月毎変化のまとめ05へ戻る**   最初に戻る  * 現在の日記に戻る  *  * ←前の期間に戻る   *  * 次の期間に行く→  *

日記Ynas0512

2005年10月から12月の日記です。

    2005.10.1(土) 晴れ

        −−◎朝の室内気温は25℃でだいぶん涼しくなった。早朝の外気はさらに1℃〜2℃低めだろう。

            散歩には気持ちのよい時期となった。

            散歩中は花や虫、犬猫、ゴミなどを発見し語りかけてくることはいつもと同じだった。

            散歩中私のほうからは知らない家の人が「よくやられていますねー、奥さんに優しくされて」

            と声をかけられた。

          −−◎生協配送日。何事もなく済み。人の顔を見て識別して笑顔を表情に表すが、このごろ

            相手を確認している時間が2秒〜3秒かかるような気がする。

        −−◎10時、3人で喫茶「チボリ」へ行った。窓際の席がなかったがおとなしく座っていた。

            ついでに岩戸公園へ散歩に行き、後一軒寄り道をして帰ってきた。

        −−◎夕方苧ヶ瀬の池へ散歩に行った。

        −−◎きょうも適度に行動的で笑顔で過ごした。


    2005.10.2(日) 晴れ

        −−◎8時朝の散歩。朝の散歩はおよそ20分と少し。外へ出たことの開放感か、いつも必ず

            前半は「.....」(低音域で意味解明できず)何かぼそぼそとしゃべって、「うふふっ」と

            笑いながら、または笑顔で歩いている。

            後半はいつまでも笑ってはいないが、周囲のものを見ては歩いている。

            見えるもの、対象に即した、おしゃべりをしていることはヘルパーさんに散歩に連れて

            行ってもらった時の報告にもあった。


    2005.10.3(月) 晴れ

        −−◎デイサービスへ連れて行った。

            椅子にかけて、周囲を見回したり、自由にあちこち歩いたり、他の人に話しかけながら、

            交流したり、元気に過ごした。

        −−◎朝と 夕方の散歩に行った。


    2005.10.4(火) 曇り

        −−◎ヘルパーさん来訪日(D)、10:00から11:59まで、

        −−◎ヘルパーさん来訪日(C)、13:30から15.29まで

            曇り空で 糠雨の時もあったが 散歩に連れて行ってもらった。

            室内ではボール投げ遊びなどをしてもらった。


    2005.10.5(水) 小雨

        −−◎県立病院診察日。散歩は無し。先月から8時30分の予約になっている。

            8時15分家を出て10分前に到着。8時40分に診察してもらい金を払って出たのが

            8時50分だった。

        −−◎今月から「デイサービス利用」を週3回にした。月・水・金曜日である。

            9時30分に行くのだが病院が早く終わり20分あったので、一旦家に戻り手洗いや

            薬を飲ませなどしてデイサービスへ連れて行った。

            デイサービスは県立病院とほぼ同じ方面にあり、病院が車で5分とするとデイサービスは

            車で4分と言うところか。(と距離関係はそうだが どちらも5分くらいは時間がかかる)

        −−◎気分、動作、言葉はいつもと変わらず。


    2005.10.6(木) 晴れ

        −−◎ヘルパーさんに散歩に連れて行ってもらっている時、近所のAさんの前を通りかかった。

            (Aさんは 母さんより少し年上程度のばあさん)このあたりの家は門から玄関まで

            20m〜30mある家が多い。Aさんはその庭先にいて「ちょっと寄っておいでよ」と

            と声をかけてくれた。母さんは誘いに応じて玄関まで行き、案内にしたがって、

            玄関の中へはいったが土間で立っていて、座敷へは上がらなかった。

            立ち話で そのばあさんの話を「ふんふん」と言いながら聞いていたと言う。

            と言うことをヘルパーさんが話してくれた。


    2005.10.7(金) (予定=デイサービスに行く日)

    2005.10.8(土) 小雨

        −−◎生協配送日。とくに混線無し。

            目を放した隙に、トコトコと近所へ歩いていった。(それは別に問題はない。)

            出入り口にあった傘を自分でさして歩いていた。「ふふふーん」と言いながら歩いていた。

            「傘」のことはもう 考えないのかと 思っていたが 自分でさして行ったので

            「よかった よかった」と思った。

        −−◎少し前に介護には「強固な意志力が必要・・・」とか 書いたが、突然緊張が増す

            事態が起こったと言うのではない。

            国家予算の編成などで「介護も楽になってきている。」などのことが 垣間見え、

            予算削減(介護関係の)の方向へ向けさせようとするはたらきになっている。

            「そうではない」と言うことを 言いたかったためである。


    2005.10.9(日) 晴れ

        −−◎散歩、食事、遊び、など一日の日程を いつものように過ごした。今日も失禁はなく

            楽だった。

        −−◎病気の初期のころは「あれが出来なくなった。」「これも出来なくなった。」というふうに

            書いていた。いつのころからか、「あれも出来る」「これも出来る」に変わってきた。

            

