        花「冬場 水が切れないようにして長持ちさせてください。それでも枯れることがあるから

        新しい苗も植えといてください」

        長年経った日日草の根元を見ると苗と比べると格段に太く硬く樹木のようになっている。

        一年草、多年草、木、と人が区分しているが各種草木類を生育の長さに沿って並べていくと

        区分できない部分を伴って連結していると想像した。(その分野の人なら当然わかって

        いる事かもしれない)        

2016.7.31(日) 晴れ 夕方 雷雨 のち 晴れ 湿度75%
    −−◎夕方、散歩に出ようとしていた時かみなりが鳴り響き散歩は中止。

        昼中はとても暑かったが雨上がりの後は涼しくなってきた。

    −−◎我が家の周辺の 東西に通じる道は何本かある。散歩の時は我が家の北100m

        ほどにある道を西へ曲がり駅の筋まで行き少し進み国道の歩道を南下して東へ曲がり

        路地を戻ってくるとそこが我が家に続く脇道で家に着く。

        ところで"電柱"のことであるが北100mの東西通りは電力会社の電柱で、戻りの道は

        電話局の電柱だった。貼ってあるラベルでわかる。どちらも同じように電力線と電話線が

        仲良く張られて各家庭に配分されていた。変圧装置や中継装置はそれぞれの電柱に

        設置されていたようだったが..。

        そうだったんだ。別々に立てられていたら場所も取るし維持経費も二重になり

        無駄になってしまう。     

2016.8.1(月) 晴れ 湿度78%
    −−◎本日も夕方5時ころ雷雨。上がった後で東の空に大きな虹が出ていた。

        「虹」といえば歌や童謡、童話の世界にもいろいろ出ている。楽しいことや、希望に

        つなげるお話の中にく出てくる。

    −−◎もう8月になってしまった。     

2016.8.2(火) 晴れ のち 雷雨  湿度82%
    −−◎物覚え、物忘れ

        ○何年か以前に家の中へ蜂が入ってきたことがあった。その蜂は経験上 触らない限り

        蚊のように刺しに来たり襲ってくることはない蜂だとわかっていた。

        でも飛びながら人の肩に留まり払いのけたりした時に刺されることがある。

        店の入口から入ってきて隅の方の壁に留まった。安全のため駆除しようと ハエ蚊スプレー

        持って追いかけて行くと、蜂は住まいの通路の方へ行きまた引き返してきて店の方へ

        逃げ回り、何回か"シュー シュー"やっていて 当たっていたのか床に落ちた。

        すぐ触ると刺されるおそれがあるので30分ほど放置しておいてテイシュに包んで捨てた。

        ○ところで今朝のこと、諸事済ませて仕事にかかり10時ころ、ふと帽子がないことに気付

        いた。すぐ外へ出るわけではないが、出る時に無い不都合だ。時計、メガネ、携帯はある。

        二階に忘れてきたのだろうと見に行ったがいつも4点セットを置いてあるところにも帽子はない

        南側廊下へ行ってみると棚に帽子が置いてあった。そこに置いた動作の記憶がない。

        朝起きて、4点セットも身に着けて降りてくるのだが...。今朝の周辺事情を思い出した。

        雨戸を開けようとして、「朝起きがけに帽子を冠っていては変だろう」と思い(←この記憶は

        ある)棚に帽子を置いたらしい(←この動作の記憶はない)。

        ○蜂のことは情景的にも、自分の動作もその動きとして覚えているのに

        帽子のことは周辺事情から積み上げって「ここに置いたのだろう」とイメージ的に作り出し

        「いや置いたのだ」と記憶の再現をしたつもりになっている。

        記憶には生の記憶そのものと、論理に補強され再構築された記憶とがある。

2016.8.3(水) 晴れ 湿度69%
    −−◎昨日も夕刻雷雨だった。このごろ夕方の雷雨はとびとびに三回目である。"夕立"とは

        よく言ったものだ。

        直接関係はないが隣県へのJR線も私鉄も何時間か停止になるほど大降りだったようだ。

        というのも 夕方レンタカーを借りに行くことになっていて、2時間ほど降り続いたが6時には

        降り止んでいて助かった。

    −−◎本日は靖子さんを県医療センターへ診察で連れて行った。この一ヶ月間はとくに異常は

        なかったことを伝え、助言を得てきた。

        ずーと静かにしていたのに、診察室前で待っているとき急に「うーっ」とか叫ぶような

        声を発した。数分後に診察時も声を発していて私と先生との話が聞こえにくかった。

        診察室を出て腕をさすったりしてなだめていたら静かになり、注射の時も、料金支払いの時も

        その後も静かだった。「もう終わったよ 帰ろうか、売店で何か見てくるか」などなど本人が

        聞けえているかのように話してあげた。このごろは売店に行かないが以前にはよく行って

        欲しいものを買ってあげていた。

    −−◎8月で靖子さんが発症後18年になる。発症当時医師から「7年〜8年は持つでしょう」と言わ

        れたが  医学の進歩や介護経験の普及に手助けされて13年以上歩行をすることができ

        今もそれなりに体調を 保って暮らしている。

        いつごろの事だったか3年目ほどのころ「おっちゃん すみませんねー」とか「ありがとね」とか

        言っていたことがあった。普通のことを普通にやってあげていたのだが。

        もし何もわからないからと邪険にしたり、怒ったり、いやな顔をしてやってあげていると感性的に

        記憶に残り愉快でないその後を送ることになるだろう。

        もし突然記憶が戻ったら「あの時の事ちゃんと覚えているよ、あんなにムチャクチャ怒って」などと

        あれやこれや思い出して大騒動になるだろう。     

2016.8.4(木) 晴れ 湿度71%
    −−◎店に"熱中症指数計"が置いてある。私は「事務所」と称する小部屋に常時生息している・

         店は普段は空調など使用せず自然状態で、我が家の環境を見るには適切な場所である。

         "注意""警戒""厳重警戒""危険"と分けられ 顔マークがその区切りを愉快な顔→不快な顔

          と変わり移動している、さらにそれぞれが3目盛りに区切られ現在どのレベルかわかるように

         なっている。

         春先までは何も表示されなかったが暖かくなると"注意"が出て注意の表示では私は何も

         しなかったが季節の推移とともに警戒が出てさらに厳重警戒へと移動する。

         警戒のレベルの時に事務所への空調を入れる。

         今日はなんと厳重警戒が出たのて空調の風力を強めた。

         夕立の時など切り時もわかるので便利だ。

         ニュースでは熱中症になり救急車で運ばれる人が多い。初めて熱中症になった時当人は

         予兆や気分がわからなくて重症化する人もあるという。

         ぶっ倒れる人も多いようなので 注意、注意。

2016.8.5(金) 晴れ 湿度59%
    −−◎昨日熱中症の事を書いた。偶然であるが市役所から「熱中症の症状と対策について」との

       お知らせが送られてきた。昨日私が書いた疑問や対策についてイラスト入りで解説してあった。

       それによると"兆候""症状"は

       ○痛みを伴う筋肉のけいれん(こむら返りなど)

       ○めまい・立ちくらみ

       ○多量の発汗・体温の上昇

       ○頭痛・吐き気・倦怠感

       ○意識障害 (意識がなくなる)

       ○全身のけいれん

        など私が疑問に思っていたことが書いてあり、生活の中での日常普段のこころがけなどが

        解説してあった。

        「熱中症かな」と思ったら部屋を涼しくし、体を冷たいタオルで冷やし薄い食塩水なとを飲む。

        とかの対応処置も記してあった。

       裏面には高齢者用にさらに詳しく細かに対応が書いてあった。

       これは市の消防本部と市の健康部と福祉部の連名で出されたお知らせであった。

       熱中症になったことがないので体感的にはほとんど知らなかったが 「お知らせ」を見て

       昨日の私より進歩した今日の私がいる。

    −−◎とはいえ本日も日中は大変暑かった、これからも暑い日が続くだろう。

2016.8.6(土) 晴れ 湿度59%
    −−◎広島に原爆が投下された日。71年前。

    ◎探検隊

     「隊長 今日は暑いよ」

     「夏は暑いものだ、時々ポカリスェットでも飲んで..」

     「...(この時代まだポカリなんて無かったよ※)..」

     「何をもそもそ言っている、皆にもあげて...」

     「わーい休憩」「私のコップにもー」「蝉、鳴いてる」

     「虫が..虫が」「弁当まだー」「まだやよ」「ワイワイ」

     「ガヤガヤ」「あっ あんなところに赤い花が...」

     「朝顔だな、暑いからきれいな花も咲くし お米も

      獲れる」 

    ※世界で「探検隊」が活躍したのは1600年代から1800年代中ごろまで     

2016.8.7(日) 晴れ 湿度67%
    −−◎耳鳴り

        私は20歳代から「チーン」という耳鳴りがある。治りもしないし悪化することもなかった。

        そのために難聴ということもなかった。20歳代中ごろ最初の運転免許証の取得の時に

        聴力検査があり(当時はそれがあった)OKでパスした。

        以来耳鳴りが"同居"しているがとくに邪魔者として意識したことはない。「ふーっ」と椅子に

        掛けた時や、就寝時横になった時 稀に聞こえることがある。

        高齢化により ここ数年 やや難聴気味であるが会合などで「ハッ?」と聞き返すことは

        あるが、支障があるほどではない。

        ここ1ヶ月ほど前から小さい感じではあるが「ピッ....ピッ」との耳鳴りがする。常時

        ではなく不規則に現れる、想像だが聴神経の周辺かまたは脳の聴神経周辺で血流が

        断続的になっているのかも知れない。ひどくなったら診てもらってこなければ...、

    −−◎靖子さんは美容師をやっていて、今も広告やら、業界事情のニュースやら送られてくる。

        その中の一つ。

        リオ・オリンピックは 華やかに開幕された。

        各種目の選手団には公式の随行員のほかに随行する人がいる。(もちろん別枠には税金や

        組織支出は使われていない。)状況によりいろいろ居るが例えば、スタイリスト(化粧・服装)。

        何時テレビに映されているかわからないので、選手の身だしなみには気遣う。

        交通費や現地経費は普通以下に抑えたとしても、出発前費用が前回 前々回と比べて

        健康診断、各種免疫検査、予防注射、各種保険などの料金が伝染病や治安悪化で

        高くなり10倍くらいかかったとのこと。

        公式随行者も応援団もマスコミ関係者も診断など10倍の準備活動をして現地にはいられた

        事だろう。行事が安全に終了し平和と友好親善の役目を果たし 病気や事故にあうことなく

        無事帰還されることを願う。

        スターはスターの役割、コーチ、用具、記録係、医療関係者、役員、その他、直接かかわった人、

        数百人がそれぞれの役割を務めスターを頂点に押し上げる仕組みである。現状そのように

        動いている。高位になった選手が「皆さんのおかげです」と言うのは真実なのである。

        スポーツに関しては私は"引っ越しの応援団"である。

        ※"引っ越しの応援団"=引っ越しの応援に来て 作業から一歩離れて立ち「頑張れ

        ガンバレ」と小旗を振って"応援"している人。現実にはそんな場面はない。  (^O^)/

2016.8.8(月) 晴れ 湿度54%
    −−◎8月8日

        たこ(蛸)の日      たこの8ちゃん

        ひげ(髭)の日      八ひげ

        「ハハとチチの日」   ハチ ハチ 母と父

        笑いの日        ハハ ハハ ハ

        屋根の日        八が屋根の形

        歯並びの日       8 8と並んでいる

        そろばんの日      パチ パチ と計算

        鍵盤の日        ピアノの鍵盤は88鍵

    −−◎先日 あの放送局の「がってん」で小野アナウンサーがオクラを縦に細く切ってから

        シャキ シャキ シャキ..トン トン トン トンと 細かく刻んでいた。音と仕草が

        出来上がっていてかっこ良くこころ惹かれた。普通にやっているという感じだったが、

        アナウンサーをやっているような人はこういうことはたどたどしくしか出来ないものと

        思っていた私の認識不足。

        本題はオクラの事。今日やってみた。

        10本ほどのオクラを細かく刻んで、器にとり、水を少し加えて一定時間かきまわすと

        とろとろのオクラ練が出来た。オクラは生でも このまま味付けをして食べられるし、

        山かけのようにも出きる。納豆とあわせたり、汁物に入れたり応用範囲は多様。

        余ったので 湯呑の上にラップを凹ませて置き流し込み包んで冷凍に入れた。

        たくさんあるときは一回使用分程度に分けるとよい。

        また 新しいことを一つやってみた。 「線路はー つづくよー どこまでもー」  (^O^)/     

2016.8.9(火) 晴れ 湿度42%
    −−◎長崎に原爆が投下された日。71年前。

    −−◎なんだか一気に湿度が下がった。気温は昨日より高く暑かった。

        湿度は気温と違って数値的との関係で体感する意識が 今までなかったので 数日前の湿度が

        高かった時と比べてやや乾燥している感じで この数値の差は「こんなものか」と実感した。

        (湿度も気温と同様に一日のうちに上がったり下がったりする)

    −−◎朝起床後風呂に入った。というのも昨夕は本日仕事を休むためその補填と対外用件の事前

        準備のため作業が遅くなってはいれなかったためだ。正午より前に風呂に入ったのは生涯で

        何回もない。旅行の時宿で「温泉ですから朝から入れますよ。気持ちいいですよ」と言われて

        入ってきたことなど。今日は体が軽い気分だった。

    −−◎本日は私が国立〇〇医療センターにて診察を受けた。予約時間の10分遅れ程度(許容の範囲)

        だった。私はここの先生と会うのを楽しみにしている。パルスオキシメーター(酸素濃度がと脈拍が

        わかる)を私の指に挟み「正常ですね」と言い 聴診をされ、血液検査の結果を見て

        私に説明しながら、私の無関係の話を聞いてくれて体調も気分も元気づけられる。

        "散歩"が功を奏したのか今回、LDL(世間でいう悪玉コレステロール)は上限値より下で

        HDL(善玉コレステロール)は下限値より上だった。

    −−◎本日はまた珍しく 病院の帰りに食品スーパーで定食弁当を買ってきた。(時間短縮のため)

    −−◎毎日やる仕事や家事は繰り返しやっていると飽きが来て面倒ではあるが負担感はない。

        たまにやる事でもパターンの決まっているものは負担感はない。

        対外的な用件で 月一回、3ヶ月に一回、6ヶ月に一回、一年に一回の事で準備の

        必要なことは負担に感じる。それが3つ、4つ同時にあると「もう どうしよう」と考え込んで

        しまう。

        こんな時に私の中に何時も登場するのが"ルロイ修道士"だ。「いくつもの課題が押し寄せてきた時

        ひとつひとつ整理して対応していけば必ず解決する」(意味をつかんで筆者が書いた)と言って

        いたことである。昨晩 落ち着いて ひとつ目の事から取り出して、書類の必要なものは作り

        本日午後の行先の順番も決め準備を整えた。

        本日午後はそれに従って順次処理し交渉事があるわけではないので予定した分は

        全部終了した。

2016.8.10(水) 晴れ 湿度54%
    −−◎プロ野球の 広島球団は今のところトップの位置にいる。私の子ども時代にはいつも下位の

        ところを低迷していて、下位の代名詞のように扱われていた。長年の間には優勝したことも

        あったり、沈んでいたこともあった。世の中の移り変わりを見る思いだ。

    −−◎血液検査は最近では素早く30分程度で出るようになったようだ。診療予約時間の45分前に

        行き35分前に採血してもらい、10分遅れで呼ばれたから 35分+10分=45分後には

        結果が出ていたことになる。以前には「一週間後に来てください」だったが...。

    −−◎昨日の血液検査だが、おおむね支障のない範囲だった。

        これも支障のない範囲のことで NA(=ナトリウム=食塩分)について、下限−上限値は

        138−146(mmol/L)(以下単位省略)だが 私の昨日の数値は137だった。

        特に塩分取りすぎに注意してはいないがここ数日の暑さで水分(お茶)をたくさん飲んでいた

        せいだろう。ちなみに塩分取りすぎとは上限値146を大きく超えた状態が続いている

        場合をいうそうだ。 ○○〇□

2016.8.11(木) 休日・山の日 晴れ 湿度55% (←AM10:30)
    −−◎子ども時代 遊んだことのあるスポーツは

         野球、ソフトボール、相撲、卓球(ビーン〜ポーン程度)、泳ぎ、スキー遊びなど。ほかに

         野外の遊びはいろいろ考えだして多様にあったが スポーツ的なものは いなかの

         小学校ではこんなもの。

         高校生からその後ではテニス、バスケット、バトミントン、2Km程度の駆けっこ、

         トランポリン、ボーリングなど学校でやったことや機会があれば友人と設定してやったことも。

    −−◎本日は仕事は休み日。朝9時ごろテレビをつけたらオリンピックの卓球で福原愛さんが

        熱戦中で3位決定戦だったようだ。緊張感が伝わってきて見ていたが負けてしまって残念

        だった。     

2016.8.12(金) 晴れ 湿度61%
    −−◎カラタチ。

        @昔、小学校の運動場の片側に高さ1.5mほどのとげのある木が周囲に沿って植えられていた。

        外側が石垣になっていて、転落するといけないので、端まで行かないようにとげのある木で

        生垣を作っていた。でも抜け穴を作ってしまい 石垣をよじ降りて草っぱらへの通路としていた。

        上の学年になってそれはカラタチという木で花が咲き実もなると聞いた。

        私は そこでは花も実も見たことがない、

        A時は移り大きくなってから、「からたちの花」とか情緒ある歌を聴くが学校のカラタチは思い

        浮かばなかった。Bさらに時は移り あの花の咲かない学校のカラタチと結びつけて詩人や

        音楽家はこんなにも心に響く歌を作り出してすばらしい、と感動した。

        Cまたまた時は移り 芸術家がすばらしいのはまちがいないが、カラタチも普通にきちんと手入れされ

        た木は花も実もつけ葉も生き生きして風情あるものであることを知った。

        ※唐橘(からたちばな)が詰まってカラタチとなった。ミカン科カラタチ属で花が咲き小さな実を付ける。

        カラタチは根の部分は強固なのでゆずや夏みかんとともに 他の多くのミカン類の接ぎ木の台木

        として使用されている。花言葉は「胸に痛みを感じています」もともとは可憐な少女の心情表現

        だったが「胸に痛み」が「肺を患う」に使用されて 意味転倒した。

        ※去年「ぶんたん」の種を植えていたが ある種の蝶チョの好物らしく葉を食われてしまったが

        それにも負けずどんどん育っている。葉ととげのあるところはカラタチに似ている     

2016.8.13(土) 晴れ 湿度61%
    −−◎@少し離れた田舎に靖子さんの母が住んでいた。70歳越えのころ(96歳で他界)週に一回

        ようすを見に行っていた。靖子さんが発病後も自分の意思で行動できる間は一緒に

        行っていた。その時いつも食品を「もってけもってけ(あげるから持っていきなさいよの意)」

        といろいろ出してくれた。靖子さん「こんなに冷蔵庫がいっぱいになって。いる分(必要分)

        だけ買ってくれはいいのに」と。ばあさん「そやけど 無いと気がついても急には買いに行けんし」

        何時もようす見に行っていることに気遣ってのことかと もらったり もらわなかったりだった。

        A時は現在に戻り。我が家の台所を見廻してみると頻繁に使う調味料も油の類10種類ほどは

        ガスの近く手の届くところに。めったに使わない調味料が薄底の箱に30種ほど並べてある。

        同じものはないが 1回2回しか使用したことのないレア物や賞味期限切れのものも居座っている。

        冷蔵庫の中はというと、冷蔵の方はそれなりに空きがあるが冷凍はぽんぽんいっぱいだ。

        なにごとも時間に余裕のある時に準備を整えるとの ばあさんのほんとの心境がつかめる

        ような気がした。年齢経緯に従って私も"老齢化"しているということか?

    −−◎上記とは全く別の事。

        「なら どうするんだ。これしか 方法がないではないか」と言って

        他方が熟慮をしている間に物事を進行させてしまい 悪い結果をもたらしてしまった。

        世の中 こんなことにならないように注目していきたい。

2016.8.14(日) 晴れ 薄曇り 湿度69%
    −−◎明日(8月15日)は敗戦の日だ。1941年12月8日、日本軍の真珠湾攻撃から大戦争が始まった。

        当時対中国との間では既に戦争を繰り返していた。太平洋諸島、東南アジアへの進出をしていた。

        ここ400年ほど以前から 他と比べて先に資本主義的に発達しつつあった西欧諸国が

        人口まばらな地域(北米、オーストラリア、南米東部)や 

        それぞれが小国家で平穏に暮らし独自の発展を目指していた地域(アフリカその他、太平洋の島々)、

        一定のまとまりをもった国だが襲来など想定していなかった地域(インカ帝国)、

        まとまりをもった国だが支配力や対外対応力が弱まっていた地域(インド、中国、東欧)

        を植民地または従属国としていった。

        日本もまた1869年以後 資本主義的には遅れて出発したが「遅れてはならない」と

        朝鮮半島や 中国(台湾、遼東半島、満州国)、東南アジアを支配していった。

        1920年代以後 西欧強国の国内世論の中には植民地支配に対する批判の声が

        芽生えつつあった。

        第一次世界大戦の終結処理を経て「戦勝国は戦利品のごとくに敗戦国を支配しない」

        とする機運があった。

        1930年代から1940年代にかけての日本の外交交渉はそのような機運の中で進められていた。

        中国での過去の戦争での日本の権益についての日本と中国+西欧諸国との対立や

        日本の東南アジア進出での権益の確保についての日本と西欧やアメリカとの対立だった。

        一部外交官は平和の維持のために頑張っていたが 

        他方の国内勢力の「西欧諸国は自分たちの植民地をそのままにして日本にだけ

        "権益放棄を"を言うのは『不公平で、"俺ら損やないか"』」との主張や

        一部の「日本が外国の植民地になる」との主張に押されて戦争に突入していった。

        権益保護の名目と 時既に100年遅かったが植民地獲得の願望から 戦争を開始し

        南太平洋と東南アジア諸国へ進出支配していった。

        多くの犠牲者を出して敗戦になった。

        第二次大戦、終結後 戦勝権益として植民地を獲得した国はない。ソ連の北方領土支配は

        不法で解決が望まれる。戦後の連合国による日本の軍国主義復活防止のための支配は

        終了した。その後日本はアメリカへの従属的な立場に置かれ、その後も、半ば従属的な現象が

        残っているが法的には従属国ではない。

        戦後、アジア、アフリカ、南米で多くの国が独立した。

        1940年代、世界的な植民地支配への批判や、想定される多大な国民の犠牲を考慮して

        妥協すれば戦争は避けられた。

        "俺ら損やないか"と言い大損をし、「国民の生命、利益を守る」と言って生命を失い

        街を破壊され不利益を被った。日本では現在、個人の戦争被害の損害賠償請求を

        受け付けていない。

        現在においても、突然このような戦争状態になるおそれがありそれは避けなければならない。

        外交力に期待するゆえんである。

        ※小国に対して刃物と鉄砲を突き付けて「おまえ俺と仲良くしろ」とはまるで漫画だ。

         双方が経済的文化的利益を共有できるように平和的に進めるのが外交力である。

         

2016.8.15(月) 晴れ 湿度78%
    −−◎敗戦の日。不思議に思うことがある。戦争遂行のため 軍隊ばかりでなく 生活者も

        「竹やりで訓練」とか「ぜいたくは敵だ」と服装や食品を質素にとか、「金属類供出」、

        「帝国の輝かしい未来」とか、感情も論理もそれに支えられた心と行動が一体となって

        戦争を進めてきた。(少数例外あり)。それが8月15日の敗戦の日を境に終戦(戦争中止)の

        行動をとるようになった。(こちらも少数の例外あり)

        1億人近い人間が一斉に戦争遂行の行動をとった事実。そして一挙に行動変化をした。

        この二つの事実現象は私にとって謎である。

        あれこれの理由を幾つか並べて、すべてを当てても謎の解明に至らない。

        これを解明できる力は今の私にはないが、遠い先々の課題として事実現象のみを記した。

    −−◎お盆。

        お盆といえば靖子さんが元気だったころは15日前後の休日日に家族で夕方からお墓参りに

        行き帰りにどこかお店で夕食を食べて帰ってくるのがパターンだった。

        

2016.8.16(火) 晴れ 湿度68%
    −−◎夕方5時30分 ニュースを見ていたら「暑い 暑い」のニュースの中で気温を表示していた。

        放送局の外のようすだったが 気温32℃ 湿度46%と画面に出てそのように伝えていた。

        我が家の温度計を見に行くと 気温33℃ 湿度68%だった。我が家は放送局より、

        30Kmから40Km内陸にあり温度1℃の差は妥当なところだが、湿度は差が大きい。

        温度計を外に出し駐車場脇の花達の横に置いてみた。3時以後は日陰になっていて

        この時間ちょっと涼しい風も出ていた。10分後に見ると温度は33℃と変わらず湿度53%だった。

        温度計をもとの位置に戻しさらに10分後に見てみると温度33℃湿度は68%になっていた。

        わかった状況は湿度は本日、局周辺で46%、我が家の外で53%、我が家の温度計の

        置いてある場所で68%であったこと。

        置いてある場所は元店の棚で、水道・ガスの台所から離れているし風呂場の近くでもない・

        なぜかわからないが家の外と中では15%の差かあり謎がまた一つ増えた。

        物理現象だから私の手で解明できる(はず)。 (^O^)/...そのうちに...

2016.8.17(水) 晴れ 湿度63%
    −−◎※湿度は 家の外や他の地域(放送局)と比べると高すぎる気がしますが 計器は正常と思われるので

        計器が表示のまま記載します。

    −−◎福原愛さんが負けたこと(オリンピック/卓球/8月10日・ここでは8月11日)だけ書いては失礼なので

        勝ったことも書いておく。石川佳純さん、伊藤美誠さんと共に団体戦で3位決定戦で勝った。

        印象に残っている場面は(プレイ場面ではないが)福原選手が伊藤美誠選手(15歳)に缶飲料の封を

        切って手渡しそれを伊藤さんがちょっと飲んで二人で会話(作戦のポイント?)している光景だった。

       何かホッとする感じだった。(そのあと試合を続け勝場面になった。)

    −−◎お話し

        「当店では万引き防止のため私服警備員が巡回いたしております。機会をねらって

         おられる客様に置かれましても万引きなどなさいませんよう十分ご注意願います」

         てな店内アナウンスがあったら お客様たちは怒って帰ってしまうだろう。でも大丈夫、もっと

         スマートになっています。

         「本日はご来店いただきましてありがとうございます。当店では防犯のため 私服警備員が巡回

         致しておりますが、お客様に置かれましても 貴重品、お手回り品などに充分ご注意の上

         お買い物をお楽しみください」と。

         聞かせなければならない人と、聞こえてしまう人に考慮した表現である。

2016.8.18(木) 曇り のち 晴れ 湿度75%
    −−◎賃上げが必要だと 実は労働組合いばかりでなく 経営者(資本)の側もよく知っている。

        「日本は輸出国だ」とよく言われるが 生産物(サービス業も含む)の輸出と国内需要とを比べると

        国内需要の方がはるかに多い。 それで 消費が増えれば景気も良くなり企業も利益が増加する。

        ところが その消費者の財布のひもは「子どもが大きくなるに従ってお金も かかるので節約して

        いるのです。」とか「老後を考えると無駄使いは出来ません」や「派遣社員でギリギリです」と

        なかなか緩めることができない状況である。

        『会社がもうかれば給与も上がる』3年ほど前から言っているのに大企業ではもうかって300兆円の

        内部留保を確保しているが賃上げはほんの少ししか行われていない。

        ローソンなど少数の会社は賃上げを行ったが 多くの会社経営者は「世の中全体で給与はどんどん

        上げてほしい そうすれば消費も増えて景気も良くなる。だがうちの社はまだ上げられないけど」と考えて

        いるようだ。

        「他社は上げてください、うちは上げられないけど」を

        「他社も上げて、うちも上げるから」になってほしい。

        地域の最低賃金の基準値を大幅に引き上げることや。介護職員や保育職員の給与も選挙の時に

        言っているだけでなく実際に引き上げる措置をすることが望まれる。

2016.8.19(金) 晴れ 日暮れから2時間ほど土砂降り雨  湿度60%
    −−◎平成15年〜17年(2003年〜2005年)を中心に行われた"平成の大合併"で町村の合併が

        すすめられた。「うちの"村"も”市“になる」と喜ぶ小学生がいた向きもあったが住民の生活上の

        弊害も発生してきている。10人から15人いた村議会や町議会が1人または2人の市会議員となり

        住民の声が行政に届きにくくなった。行政の効率化、行政の整理統合や、また町村合併と直接関係

        ないが国の営林署の整理統合、農政関係のその他の事務所の統合などで不便になっているところ

        もある。小学校そのものや分校。中学校の廃校・整理統合などで保護者と学校が疎遠になった。

        文化施設の廃止、医療施設の統廃合など不便さを増しつつある。人々の生活の拠点は地域にあり

        中央部へ集中するのではなく地域を発展広げる方向での発展方法がないのかなーと思う。

    −−◎子どもがお盆休みで帰宅したのでお墓参りに行ってきた。

    −−◎過日、ある場所であるテキスト文章を音読していた。その中に‘片言隻句’との語があった。

        意味的にはわかっていて長年意識もなく過ごしてきたのだが読み方がわから無いことに気付き

        「へんげん...ヘンゲン..次の字なんと読むのでしたっけねー」とつまっていると中に元学校の先生が

        おられて「ヘンゲンセック です SE つまって KU で ヘンゲンセキクと読む時もあるけど..

        隻は”一つの”という意味で 全体の意味は片言・一言で "優れた人の話には一言の無駄もない"

        とか"聞き洩らさず" とか言うときに使い 否定的な意味でも"片言をとらえて..."... 」と

        すらすら説明してもらった。

        その日私が新しくわかったことは隻は"セキ"と読み”一つの”という意味で、片言隻句は肯定的にも

        否定的にも使用されるいうことだった。

2016.8.20(土) 晴れ 夕方 パラパラ雨  湿度78%
    −−◎

    ◎探検隊

     「隊長 隊長 この大きい実は中は空気で食べられませんよ」

     「そんなことはわかっているよ"風船かずら"だから、ところで

     なんでそんなこと知っているんだ?..」

     「.......ちょっとだけ...」

     「知らない実をたべてはいかんよ、とくに種はアレルギーを

     引き起こすこともあるから、食いしん坊には困ったものだ」


     「隊長 怪獣が逃げていったよ」

     「"怪獣"の話はまた来月にしよう」 

2016.8.21(日) 晴れ 湿度65%
    −−◎人間というもの、行動の経緯の累積と 行動と相互に影響し合う

        思考活動の経緯と累積が大きく枝葉を張った大木のようなものだと私はみなして(看做)いる。

        大木は 原始の昔は人が生活する自然環境の影響を受けつつ 人々が相互に影響し合いつつ

        皆がほぼ同様の形をしていた。

        家族の中で または A家族 B家族..X家族 と家族数が増えてくるとその中で役割分担が

        進み"大木の中"の分担に即した枝が大きくなった。共通の枝葉は保持されている。

        100人100様の"大木"像が出来る。"大木"像は平均的な(鯨のような大きな人や鼠の

        ような人はおらず)生きた身体と共に存在しそれらの総体として人の人格が成り立っている。

        原始の時代から見れば速度が速くなり複雑化した現代でも人格形成のありようは同じで

        私の人格も人様と同じようにそのように成り立っている。ここでは人格と言っても人の性格のような

        意味であり、善悪や価値の高低を現わしているのではないが。

2016.8.22(月) 晴れ 時々 曇り 湿度67%
    −−◎台風11号、台風9号、が通過。風と雨で被害が出ている様子。

        台風11号と台風9号で被災された方 お見舞い申し上げます。

    −−◎「ありがとう」という言葉

        よく言いよく聞く言葉だ。朝夕のあいさつ語よりも頻度は高い。買い物のときやビジネス用

        にも使われるが、日常よく出てる言葉である。

        「うっ」とか言って当然言うべき場面で言わない人もいる。それという訳ではないが他方では

        「感謝の気持ちを伝えよう」とか「ありがとうって言おう」などと呼びかけもある。

        有り難い、有り得ない、という意味だが通常こう言う時には付け加えられる語が省略されて

        いて聞く方も省略された意味を感じ取る。

        「私にとってこんな有り得ないことをして頂いて」@喜んでいる。Aうれしい、

        Bこのいただき物で(またはこの事を処理していただいて)助かっているCあなたは素敵な人だ

        Dあなたは高い能力でこの難しいことを処理しいくれた。Eあなたは優しいひとだ

        と言っている。

        言われた人は「いいえ」と言って返す。劇中ならば「ご様子を見てしかるべきことをしたまでよ」

        と返すだろう。

        話題を人生に置いたとき、しかるべきこと=当然のこと=あたりまえのこと、の意味で

        私(人)がここに生き、普通に生活していることは当然の事か、有り得ないほどの状況を

        乗り越えて存在していることに感謝すべきことか?     

2016.8.23(火) 晴れ 湿度70%
    −−◎ヤモリ

    ◎写真は事務所の窓の外側に 張り付いているヤモリ。

     ここ一週間ほど前に私が気づいたが 夕刻に出て来て

     前後左右に同じガラスの中を移動している。

       30数年前から(代替りしているだろうが)夏になると出てくる。

     透明ガラスでないのではっきり見えない。外側から写そうと

     近づくと ススッと隠れてしまいうまく撮れない。驚かすともう

     遊びに来なくなるので止めた。小虫を食べているという話や

     ガラスで体を冷やしているという話もある

2016.8.24(水) 曇り 晴れ 時々 雨 湿度80%
    −−◎ヤモリくん今日も遊びに来た。同じ場所のガラスに張り付き前後左右に移動している。     

2016.8.25(木) 曇り 一時 雨 晴れ 湿度78%
    −−◎靖子さん、今日はリハビリの日、少しでも手足を動かせるようにと訓練してもらった。

2016.8.26(金) 晴れ 湿度80%
    −−◎特養で靖子さんの今後6ヶ月間の介護のサービス計画設定の会議があった。

       最近咀嚼が弱くなり食事を一部ゼリー状のものに変更する。

       歯科の治療などについて

       かなり手足が動かなくなってきている状況についての対応が検討され計画が決められた。

       状況の変化もあるので6ヶ月に1回定期的に 開かれている。

    −−◎近所からナスを数本もらい一本を「焼き茄」にして食べた。良い風味だった。

2016.8.27(土) 晴れ 時々 雨 曇り 晴れ 湿度69%
    −−◎本日の買い物、野菜類が7月末より2割〜3割高かった。関東、東北、北海道を襲った台風と

        大雨で畑に水が流れ作物が一面ダメになったところがあった。作物その物は無事だったが

        雨と風で収穫、出荷作業が出来ず市場の流通量が少なくなり値が上がったようだ。

    −−◎午前、私が歯科へ行ってきた。

    −−◎8月25日夕方の民放の報道番組で地方のとある市で市管轄の病院を診療所化する

        方向で論議がすすめられているという。住民が反対運動に立ち上がり、16,000名の

        署名をもって市に陳情しているようすが映し出されていた。(以上報道)


2016.8.28(日) 曇り 晴れ 雨 曇り 湿度81%
    −−◎本日は休み日で業務以外の事を「あれもしなければ これもしなければ」と動いていたが

        あまりできないまま夕刻になってしまった。

    −−◎書くのを忘れていたが8月19日(土)に 帰宅していた子どもと特養へ靖子さんを見に行ってきた。

        頭まで背もたれのあるリクライニング車椅子に眠ったように掛けていた。腕をさすって「来たよ

        〇〇さんも来たよ」と言ったが眠ったようにしていて返事がなかった。

2016.8.29(月) 曇り 時々 雨 湿度78%
    −−◎本日は午前、「お掃除サービス」に来てもらって屋内(台所・風呂・トイレなど)の

        掃除をしてもらった。きれいにサッパリした雰囲気になった。

    −−◎レンジで焼き茄

        本日は手抜き茄焼き、ナスの臍(ほぞ)をとり、縦に間をあけて皮をむき(ほぼむいた分と

        同じ幅で皮が残っている)横に二つに切り、味付けしょうゆをつけてラップに包み皿に載せ

        レンジで2分ほど加熱し出来上がり。それ以上皮は剥かない。皮の焦げた香りに欠けるが

        充分焼きナスの感じがあった。

2016.8.30(火) 晴れ 湿度63%
    −−◎総務省―家計消費支出。

        総務省の発表した7月の家計消費支出は前年同月と比べ0.5%減少し3月から5ケ月間

        前年比減少が続いている。サラリーマン世帯では3.5%減少で3ヶ月間減少が続いている。

        総務省は「弱い動きがみられる」と基調判断をしている。(以上報道より)

        収入が減少したかまたは将来に備えているためである。

        ケインズ先生の時代、角栄さんの時代、とも流れが大きく変わってきている昨今同じことを

        やっても一時的な「花火」でしかない。


2016.8.31(水) 晴れ 湿度64%
    −−◎夏休みも終わった。明日の朝から外がにぎやかになる。というのも隣のうどん屋さんの前の

        駐車場(早朝は車がいないから)が小学生の集団登校の集合場所で男女二十数名が七時半

        ごろ集まってみんなで登校するからだ。それに脇の通学路を他の町内の子たちも次々と

        登校していく。

    −−◎今日も昼間は暑かったが夕方になるといつもよりちょっとだけ涼しかった。

        仕事を盛んに進めていたころからの習慣で朝事務所に入るときは、いつでも客先を訪問できる

        よう、来訪者が来られても良いように、服装を整えている。最近は外での仕事はなくなったが

        服装の習性は変わっていない。夏場は半そで開襟Yシャツだが。

        しかし今夏あまり暑いので、昼間は半そでメリヤスシャツ(本当はメリヤスかどうか不明だが

        肌着の私の通称で)になっていた。ちょっと出の時はYシャツを着て出かける。

        Yシャツを着て硬い靴を履くと気分がシャキッとしてきて余所行きの気分(緊張感が出て

        動作にも気を配り)になってしまう。興味深いことだ。

2016.9.1(木) 曇り 晴れ 曇り 湿度56%
    −−◎1923年9月1日(大正12)関東大震災が起こった。9月1日は防災の日である。その場で思考停止

        にならぬよう、事態を想定し動きを考えておく、家の中の事、家の外側の事(瓦が落ちてくる?)