    2005.10.10(月) 体育の日 曇り

        −−◎予定では(予定=デイサービスに行く日)の予定だったが、デイサービスは祭日は

            休みなので 明日の“ヘルパーさん来訪日“と入れ替え変更をしてもらった。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(D)、10:00から11:59まで、

        −−◎ヘルパーさん来訪日(C)、13:30から15.29まで

            “散歩”中に 道端に ひとつだけ咲いていた タンポポを見つけ「タンポポが..」

            と言っていたとの事。

        −−◎このごろ 読むことが出来る文字の数が減ってきた。ひらがな カタカナ 数字は

            読めるが、画数の多い漢字などは読めなくなってきている。


    2005.10.11(火) 晴れ

        −−◎デイサービスに行った。


    2005.10.12(水) 晴れ

        −−◎診療所へ診察に行った。予約時間ぴったりに呼ばれて診察を受けた。

            最近の生活状態についてメモしたものを渡した。

            前回受けた血液検査の結果の説明を受けた。以前にはコレステロール値が高かったが

            今回は正常値で「もうコレステロールの薬はいらない」とのことだった。

            その他の値も正常値で「五臓六腑」には異常は無いらしい。

        −−◎夕方は岩戸公園へ行き散歩。涼しくなって歩いていても気持がいい。

            一周してきてから「もう一回見てこようか」と言ってもう一周歩いてきた。2回まわると

            約20分。


    2005.10.13(木) 晴れ

        −−◎「ひとつぶで二度おいしい」という お菓子のコマーシャルがあった。

            昨日 娘が ガラス細工の 1.5cm〜2cmの ねこ人形を母さんに買ってきた。

            それを見て「うふふっ かわいい」とよろこんでいた。

            そのまま 机の上においてあり、今朝また それを発見して「うふふっ かわいい」と

            言っていた。あと2回か3回は楽しめるだろう。

        (予定=ヘルパーさん来訪日 午前+午後)

    2005.10.14(金) 晴れ

        −−◎9時30分デイサービスに連れて行った。

            落ち着いて 座って過ごしていた。係りの人や 周りの人に 笑顔で笑いかけ、

            肩をポンとたたいたりしていた。歌に手拍子をつけてメロディーだけ歌っていた。(歌詞なしで)