        道筋、水路、避難所までの安全な近道などを知っておくことが大切。

    −−◎イギリスのメイ首相は閣議でEU離脱について「再び国民投票を行なうことも、EUにとどまろうと。

        ひそかに策をろうすることもない」と述べ離脱交渉への準備を進めるよう指示した。(←NHKの報道)

        どんな気持ちで投票したとしても、何を基準に選んだとしても、投票用紙にはそんなことは書け

        ないし書く欄もない。出てきた結果に基づいて淡々と進めているように見える・

        別の国では公約はもちろん野望としても語らなかった、推理作家と編集者が狙われそうな

        法を準備している総理も困ったものだ。

    −−◎朝、それぞれの思いをもって、ざわざわ騒ぎ登校していった子たちを見て、華やいだ気分になった。

2016.9.2(金) 晴れ 湿度63%
    −−◎夕方、靖子さんを見に行ってきた。入浴後でベッドで休憩していた。

        「おーい 来たよ」というと目を細く開けたが、目線は合わなかった。

    −−◎当地方では9号〜11号の台風では暴風も大雨もなかった。過去私が直接見た大きい

        台風の被害は10代のころ とある病院にいた時む、建物と建物をつなぐ屋根付きの

        渡り通路がメキメキと音を立てて吹き倒されたことだ。(S34.9.26)

        今のところ来ていないが9月中旬から10月初旬までは警戒を要する。

2016.9.3(土) 晴れ 湿度74%
    −−◎靖子さんのとこへ日用品をもっていってきた。ようすはいつもと変わらず。

    −−◎探検隊

    ◎「隊長 隊長 怪獣の事はテキタ隊員が 王立博物館で調べてくれたんだよ。

      ヤモザウリスと言って小虫を食べているから大丈夫だよ。怪獣ではない

      からむやみにやっつ けるといかんよ」

      「うん、そうだ。ところで ポケタ隊員 小さい子たちがはぐれてしまわない

              ようにちゃんと見ていておくれ 一人で遠くへ迷い込むと 滑り落ちたり熊に襲われ

              たりしてはいかんし」

              「あーっ 隊長 それでこの前から 空手の練習してるんですか?」

              「うっ うん」

              「ぼそ ぼそ (=ちょっとばかし練習してもどこかのオジサンみたいに熊を撃退

               出来ないよなー)」

              「なに もそもそ 言っているんだ」

              「いーえ 夏休みの自由研究を月曜日までに...」

              「しょうがない子だなー」


2016.9.4(日) 曇り 晴れ 湿度57%
    −−◎血圧・血圧計、人間にとっての住居。

        10年ほど前から血圧計が個人宅にも普及してきた。最近では値段も手ごろになり健康意識

        も高まり普及が進んでいる。※値段、個人宅用、6,000円〜12,000円〜それ以上。

        精度は個人用も病院用も変わらないという。

        血圧というものは天候のように刻々変化する。天候が一定期間集計して"熱帯雨林"とか

        "草原気候"とか判定するように、集計してその人の通常血圧を判定することが望ましいが

        一回測り 医師の経験と勘で判定している。別にそれはそれで問題はない。

        診察時の測定と、家に帰ってから測った時では数値が違うことがある。

        Aさん  診察時 140/90    自宅で 125/80

        Bさん  診察時 180/110   自宅で 135/85

        ※通説表示↑であって特定個人の血圧を示したものではない

        病院では緊張し、家では安堵の気分になる事を示している。

        薬品スーパーへ小間物を買いに行き置いてある血圧計で測った時家で測った時より

        数値が高かったことがあった。

        稀に病院へ行くととすっかり気分が安定し血圧が低めになる"例外"もあるという、

        悪天候や暑さ寒さ、野生生物から身を守るため人間は住居を持った。

        いまも人類はここ数万年の歴史をしっかり背負ってここに生きている。          

2016.9.5(月) 雨 湿度66%
    −−◎血圧について思い出したこと。

        国立〇〇医療センターの先生からずっと前に聞いた話だが、...

        血圧は朝夕で違うので1日のうちで一定の時刻に測り。

        何もしないでジッとしていた後 落ち着いた状態で測る。

        とのことだった。

        そこで私が考えたことは通常血圧を知ろうと、初めて測るときは1日2回3日間ほど測り

        午前の平均、午後の平均 を出して見る。

        生活の中で動いているときは動きによって上下する。

        血圧で問題なことは 何かの時に急に大きく上昇した状態になりそれが続くと血管を

        傷つけることがあり気を付ける。

    −−◎私が障碍者歯科へ行き靖子さんの歯の治療について相談してきた。

    −−◎4時30分靖子さんを見てきた。


2016.9.6(火) 薄曇りてあるが晴れ のち 曇り 夕刻雨 湿度75%
    −−◎8月16日(火)に書いた気温、湿度について。

         本来それぞれの現場で 水蒸気発生量、受容太陽熱、風力風向、その他を確かめねば

         ならないが 計測機器がないので状況による推測であり"計測準備資料"みたいな文書。

         事実。

         @放送局の周辺    気温32℃ 湿度46% 

         A我が家の店室内  気温33℃ 湿度68%

         B我が家の外     気温33℃ 湿度53%

           @の周辺状況 海に近いが10km離れている。大通りで周りはビルが多い。

           Aの周辺    室内で出窓に草花のプランターがあり毎朝水やりしている。

           Bの周辺    150mほど先に東西4kmに広がる水田地帯がある。

         推論。

         @〜A〜Bは気づいた順に並べたが遠い方から@〜B〜Aとして観察してみる。

         @都市部で地面がコンクリートや建物に覆われて露出していない。海からは一定離れて

           いて乾燥し湿度46%を示したものとみられる。

         B水田に水が張られ草地もあり蒸発水が出て、当日は風も少なく漂っていた。そのため

           都市部より湿度が高く53%示していた。

         A室内(店)の出窓にプランターと小さな植木鉢2個あり、南側でほぼ1日中直射日光が

          当たっていて水蒸気を出している。換気扇はあるが追いついていないらしい。

          室外より高く湿度68%を示していた。(15年前営業中当時はポップが飾ってあるのみで

          水分は出ていなかった)

    −−◎本日pm3:30〜4:00の気温、湿度の状態。

          店      32℃  75%(中型空調があるがほとんど使用していない)

          外      31℃  64%

          事務所   27℃  54%(小型空調あり。使用中)

    −−◎明日靖子さん病院行きのため車椅子用レンタカーを借りてきた。


2016.9.7(水) 晴れ 湿度70%
    −−◎靖子さんを県医療センターへ連れて行った。予約時間を数分過ぎたところ看護師さんが

        出てこられて「遅くなってすみません。手当をしていて、すぐ来ますから少しだけお待ちください」

        「あー いいですよ」

        待っていたらすぐ呼ばれた。8時30分の予約で8時44分に呼んでもらったので"待つ"というほど

        待たなかった。県医療センター このごろ ちょっとした気遣いをされるようになり、"待ち"でも

        おだやかな気分で待つことができた。

        診察では「風邪とか胃腸の病気はありませんでした。反応が次第に鈍くなっています。

        急にどうなったということではありませんが...」と伝えた。

        9時20分頃特養へ戻った。

    −−◎病院と関係ないが靖子さん2週間ほど前から右目の上まぶたに めんぼうが出来ていたが

        眼科用抗菌剤をつけてもらい今日はすっかり治っていた。    

2016.9.8(月) 曇り 雷雨 のち 晴れ 湿度64%
    −−◎お月見

    ◎「みんな 集まっておいで お月見パーティーの

      準備パーティーだよ」  「わーい」 (*´▽`*) 

      「このうさぎちゃん 食べちゃうのー」「大袋のポテチは?」

      「たぬきさんまだ来てないよ」「ビンゴ作っておこう」

      「キャラメル味のポップコーンとさ」「ポッキーも..」

      「17日だから まだ何回も"準備"が出きるね」

      「鈴虫ちゃんにBGMやってもらってさ」

      「.......」「....」

2016.9.9(金) 晴れ 湿度66%
    −−◎朝は こまごまと家の中を動きまわる。付けっぱなしのテレビから「とと姉ちゃん」(NHK)が

        見えてくる。 「あさいち」へと画面が変わり、人気アナの有働由美子さんが、バラリンビックの

        放送のためで「ブラジルに来ています」と。

        いろいろ報告されて、こちらの司会者が「ブラジルではブラジルのお金使うんですか?」と

        質問されると、「そうなんですよ」と右手のマイクを左手に持ち替え、右手でホケットから

        お金(ブラジル・レアル)を出して紙幣をマイクと一緒に左手に持ち2枚か3枚の硬貨を右

        手のひらに載せて見せてくれた。

        その右手の手のひらにネームペンで書かれたような文字がぎっしりとあった。(テレビは以上)

        あーっカンペだと思わずほほえましく思った。(^O^)/ 1番これ--〇〇秒、2番これ--〇〇秒

        なんてことが書いてあったのかもしれない。この人たちもカンペを使うんだとわたしも安心した。

        ※業務メモのようなもので使えるもの(=手)は何でも使う熱心さの表れで、受験生の

         カンニングへーパーとは性質が違うので 念のため。

    −−◎お盆過ぎ以来、適度に雨が降り昼間は晴れていて、草木がよく育ち朝顔が毎朝花をつけている。

        その他の草花も元気だ。それに合わせて元気なのが庭の雑草たち。暑いので放置していたが

        夕方涼しくなったので草取りをした。1ヶ月置いたらもう無人家屋(空家)のように見えてしまう。

    −−◎ヤモリくん 今日も来ている。

2016.9.10(土) 晴れ 湿度64%
    −−◎今朝の早朝気温は23℃だった。ここ一週間朝起きた時の気温は27℃〜28℃だったから

        だいぶん涼しくなっている。気温は肌感覚で予想できるが、湿度はここ数ヶ月記録してきたが

        私の肌感覚では予想できないことが分かった。気温は予想との違いが1℃〜2℃であるが、

        湿度は数値が浮かばないが それでも当てずっぽうに数値をだして見てみると大きく違っている

        午後3時ごろ 日陰の駐車場脇で測ったところ 32℃ 44%だった。

    −−◎土曜日の家事作業日程を前日メモに従って順次執行。


2016.9.11(日) 晴れ 湿度75%
    −−◎本日は文化・休養日。

        奥村歩氏の『認知症の「家族」と暮らす』を読む。


2016.9.12(月) 雨 れち 晴れ 湿度68%
    −−◎昨日の『認知症の「家族」と暮らす』。

        最新の(2015年3月まで)の医療・介護経験を他所のも含め集約されている。

        医書ではあるが医学書ではなく 介護生活を支援する内容で 私にも読みやすく、

        いちいちうなずくような場面が多数あった。私の介護、観察体験と異なる事象の

        記述もあったが..。

        心ならずも"認知症"に出くわしてしまった人たちにとって対応のささえ心情のささえ

        となる本である。お勧めしたい。

        奥村歩氏=元岐阜大学医学部講師、元岐阜大学附属病院脳神経外科病棟医長

               現在 おくむらクリニック院長。

               著書多数

        『認知症の「家族」と暮らす』=発行、株式会社世界文化社。


2016.9.13(火) 雨 のち 晴れ のち 雨 湿度73%
    −−◎将棋名人に勝つコンピュータが出現したり、人に近い作業をする工場ロボットが

        作業をしたりしている。未来はロボットに支配されると言われたり、他方では輝かしい

        未来を描いている物語もある。検討すべき課題である。

2016.9.14(水) 晴れ 湿度68%
    −−◎地域によって違う物の値段。

        学生時代(50年以上前)牛乳屋さんでバイトをしていたことがあった。

        小売り部(宅配)と卸部があり、卸部の配送準備作業を手伝っていた。

        当時は八百屋さんも多数あり、発生期のスーパー形式の店もあった・

        卸用は紙パックが主で、牛乳、コーヒー牛乳、ジュース 乳酸飲料と

        各種個数 を配分し店ごとに箱入れをする作業だった。配送は担当者が持っていく。

        店によっては小売り価格値のラベルを貼り付ける作業もあった。

        市内に5店ほどの直営店のあるスーパーで同じ物の(150円前後と記憶しているが)

        値段が店によって1円〜5円ほど違うラベルを貼っていた。75円の物、300円

        の物もそれぞれに値段が違っていた。「お客さんの都合によって違うんだよ」

        とのことであった。近隣に他の店があるかどうかとか、お客さんの階層によって

        付ける値段が違っていたようだった。

        現在に戻って、値段の違いにはそういう事情があるのかと思い起こしている、

    −−◎ヤモリくん、本日も同じ窓ガラスに来ていた。

2016.9.15(木) 曇り 晴れ 曇り 湿度64%
    −−◎お月見

    ◎「隊長 隊長!こんなに暗くなってから今日はどこを

      探検するの?」

      「今日は中秋の名月や だからお月見をする」

      「わーい パーティーだね」 (*´▽`*) 

      「このあいだ 17日と言っていたのに?」

      「17日は満月だけど お月見は15日、今晩や 

      お月見は 静かにみる物で おおさわぎしてはいかんよ」

      「ハーイ(^_^)/ 」「ハーイ (^_^)/」

      「あーっ たぬきさん 呼んで来なくちゃ」

      「ザワ ザワ」「ザワ ザワ.」ザワ ザワ...

2016.9.16(金) 曇り 晴れ 曇り 湿度73%
    −−◎スポーツで勝者がガッツポーズをする。練習の積み重ねで、勝利した気持ちもわからぬ

        ではない。バレーボールで一回一回の得点獲得に集まって独特の動作で確認している。

        他方、大相撲ではガッツポーズはしないようだ。数年前 大相撲でガッツっポーズをした

        関取が理事会から注意されたことがあった。アメリカ大リーグでもホームラン時に仲間内で

        手を合わせる程度で大げさなガッツポーズをしていないようだ。敗者へのいたわりや

        礼儀を示す奥ゆかしさを示すスポーツは少数派かな....。  

2016.9.17(土) 曇り のち 晴れ のち 雨 湿度81% ←大雨の前兆か?
    −−◎5月27日のナポレオンについての記述は念頭にあったことはアメリカのトランプ氏である。

        アメリカのマスコミは初期には彼を大統領選とは"場違いの人"として扱っていたが

        勢いづいてきて彼を持ち上げるようらなった。

        選挙が近づくにつれおとなしい発言に変化してきているが、初期の発言を取り消したり

        訂正しているわけではない。彼の意見でそのまま実行すると、アメリカ国民の生活や、

        つながりある諸外国の国民の生活にとって困難が生じることが予測される。

        だからクリントン氏が良いと言う訳でもない。アメリカの事であるので外側から注目している。

    −−◎本日午前私が歯科へ行った。土曜の日程を進めたが、夏疲れか進行滞りがち。

        暑さには強い方だったが 今年の暑さと年齢のため弱化したか。?

2016.9.18(日) 雨 晴れ 雨  湿度78%
    −−◎
    隊員A「ヤモザウリスちゃん 昨日は見なかったけど

        今日は来てるよ」

    隊員B「ヤモちゃんも忙しいよ 契約を何件も持って

        いるから 時間ごとに区切る日もあるし」

       A「なんだいそれは?」

       B「レストランで観葉植物を植木屋さんが週ごとに

        運んでくるみたいなものさ。基本契約は"虫取り"

        だけど プレミアムで"福来"という契約があって、

        それは 皆の誤解で実は何もしなくてもいいんだ。」

       A「そんなことしたら王立公正取引委員会が..」

       B「大丈夫!説明書に細かい細かい字で

        "効果が出ない場合もあります"と書いてあるしそれに

         30%ほどの人は自分のいい事と結びつけて"福がきた"

         と思い込んでしまうの。そして『個人の体験だけど

        "効果があった"』と言い触らしてくれるの」

       A「.......」
    ----------------------------------------------------------











    −−◎昨日やり残した家事関連作業を午前中に全部処理した。涼しいとやりやすい。

    −−◎明日はゴミ出しを忘れないようにしないと....。

       というのもかなり以前には祝日はゴミ収集がなかった。月曜振替休日が出来て

       月曜の収集日の収集休みが多くなり、祝日も収集するようになった。

       休日ということで緊張感に欠けていて時たま出し忘れが過去何回かあった。

       大勢に影響を与えるほどのことがらではないが...。

2016.9.19(月) 雨 のち 晴れ 曇り 雨 湿度71%
    −−◎朝顔は"夏休み"になったころから咲き始めたが、

      今も毎朝 5輪〜10輪咲いている。



2016.9.20(火) 雨 湿度 76%
    −−◎このごろ 子どもたちの間で食べたものを写すことが流行っているそうで 私も今日の昼食を

        写してみた。

    @




    A



    B




    C    @例のキシカン(既視感)有りのサラダ。レタス、トマト、

           リンゴ薄切り、ソーセージとハム

         A煮魚

    D    B納豆、卵

         C白菜漬け、梅干し

         D本日の昼は暑くなかったが予定どうり ひやむぎ

    E    Eヒヤムギのたれ。ネギ、大根おろし




2016.9.21(水) 曇り 湿度73%
    −−◎台風16号が通りすぎた。心配していたが 私の近くでは 雨は降ったが風はほとんど吹かず

        被害はなかった。

        山地方面では大雨だったらしく主流の川は増水していたらしい。

2016.9.22(木) 秋分の日 朝から夜までずーっと雨 湿度82%
    −−◎自家製五十音字表を作った。五十音字表は昔 坊さんが 作ったという。

        坊さんの読むお経はインドの言葉(梵語)で書かれていて、その言葉に忠実に発音して読む方が

        御利益(ごりやく)があるとされていて、お経のこの言葉の「音」は日本語のどの音と同じか、

        どの音に近いかを調べるために五十音字表を作り使った。

        (学校文法・学校五十音字表については省略)

        奈良・平安にあった「音」が江戸時代にかけて無くなったものがあるが近年外来語を日本語化

        するについて補充が必要になってきて工夫されている。

        一度自分で作ってみようと おしゃべりや 作文の経験に基づいて書いてみた。

        解説は後日。

      自家製 五十音字表
       

     −−
    −−R系−−−−− H系−−−−−−−−−−−
    .
     ん n
    わ waら raや yaま maは haな naた taさ saか kaあ a
    .
    .
    ゐ wiり ri〇 yiみ miひ hiに niち ti
    ち chi
    し si
    し ci
    き kiい i
    .
    .
     wuる ruゆ yuむ muふ huぬ nuつ tu
    つ chu
    す suく kuう u
    .
    .
    ゑ weれ re〇 yeめ maへ heね neて teせ seけ keえ e

    を wo
    ろ roよ yoも moほ hoの noと toそ soこ koお o

      第1表↑

     
    .
    −−
    −−L系−V系-F系−− F系−−F系−−−−−−鼻濁音−−
     .
    .
      ら la ヴァ vaぱ paば baふぁ faだ daざ zaが ngaが ga
    .
    .
     
     
    り li ヴィ viぴ piび biふぃ fiぢ diじ ziぎ ngiぎ gi
    .
    .
     る lu ヴ  vu ぷ puぶ buふ fuづ duず zuぐ nguぐ gu
    .
    .
     
     
    れ le ヴェ veぺ peべ beふぇ faで deぜ zeげ ngeげ ge
    .
    .
     ろ lo ヴォ voぽ poぼ boふぉ foど doぞ zoご ngoご go

      第2表↑

       
    .
    −−−−−− −−−−−−−−−−−−
    .
      
      みゃ myaひゃ hyaにゃ nyaてゃ te ya ちゃ chaしゃ syaきゃ kyaくぁ kwa 
    .
    . 
      み  miひ hiに niてぃ te yi ち  chi し   siき  kiくぃ kwi 
    .
    . 
        みゅ myuひゅ hyuにゅ nyuてゅ te yu ちゅ chu しゅ syuきゅ kyuくぅ kwu 
    .
    .
        みぇ mye ひぇ hyeにぇ nyeてぇ te ye ちぇ cheしぇ syeきぇ kyeくぇ kwe 

      
     みょ muoひょ hyoにょ nyoてょ te yo ちょ choしょ syoきょ kyoくぉ kwo 

      第3表↑

       
    −−−−−−P系− V系−−−−−−−鼻濁音−−
    .
     
       ぴゃ  pya ぶゃ vyaびゃ byaでゃ dyaじゃ zyaぎゃ ngyaぎゃ gya
    .
    . 
       ぴ pyiぶぃ vyiび byiでぃ dyiじ  zi ぎ  ngiぎ gi
    .
     .
        ぴゅ pyuぶゅ vyuびゅ byuでゅ dyuじゅ zyuぎゅ ngyuぎゅ gyu
    .
     .
       ぴぇ pyeぶぇ vyeびぇ byeでぇ dyeじぇ zyeぎぇ ngyeぎぇ gye
      
     
      ぴょ pyoぶょ vyoびょ byoでょ dyoじょ zyoぎょ ngyoぎょ gyo

      第4表↑

      −−◎本日は空調なしでも過ごせた。

2016.9.23(金) 曇り のち 晴れ 湿度67%
    −−◎プロスキーヤーで登山家の三浦雄一郎氏(1932年10月12日〜)が「認知症サポーター大使」

        に厚生労働省から任命されている。認知症について正しく理解し、認知症の人や家族に対し

        温かい目で見守る応援者となる事を目指しておられる。

        認知症について正しく世間様に広がっていくことはありがたいことである。     

2016.9.24(土) 曇り 雨 湿度72%
    −−◎「白川の 清きに魚の すみかねて もとの濁りの 田沼こいしき」(江戸時代の狂歌)

        田沼意次が地域開発や商工業を促進し成果を上げつつも 天災地変に対応できず

        にいた。松平定信が 田沼の"金権政治"などを批判し失脚させ、自らは緊縮政策をとった。

        定信のやり方があまりにも厳しかったため江戸市民のあいだに流行っていたのが冒頭の

        狂歌である。

        時代は大きく飛んで 今から3年前 日銀総裁が白川氏から黒田氏に代った。

        その時に新聞のコラムの片隅やテレビのトーク番組に冗談っぽく出てきたのが 上の

        狂歌である。

        資本主義経済は年々物価がわずかづつでも(年0.5%〜1%〜2%程度)上がっていくことが

        発展の基調となっている。

        そのことの良し悪しや理由の説明は省略するがそうなっている。

        で 黒田さんは「3年後にには物価を2%上昇させる」大量の通貨を市場に出し金融緩和策

        を進めた。物価の上昇はあまりないため、今度は(−)マイナス金利策をとった。

        先日9月21日の金融政策決定会合ではマイナス金利の総括的検討を行い、物価上昇の

        目標期限を取り外した。

        「総括的検討」をしなければならないということは 目標が進展していないことであり。

        期限限定しないということは「政策」がうまくいかず今後の展望が示せないことである。

        日銀だけではどうにもならない事柄である。

        「自由主義経済」とはいえ 野放図に「自由」と言う訳ではなく 現に大局的に見れば

        資本主義体制を維持するために 様々な規制が存在し施行されている。富裕層と極貧層の

        差が拡大し国民生活が不安定になってしまっては「経済」の発展などは望めない。

        日銀だけの問題ではなく、政治の政策の問題である。

        江戸時代 餓死者が出て一揆が起こったりして田沼が失脚し、重税と庶民への生活

        締め付けで行き詰まってしまった松平の寛政の改革を負の教訓として生かしていくべきだろう。 

2016.9.25(日) 晴れ 湿度70%
    −−◎人々が平穏でかつ進歩と発展を望んで生活を維持しようする時、すべての人々が

        意識や行動発現について理想状態で存在しているわけではない。市民生活においても

        法律や道徳を含めてある程度の「規制」と管理が必要であることは否定できない。

        しかし、その対象は他者の人権を侵害するような実行行為に限定される。

        ごく少数の不徳の存在がいるからと言ってそれを理由に網羅的に人々全員を管理監督

        するシステムを構築することは進歩を阻害する弊害をもたらす。

        昨今 不徳の者の事件が多発する事態は痛ましいことであるが、だからと言って

        善良な人々を委縮させる網羅的な情報収集や 管理や罰則の強化ではなく、

        社会の経済的安定と文化、市民モラルの向上へと努力することが政治の役目である。

    −−◎夕方 町内自治会の「秋のお彼岸防火祈願」があり行ってきた。「お祈り」と

        市民運動会の予定、「自治会長の地域報告」で生活環境施設(堤防・カーブミラー・

        橋・駅のエレベーター・)の設置や補修改善について要望していることなどの報告があった。

2016.9.26(月) 晴れ のち 曇り のち 小雨 のち 曇り 湿度79%
    −−◎9月12日、神戸市で 主要7ヵ国の(G7)の保健相会合が開かれた。医療に関する種々の

        問題について意見交換が行われた。神戸宣言ではその中で「早期の診断など認知症への

        理解の促進が重要である」と明記し効果的な方策を追求することで合意した。

        国際アルツハイマー協会によると認知症患者は2015年に世界で4700万人おり、

        2050年には約3倍の1億3500万人にまでに増加するとしている。厚労省はアジア各国と

        連携し高齢化が一足早く進んでいる日本の経験を共有したいと考えている。(以上新聞報道の一部)

        身体が動きにくくなっても心は生きていることを世間に理解してもらい、邪険や 粗末に対応

        しないよう世間や行政に正しく理解が広がるとよい

2016.9.27(火) 晴れ 曇り 交互 湿度80%
    −−◎9月1日付 朝日新聞によると、米バイオジェン社などのグループがアルツハイマー病の新薬を

        開発中とのこと。患者の脳にβアミロイド(たんぱく質)が蓄積して脳活動を阻害しているが、

        そのβアミロイドを減らす新薬の試験(法に基づくテスト)を1年間実施した結果減らすことができ、

        認知機能の衰えを抑えることができた。

        効果のある「薬」として出すには さらに大規模な試験を継続していく。

        これまでβアミロイドを対象とした薬の試験結果は失敗続きだったのは 病気が進み神経細胞が

        減った人が対象だったためと考えられ 病状の初期段階の人を対象として 複数の試験が行われて

        いる。(文責=筆者 意訳 要約)

        良い薬が完成して、世に出るようになると良い

2016.9.28(水) 曇り→雷雨→晴れ→曇り→雨 湿度74%
    −−◎明日 靖子さんを歯科に連れていくためセンタカーを借りてきた。

    −−◎9月21日は「世界アルツハイマーデー」だった。認知症への理解や 患者や家族への施策

        の充実を呼びかけるもので「国際アルツハイマー病協会」と「世界保健機構」が1994年に

        制定している。「家族の会」も各所で理解と施策の充実を求める呼びかけ活動を行ったとのこと。


2016.9.29(木) 雨 曇り 晴れ 曇り 湿度 63%
    −−◎靖子さんを歯科へ連れて行った。生え際の周辺が虫歯になって取れてしまい土台だけ

         残っている歯がある。それで安定しているが化膿するといけないので次回に抜歯してもらう

         ことになった。

       ---------------------------------------------------------------
    −−◎探検隊  神無月と出雲大社の神々の会議

        隊長「さあ みんな しっかりつかまって 動き始めと到着時は ちょっと揺れるけど途中は

            静かだから タイムスリップ付空飛ぶじゅうたんは何人乗っても安全だから心配する

            ことはない」

        ねこ1「どこへ行くんですか?」

        隊長「縄文時代の終わったころの時代に行く。今いたところと同じところに行くが 風景は

           違っている。向こうに着いたら"幹事"にいろいろ説明してもらう」

           ヒュー ヒュー パタ パタ パタ ヒュー ヒュー パタ パタ パタ。

           「あれ! もう止まったよ」「見たことあるようなところだけど ここはどこ?」

        隊長「我々の住んでいる町の昔のムラだよ」

        幹事「10のムラの村長(むらおさ)の中から選ばれた一人が出てくる。早い人は10月10日

           ごろ 遠くの人も10月17日までに出雲の神魂(かもす)神社に集まる。早く来てゆとりの

           ある人は 種子を買ったり道具を買ったりする人もいる。ムラのことで 経験交流もする」

           「電車はどこで乗るの?」

        幹事「この時代 電車なんかないから歩いていくんだよ」

           「へェー」 「ブツ ブツ」

        幹事「畿内と周辺の村が集まる。吉備の村からも....。18日に出雲大社に集まり20日

           まで会議がある。歴史の概略や西国情報(当時の中国や朝鮮半島)を知らせる。

           村と村が諍いをしないことなどを伝える。会議の主な話題は、農事情報で種まき時期、

           新しい道具、共同水利、たくさん収穫をするための いろいろな話がある。覚えて帰って

           ムラ人に伝える役目があった。」

           「それだけのために皆 集まってきたの?」

        幹事「それだけのため と言うが、江戸時代の"参勤交代"みたいなもので 大王様への忠誠

           を誓わせる場でもあったのだ。ムラ長の役目は 大王様の意向を伝えることと ムラ人の

           生活を改善をする役目と二重性があったのさ。会議が終わると21日から25日まで

           佐陀(さだ)神社で過ごす」

           「わかった。 『ワーイ 終わった終わった』と言ってドンチャン騒ぎをするわけね」

        幹事「ぼくたちとちがうよ。だけど そういう人もいたかもしれない」

        幹事「日程をまとめると

            9月30日   出発

            10月10日〜10月17日 ごろまでに到着し 神魂(かもす)神社で待機

            10月18日〜10月20日 出雲大社で本会議

            10月21日〜10月25日 佐陀(さだ)神社で過ごす

            10月25日  帰宅の途につく、

            とまあこんなところだ

                以上が出雲大社の神々の会議の日程のあらましだ。神々の権威を壊さないよう

            頑張って参加してもらいたい。』

           「えーっ ぼくたち 神様になってしまったの」「あたし 神様になんかなれないわ」

           (本稿 終わり)      

2016.9.30(金) 曇り 晴れ 雨 湿度64%
    −−◎ふーっ ようやく 今週のしごとも 片付いた。明日は家事の処理。


2016.10.1(土) 曇り 夕刻より 雨 湿度78%
    −−◎午後靖子さんとこへ 日用品を持って行った。敬老会をやってもらったそうで

        "敬老会カード"と写真が飾ってあった。

         「来たよ」と声を掛けると 目線を向けた。このところ泣き声のような声を出していたが

         今日は静かだった。

2016.10.2(日) 雨 のち 晴れ 湿度75%
    −−◎朝夕涼しくなったが、日中はまだまだ暑い。朝着たYシャツを昼には半袖に 着替え。


2016.10.3(月) 雨 曇り 晴れ 湿度72%
    −−◎「星を継ぐもの」。1980年代(今から30年ほど前)によく読まれていたSF小説。

        物語は興味深く進展していくが、宇宙のある星の国で核戦争になり壊滅し、ほんの少しの

        人が生き残り他の星に逃れて、生き延びて長い年月をかけて再び進歩、発展していった

        というお話し。

        物語展開は、資源獲得の争いからすいすいと核戦争へと進むさまは軽薄とも見えるし 別の

        角度から見れば1960年代から1990年へと続く"東西冷戦"状態の中で戦争勃発を

        防止するための"警告"とも受け取れる。

        作品は「ガニメデの優しい巨人」と「巨人たちの星」と合わせて"ガニメデの巨人三部作"

        と言われている。その後この続編として「内なる宇宙」上・下を発表 


        「星を継ぐもの」 「ガニメデの優しい巨人」 「巨人たちの星」 「内なる宇宙」

        池 央耿=いけ ひろあき 訳 東京創元社 創元SF文庫

        ジェイムズ・パトリック・ホーガン(James Patrick Hogan)

        イギリス生まれ(1941/6/27〜2010/7/12)

        その他 多くのSF小説を発表している

2016.10.4(火) 曇り 晴れ 湿度66%
    −−◎SF(サイエンス・フィクション)と言えばアニメの「鉄腕アトム」や「銀河鉄道999」もSFで

        物語の中で空想で描かれたものが現実社会で 本物として現れるのを見るとわくわくしてくる。

        ホーガンの三部作の中にも ハラハラしたり むっ! と思ったり わくわくする場面がある。

        考古学的遺物と人骨の解析会議の場面は真に迫っていて"現実"のように見えてくる。

        昨日記事の”核戦争”の話はたくさんの物語の中の一つの話で三部作の中では物語は

        次々と展開されていく。

        そのうちに また 記載する。

        耿

2016.10.5(水) 曇り 雨 曇り 湿度71%
    −−◎今日は靖子さんを県医療センターへ診察に連れて行った。台風を心配していたが、

        台風通過と時間が重ならずおだやかな曇り空で無事診察を受けてきた。

        この1ヶ月はとくに異変はなかったので その旨伝えた。

        行き帰り、今日のようすはだいたい目覚めていたが時々目をつむっている事もあった。

        「うーっ」と言ったり、泣き声のようなこえを出すことがあったが、トントントンとさすっていたら

        静まった。注射をしてもらう時 顔をしかめるので「痛い」神経は働いていると思った。

        予定通り済み9時30分に特養へ戻った。

    −−◎上の診療とは別件だが歯磨きについて。

        食後の歯磨きは 水をうまく吐き出せないので 市販の練り歯磨きは使用できないため、

        「フッ素コート歯みがきジェル」→ジェルコートF→スモカ歯磨KK を使用している。

        歯ブラシに ごく小量(小豆大)つけて磨き。吐き出せなければ出さなくてもよい。

        口内清掃は 1日一回 スポンジまたは 布製のボンボンのついた棒ブラシに 洗口液を

        軽くつけて 舌や上 左右をぬぐうように拭く。こちらもボンボンに軽くつけた程度なら

        吐き出さなくてもよい。

        洗口液は各社がそれぞれの商品名で出しているが私はモンダミン(アース製薬)を使用している。

        洗口液は本来 おちょこに一杯くらいを口に含んで20秒〜30秒ほどして吐き出せば

        水で洗い流さなくてもよいとされているので、ボンボンに付けた程度ならば吐き出さなくてもよい。


2016.10.6(木) 晴れ 湿度48%
    −−◎探検隊
               

        隊員A「ヤモザウリスちゃん このごろ見かけなくななったね 涼しくなったし雨続きだったから

        かなー」

        隊員B「それもあるけど隊長が...」

           A「隊長がどうかしたの?」

           B「この間 ヤモちゃんの 所属会社の事務所のコーディネーター(CN)がセールスに来てね...」

            −−−CN「9月末で契約更新になりますので手続きにまいりました。当社では単純に

             効率追求のインテリアではなく 社員さんが自然環境を感じてお仕事できるよう、

             観葉植物はもちろんですが 鈴虫とか 蝉とか ねずみ 蛍 ...」

             隊長「ねずみ などいらん。君のとこの会社のせいだろう。池や川に ワニとか

                咬みつき亀が放置され魚など喰い荒らしているのは...」

             CN 「いえいえ当社は自然生態系を重視しておりまして外来生物は扱っておりませんし

                既に家畜として認定されている動物や ペットとして定着している動物は ご自身で

                管理できますので 当社では扱っておりません」

             隊長「ヤモザウリスも季節ものだから9月終了でいいだろう。また来年6月から...」

             CN 「そうでございますか それでは一応区切りとして9月終了とさせていただきます

                今まで毎年新規契約でしたが 間隔年次契約制度が出来ましてこちらですと

                3%お安くなり 今お支払いいただくとさらに3%お安くなります。但し3年間は

                継続していただきませんと2ケ月分の解除金を抱くことになります。」

             隊長「得か損かよくわからんなー。旧制度でいいから また来年来てくれ」

             CN 「ありがとうございます。来年の時期までには期間もございますので よろしく

                ご検討下さい」−−−−

         隊員A「てなわけで隊長が断ってしまったからもう今年は来ないよ」

         

2016.10.7(金) 晴れ 湿度58%
    −−◎今週の業務は終わった。もう10月だ。日々の経過は速い。


2016.10.8(土) 晴れ 曇り 湿度63%
    −−◎ノーベル賞の各部門の賞が順次発表されている。

           ※アルフレッド・ベルンハルド・ノーベル(Alfred Bernhard Nobel, 1833年10月21日 -

             1896年12月10日)※

         ノーベルの父は鉄工所を経営していたが 儲けたり失敗したりしていたが 

         クリミア戦争 (1853−1856) では兵器生産で大儲けしたが 戦争終結で破産した。

         ノーベルは開発中の事故などもあったが1866年にダイナマイトの原形を世に出した。

         シャフナーという軍人がその権利をねらって裁判を起こし経緯ののち 軍事における

         使用権をシャフナーに譲渡した。

         初期状態では取扱いに危険をともなう物であったが 安全性高める改良を重ね 

         1871年までにダイナマイトを生産し売り出し世界各国で鉱山や鉄道工事、道路工事

         敷地造成工事などに使用されている。

           学術賞はノーベルの遺言により実施されているという。

        (私見)偉大な発明も 使う人(=所有する人)によって 善にも 悪にも 使用されることとなるが

         善にのみ使用してもらいたいものである。

    −−◎9月13日(火)のこの日記に↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓こんなことを書いていた。