        −−◎夕方は岩戸公園へ散歩に行った。

        −−◎就寝前の室温26℃。だいぶん涼しくなった。


    2005.10.15(土) 曇り 小雨 曇り

        −−◎7時に起きた。母さんも目を覚まして床にいたので、階下へ連れてきた。

            「大」は漏らしていなかったのでトイレに連れて行った。

        −−◎生協配送日。

        −−◎喫茶「チボリ」へ行った。

            別席にいたご夫婦の夫人の方がこちらに来られ

            「○○○○さんですね。以前にはよくお邪魔してお世話(髪の手入れ)になっていました。

            覚えていらっしゃるかしら」と言われた。母さんはニコニコしているだけで、

            たとえばヘルパーさんに対応するようには反応しなかった。

            私「それはそれはありがとうございます。全然わからないと思います。どなた様でしたっけ?」

            婦人「K○と言います。そのころ終った後帰りに一度家まで送ってもらったことがあります。」

            私「そうでしたか、記憶はほとんどないようですね。」

            ひとしきり 話していて席に戻られた。母さんはその間終始ニコニコして話を聞いていた。

            8年以上経過しているのに、人ごみの中から見つけ出して挨拶してくれてありがたいことだと思った。

            こちらが暗い雰囲気でいたら、見て見ぬ振りをして、声をかけてくれなかったかも知れない。

        −−◎そのあと 金華山の展望台へ行って来た。霧雨模様で 遠くは見えなかったが、

            近くは見えて 私が「○○デパートや」「○高校はあそこ」とか「○○橋」と言っていた。

            以前は それぞれの建物や橋を母さんも 相槌をうって確認できていたのに、今日はその方向を

            見ているだけだった。

    2005.10.16(日) 晴れ

        −−◎テレビコマーシャルに“中部電力”の文字が出ているのを見て、音声では言って

            いなかったけれど 「中部電力」と読んでいた。“十六銀行”の文字も読んでいた。

            見慣れた文字ならまだ漢字が読めるようだ。

        −−◎朝の散歩。苧ヶ瀬の池への散歩に行って来た。

            歩く時に“ねこのぬいぐるみ”を持って歩いている。ねこのぬいぐるみは4個あり、

            そのうち 1個か2個を持って出る。

            歩行中持ち歩くことは、気分を和らげると言うこともあるが、そのほかに

            10分間なり20分間なり、歩いている間中本人がねこを保持することに注意を

            していなければならないので、機能の保持にも大切な役割を果たす。

            途中 ベンチにかけた時、脇に置き 再度歩き出す時に“忘れないように”持って

            こなければならない。無意識的に持っているようだが“放置”してきてことは無い。


    2005.10.17(月) 曇り のち 雨

        −−◎デイサービスに行った。

            フロアの中を歩いたり、笑顔で職員さんや 他のお客さんに笑いかけ接しようとしていた。

            「お風呂もこのごろではスムースに行くようになった。」とのこと。

            血圧記録が書いてあるので、この測定もスムースに行っている様だ。

            「ときどき 『おっちゃん』と言われます。」とのことだった。

        −−◎「デイサービス」に行っている間に 食品の買い物に行った。

            スーパーで 元 母さんの顧客だったMさんが「どんな按配ですか」と声をかけてくれた。

        −−◎雨だったので 散歩は無し。

        −−◎ケアマネージャー氏来訪、11月の計画、その他のことを相談した。


    2005.10.18(火) 晴れ

        −−◎ヘルパーさん来訪日(D)、10:00から11:59まで、

           散歩には気持ちのよい日だった。田圃方面へ2回行って来た。

           スズメがかわいい動きをしているのを見て、笑顔で「あそこ あそこ」指差して

           ヘルパーさんに知らせていた。

           室内ではボール投げをしました。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(C)、13:30から15.29まで

            比較的静かに過ごした。散歩、ボール投げを繰り返し何回もやった。

            途中 私が郵便局へ行って来たが、後を追いかけてくることも無く落ち着いて過ごしていた。

            あとは ぬいぐるみ遊びをしたりテレビを見たり、お話したりしていた。

        −−◎夕刻、薄暗くなってから苧ヶ瀬の池へ散歩に行った。暗さに警戒してかいつもより

            「おっちゃん おっちゃん」と言う回数が多かった。


    2005.10.19(水) 晴れ

        −−◎デイサービスに連れて行った。

            その間に私は病院へ診察に行って来た。とくに異常は無かった。


    2005.10.20(木) 晴れ

        −−◎ヘルパーさん来訪日(D)、10:00から11:59まで、

            すがすがしい気候の中、散歩に出かけた。途中 笑顔の選挙ポスターが まだ貼った

            ままになっている その写真に通るたびに 「ピース ピース」(Vサイン)をしている。

            サンダルで時々つまづくことがあるので 靴がいいかも...。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(C)、13:30から15.29まで