        ◆将棋名人に勝つコンピュータが出現したり、人に近い作業をする工場ロボットが

        作業をしたりしている。未来はロボットに支配されると言われたり、他方では輝かしい

        未来を描いている物語もある。検討すべき課題である。◆

        いろいろ見ていたところこんな話があった。どこか外国の学者先生が言っていた言葉だけを

        借用すると(なぜ借用かというとこの学者先生の総体を私が知らないから)「コンピュータがチェスで

        人間のチャンピオンを破ったなど、ブルドーザーが重量挙げで優勝したのと同じことで興味がない」

        と何年も前に言っていたそうだ。

        (私見)     将棋と重量挙げは仕組みが違うが

        確かに人間が自分の作業を他に代替わりさせることは歴史的に行われてきた。

        チェス または 将棋は必ず勝敗のつく閉ざされた世界の事で代替可能な仕組みである。

        升目の線の上に留まったり板面をはみ出してしまったりする自然界や人間界の動きを

        代替することはできない。

        コンピュータに「太郎」という名前を付けたとする。太郎の署名は「太郎」であり、現状では

        100回書いても活字の「太郎」であり100台分あっても「太郎」である。人間では100回書けば

        100回とも どこか違いがあり100人の「太郎」では当然違っている。

        コンピュータは人間を支配することは出ない。

        これが本日の私の到達点。こちらもまた使う人(=所有する人)によって 善にも 悪にも 

        使用される 物のようである。


2016.10.9(日) 晴れ 湿度54%
    −−◎老々介護でまた 悲しみを誘う事件が報じられている。

        「日本は老人が多くなって老人を養えなくなってくる」との論があるがそれは妥当ではない。

        日本の「国民総生産」は 諸費を差し引いても、インフラ、生産設備の再投資を差し引いても、

        なお2倍も3倍もの人口(2億人〜3億人)が平均並みの生活をできるほどゆとりを持っている。

        適正に分配して不幸な事件を少なくしていきたい。

2016.10.10(月) 晴れ 体育の日 湿度53%
    −−◎朝顔が いまだ毎日咲き続けている。盛んな頃は5〜10輪咲いていたが今は3〜5輪。

        0の日が2日続いたら片付けようと思っているが0の日はまだない。


2016.10.11(火) 晴れ 湿度52%
    −−◎ハートフラワー

    ◎隊員B「ハートフラワー(H・F)ちゃん今日はどこ行くの」

     ハートフラワー(H・F)「ちょっとそこまで」「ちょっと...」

     隊員A「頭の上どうしたの?」

     H・F「観葉植物を育ててるの、畑にしてね」「育ててるの..」

     隊員A「それって ずーっと ずーっと大きくなって体より大きく

        なってしまったらどうするの?」

     H・F「さー わからない きっと おんどり(雄鶏)みたいになるよ」

        「わかんない..なるよ」

     隊員A「??????」

     隊員B「あのお祭りで売っているかわいい ひよこ の事だよ

         飼っているうちにだんだん大きくなって7年目になるけど

         孫は高校生になってちらっと見るだけで『ばあちゃん水と

         餌ちゃんとやっといてね』なんて言って『放って置くのも

         可哀そうだから』と世話しているおばあさんがいたよ」

     H・F「フフッ ほんとは大丈夫 女王様にカットしてもらって大きく

         ならないようにきれいにしてるから」「きれいにしてる..」  

2016.10.12(水) 晴れ 湿度44%
    −−◎静的物質体に対して、動的生物体がある。宇宙に存在するが、限定して地球上で、とする。

        二つ以上の静的物質体があって温度や外圧の一定の条件下にあると別の静的物質体に

        変化する場合がある。意図を感じさせるものはない。

        動的生物体はその発生は謎だが、水(H2O)にかかわって発生した後には自己再生を行い

        以後それを繰り返していく。自己再生は意図を感じさせるものがある。

        環境変化を感知しそれに応じて自己変化をし再生していく。再生を"世代"として

        その積み重ねを重層的に見ると発展的というか、"成長"というか"向上心"というか

        前進的意図をもって、変化再生が継続しいてる。

        微生物に"意図"を当てはめるのは適切でないが、言葉がない。

        地球に高温化などの劇的変化が起こらない限り今後も"向上心"をもって発展変化していくことが

        展望される。

        

2016.10.13(木) 晴れ 湿度47%
    −−◎介護保険給付削減 先送り

        厚労省が先ごろ言っていた要介護1と要介護2について生活援助サービス(入浴・食事の介助

        掃除)を保険から外すことを先送りしたようだ。

        HHKの報道(10月12日)によると、財務省が生活援助サービスについて要介護1と要介護2

        人の(自己)負担を大幅に増やすよう求めたことを受けて厚労省は原則自己負担をを検討して

        きました。12日に開かれた専門家会議では「利用者の切り捨てにつながりかねない」として

        先送りの案を示した。厚労省は介護給付の福祉用具その他の事も含め財務省と

        協議をしていく。(以上報道抜粋)

        これについては「家族の会」の人たちも厚労省に要望を出していた。

        声を上げることが大事だなーと思った。すでに要支援1・2を給付から外しているので

        黙っていたら要介護1・2も外されてしまうおそれあり。

2016.10.14(金) 晴れ 湿度37%
    −−◎靖子さんのインフルエンザ予防注射のための問診票を出してきた。眠ったような感じで

        動かなかった、顔色は良いようだった。

    −−◎気温が低くなると空気中に水分を保持できなくなって湿度が下がるようだ。40%を切って

        37%になっていた。

2016.10.15(土) 晴れ 湿度42%
    −−◎今朝は早く起きて 古新聞 チラシ 小冊子 段ボール などを玄関わきに出した。今月は

        PTA(このごろは保護者会というが)の番で朝7時30分ころ回収に来てくれた。

        家事、買い物、生協などを済ませ。午後は特養へ靖子さんを見に行った。

    −−◎特養で「秋祭り」が開かれた。

        多目的ホール、玄関ホール、前の昇降場広場に「お祭り」の出店がいっぱい出されていた。

        利用者はほとんど車椅子で孫たちや家族に付き添われて見てまわり、テーブルを囲んで

        楽しいひと時を過ごしていた。輪投げと風船ヨーヨー釣りがあったが本人たちがそれをやる

        というより 子どもたちが騒いでやっているのをニコニコしながら見ているようだった。

        職員さんと 設立主体の役員さん 施設支援組織の人たち 地域の赤十字奉仕員の

        協力で計画され本日の世話役もやっておられた。

        靖子さんも車椅子で一まわり見てまわりも途中で 鯛焼き やきそば 飲み物を買って

        外のテーブルで食べた。外ではいつもより目を大きく開いて空や遠くの景色を

        見ているように感じられた。

    −−◎このごろ あの「まいどおさがわせ致して...」のチリ紙交換の声が聞こえなくなった。

        町内各団体の回収はほんの少しの市の補助もあって日付を決めて継続している。

        2年ほど前から、古紙業者や古紙回収業者が空き地に回収スペースを種別に用意し

        「無料です。ご自由に置いて下さい。汚れた紙類やゴミは入れないで下さい」と書いて

        回収所を設定している。

        最近では食品スーパーが駐車場脇に回収所を設置している。こちらはポイントが貯まると

        そのスーパーの200円の割引券がもらえる、としている。専用カード式で載せ台に置くと

        コンピュータで重量を測りポイントを記載してくれる。

        ただ 説明書により計算すると1kg=1円となり、新聞1ケ月分で5.5kg=5円50銭で

        200円貯まるのに3年かかることになり、ポイント好きの人にはいいが 私などはすぐ

        忘れてしまいそうだ。はやるかどうか注目したい。


2016.10.16(日) 晴れ 薄曇り 湿度63%
    −−◎ゆるキャラ"わくたまくん"(=ぬいぐるみ)を靖子さんのとこへ持っていき飾ってあげた。

        靖子さんの床頭台(のような引き出し、扉付の台)の上にはぬいぐるみが10個ほど

        並べてある。発症後4〜5年目ころ散歩のときに好んでぬいぐるみを脇に抱えて

        持ち歩いていた。

2016.10.17(月) 雨→曇り→晴れ→曇り→晴れ 湿度65%
    −−◎認知症になった時、なるべくそれまでの普通の生活が、自分で出来るようにして

        戸惑ったときは、そっと手助けあげるようにすることなど大切か。

        趣味的には人それぞれ違うが。靖子さんはボーリングなとやっていたが私よりずっと

        点数が良かった。絵を描くことが好きだったようだが現業中は忙しく絵画道具は

        物置に置いたままだった。油絵は準備に手間取るので"まずはパステル画"でと(↓絵の下へ)



        やり始めた。デッサンを描いている間に私が水彩を用意してあげたこともあった。

        12色色鉛筆でも描いた。公園や山際へ行き風景も描いた。生活を楽しみ感性を

        保持するのに有効だったように思う。

        ※これらの絵は「最初のページ」の目次から「絵画」をクリックすると出てきます。

        200枚ほどありますがまだ全部整理掲載してありません。※

2016.10.18(火) 晴れ 湿度54%
    −−◎秋の空気になっていたが 今日は夏の空気が舞い戻ってきた。昼すぎ30℃を越していた。

        薄手の上着を着ていたがそれを脱ぎ...、袖口を折り返して半袖風に...

        夕刻にはまた袖をおろす...

    −−◎差し歯がはずれて、仕事を中断して歯科へ行った。偶然すいていてすぐ接着してもらい

        10分ほどで帰ってきた。

2016.10.19(水) 晴れ 湿度62%
    −−◎今日も日中はけっこう暑い日だった。夏と違って朝夕は涼しくなるので(温度差10℃)

        注意が必要だ。風邪ひかないように気をつけていないと。 

2016.10.20(木) 晴れ 湿度45%
    −−◎"あるがままに見る"と"類型化して見る"

        近くにいる人(物理的距離、見かける頻度、社会的距離、心的距離、経緯)ほど あるがままに

        見る度合が高い。遠くにいる人に対しては類型化して見ることが多い。

2016.10.21(金) 晴れ 湿度40%
    −−◎朝顔がいまも二つ三つ咲いている。咲かなくなったら取り払うことにしていたが10月中には

        片付けることにした。枯れた葉が茶色くなっているのを取り去っていたが追いつかず見かけも

        悪くなった。子どもが買って来てくれた来春の球根花も植えなくてはならないし....。

        、

2016.10.22(土) 曇り 湿度57%
    −−◎靖子さんは 眠ったような感じで車椅子で皆と一緒に広間にいた。

    −−◎朝の買い物で気づいたことは我が家周辺では野菜の値上げが時間遅れで来たようだ。

        8月27日に"7月と比べて2割〜3割の根上がり"と書いていたが、本日ば7月と比べて

        5割程度高くなっていた。98円だった「にら」が148円に198円だった根深(=ねぶか=ネギ)

        が298円になっていてその他各種野菜も同様に値上げされていた。風水害に関係ない野菜は

        あまり上がっていなかった。

2016.10.23(日) 曇り 湿度42%
    −−◎靖子さんは相変わらずしずかにしていた。大過なく過ごしている。

        明日は掃除業者が来るので夕刻から整理整頓をした。

2016.10.24(月) 晴れ 湿度37%
    −−◎本日は午前、「お掃除サービス」に来てもらって屋内(台所・風呂・トイレなど)の

        掃除をしてもらった。換気扇とか空調機の上側や冷蔵庫の上など普段手の届かない

        ところもきれいになった。

        ひとにやってもらうとはいえ、前日には 自分でも整理して床などは「お掃除をしてもらうための掃除」

        をしたり 前準備もあるが 整頓の心がけを保持する節目節目としてよろしいかと。

    −−◎靖子さんさんの行っている歯科から電話があった。いつも親切に指導、助言をしてもらって

        ありがたいことだ。

2016.10.25(火) 曇り のち 雨 湿度57%
    −−◎一日中曇り空で夕刻は雨、室内でも寒く感じた。今まで昼中は暑かったせいもある...。

        薄地の上着をはおって仕事をしていた。

2016.10.26(水) 晴れ 湿度61%
    −−◎朝顔を取り払ってかたずけた。

2016.10.27(木) 晴れ 湿度39%
    −−◎靖子さん、今日は外の先生に来てもらって手足を動かすリハビリをしてもらった。

        一年前とくらべると だんだんと手足が動きにくくなってきている。

    −−◎居住地周辺では幸いと事件・事故の話は聞いたことがないが、新聞を開くと気分が重くなる。

        それは@Aさんは本日無事過ごしました。ABさんは会社へ出勤し帰宅しました。などということでは

        "新聞"にならないだろう。人々の多くは"共通認識"をもって生きているが それから外れた人

        外れざるを得なかった人が事件を起こし、巻き込まれてしまう人もいる・

        ところで軽微な事件と 重大事件があるが仮に

        (仮前提)30件新聞記事になるとして 人口1億2千万人で400万人に1人になり 確率は少ない。

        新聞が不安感をあおっているようにも見える。だがそうでもない。

            1日−−−−400万人に1人

           10日−−−− 40万人に1人

          100日−−−−−4万人に1人

         1000日(約3年) −4千人に1人

        10000日(約30年)−400人に1人

        20000日(約60年)−200人に1人

        事件は遠くの世界の事ではないようだ。

       無事生活できる世の中を作っていきたいものだ。


2016.10.28(金) 曇り のち 雨 湿度66%
    −−◎プロ野球日本シリーズは広島が2勝した後 北海道へ行き日本ハムが3連勝し、本日は

        移動で休み、明日29日に再び戻ってマツダスタジアムで試合が行われる。

        なお広島市内では ハムカツの販売が"禁止"され食堂でも肉屋でも売られていない。

        "禁止"かどうかはわからないが、売られていないのは確からしい。

        一方北海道では早めに売れてしまってこちらも品薄とか。うわさ話か本当か知りません。(^O^)/


2016.10.29(土) 晴れ 湿度37%
    −−◎靖子さん、今日も眠ったようにしていた。

    −−◎お天気の話。

        昨日、人と話していてその人が言うには「今まで冷房を入れていたのに トタンに暖房に

        切り替えた。今まで(前年まで)は1ヶ月くらい(冷暖房の)休みがあったのに今年は急に

        冬がきたみたいだ」と。

        我が家では記録によると例年11月5日〜11月15日に朝夕の暖房やストーブを使用開始を

        していたが早まりそうだ。

    −−◎世界は多国籍企業=無国籍企業の世界支配と それを隠すように動く民族主義の奇怪な結合が

        「後は野となれ山となれ」の行動を展開し 国民の命と暮らしに対する不安を引き起こしている。

        この状況も人間が作り出したものであり、人間の冷静な世論の展開でその状況は変えていくが

        できる。

2016.10.30(日) 晴れ 湿度37%
    −−◎将棋と天気予報

        将棋でコンピュータが勝ったこともある。天気予報も明日の天気はだいたい当たるが明後日、

        明々後日となると 時間ずれがあり、長期予報ととなると「そういう天気になるかもしれないなー」

        との程度に受け止める。

        ◎将棋は

        要素(2個)    Aさんの駒         ×         Bさんの駒

        条  件    ※開始時点で駒の数と動かす規則は決まっている

        変  化    両者の展望と意志行為によって駒は移動させられる。

        結果(2種類)   Aさんが勝ちまたは負け           Bさんが勝ちまたは負け

        ◎天気予報は

        要素           水         空気     地形(標高差)  
                      ↓          ↓      ↓
                 (固体 液体 気体)  気圧上下   高低       

        条件      季節 日照  気温    時間
                  ↓  ↓    ↓     ↓
        変化          強弱  上 下   長短

        結果      晴れ  曇り   雨   雪   風 

        将棋では一単位変化の可能性は例えば20駒のどれかが1枡〜16枡での移動であるのに、

        天気予報では単位時間での変化は要素と条件が複合的に絡み合い可能性は数1000方向に及ぶ。

        しかも 気温 気圧 時間の現実の変化はアナログ的であり、現状ではあまり的中しないのだろう。


2016.10.31(月) 晴れ 湿度44%
    −−◎探検隊





    ◎隊員A「隊長 隊長!この辺も熊が出るって書いてあるよ」

      隊長「大丈夫だ カランカランがあるから」

      隊員A「さっきから 時々 "カランカラン"と音を立てて

        何やってるんですか?」

      隊長「こうして まだ熊が近くにいない時に音を立てておくと

        向こうが逃げていく、いきなり近くで出くわすと熊も驚いて

        襲ってくる」

      隊員A「隊長 空手で撃退するんじゃなかったですか」(^O^)/

      隊員B「コチョ コチョ..(まだ熊を追い払うほど上達して

           いないよ)」

      隊長「熊も冬眠前にたくさん食べておかなくはならないが

        山の木が伐採されて少なくなり山の果実や木の実が

        少なくなると里へ出てきてしまうんだよ」 

2016.11.1(火) 晴れ 湿度40%
    −−◎明日、靖子さんを医療センターに連れていくため車椅子用車両を借りてきた。

    −−◎先日 日曜日にカレーを作った。

        @粉、食塩、その他の香辛料、調味料を自分で混ぜ合わせてつくる。

        Aカレールーを使用する。

        B全部出来上がったレトルト食品を温めて食べる。

        レトルトも時々買ってくるがその日、私がやったのはA

        1人前というのも作りにくく、一定量(6皿分)作った。

        次の日は残ったカレーを毎朝加熱し傷まないようにして カレーうどんを食べた。

        本日は再びカレーライス、明日はカレーの汁物を作り終了となる。1日一回で4日間あった。    

2016.11.2(水) 晴れ 湿度33%
    −−◎靖子さんを県医療センターへ診察に連れて行った。常時眠っているような状態をして

        いるので そのように伝えた。

        気分は良さそうだった。

    −−◎仕事日は暦に従って ウィークデーに働き、土、日、祭日は休日としている。とは言え

        休日も収入のための仕事ではないが、それなりに忙しい。

        介護生活18年半、のうち14年目までは付きっきりだったが 施設に預かってもらい、

        その後仕事を再開し3年半になる。以来上のような日程で仕事をしている。

        ところで 以前は途中にあった祝日を引っ張ってきて月曜にくっ付けるケースが出来て

        3連休が多くなった。私の個人的な生活感覚からすると、明日11月3日(木)文化の日

        のように途中にあった方が、ほっとする感じだ。     

2016.11.3(木) 文化の日  晴れ 湿度33%
    −−◎日本国憲法が公布されて70周年になる。戦後 親 子 兄弟姉妹を失い 街を焼かれ 

        「この悲惨な事態を 今後は絶対に起こさない。」との国民の強い願いを込めて日本国憲法が

        制定された。9条の戦争の放棄、軍隊を持たないことについても 当時の幣原喜重郎氏が

        制定当時のアメリカとのやり取りについて「アメリカがすぐには賛成しまいと思った(が)その意味を

        言うと元帥(マッカーサー)は最後には理解を示し非常に感激していた。」と証言している。

        当時の国民の総意を内閣の総意として日本側からアメリカを説得した。アメリカから押し付けられた

        ものではないようだ。

    −−◎

2016.11.4(金) 晴れ 湿度32%
    −−◎TPP強行採決。

        国家や国連に成り代わって多国籍巨大企業(=無国籍企業)が国や国際社会を支配して

        行こうとする事態の端緒的現象である。

2016.11.5(土) 晴れ 湿度39%
    −−◎とあるお菓子屋さんのコマーシャル。"亥の子餅"

        いのこもち。「無病息災を願って11月1日に食べるお餅」とあって

        「源氏物語の葵の巻(9帖)にも登場し」「古来」のお菓子だという。

        あんこ餅だが 楕円形をしていて丸くはないところが 猪の子 ウリ坊に似ているところから

        亥の子になったようだ。(後日調べるためのメモ)


2016.11.6(日) 晴れ 湿度34%
    −−◎本日はゆっくり休憩した。

      

2016.11.7(月) 晴れ 湿度38%
    −−◎大阪の府内に「特別区」を作って"カジノ"(=賭博場=とばく場)を作ろうとの話が国会の

        一部議員の間で取りざたされている。マカオやラスベガスのようなカジノ街をつくり 一儲けしようとの

        算段らしい。胴元会社は儲かる仕組みになっているし キラキラした街もできるだろう。

        人の意志の弱さに付け込んだ"商売"で 人も集まり 幾何(いくばく)かの税収も上がり繁栄した

        ように見える。

        悪弊の方が大きい。賭博は全員の掛け金(総掛け金)の何割かを配分するから相当人数の損を

        する人が出てくる。これが大きな社会問題を引き起こす。

        公の金や会社の金を使い込んだりするケースもよくある。どこかの製紙会社の御曹司のように

        会社の金を引き出して使い ラスベガスで2億円損をして親に支払ってもらった話もある。

        そういう人はマカオでもラスベガスでも行けば良い。

         損をした人が生活苦になり一家崩壊したり、泥棒したりするなど 現今の競輪競馬でさえも

        関連事件の報道はよく出ている。報道されないが 意志の弱い人が賭け事に誘惑され

        本人は自分のせいでそうなっているのだが 苦しんでいる家族も多い。

        賭博には暴力団が絡んでいたりその資金源にされやすい。

        犯罪や社会悪の温床となるため、日本では古来から賭博は禁止されている・

        7世紀 持統天皇の時代「すごろく禁断の令」に始まり、社会組織の変化があっても

        賭博禁止は現在に引き継がれている。例外的に江戸時代 社寺修復のための「富くじ」が

        認められたことがあった。大正末期「競馬法」ができるまで禁止されていた。

        現今では例外が多すぎるが 競輪 競艇 宝くじ パチンコ にまで広がった。

        賭博は 禁止されているため、先年相撲の関取や 野球の選手が罰せられた。

        カジノはマカオやラスベガスを見ると(実際見たわけではないが資料によると)制約のある

        競輪競馬と違って掛け金も多く設定でき、悪と不幸な家族を生み出す元となる。

        カジノを作る法律には反対である。

2016.11.8(火) 曇り 時々 雨 湿度60%
    −−◎私が国立〇〇医療センターへ診察に行ってきた。

        体調を保つためそれなりに気配りして日常来活をしている。と言っても簡単なことで 均衡ある食事、

        室内での軽い運動、散歩、睡眠時間など。

        この1ヶ月、気分に従って動くことで生活しどうなるかやってみた。但し時間は仕事との関係でしっかり

        守って、睡眠時間も確保した。

        好きなように食べていても 元々"好き嫌い"は無いので振り返ってみてそれほど偏りはしなかった。

        運動(体操)は気づいた時にやっていたが、散歩はだんだんおっくうになってきて回数が減っていた。

        そのことと関係はわからないが、悪玉コレステロールが10ポイント増えていた。善玉コレステロール

        も4ポイント増えていた。

        放っておくと(自分を)だんだん動かなくなるのでしっかり運動もやって行かなくてはと思った次第。

    −−◎有名な会社"電通"が労働基準法違反事件で厚生労働省の強制捜査をうけた。

        昨年 あまりの長時間労働で女子社員が死亡した会社である。

    −−◎リオ オリンピックでの 柔道金メタリスト 松本薫選手 結婚紹介の記者会見。

        「芸能人でもないのに こんなに(多数)お集まり頂いて申し訳ありません」に始まって、

        質問に答えて いろいろ楽しく話していたが、

        「今の思いは?」と記者から聞かれて「結婚は覚悟です」と一言。

        付け加えて「年取って 介護の事や....」と.

        

2016.11.9(水) 晴れ 湿度26%
    −−◎来年1月からのアメリカ大統領にトランプ氏が当選した。外国の事だけど私はあまり好みでは

        なかったのだが。

        この日記の7月12日の記事で次のようなことを書いていた。

        −−−世論調査ではクリントンさんがやや有利と言っていたが...。

         「人に聞かれてトランプとは恥ずかしくて言えないよ」と思いつつ、クリントンさんを

         支持すると言い、投票所ではトランプさんに入れる。−−−

         本当にこんなことになってしまったようで驚きだ。

       外国の大統領のことだからその国民でない私が何とも言えないが、選挙中に言っていた

       暴言や、大国主義的、ナショナリズム的傾向に危険を感じる。

       ナポレオンに対してのように 急遽 トランプ氏を持ち上げる発言をマスコミで発言する人も

       出てきている。(この日記5月27日にも記載)

2016.11.10(木) 晴れ 湿度34%
    −−◎来年1月からの 次期 アメリカ トランプ大統領はどのようなことを進めるか。

        報道された発言を私の目から見ると次のようなことが予想される

        ◎ポピュリズムの流れ

          トルコ    エルドアン大統領

          フィリピン  ドゥテルテ大統領

          フランス   来年選挙 候補者あり

           ※1932年のアメリカ ルーズベルト大統領

        ◎予想される方針(事前に言っていたこと。当選後あいさつで言っていたこと)

        ◆インフラ整備 

              雇用促進

        ◆↓銀行金融機関に対する規制緩和

            バーゼル規制緩和

            ボルカールール(ドット・フランク法)の廃止

        ◆社会保障制度支出の削減

              社会保険の中止

            高額薬価の価格規制を緩和(高くしてもよくする)

        ◆軍備強化

            「日本から軍を引き上げる」というのは費用を出させるため、または

            自衛隊を強化せよと要求する。

        ◆中国、ロシアへの包囲網

            「強いアメリカ」というのは 最近のアジア、アフリカでの中国進出を

            意識してのことで軍事面だけでなく経済的に、文化的に優位に立つこと

            を目指す。一方の大国ロシアに対しても同様の立場で対峙する。

            サイバー攻撃 仕掛け合い。(=情報収集)

            その他の国の事は言及していない。

        ◆国内的にはアメリカ ナショナリズムで国民意識をまとめようとする。

            「自由の国」とか「民主的な国」とか「強いアメリカ」など。


2016.11.11(金) 晴れ 湿度44%
    −−◎ポッキーの日

    −−◎選挙というものは投票率の問題があるとはいえ、構成員が構成体に対しての

        意志表示の方法である。

        アメリカ国民は 今まで推移してきた政治の結果からの生活の現状に不満を感じ、

        今までと同じ民主党−オバマさん−クリントンさんではなく、共和党−トランプさんを選んだ。

        主要な候補者は2人しかいなかったのだから現状を変えるとなれば他方を選ぶという事に

        なったのだろう。格差が進行している中で生活の不安が改善されると良いと思う。

        ○得票総数は トランプさん−−5,916万票 クリントンさん−−5,933万票で

        クリントンさんが17万票多かったが、州毎に"選挙人"を選挙するとの仕組みでトランプさんが

        選出された。

2016.11.12(土) 晴れ 湿度46%
    −−◎介護保険の給付を"混合型"に?

        「介護保険の給付を"混合"にしよう」との提起が政府筋から為されている。

        "混合型"?聞いただけでは意味が分からないが、保険支給と自費払いの混合ということである。

        デイサービスや入所施設などで現在は保険外の"支援提供"は認められておらず

        介護度によってすべて一定である。

        これを当人(または家族の)自由支払いによる"支援提供"受けることを認めようとするものだ。

        一見良いことのようにも見えるが、かならずしも良いことではない。

        @施設等で

          a、自費払いの利用者をたくさん増やした所ほど儲かる仕組みになり向上するが

          保険内の人は冷遇される。

          b、保険内のみを適用する施設では圧迫され支援提供が実質下降する。

        A今でも要介護1度、2度の給付の一部を削っているが、その上の要介護度の分も

          削っていく方向につながる。

        B制度健康保険とは別に、生命保険会社などの扱う入院保険などかあるが、同様に

         生保会社の介護保険を作って、制度介護保険が削って自由払いする部分を補填させよう

         との方向が見えてくる。

        Cまた巨大多国籍企業の保険会社が保険好きの日本を狙って健康保険や介護保険を

         作ろうとしている。加えてTPPの輸出入の自由化で(保険も商品であるので)外国が

         日本の健康保険について「国の補助や支給について細かいことを取り決めているのは

          貿易の自由化に反する」などと介入してくる惧れがある。安倍総理は「世界に冠たる

         日本の皆保険制度は守る」言っているが、阿部さんが声を大きくして言ったことは

         えてして反対の結果が現出することが多いので警戒する必要がある。


2016.11.13(日) 晴れ 曇り 湿度42%
    −−◎@韓国で大統領の個人行動をめぐって20万人を超すデモが起こった。

         Aアメリカでは政治を変えたいとトランプ氏を大統領にしたが「トランプ氏では逆の方向に

          行ってしまう」と人権のことや別の思いを持っている人たちが各地でデモを行なっている。

         Bフィリピンでは大統領の乱暴な政治が行われ、裁判なしで"銃殺"がやられている

         C香港でも騒動が起こっている。

         Dトルコでは「新しい方向の政治を」と新大統領を選んだが、あまりに強権的であると

          軍がクーデターを起こした。鎮圧されて数万人が拘束され暗いもの言えぬ世界となり

          強権政治が一層強まっている。

         E中東ではシリヤの内戦と IS進出 それと外国軍隊内戦状態が続いている。

         Fスーダンの内戦・

         Gフランスはじめ西ヨーロッパ諸国でのテロ事件。

         H数年前「アラブの春」言われ政権が交代した諸国も元首が変わっただけで古い体質の

          ままだったり、宗教色が強まったりして不自由が増したところさえある状態だ。

         Iブラジルではオリンピックで沈静化していたが世情不安が再び起こってきている。

         ▲近年になく世界がざわざわと動いている様相である。

         これは私の観察するところでは国内的な 格差、貧困の解決と 人権確保の要求が

         あったが選ばれた政治家がそれを実現していないことによる動き。

         他方国家間では 数百年前からの植民地的支配の後遺症と、現在でも「グローバル化」

         と称して先進国との不平等な関係による貧しい国が存在し国家間の格差が継続している。

         それを解決しようとするざわざわした動きと私は看做している。

         ▲冷静沈着に対応したい。      

2016.14(月) 雲り のち 雨 湿度54%
    −−◎歯の手入れ。

        靖子さん歯は認知症発症時(54歳)には 治療歯は 冠歯1本 穴埋め1本で現代人にしては

        ほぼ正常だった。

        発症3年目(57歳)のころ歯科治療をした記録がある。

        発症4年目(58歳)のころ歯磨きは自分からやっていた。

           5年目(59歳)のころから歯磨きを忘れて次第にやらなくなった。

        その後は 軽微ではあるが認知症の様々な症状が発生し、介護者の私も靖子さんの歯の手入れ

        の事を忘れてしまい時が過ぎた。

           8年目(62歳)(意識はあるし生活感覚はあった。)歯磨きをしていないので歯を清掃して

           もらおうと、○○大学付属病院の障害歯科へ連れて行った。歯石を除去してもらった。

           歯肉炎はあったが虫歯はなかった。

           9年目(63歳)から13年目(67歳)まで 2ケ月に一回歯科治療に行っていた。歯みがきは

           デイサービスや訪問介護で昼食後はやってもらっていたが、就寝前は介護者(私)のおこたり

           ほとんど磨かなかった。

           14年目(68歳)以後現在までは施設で毎食後やってもらっている。

           9年目〜13年目までの怠慢が徐々に現れてきて、現状ではまともな歯が少なくなってきている

           虫歯になって折れて根本だけが残っている残根歯が5本もあった。

        歯科の主任衛生士の人から「訪問看護になさったらどうですか」と言われて、

        「それでもいいですよ」と手続きを進めていくと「残根歯を抜歯しないといけない」ことになって

        身障者であるので大事をとって入院してやってもらうことに決めていた。

        あれこれ考えて思案した。最近の状況はほとんど眠ったような状態で 食事の飲み込みも

        スムーズに行かないし 体力も落ちてきていて一度に5本抜くと体に負担になるだろうと

        私が判断して中止することに決めた。 

           ◆若年認知症で歯は健在であった時に歯の手入れへの注意を怠ってはならなかったという

         ことである。残根歯などは生涯支障なく経過する人も多いので全く気にかけていなかったが

         抜歯しておいた方が良かったことであった。     

2016.11.15(火) 雨 のち 曇り のち 晴れ 湿度40%
    −−◎厚生労働省によると インフルエンザの報告件数(発生)が 昨年同時期と比べて4.7倍

        とか、予防注射をしてもらってこようっと。


2016.11.16(水) 晴れ 湿度39%
    −−◎例年 空調暖房やストーブは11月5日〜11月15日の間に使用開始をしていたが

        今年は暖房は10月23日に使用開始し、ストーブは11月15日に使い始めた。昼間は

        暑くなる日もあって 朝夕各々2時間程度だ。数日のずれはあるが季節は廻って来て

        地球はきちんと回転している。 

2016.11.17(木) 晴れ 湿度38%
    −−◎「東ロボ」くんが東大入学をあきらめたとのこと。

        数学や理科はそこそこ出来たが国語の複合的な文章が「理解」出来なかった。

        それでも偏差値は57.1程度だったとか。

        決められた仕組みに従って動きが決まっている将棋とはわけが違うようだ。人間の

        生活の集積が学問になっているため それを「理解」するには 将棋のところでも書いたが

        今の「東ロボ」くんの何?倍かの容量が必要なのだろう。(現状でも相当大きいが)

        それと準備入力データ(高校生並みの)をきちんと入力しておくことが条件だろう。

2016.11.18(金) 晴れ 湿度45%
    −−◎井上ひさしさんの物語によると 沖縄には"木の精霊"がいるらしい。

        この物語は読んではいない。読まないでものを書くのはプロて無いものの特権。

        登場人物の背景にいるようで以下は私の想像。

        ちろちろと小川が流れ、新緑の時や 木の実がなる もみじの時を、ずーと ずーと

        以前から住んでいて 飛びまわっている。たぬきや野ねこや うさぎと仲良くし、深い森だから

        森に迷い込んだ人がいたら、精霊だから何もできないが"私がいるから大丈夫"と励まして

        あげることはできる。

        ◇「よし 今度 "探検隊"に行ってもらって 一緒にすごし いろいろお話を聞いてきてもらおう」


2016.11.19(土) 雨 湿度44%
    パピルス。

    −−◎パピルス。

        NHKテレビに 地球ドラマチックという番組があり 今日は"クレオパトラの墓か!?"を

        やっていた。話が展開していき ナレーションで「...クレオパトラの事がパピルスに書かれて

        いて...」と話は続いていた。

        私の関心はクレオパトラよりもパピルスに向いていた。

        パピルスと言えば私の集積概念では パピルスと言う植物を削いで作った 紙のようなもので

        古代エジプトから古代ギリシャ時代にかけてそれに物を書いて残すことに使われた。しかし

        材質が弱く残っているものは少ない。との認識だった。今まで意識して写真も見たことがなかった。

        博物館の展示資料として映像が映され小さいもの(7cm×10cm)、中ほど(15cm×20cm)

        のものなどあったが クレオパトラを書いたものは幅20cm×70〜80cmに見えた。(同時に

        映っている手や他の小間物と比較して)

        パピルスの名前は知っていたが画像は初めて見て感動的だった。(何歳になっても新発見は

        あるものだ)

        ◆パピルスを薄く削いで(上手に削ったカンナくずのように)布の上に上下向きに置き必要な

         幅の分横に並べる。強度を強めるため二重に今度は左右方向に置き上から下へと並べていく

         その上に別の布を置き重しを置いておく。(途中水につけたり、打ち付けたり、発酵させたりする)

         数日するとできあがる。全工程は二週間とも一ヶ月ともいわれている。

         他方普通の"紙"は植物素材を原形をとどめぬほど細かくし水を加えて液体状して成型される。

         "紙"と、素材の原形を利用しているパピルス紙とは区別されている。

2016.11.20(日) 晴れ のち 曇り 湿度 64%
    −−◎早い方の種の かにサボテンに つぼみが出ていた。昨年とほぼ同時期。

    −−◎統計と 目の前の事実。

        FOMC(=アメリカの連邦公開市場委員会=米国内でのドル供給の大枠を決める)

        FRB(=連邦準備制度理事会)のイエレン議長は

        「..雇用統計では失業率は5%以下(10月末4.9%)になり完全雇用に近く...」と言っている。

        就業者数1億5100万人のアメリカで5%は75万人ほどになり、失業している75万人の

        個々人はそれぞれに"職がない"重大問題を抱えている。白人層も黒人層も含まれている。

        インフラ整備−雇用促進と言っていたトランプ氏に支持が流れたのかもしれない。

        トランプ氏が雇用者の生活安定を図っていくかどうかは定かではないが...。


2016.11.21(月) 曇り 晴れ 曇り 雨  湿度54%
    −−◎11月14日は 68年ぶりに 地球と月が接近するスーパームーンだったそうだ。

        「だったそうだ」というのは、その日前後には こんなにも珍しいことがあるというのに全然

        気づかず、後から知ったからだ。その後 満月でもなくてもいいから見てみようと 夕刻外を

        覗いて見たが、空模様が悪く見えなかった。一昨日(20日)には日付も進んでいて、

        特に大きいとも感じられなかった。写真も載せられません。遥か遠くの星の世界に地球と

        同じような"文化"を持った"人間"いるかもしれないと考えると楽しくなってくる。


2016.11.22(火) 晴れ 湿度44%
    −−◎私がインフルエンザの予防注射をやってもらってきた。他の病気と違って 予防接種をすれば

        感染しないというものではない。インフルエンザウィルスが各種あって 予防接種とは別の型の

        ウィルスで流行した場合には感染してしまう。手洗い、うがいはしっかりやり、人混みへ行くのは

        なるべく避けて注意すべし、


2016.11.23(水) 勤労感謝の日 晴れ のち 曇り 湿度54%
    −−◎先日月を見ていて感じたことは。

        宇宙空間は 光の速さ(1秒間に地球を7廻り半進む)で何億年かかって行ってもまだ先がある

        ほど広い。地球上の宇宙科学者は「そのどこかに別の"人間"が存在しないか」と一所懸命に

        探している。下位の微生物体でもいいからいないかとも。

        星空を眺めて見れば広い宇宙にはたぶん100個単位で"人間"の住む星はある。

        ただ遠すぎて行けない。

    −−◎地球上の動的生物体の中で人間は 自己の存在意義、存在価値があると

        類としても 個々人としても 自覚し 外に向かって主張している存在である。

        自分のための存在価値を保持しつつ 類の発展のためにも価値を見つけ出す。

        やがて遠く他の星の"人間"に接する時代が到来すれば、静的物質体に対しての競争関係が

        大きく変化することになる。

        個々人はまた 文化、芸術、スポーツ、日常生活の中での喜怒哀楽、など

        自分の存在の継続そのものの中に価値を見つけ出す。快適なことはより進展させればよい。

        それらの事は新聞報道などで総集約されている。

        集団は共通の発展方向を見出してより良い方向に進んでいく。多くの場合安定的な

        方向で進行している。

        ただ例外的に(通常事ではないから新聞記事になるのだが)起こることもある。

        集団Aと集団Bの価値獲得の矛盾があると、衝突が起こり 戦いや戦争となってしまったが

        近頃では共通認識の基準に沿って処理されるケースも出てきている。

        個人A個人Bにも矛盾衝突があり 処理は共通認識や感情の高揚抑圧による妥協、

        暴力(江戸時代の仇討ち。無関係の人への強盗事件)(極悪人は法によって罰せられる)に

        よってなされる。

        発生過程、進行過程、決着過程、決着されない過程が小説 ドラマ 歌 に表出されて

        人々のこころを共通認識へと落ち着かせている。世界で私も名を知っている多くの大作家

        の小説、明治以来の作家の作品、青春小説、推理小説、企業小説、各種の歌など。    

2016.11.24(木) 晴れ のち 曇り 湿度40%
    −−◎一昨日22日にインフルエンザの予防注射をしてもらってきたが、11月の初めころから

        「やらなければ..」と思っていた。だが以前から報道でこの予防接種後に

        アナフィラキシーショックやそれとは別の副作用が出た事が報じられ、年齢も進み体力も

        落ちてきていて、副作用が出たら大変だなと心配だった。

        インフルエンザで寝込むかインフルエンザの予防注射の副作用で寝込むかの選別を

        することになり、「どちらでも同じか、ならば先に延ばしても仕方がない」とやってもらってきた。

        お風呂も入り本日で48時間以上経ったが体調は普通状態で異常はなく微熱もない。

        たぶんショックは出ないだろう。

        ※アナフィラキシーショック(anaphylaxis shock)