            快晴で気持のいい風が吹いていた。

            途中工事をしている おじさんから「これで3回目だねー」と笑顔で声をかけられた。

            一旦室内に戻ると すぐまた出て休憩なしで歩いた。いろいろ「発見」したり、お話したり

            して歩いた。店(=居室)の掃除をしてもらった。

            失禁で拭いて貰ったが「痛い」と言っていたので、おできが出来たか 拭きかたが悪かったか

            どちらかであるが、2日か3日しないとわからない。

            陽射しはあったが 涼しくなり散歩日和。

        −−◎夕方は「池」への散歩。

        −−◎「世の中 面白おかしく過ごせばいいさ」

            という 人生観は 一般に否定的 命題として取り扱われる。

            実際、青少年の人生観としては ふさわしくないだろうし、また成人の人が そう言っている場合は

            実際生活では その人の持ち時間の90%以上は“面白おかしく”ではない時間を有効に

            過ごし残りを“面白おかしく”を当てている。

            たぶん、仮に経済面でまったく不安の無い人がいたとして、傍目には 面白おかしく

            過ごしていたとする。それが普通になってしまうと“面白おかしく”もないだろう。

            私もずーっと否定的命題として扱ってきた。

            しかし 母さんの場合は 病気の発病とともに、“面白おかしく”過ごすことを肯定的に

            扱ってきた。機能持続のためや 身辺生活習慣維持のために“面白おかしく”でない事も

            もちろんたくさんあるが、このごろでは 楽しく過ごすことを基本としている。


    2005.10.21(金) 晴れ

        −−◎7時30分朝の散歩、駅方面へ

        −−◎9時30分デイサービスへ連れてった。

            みんなと一緒に 体操に参加した。声を出して数をかぞえ、皆さんの肩にタッチなどして

            交流していた。

        −−◎帰りに苧ヶ瀬の池へ散歩に行った。

        −−◎夜 3人で食品スーパーへ買い物に行った。あちこち動き回ろうとするので 私が手をつないで

            行った。ちょっと不便だが 「買い物」が出来ないというほどでもない。


    2005.10.22(土) 曇り のち 晴れ

        −−◎8時30分、朝の散歩、駅方面へ

        −−◎9時30分、生協配送日。

        −−◎夕方、「池」へ散歩に行く。

        −−◎母さん「おいおい(=そこ触っていかんよ)」

            (まえおき説明)

            @自動車の運転席(我が家の車の場合のことだが)に、縦1.5cm 横2cmのスイッチボタンが

            たてに2個並べて設置してある。箇所は運転席から見るとひだりがわの前面だが、

            車幅全体から見ると中央部分に当たる。上側の一個は点滅駐車灯(=ハザードランプ)用で

            下側は後部ガラスの曇り防止熱線用スイッチである。

            A母さんは このところ室内でも電気の壁スイッチなどをパチパチすることに興味を覚え

            何回でも付けたり消したりしている。先日も私がトイレにはいっていたら、パチパチやられて

            暗くなったり、明るくなったり(笑)。

            (はなしの本題)

            半年くらい前に自動車のハザードランプのスイッチを運転中に母さんが押したことがあった。

            この点滅は後続車に“緊急停車”を知らせるものであるから、停車しないならば、

            後続車にとって迷惑または危険なことである。

            私「あっ そこを押していかんよ」と言った。同じことが3回ほどあった。で危険だから

            強く注意したこともあった。母さんの手がそこへ行きそうになると手を押さえ 自分の方へ

            戻してあげた。そのうち車内のそのスイッチは触らなくなった。(室内ではやっている)

            ある日車内が曇ってきたので 後部ガラス熱線用のスイッチを私が押してつけた。

            それを見ていた母さん「おいおい(=そこ触っていかんよ)」と笑いながら言った。

            「おいおい」と言って意志表示をしようとする部分がある。

            たとえば私が冗談を言ったり、母さんにもそれとわかることを間違って言ったり、

            靴とスリッパを片足づつはいたり、ぬいぐるみを逆さにだっこしたりすると、「おいおい」と

            笑いながら言い、「ちがっているよ」と言おうとしている。


    2005.10.23(日) 曇り のち 雨 午後は晴れ

        −−◎8時、田圃方面へ散歩。稲刈りは土曜日までに大部分終っていて、あと少し残すのみ。

        −−◎10時過ぎ、喫茶「チボリ」へ行った。喫茶店で、子どもに愛想をふりまくのは

            まだ良いとしても知らない人に手を振ったりするので気をもんだ。

            喫茶にいるときころから雨になり、どこへもまわらず 帰宅した。

        −−◎午後はデイサービス方面へ散歩に行った。日曜は休み日だが、その前を通りかかると

            「○○○や ○○○や」と施設の名前を言った。休みを承知で、玄関まで近づいて行った

            ところ 抵抗なく付いてきた。この風景が記憶の世界に取り込まれているようだ。

            「今日はお休みだから 帰ろう」と言い、通過して別の道を経てかえってきた。

        −−◎母さんの誕生日で 夕食時は 誕生ケーキ などで飾った。

            「今日は母さんの誕生日だよ おめでとう」と言うと わかっているのか わかっていないのか

            わからないが 「うふふっ」と言い ニコニコしていた。

            娘がケーキを配分し、みんなで食べた。

          母さんの好きな、ぬいぐるみや小さいおもちゃはいつも 随時買っているので今日は買わなかった。


    2005.10.24(月) 晴れ

        −−◎7時40分、駅方面へ散歩。

        −−◎9時30分 デイサービスへ連れて行った。

            入浴は順調に やってもらっている。

            誕生日のお祝いをしてもらった。誕生カード、この母さんのデイサービスでの一年間の写真の

            アルバム、小物かご、をもらってきた。

            食事も今日は80%食べていた。(朝 家でたくさん食べた時は昼は少食になる)

            帰りがけ、失禁あり。処理ありがとう。

        −−◎家で もらったアルバムを見て「これだれや?」と聞くと「おいおい おっちゃん うふふっ」

            と言った。(「わたしやがね わかっているくせに.....」)という笑いだ。

            室内は元店で大きな鏡がたくさんあって、いつも自分の姿を見ているので、

            自分の姿を「忘れる」ことはない。


    2005.10.25(火) 晴れ

        −−◎8時、朝の散歩。駅方面へ

        −−◎いつも 朝食を長時間かかって食べているが、今日は30分ほどで食べた。

            昼食もスムースに食べた。食欲の秋?。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(D)、10:00から11:59まで、