        防護状態−phylaxis とは 反対−anaの意味で くっつけてanaphylaxis-防御状態でない

        例。毒の強い蜂などに刺されて1回目は防御され軽傷で済んだが3ヶ月から1年後に再び

        刺されたとき 毒物質が分解され遊離し人体により強い傷害作用を及ぼす。

          症状は様々だが、呼吸困難、下痢、嘔吐、さしこみ、血管拡張、血圧低下、体液漏出、その他

        があり、状況によって現れる症状は異なる。大きい蜂に刺されたり、蛇にかまれたときは

        すぐ病院へ行くことだ。

        ※インフルエンザの予防注射ではショックは極めて稀で稀であるので新聞ネタになったりする。

        アナフィラキシーショックは出るならば30分以内から出始める。その地の副作用は微熱など

        24時間以内に出始める。体の弱い人や老人はその間はゆったりと過ごし、無理な行動を

        しない方が良い。

2016.11.25(金) 曇り のち 晴れ 湿度34%
    −−◎仕事に合い間を作り眼科に行ってきた。いつもは土曜日に行くのだが(月一回)今回は金曜日。

        いつもは診察待ちの人が2〜3人なのに本日は目視17〜18人おられた。

       「−今日はちょっと待ち時間があるな−」と思い脇の新聞を取って目を通しているとすくに呼ばれた。

        −えっ 早いな−と思いつつ視力検査や、眼圧検査、診察をしてもらった。

        料金を払って出てくるときにも同じように多数待っておられた。

        あの人たちは何をしておられたのだろう。"診察待ち"そのもので 家族の人はぼそぼそと

        話しておられたが、知り合い同士で"談笑"を楽しんでおられる様子でもない。

        診察室が二つあって一方の担当の患者さんが 予約制にはなっていないため偶然本日かたまって

        来られることになったらしい。


2016.11.26(土) 晴れ 湿度44%
    −−◎本日は土曜日の日程に即して諸事を済ませた。

    −−◎気温が下がると空気中での水分維持率が低くなって湿度が下がる。

        夏には70%〜80%だったのに 昨日は34%だった。乾燥している日が気分が良いが

        火災には気を付けなくては。


2016.11.27(日) 雨 湿度61%
    −−◎午前中、雑貨品などを買いに行きゆっくり過ごした。

    −−◎月曜日(明日)に歯科へ連れていくため車椅子用車両を借りてきた。

    −−◎居住する界隈も日々変化はないように見えるが、20年前と比べると変わってきている。

        界隈とは店の前の通りのことで南へ150m、北へ250mの目視範囲の事。

        南50m先には中山道が交差し児童公園があって交差する川に橋が架かっている。

        北は50m先に私鉄線、その先に交差道路、100mほど進みJR線が交差する。

        20年というのは靖子さんが発症してから18年4ケ月になり大きく20年とした。

        建物の変化は以前にも書いていて重なるかもしれないがもう一度書く。

        南方面では15年ほど前水道工事屋さんが支店を出していたが少しの間で引き払い

        そのあとには電気器具屋さんが出来ている。

        北方面は私鉄線までの間で別々のところだが2ヶ所のアパートが取り壊され新しく

        世間でマンションと言っているアパートを建設中である。私鉄線を越して交差道路までの間に

        一歩入ったところに喫茶店が出来、その先の貸家(=借家)が無くなり新賃貸し住宅が出来た。

        交差道路(ここまでが住宅地区域)の西側交差点角に数年前コンビニが出来た。東側交差点角には

        10日ほど前全国展開の大型薬局が出来た。

        この交差道路は道路敷地は確保されているが実際は狭かったが順次歩道付きに改良されつつある。

        交差道路(これより先は市街化調整区域)より北に6年ほど前に医院が出来た。

        その先には8年ほど前に特養が出来た。この特養に靖子さんは行っている。

        その先JR線を越えた先には約2反(600坪=約2000u)5年前 農業生産法人出来た。

        我が家の東西50m+50mの住宅区域では数軒が建て替えをされた。

        振り返って見てみると変化してきているものだと思った。

2016.11.28(月) 晴れ 湿度31%
    −−◎靖子さんを障がい者歯科へ連れて行った。昨夜雨だったが今朝は上がっていたので

        よかった。小さな虫歯が出来ていて治してもらい、歯石を除去し掃除してもらった。

    −−◎@自動車は操行、停止際して、動力機と車輪の回転比を速さによって変更する。

        回転比の変更が以前は手動操作(足操作も含む)だったが、最近では自動操作の車両が

        多くなってきている。

        A交通事故は自動車使用開始から始まり1960年ころから普及の拡大とともに増えていった。

        交通事故の報道も数10年来なされている。年齢層は20歳代の若者から65歳まで

        それ以上とまんべんなく散らばっている。老人の事故の被害者だから悲しいが 

        中堅層の人の事故の被害者だから悲しくないというものではない。運転者も行政も車両メーカー

        も事故解消 事故0(ゼロ)に務めなければならない。

        ここ2年くらいでも事故者年代層は各年齢層にありとくに老人が多いと言う訳ではない。

        交通事故のニュースを見るとわかる。

        なぜかわからないが"老人運転者の事故"が強調されている。

        B逆走事故は若者(64歳〜20歳)が起こしたケースもある。これは運転者の注意と道路の

        路面や法的標識以外にわかりやすく表示わしておくべきだろう。

        Cアクセルとブレーキの踏み違え事故も多いが 以前には(2年位前)車両がオートチェンジか

        マニュアルチェンジだったか新聞記事に書かれていたが最近は書かれていない。

        今でも"踏み違え事故"はオートチェンジ車による事故が多いのかもしれない。

        老人の場合数十年マニュアルチェンジ車を運転し続け、古くなって買い替えの時に

        オートチェンジ車しかなかった場合操作に戸惑うことがある。先輩(若者)が

        「右足はアクセルだが 空いた左足でブレーキを」などと入れ知恵をするので混乱する。

        初めからオートチェンジを使用していた人はそのやり方でやればよいが、途中から変わった人は

        空いた左足は空かせておけばよい。やり方をなるべく変えないで落ち着いて運転することだ。

        販売店にマニュアル車はないか?と聞いたところ「少ないが無いことはない」とのことだった。

        探してマニュアル車を確保するのも方法である。

        D心臓病、脳梗塞などでの事故は中堅層にも多い。予測しがたいので対策はない。


2016.11.29(火) 晴れ 湿度26%
    −−◎アメリカの法人税の税率は40.75% 日本は平成25年に37%だったが毎年下げてきて

         28年は29.97%(財務省公表資料)である。元々日本が3%安かったのにわずか3年で

         29%台まで下げた。そして大企業はさらに租税特別措置法によって11%程度低くなり、

         実質18%程度になっている。

         税と社会保障の一体改革などと言い、大企業の税金は下げ、個人には消費税を値上げし

         社会保険では支払い保険料を増やし、保険給付は削減しようとしている。

         租税特別措置法の分を少し削って(それでも租税特別措置法の恩恵は充分ある)社会保障に

         まわせというのが私の提案である。

         仮に租税特別措置法を全部無くして大企業も中小企業並みに課税すれば様々に問題と

         なっている民生関係費に使用すれば予算的には解決する。


2016.11.30(水) 雨 のち 曇り のち 晴れ 湿度 42%
    −−◎国際化とはそれぞれの国の自主性と権利を尊重しつつ他国を侵害しないことを守りつつ

        友好、親善をはかりつつ協力を進めていくこと。

        グローバル化とは私の見方では多国籍企業(=無国籍企業)の論理に沿って資本の力で

        それらが活動しやすいように世界を統合していくことのようだ。

        グローバル化のほんの一例。

        ◆日産自動車 資本構成の中で外国人株主が69.3%を占めている。

        ゴーン社長の年俸は10億3500万円で 株主総会で64%の株主が異論を唱えたが後の

        取締会で年俸を承認した。ゴーン氏は「世界のグローバル企業の報酬として妥当」と説明した。

        下請け企業や労働者が作り出した利益は配当金として外国株主やコーン氏に渡っている。

        日産の役員報酬総額は14億6000万円そのうちゴーン氏の分は10億3000万円。

        率先して格差を作り出している。

        ゴーン氏はまたフランスで自動車大手のルノーの会長として8億9000万円(日本円換算)の

        報酬を決め株主総会で「高額すぎる」と指摘された。フランスのマクロン経済相は国民議会(国会)で

        「見直さないならば法的措置も辞さない」と警告した。

        三菱自動車はゴーン氏を社長に迎える準備のため(日産と兼任)法人の定款(社内規則)で役員報酬を

        大幅に増額改定した。

        別にトヨタ自動車が良いと言う訳ではないがトヨタの社長年俸は過去1億円以下だったがその後

        一億円台を推移し数年前から2億円台になった。(それでも多額だが(^O^)/)。

        社会では派遣労働で行っていたが解雇されたりして途方にくれる人も多く「会社が儲かれば

        自動的に労働者が楽になる」というものではない。ここ3年デコボコはあるが 消費(買い物)

        は増えていない。「あらゆる保護主義を排除して」というのは正しい国際化をつぶしてグローバル化

        めざすことである。


2016.12.1(木) 曇り のち 晴れ 湿度54%
    −−◎靖子さんが熱発し入院した。朝 特養から電話があり、一緒に病院へ連れて行ってもらい

        診察、検査、入院手続きなどしていて、昼食抜きで3時半までかかり、帰宅したのが4時だった。

        腎臓に症状が起こり熱が出たようだった。早期に治療したので治るだろうとのことだった。

        インフルエンザ、肺炎、ノロウィルス等の検査は(−)でそれらの病気ではなくホッとしている。


2016.12.2(金)  晴れ 湿度40%
    −−◎靖子さんその後昨日の事だが抗生剤と 食事が獲れていないのでブドウ糖を

        点滴で摂取させてもらい、熱も下がりつつある。昨朝の高熱と平熱の中間あたりまで

        戻った。(本日夕方は未確認)

    −−◎過日、NTTユーザー協会の研修会で 遊覧船で 瀬田川を(琵琶湖から流れ出る川)北東へ

        上がり 近江大橋をくぐって北へ 少し川幅が広くなったところまで来て Uターンして

        再度出発した船着き場に戻った。およそ1時間。

        私が驚いたのは大きな白い鳥が(左右30cm〜40cm)20羽ほど船と同じ速度で飛びつつ

        デッキの10名程度の女性客の手からあられのようなお菓子をついばんでいる光景だった。

        そのあと 紫式部が源氏物語の構想を練ったと伝えられている石山寺を拝観してきた。


2016.12.3(土)  晴れ 湿度33%
    −−◎靖子さんは入院中。体温は平熱に戻った。抗生剤と必要に応じて栄養分を点滴をし様子見

        状態である。

        ※12月1日の入院日には特養のスタッフの"介護職員"さんには 入院持ち物を準備していただき

          私が"昼食抜き"だっただけでなく特養の看護師さんも午後4時まで昼食が出来ず世話して

          いただきありがとうございました。


2016.12.4(日)  晴れ 薄曇り  湿度31%
    −−◎靖子さんは病院で安定的に経過している。

    −−◎「春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山」−持統天皇

         (初冬の今には季節外れだが)

        我が家の異変に集中し 目を離している隙に 世の中悪い方向に異変が起こりつつある。

        IR法(統合型リゾート)に紛れ込ませて、持統天皇以来禁止とされていたトバクを合法化

        する法律をいとも簡単に国会で通そうとしている。自民党の国会議員さん トバクの広がりの

        悪弊について、ちょっとでも考えておられるのだろうか?。私はトバク部分を切り離し廃案に

        廃案することを要求する。

        生活破たんを引き起こす賭博について合法化が 世情の感覚を"罪悪感"から"許容感"へ

        と推移させ 私的トバクが蔓延してきたら取り締まりなど及ばない件数に達する惧れがある。

    −−◎何回も話題とするが日々かかってくるコマーシャル電話。

        これも現代の社会現象と受け止めて ガチャンと切るのも私の性格が許さず一応聞く。

        世の中のあらゆる商品は必要と思い予算を確保できればちょっと外に出れば何でも買えるものだ。

        コマーシャル電話で私には今必用でない物は「それは要りません」との主旨を告げるとたいてい

        電話は切れる。それでも話し続けているときは「切りますよ」と告げて切る。コマーシャル電話

        とは言えコミニュケーションの基本姿勢としてそのようにしている。テープレコーダー(録音)を

        使用している場合もあるが これは聞かないで切ってしまう。テープでも通信社系列の

        社会問題や政治問題での世論調査もありこれはきちんと応えている。アンケートと言って

        話し始めるが 商品宣伝の話の流れの一部だったりすることもある。


2016.12.5(月)  晴れ 湿度38%
    −−◎7月2日と7月9日のこの日記で、「これまでに何万人の人に会っただろうか」と書いた。

        先日ある講演会の話の中で(本題とは別の部分の話だが)同じような話が出てきて、

        @親しい人たちとA事務的に接する人に分けて社会組織や集団、居住地の中での人々の

        生活をみる"社会学"があるそうで、機会を見つけてそんな本を買って来て、その角度から

        自分を調べてみようかなと思った次第。

    −−◎靖子さん特段の異変はなく入院中である。

     

2016.12.6(火)  晴れ 湿度25%
    −−◎靖子さんの熱発は治まってきている。伝染病ではないので、もう少しで退院できる。

        この間、県医療センターやリハビリの先生の予約を変更したり、レンタカーの予約の

        変更などあちこちに手配した。


2016.12.7(水)  晴れ 湿度28%
    −−◎靖子さんは明日(8日)に退院できる事になった。

        重大疾患でなかったため ひとまず落ち着いている。私も気が気でなかったが落ち着いてきた。

    −−◎このところ湿度計の表示が低くなっている。気温が低くなって湿度が下がっているのだが

        出窓のプランターや植木鉢の草花がなくなって、観葉植物になり たまにしか水をやらなくなった

        せいだろう。乾燥しているから火の元には注意しなくては−-。


2016.12.8(木)  晴れ 湿度37%
    −−◎靖子さんは退院し特養へ戻ってきた。特養の看護師さんと運転手さんが行ってくれ、入院用小荷物

        も運んでくれて 私は"付いて行ったような形"だった。

    −−◎消防署の分署が近くにあるが、このところ"音"を聞かなかったが今日午前2回南へ走った。用心、用心。


2016.12.9(金)  晴れ のち 曇り のち 雨 湿度37%
    −−◎EU(=ヨーロッパ連合)は「もう戦争はしない」との側面と グローバル化(資本の論理による国際支配)の側面の

        二重性を持つ。EU参加国の中では戦争は起こっていない。この事ではEUり存在意義は大きい。

        資本の論理による国際支配の側面では ドイツやイギリス、フランスなど経済的に優位に立つ国と

        ギリシャやイタリア、その他の国など不利な状況に追い込まれた国 との間に 格差を発生させている。

        国内でも格差が進行しつつあり、そのためそれらの国では国民運動が起こっている。

        住民の要望を取り上げるようなふりをして右翼的な勢力が台頭してきている。警戒すべき・

    −−◎11月17日のこの日記に「東ロボ」くんのことをかいた。

        QECD(経済協力開発機構)がおこなった学力到達度調査では日本の高校一年生は数学、科学には強いが

        読解力は少し弱かったとのことだった。「東ロボ」くんと同じような特徴を示していた。何か解決すべま

        問題点がいくつかあるようだ。


2016.12.10(土)  晴れ 湿度34%
    −−◎本日は私が医院の予定のない日で、落ち着いて 食品スーパーや雑貨スーパーでの買い物や

        生協受け取り、その他の諸事を処理できた。(^O^)/

    −−◎靖子さんは体の病気は治り平穏に戻っている。ただ嚥下機能の低下などあって対策を

        必要としている。

2016.12.11(日)  曇り 晴れ 曇り 湿度20%
    −−◎「子ども110番の家」の表示。
     ◎子どもたちの通学路の要所要所の家に頼んで

      「子ども110番の家」の表示が設置してある。

      子どもたちには「こわい(=恐ろしい)と感じることが

      あったら 110番の家へ飛び込んでその家の

      大人の人に落ち着いて話しなさい」と言ってあるそうだ

      靖子さんが店をやっていたころを含み30年の間に

      前後100mで下校時の事故事件の話は聞いていない

      「おばさんトイレ貸して」とか「おじさん今何時ですか」

      と言って立ち寄った子や傘を貸してあげた子もいた。

      地域で子どもを見守っていく活動も大切なことだ。

2016.12.12(月)  晴れ 湿度21%
    −−◎朝 気温が下がっていて、ゴミ出しに行く時寒かった。空調とストーブを併用し室内を暖め

       仕事にとりかかった。風邪をひかないよう気をつけないと。


2016.12.13(火)  雨 湿度57%
    −−◎靖子さんは再度熱発して入院した。飲み込みが不十分になってきて水分が不足傾向になり

        支障が出たらしい。以下 医師の説明を私の責任で表現する。

        炎症反応あり。

        インフルエンザは(―)マイナス。

        肺炎は胸部レントゲン、異常なし。パルスオキシメーターで、酸素値正常 肺炎でない。

        心臓、心電図検査で異常なし。

        腎臓、血液検査の関係3項目に異常なし。

        糖尿病は、血液検査、尿検査の結果 その兆候無し。

        (↑以上説明)

        その他肝臓やコレステロールも私が検査結果票を見たところ異常はないようだった。

        顔色などから見ても私の直勘ではまだ5年〜6年は大丈夫という気がした。

        ただ 認知症があるのでどこまで維持できるかが問題だ。


2016.12.14(水)  晴れ 湿度21%
    −−◎靖子さんの熱は下がっていたが様子見で入院中。

    −−◎自民党の方がたは、既にトバクが何らかの後ろめたい罪悪感から"許容感"へ推移

        しているようだ。世間のゆがみ現象を正すのではなく それを利用して金儲けをしようと

        いうのだから。そんなもので経済が持ち直すはずもない。悪弊がはびこり、私的トバクが

        横行し収拾がつかなくなって、から気づくのだろうか?。

       