            気持のいい天気で コースをいろいろ変えて何度も散歩に行った。

            途中 きれいな花があり ヘルパーさんが ちょっと道をそれようとしたら、

            「そっちへは行ったらあかんよ」とヘルパーさんの手を引いて戻そうとした。

            室内では ボール投げとバドミントンをした。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(C)、13:30から15.29まで

            少し風があり気持ちのよい天気だった。

            母さんの行きたいほうへ 付いて行ってもらい 少し遠出をした。

            きょうは母さんが良くしゃべり、看板や車のナンバーを読んだり、花を見たりしていた。

            なっている柿の数を数えたりしていた。(たくさんあって数えられないだろうけれども)

            会話も多く声を出して何回も笑っていた。

            紙パンツの交換もしてもらったが滞りなく済んだ。

        −−◎苧ヶ瀬の池へ散歩に行き 帰り途中に食品スーパーへ寄ってきた。


    2005.10.26(水) 晴れ

        −−◎7時40分、駅方面へ散歩。

        −−◎9時30分、デイサービスへ連れて行った。

            お風呂は気持ちよくはいっていたようだ。髪の毛もドライヤーでゆっくり乾かし

            気持良さそうにしていた。そのあとは 椅子にかけて うとうとしたり、他の人の話を聞いて

            過ごしていた。

        −−◎迎えに行ったついでに岩戸公園へ散歩に行ってきた。


    2005.10.27(木) 曇り

        −−◎今朝は 自分でトイレに行った。普通便だった。「軟」の時に間に合わないようだ。

            「あまり 水を飲ませすぎない作戦」は成功したようだ。「軟」は薬が一部要因でもあるようだ。

            水飲ませすぎの時は、「百草丸」なども飲ませている。

        −−◎今朝も朝食はいつもより早い速度で食べた。

            いつもとは=8時ころから食べはじめるが 少し食べては 他ごとをやり、少し食べては

            室内を出歩いて、ヘルパーさん来訪時も半分以上残っていて、散歩に行って戻っては

            食べなどして、昼までかかることがある。

            私が冗談に「引き続いて 連続的に昼ご飯だねー」言って笑うことがある。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(D)、10:00から11:59まで、

            暑いほどの 秋晴れになった。稲刈りも終って、いつのまにか秋も本格的な趣を自然の中で

            見せてくれる。そんな中で 気持ちよく散歩させてもらった。2時間のうち 中ほど20分

            くらいは室内で過ごし ボール遊びや 「ひっぱりやっこ」などして 体操をした。

            終始、笑顔たった。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(C)、13:30から15.29まで

            いつものように“散歩”に出かけて、とても 明るくほがらかにヘルパーさんに話しかけていた。

            歩いている途中の家で 洗濯物が干してあり(これは普通の風景だが..)、

            ひも状の物干しに Tシャツがなぜか 首の方を下に、胴のほうを上にして洗濯挟みで留め、

            見かけ上 逆さに干してあった。

            それを見て 母さん「逆立ちしておる、逆てんぼになっている」と言っていた。

            今日は「蛍の光」の歌をずっと歌っていた。


    2005.10.28(金) 晴れ

        −−◎8時、駅方面へ散歩。

        −−◎9時30分デイサービスへ連れて行った。このごろはスムースに車を降り玄関へ

            這入って行くようになった。

            ホール内を行き来することがよくあったが 散歩する雰囲気で落ち着いていた。

            アレンジフラワー作り、一本一本を丁寧にさしていたが、大部分はスタッフの人に

            仕上げてもらった。今日はご飯のみ食べて おかずは食べなかった。

        −−◎帰りには岩戸公園へ散歩に行った。

        −−◎流れに沿ってしなやかに

            散歩のときに、ぬいぐるみを持って、時には手をつないで歩く。

            草木 木の実に 関心を示し 道行く 幼児や 犬 ねこ に声をあげて大げさに感動し

            「蛍の光」の歌を 時でもないときに歌い、室内でボール投げ遊びをし

            テレビの幼児番組を見てよろこぶ。

            本人がよろこぶもの 関心を示すものを与え、

            行動を促す時は、本人が一番動く(対応して動く)ことばで話す。経過の中で、

            ここ2年あたりから まるで幼児を扱うような状況になってきている。

            (もちろん 全面的に 病によって 消されてしまったのではない。幸いにも残されている

             大人の記憶もある。)

            病気の進展も個性的である。進展の流れに沿って、本人が楽しい雰囲気で過ごせるように

            しなやかに応じてきた。


    2005.10.29(土) 朝方雨 午後しだいに晴れる

        −−◎朝「大」の失禁あり。私が7時30分くらいまで寝ていて、母さんはもう起きて室内を

            歩いていた。階下へ行き紙パンツを交換した。少量で他は汚れておらず、良かった。

            6時半くらいに私が先に起きトイレに誘導しないといかんようだ。

        −−◎雨だってが傘をさして駅方面へ朝の散歩に行った。途中で横道へ折れて戻ってきた。

            いつもと比べて、半分の距離。

        −−◎9時30分、生協配送日。

        −−◎10時に喫茶「チボリ」へ行った。ながやさんは高齢で退職されたらしくこのごろ見かけない。

            帰りは金華山ドライブコースを廻り、雨だったので散歩は行かず帰宅した。

        −−◎今日はちょっと本屋さんへ行った程度で、ほぼ一日中家にいた。

            時々「おっちゃん おっちゃん さあ行こ」と言ったり、「おっちゃん いい?」と外出を催促していた。

        −−◎私たちを直接見たことのある人は何人くらい?(↓いずれも およその数)

            ○ヘルパーさん関係................5人

            ○デイサービス・スタッフの人と客人......30人

            ○近所の人で我が家の前を通ったり、
              こちらが散歩に出かけてみる人......150人

            ○小学生.....................200人

            ○苧ヶ瀬の池(名は知らないが散歩の常連で挨拶する人)10人

            ○その他 中学生や 我が家の前を
              自転車で通学する高校生など........50人

            ※“散歩”中見かけたことのある人なら、ぬいぐるみをだっこしていたり、いぬ 猫、花や 草木

              幼児に関心を示す姿を見て、認知症と正確にわからずとも、何らかの病気を感知している

              と思う。

              人数の根拠は近所の人については、朝の散歩時の駅方面には往きと帰りは別の

              道を通ってきていて、家数が200軒あり、長年の間には何度か見かけている。

              小学生については全校生徒900人の内200人は居住する“町”の生徒で、

              通学指定路を集団登校することになっていて、我が家の横の道を通る。

              かなり頻繁に小学生とすれ違う形で散歩に行くので、全員に見られている。

              中学生は通学コースが決まっているわけではないので 見たことのある人は

              見たことがある。高校は近くでは我が家の南方向に一校あり、西方向に一校あり

              あとはかなり離れたところに何校かあり、自転車で南へ行く生徒あり、

              北へ行く生徒ありである。通勤者も通過する。駅へ行く通勤・通学者もいる。

              で 合計すると445人となる。

              ここまで書いて、何年かの間には世代交代があることに気付いた。この数はもう少し

              多いだろう。


    2005.10.30(日) 晴れ

        −−◎「小」の失禁は日常的だが「大」の失禁無し。

        −−◎田圃方面へ散歩。

        −−◎夕方、岩戸公園へ散歩。木々の葉が黄色に秋の気配を強めている。散歩には

            適した気候になっている。

        −−◎落ち着いた気分で過ごした。


    2005.10.31(月) 晴れ

        −−◎朝7時に起した。目覚めていたがそのまま床にいたので、起きるよう促したところ

            起きてきてあっちこっちと動いていた。

            7時25分ころ駅方面へ散歩に行った。200人の小学生とすれ違った。

            7時45分帰宅。

            母さんの朝めしを並べてから、トイレに行くよう促し、前まで連れて行った。

            用をたさないで「トイレのぞき」をするだけの時は すぐ出てくるが 3分くらい中で

            留まっていて出てきた。自分で水を流さないのでわかるが 用をたしていた。

            (普通にころがっていたが やはり軟便の時に失敗するようだ。)

            ここ一週間ほどの「あまり 水を飲まさない作戦」は成功しているようだ。

        −−◎9時30分デイサービスに連れて行った。

            笑顔でフロア内を走ったり歩いたり、ほかの人の肩をポンととしたりしていた。

            椅子に座っている時間もけっこう多かった。

        −−◎帰りは岩戸公園へ散歩に行った。


    2005.11.1(火) 晴れ

        −−◎朝の散歩、駅方面へ。暑くなく寒くなく、気候は気持のいい朝だった。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(D)、10:00から11:59まで、

            気持ちのよい天気で いろいろなコースの散歩に何回も出かけた。こんな日の母さんの

            気分は“外へ 外へ”で 室内では過ごさなかった。歌が出て口数も多く上機嫌だった。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(C)、13:30から15.29まで