2016.12.15(木)  晴れ 湿度25%
    −−◎フィギャースケートなどに使われる フィンランデアという名曲がある。

        ジャン・シベリウス(作曲家 1865〜1957)の作曲した音詩である。これは「フィンランドは

        目覚める」(8曲からなる組曲)の中のひとつである。

        長くフィンランドの人々を勇気づけてきた音楽である。

        フィンランドは古くはスウェーデンに支配され、その間にナポレオンに狙われ(ナポレオンは到達

        しなかったが) 1809年ロシア帝国がロシア×スウェーデン戦争の戦利"品"としてフィンランドを獲得し

        以後 ロシア帝国の支配下に置かれることになった。

        1800年代半ばから、周辺国で独立運動が起こる中 フィンランドでも民族主義が高揚していった。

        フィンランデアは1900年に初演されフィンランド国民の独立運動を感情的に励ました。

        その後帝政ロシア政府はこの曲を演奏禁止処分にした。

        1917年革命でロシア帝国が崩壊しレーニンの時代1918年にフィンランド議会が独立を宣言した。

        しかし それ以前からロシアから持ち込まれていた白衛軍(ロシア帝政派)と赤衛軍(革命派)の

        対立が内戦となり白衛軍(帝政派)が 勝利した。しかし白衛軍の親方であり司令塔の帝政ロシアが

        無くなり独自にフィンランド王国(ドイツ帝国の国王の傘下で)を作ったが直後に第一次大戦でドイツ帝国が

        敗戦したことを受け1918年12月に王政を廃しフィンランド共和国として独立した。

        1941年枢軸国側としてスターリンに侵略されこれを押し返して休戦協定で今度はドイツ軍とたたかい

        駆遂した。どちらの防衛戦争においても名曲"フィンランデア"が兵士を勇気づけた。当時ソ連では

        ソ連国内での「フィンランデア」の演奏を禁止した。

        しかし第二次大戦の戦後処理では敗戦国(ドイツ側)として扱われ不当にソ連圏に置かれた。

        政治・経済は西欧圏、外交・防衛はソ連圏として経過してきた。その後ソ連が崩壊し内外とも独立を取れ戻した。

        小国フィンランドが、スウェーデン。ナポレオン、ロシア帝国、ドイツ、ソ連、と取り囲まれ 立場を巧妙に

        選択してきた。"真田幸村"のごとくに動き国土と国民をまもった。

        "民族主義"は侵略戦争を推し進める中身を持っていて良くないものであるが、

        その地域、に住む住民の権利を守ることは重要である。「自分たちの権利を守り 他国の権利を

        侵害しない」住民の権利は大切だ。

        悪い”民族主義”を排除するような振りをして安倍さんは「あらゆる保護主義を排除」するとしてTPP

        を進めようとしているが 無国籍大企業の国際支配を進めることになっている。     

2016.12.16(金)  晴れ 湿度10% (20%以下になると正常に表示されないが表示のまま記載)
    −−◎靖子さんは入院の翌日には熱は下がり小康状態であるが前回(一週間前)の事があり、

        再度熱が出るといかんのでもう少し様子を見ることに。今回もインフルエンザなど伝染性の検査では

        (−)マイナスであった。


2016.12.17(土)  晴れ 曇り 湿度35%
    −−◎靖子さんの認知症発症当時医師から「アルツハイマー型認知症では発症後7年〜8年で

        寝たきりなります。本人の望むことや やると良いと思われることは本人の気持ちも聞いて

        何でもやってあげて下さい。」と言われたことがあった。

        この日記の過年度分の中に記載のごとくに お絵かき、散歩、ボーリングなど いろいろやった。

        その中の"散歩"のこと。

        発症後2年経過したころ、考えた『”発症後7年〜8年”かー、10年くらいは延ばしたいなー』と。

        7年6ヶ月として、2年6ヶ月延ばせば10年になる。

        その時は2年経過していたから残り5年少々だ。

          @1日1回散歩に行くと0.5日寿命が延びる と私が決めて、今後5年間×365日=1825日になり、

           1825回×0.5=912日。 912日÷365日=2.5年(=2年6ヶ月)伸延すると決めて。

           毎日散歩に行った。

    2006年12月デイサービスでのクリスマス会


          Aそれを続けていて7年6ヶ月(=2006年2月)は足腰丈夫で少し助言し手伝えば身の回り

           の事は自分でできる状況で経過した。サンタさんの写真のように このころはデイサービスで

           楽しく過ごしていた。

          B7年6ヶ月も通過したので、10年は大丈夫と思いつつ、散歩は継続していた。(デイサービスに

           行った日は夕方に行った。) 願望通り10年(2008年8月)を経過した。

          C10年経過したら『後5年くらいは足腰強く 楽しく居てもらいたいなー』と思うようになっていた。

           散歩で外に出ることは本人の楽しみでもあったようなので毎日続けていた。

           あんか(=こたつ)で火傷をして歩行力が1時弱くなっていた。回復し毎日歩き続けていたが

           13年と7ケ月目、安全に外で歩けなくなり散歩は中止(2012年3月)した。

      "7年6ヶ月"と言われていたのを13年7ヶ月間健康寿命を維持できてよかったと思う。

       願望をもって それに近づくよう目に見える努力をすれば目標に近づくようだ。

2016.12.18(日)  晴れ 湿度27%
    −−◎靖子さんは今日は 検査、治療に備えて"絶食"だった。水分と栄養は点滴で補充していた。

        近づいて 顔の前で手を振ると 目をあけてわずかに反応あり。

       

2016.12.19(月)  晴れ 湿度27%
    −−◎本日、午前は「お掃除の日」で 若いお姉さんに来てもらって屋内(台所・風呂・トイレなど)の

        掃除をしてもらった。その他にダンボール箱を壊し手持ちできる量で束ね、新聞、チラシ、

        広告小冊子も持てる程度の大きさに束ね、外の物置の中へ置いてもらった。

        今回は3人来られた。すっきり きれいになって 気分もよい。

        節目であるので他の場所も 昨晩から今朝にかけて自分で整理整頓をした。

    −−◎EU(ヨーロッパ連合)は崩壊するか?

        EUは@第一次大戦、二次大戦の経験から 今後ヨーロッパではもう戦争をしないという側面と

            A無国籍企業(多国籍企業)のグローバル支配の進出との両側面を持っている。

        このグローバル支配の動きがEU構成国内に大きい問題を引き起こしている。

        イギリスの支配層は「グローバル化は有利であるから まさかEU離脱になる事はない」と

        思っていたが、しかし半数以上のイギリスの人々は「EUグローバル化で被害を受けている」と

        思っていて 国民投票で「EU離脱」を選択した。

        イギリス、ドイツ、フランスなど優位に立つ国とギリシャ、イタリヤ、ポルトガル、スペイン、

        その他の国 など不利な立場の国が現れた。

        各国国民は実生活上の不安から、選挙でEU離脱を選択する人々が増えてくるとEUは崩壊する

        かもしれない。

        国家間の関係は 「平和、正当な権利は尊重する立場の国際化」があるべき姿である。

        無国籍企業のグローバル化の推進のような資本の論理による国際支配を容認すべきではない。

        EUの「もう戦争をしない」との共有認識は近代ヨーロッパの良心ある者が生み出し守ってきて、

        世界に広がっている「近代民主主義」の共通認識の結実であり一層守って行かなければならない。

        グローバル化に反対の声や国民の生活不安の声を悪用する右翼民族主義の政治支配を

        許してもならない。

        人々の真意を実現する国際関係が求められている。

2016.12.20(火)  晴れ 湿度40%
    −−◎靖子さんは その後は熱発もなく小康状態。顔色はよく、安全圏にいる・

        私の予感では5年〜6年は大丈夫。

2016.12.21(水)  晴れ 湿度36%
    −−◎今年は、本日冬至。当地方では午後5時になると暗くなり、5時10分頃には真っ暗になった。

        "冬至といえば かぼちゃだなー"と、夕食にかぼちゃと根深(=ねぶか=ねぎ)の煮つけを

        作って食べた。子どものころとっておいたかぼちゃがなくなるまで食べさせられたことがあった。

        たまに作ってみて食べたが結構おいしいものだ。(^O^)/

    −−◎グローバルは日本では1990年代から人々の口に上るようになりこのごろでは それなりに

        発達した資本主義国での生活者の論理(生活意識)として浸透しつつある。

        「日産のゴーンさんは10億円の報酬をもらっても仕方ないわなー、わしらもこんなに進歩した

         世の中に住まわせてもらっているのだからなー」

        1960年代以後結構多く学生がアメリカに留学し まとまりつつあったグローバル論を"体得"し

        帰ってきて多くの人が日本政府の各種役所の役人になった。そしてグローバ論を推し進めている。

        グローバル論は 今を時めく新時代の常識・近未来の常識として振舞っている。

        その"常識"が「イギリスはEUに留まるだろう」とか「アメリカ大統領はクリントン氏が当選するだろう」

        と予測した。(トランプ氏もグローバル派であるが、仕事は不動産屋であり、輸出輸入のある製造業や

        海外支店を持つコンビニや飲食業と違っているが 彼が不動産業で海外支店でも持とうとするなら

        グローバル化を推進するだろう)

        イギリスのEU離脱やクリントン氏落選は正統派グローバル派にとっては意外な現象だった。

        生活者もその中にいるとグローバル化に沿って生きていかないと生きていけない状況に

        追い込まれてしまっている。生存の維持はそれで続けるとして、生活者にとってもグローバル化

        についてちょっと立ち止まって考え、゛正当な社会関係を考える人々も出てきている。

        何十億もの年収を生涯受け取り一家族では使い切れないほどの収入を得るウルトラ富裕層がいて

        他方では「私が死んだら伴侶は生きていけない」と事件になるウルトラ貧困層がいる。

        優れた人々に高い報酬を払うことは認めるが、優れていない人の10億倍、100億倍とも

        考えられない。

        経済(資本)の論理によるグローバル化での国際支配ではなく 正しい国際関係をつくること、

        競争の論理に文化の衣を着せたグローバル化でもなく、正当な社会関係をつくることが

        求められている。


2016.12.22(木)  雨 湿度61%
    −−◎靖子さんは入院中。「来たよ」というと目を開けた。

        先生から状況の説明をうけた。    

2016.12.23(金)  晴れ 湿度44%
    −−◎宇宙空間での 静的物質体と動的生物体の競争関係は 静かに見える今も1秒、1秒進んでいる。

        大宇宙空間には 空間での浮遊物質やその他の事から動的生物体がいる星は いくつも存在する

        と推測されるが、ここではこの地球上に限定した話。

        人類の祖先はアフリカで発達しその他の地方へ活路を広げ、各地方での種族が盛衰を繰り返し、

        現在のように地球の隅々まで広がったという。

        北へ進んだ種族はアフリカでは考えもしなかった"寒い"という事態に遭遇した。世代を重ねて

        風の通らない家や暖房、衣服、寝具などの防護策を立てて、居住区域とした。北極圏住む人々である。

        南極観測隊は最新の装備で防護し観測研究生活をおくっている。

        自然状態ならば数秒でも生きられない宇宙空間で 研究者は宇宙観測船や宇宙観測衛星に守られて、

        観測研究生活をおくっている。

        ところで日本の自然状態でも生きている野生哺乳類がいる。熊、猪、鹿、猿、狸、狐、りす、野兎、など。

        人間は、住居、衣服、冷暖房(こたつや通風窓も含む)、予防注射や医薬品に守られて生存している。


2016.12.24(土)  曇り のち 晴れ 湿度27%
    −−◎クリスマス。

        クリスマスと言えば、我が家では子どもが保育園のころから小学校4〜5年生かけて

        毎年サンタさんが来ていた。

        当時「ホルプ」という児童書の書店の店員さんがセット本をサンタクロースの衣装を着けて

        クリスマスイブに届けていてくれたのだ。サンタさんと握手をしたりして子どもはサンタクロースは

        本当に居ると思っていたようだった。

        「八百万(やおよろず)の神たちのおわしまし」た多神教の日本人の末裔としての私は、イエス様も

        その中の一人なのだなとの感覚である。「私は不信神なもので...」と口走っても非難される

        環境にはなかった。

        神、仏、について私が見てきた風景は親が毎朝、毎晩、仏壇と神棚にお参りをしていたようだった。

        たまに時間をかけて「お経」の本を読んでいた。

        年に一回くらい(記憶は不明確だが)お寺へ付いて行って、我が家のために「お経を上げて」お祈りを

        してもらっているのを見たことがある。お経の意味も分からず退屈するのを我慢して座っていた。

        村の神社はお正月のお参りと、祭りの行事 お神輿行列と(村の人がやる歌舞伎)を見に

        行ったりした。お正月と違ってにぎやかなものだった。

        私が16〜17歳ころだったと記憶しているが「先生」と呼ばれていた(なぜ先生だったのか今は不明だが)

        人に誘われて友人たち10人くらいで市内にあるキリスト教会へ行った。牧師さんの話は長くなく

        明瞭で 凛 とした雰囲気があった。そのあと合唱隊の明るく軽やかに流れるような讃美歌が

        いくつか歌われ すがすがしい気持ちで 帰ってきた。そのあとキリスト教に誘われたこともなく、

        教会の雰囲気を体験した良い機会だった。

        カトリック教会だったか プロテスタント教会だったか不明であるが きちんとした協会だった。

        その後も神仏に関しては無関心だが子どもの成長の節目のお参りや七五三などでは神社に行き

        御先祖様へのお参りも適度に行なった。村の神社のお札と 炊事場には火防守護の秋葉神社のお札が

        毎年張替えてある。

        かなり後からわかったことだが我が家の仏さんは浄土真宗本願寺派(西本願寺)系列だ。

        便利なことは 怪しげな新興宗教が訪問販売(普及)に来た時「うちは本願寺派だから駄目です」

        と言って宗教論議をせず断ることができることだ。寛容かつ無関心の多神教精神は続く...。

            

2016.12.25(日)  晴れ 湿度22%
    −−◎靖子さんの状況は安定している様子で顔色もよくなっていた。大事を取ってもう少し

        ようすを見ることにした。

       

2016.12.26(月)  曇り 晴れ 湿度32%
    −−◎市役所から「高額介護合算療養費」の申請に来てください とのお知らせがあり行ってきた。

        職員の人に教えてもらって書類を書いたが、その時渡されたパンフレットに、医療費等の本人の

        支払額が基準値を超えた場合に、超えた部分の何%かを支給するというのだった。

        基準値は所得階層別に表にしてあり、ちらりと見て「うちはダメなんじゃないですか」と言うと

        「支払額から計算してみて出ない場合もありますね。支給される場合も 支給されない場合も

        決定通知書は差し上げますから、申請は提出していってください」とのことで申請を出してきた。

        私も医者へよく行くが1回の支払いは少ない。靖子さんの分の介護料金支払いは昨年からの

        介護保険の改悪で高くなっているから基準値を超えるかもしれない。わずかに支給されても

        "値上げ"分には追いつかないが...返事待ち。


2016.12.27(火)  雨 のち 晴れ 湿度60%
    −−◎靖子さんは安定した状況だった。

2016.12.28(水)  晴れ 湿度19%以下
    −−◎今年も一年間ご愛読、ご支援いただきましてありがとうございました。

        「数年前に主人は(同じ病気で)他界しましたが、ご様子はいかがかと たまに拝見しています」

        「靖子さんが"行動的"であった頃の日記は励みになりました。このごろは週一回くらい

         見ています。」

        地震の際 熊本市の『動物愛護先進都市』のことをお知らせいただいた九州のN様。

        などメールでお便りをいただきました。ほかにおおぜいの読者の皆さまご支援ありがとうございました。

        私が元気でいる限り今後も継続していくつもりですのでよろしくお願いいたします。


2016.12.29(木)  晴れ のち 雨 湿度27%
    −−◎靖子さんはすっかり安定して来たのでもうすぐ出られるだろう。

    −−◎先日のフィンランドの記事は大筋の記述で 大国の不当要求や、占拠されていた地方区域を

        取り戻す戦いのことは省略してある。


2016.12.30(金)  晴れ 湿度19%以下
    −−◎靖子さんはおさまって、本日午後2時に退院して特養へ戻ってきた。もう 熱発はしない。

    −−◎一、最近の食事事情は1回の食事が記録によると 10分の6、10分の3、10分の1で

        かなり低くなっていた。

        二、12月6日に病院で嚥下検査があり それに立ち合い のちに、検査の結果を

        記録動画を見て先生から説明を受けた。

        三、私の観察と理解。

        何回か正常に呑み込んだが、時に小粒が 気管支に入ることもあり 一回はむせて押し出し

        胃の方へ流れた。2回目に気管支にはいった時はむせないでそのままだった。

        四、私が考えた推測と成り行き、

          呑み込めているので 急に(1ヶ月〜2ヶ月)栄養不足になる事はないし、誤嚥して肺にはいった

          場合でも 痰として排出されるため 健康人ではさほど支障はないが病気があるため

          誤嚥量が吐出し量上回った場合、誤嚥物が累積(3ヶ月〜半年〜1年)していき

          「肺に水が溜まる」という現象が起こる。すると肺炎、その他の肺機能障害を引き起こすことがある。

          延命をするなら対策として胃瘻がある。

        五、胃瘻について 先生から説明があった。種類、現状からみて妥当な種類。施工方法。

          使用方法。設置後の法的関係など。

        六、胃瘻の設定について 12月9日と 12月10日に親族関係者と協議した。

          出された意見は

          「生きるのも死ぬのも可哀そう。どちらともわからん 任せるわ」

          「"がーっ" とか "あーっ"とか言っているのは 心は生きているということだ

          胃瘻をやってもいいのでないかな」

          「やってもいいのやないかなー」

          以上の関係者の意見を考慮しつつ

          私の判断は 「本人の体の状況が許せば胃瘻を設置してもよい。」と決めた。

         七、12月15日担当医師から6項目にわたる「施術説明」を受けた。

          私が施術同意の意向をを言うと 先生から「ご本人さんの意向はどうですか」と質問された。

          私「えっ!」と戸惑った。本人は当然長生きをしたいと思っていると思いつつ

          数秒思いを巡らして−−−発症後まもなく「こんなことなら死んだ方がいい」と1〜2回

          口にしたことがあったが別に本心でもなく、その後 歩けなくなり 会話が出来ないように

          なるまで楽しくすごしてきて、(表情やデイサービスの人の「アイドル」との伝言や写真など)、

          いまも"がーっ" とか "あーっ"とか言っているのは意志を表現しているのだととっさに思い

          答えた。「本人は口がきけないのでわかりませんが、生きたいと思っていると思います」と。
                  

2016.12.31(土)  晴れ 湿度20%
    −−◎本年もあとわずか、28日で仕事納めの会社や まだ納まっていない銀行やコンビニなども28日から

        お正月飾りが飾ってあった。私もこれからセットアップする。靖子さんとこへも卓上門松と飾り餅

        印刷物のお正月セットをもっていってあげる。(=午前10時)

    −−◎いろいろ作業をやり納めて内と外のお正月の飾りつけをした。前の道路は夕方まで渋滞気味だったが

        6時半ころからピタッと途絶えて静かになった。

        新しい年がやってくる。
      

***********************************************************************************

月毎変化のまとめ16へ戻る** (このページの上へ戻る)