            よく晴れた秋空の下で気持ちよく散歩した。ジェット機が6台並んで飛んでいるのを見て

            2人で手を取り合ってず〜と見ていた。ヘルパーさんを指でチョンチョンつついたりして

            よくお話していた。

        −−◎夕方の散歩は岩戸公園2周だった。ここでも健常人やリハビリをしておられる人の

            “散歩”の姿が見られる。

        −−◎今も表現する自己認識。

            夕方の散歩の時、人が途切れて静かになった時 ふと「もう終わりや」と言った。

            病気初期のころから言っている“もう終わりや”のトーンだった。自己が見えていて

            それと対峙しているように私には見えた。

            そのほかには初期のころは“だんだんダメになる”とか“こんなことをしていたらダメや”と

            言っていた。“こんなこと”というのは、言葉を発した時の直接の行動ではなく

            “なにか病気に対応する方法はないのか?”と言う意味が含まれいてた。

            ダメが3年経過ころから「もうダメやわ」になった。今もふと 割合頻度多く 言っている。

            「クシャクシャになってしまった。」とも言う。思考がまとまらない状態を言っている。

            私が何か言って 母さんにわからなかった時「クシャクシャになってわからへん」と言う。

            たいして難しいことでないのに(いまやむつかしいことを言うはずもないが..)わからないと言う。

            “もう終わりや”、“もうダメやわ”、“クシャクシャになってしまって”今も頻繁に言っている。

            私「大丈夫だよ おっちゃんがいるから...」と気分を安らかにするよう気休めの言葉を

             言葉と表現をその場にあわせて言っている。

            頭脳が侵食されていっても 自己認識と表現の部分は強く働いているようだ。


    2005.11.2(水) 晴れ

        −−◎6時40分に起しトイレに行ったが、そのままでてきた。

        −−◎7時30分、散歩。小学生の列に向かって反対方向に歩く。

        −−◎県立病院診察、8時25分着(予約は8時30分)。8時35分に呼ばれて、お金払って

           出てきたのが8時45分。けっして空いているわけではない。待っている人もたくさんいたが

           予約と診察の流れをスムースに行くよう、工夫、実行されているようだ。

           この5年ほど2・3の例外を除けば、看護婦さんも親切で、ほぼ予約時間に診察され、

           母さんも私も快適に 母さんの診察に行くことが出来る。

           先生には 家でのようすや ヘルパーさんやら、デイサービスでの直接聞いたことや

           「連絡帳」に記載されている内容で本人が 他の人といるときも、快適で、にこやかに気分良く

           過ごしていることを伝えた。

        −−◎診察後、直接デイサービスに行くつもりだったが9時30分始まりで45分も時間があるので

           一旦家に戻ってから連れて行った。

           家での散歩スタイルのつもりか、スタッフのかたの手を取って歩いていったり、

           笑顔で肩をポンとしたりしていた。体操のときは椅子にかけて周りの人をゆっくり見ていた。

           今日はフロア内を歩き回ることが多かった。

           血圧測定、入浴、食事も順調に行っているようで、ありがたいことだと思った。

        −−◎迎えにいき、そのまま 苧ヶ瀬の池へ散歩に行った。良い気候だった。


    2005.11.3(木) 文化の日 曇り のち 雨

        −−◎失禁無し。

        −−◎いつもより短距離で朝の散歩。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(D)、10:00から11:59まで、

            雨が降り出しそうな天気だったが午前中は降らなかった。途中神社の境内へはいって行き

            狛犬や 銀杏の木 その他の木などを見てきた。楽しそうにヘルパーさんに話しかけていた。

            (眼前に見えるものについての話は何について言っているのかわかるが、

            思い出し話は最近 私にも意味がわからなくない話が多くなってきた。ヘルパーさんには

            なお わからない話だったと思うが、うまく相槌を打ってもらっていた。)

            パンツ交換をしてもらった。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(C)、13:30から15.29まで

            雨が降り出しそうな天気だったが、母さんが外へ出たい気分で、遠くへ行こうとして足をのばした。

            往きは良かったのだが 帰りは雨が降り出して「急ごう」と言い、走ったり 休んだりして、

            「キャー キャー」言いながら帰ってきた。雨は生活の一部なのか そんなに驚いた様子はなかった。

            今日はボール投げより “散歩”の方が良かったとみえ、戻って少し休憩すると 今度は傘を

            さしてもらって 短いコースの散歩をして来た。

        −−◎雨だったので夕方の散歩は行かなかった。

            夕食後ボール投げ 受け の遊びをした。「ほいほい」とか「そーれ」とか 私がボールを落とすと

            おおげさに「あーっ」とか言い そのほか いろいろな言葉で掛け声をかけて、投げ受け

            していると 母さんも乗ってきて、笑いながら 何か言って投げ返してきた。

            10分間ほどやったので「もう やめようか」と

            聞いたが まだ手を出して 受ける姿勢。「まだ やる?」と言うと 頭を縦に振り「うん」と

            言うのでもう少し続けた。だいぶん 投げ受けをしたあと 母さんが自分でボールを

            椅子の上に置いたので、区切りと思いやめた。

            合計15分間やっていた。(私の方が疲れた(笑))。

            ※15分間 両手で受けたり、片手で受けたりしていたがほとんど 落とすことはなかった。

            投げる場合も 互いに動いているのでそのつど 方向と距離(投げる力の強さ)を加減

            しなければならない。私がわき見をしていたりすると 瞬時待って、目線を確認してから

            投げ返してくれる。

            こんな高度な動きが出来ると言うことは、この部分の神経は充分機能していると言うことである。


    2005.11.4(金) 晴れ

        −−◎7時30分、朝の散歩。駅方面へ。

        −−◎9時30分、デイサービスへ連れて行った。

            笑顔で過ごし、周りの人とかかわりを持とうとする行動が見られた。

            食事の食べ方が少なかった。

           ※夕食は5時50分ころ食べ、普通に食べた。8時半ころ「お腹すいた」と言うので 

            てっとり早く既製品のミニオムライスに味噌汁 柿、りんごなど2回目の夕食を食べた。

           ※デイサービスで パンツの中にパットを入れてくれているので これは便利だと思った。

            と言うのは いつもデイサービスで「お帰り」前の2時半〜3時ころにパンツ交換をしていて

            くれて、家へ3時半に帰ってきて 6時半ころパンツ交換し、就寝前10時に交換していたが

            パットがあるため 6時半には パンツ本体が濡れていなければ そのパットをはずすだけで 

            済む。ズボンから全部替えるのと比べると作業量が少なくて済む。作業量が少なくても、

            本人の不快感が増すわけでもないので、OKと思った。

        −−◎帰りに 家へ戻らず苧ヶ瀬の池へ散歩に行った。ちいさなチワワ犬を散歩させている人がいて

            母さんが「かわいい」「おもしろい」を連発してニコニコと近づいていったので 飼い主の人も

            「自慢の犬」が”かわいい”と言われて よろこんでいた。

              

    2005.11.5(土) 晴れ

        −−◎8時、駅方面へ散歩。

        −−◎朝ごはんの時に、“小田原プチカマ”=練製品を皿に梅の花の形に5個並べて、

            置いた。母さんそれを見ていて「1、2、3、4、5..」と数え、「5個や」と言っていた。

            私「おーっ 5個あるよ、ちゃんと数えれたねー」

            一桁の数は時々数えている。

        −−◎9時30分、生協配送日。

        −−◎午後3時ころ、自分でトイレに行った。トイレ行動がまったく出来なくなっているわけではないようだ。

        −−◎2日〜4日まで、娘が友達(複数)と鬼怒川へ紅葉を見に行くと言い旅行に行った。

            同じホテルに二泊し周辺観光地を見て歩いたそうだ。事前に「寒いから暖かくして行け」と

            と言っていた。「夜や朝は出歩かなかったから わからないけど 昼中は普通だった」と言っていた。

            「ライン下りは天候の都合で舟が出なかったけど けっこういろいろ見てきた。」と言い

            小間物や土産用食品をいっぱい買ってきて「重くて肩が痛くなった」と言っていた。

            鬼怒川と言えば 面識はないが知っている人のS氏の住むO市のすぐ近くだと言うことが

            地図をみてわかった。


    2005.11.6(日) 曇り のち 雨

        −−◎今朝は失禁無し。昨日 午後3時ころ自分でトイレに行き排便していたが、

            それでも翌朝やっていることがある。

            朝早めに起してトイレに誘導したが、出なかった。でも今日は大丈夫だろう。

        −−◎9時30分田圃方面へ散歩に出る、...

        −−◎10時(この時間から雨降りになってきた。)、喫茶「チボリ」へ行った。席は空(す)いていた。

            池に降る雨がいつもとはちがった落ち着いた風景を作り出していた。

            母さん、出されたパン、サラダ、ゆでたまごその他をきちんと全部食べた。

            喫茶店をでたあといつものように、今日は雨風景の金華山をドライブしてきて帰宅した。

        −−◎その他の散歩は雨のため行かなかった。家ばかりにいるとどうも「物運び」が多いような気がする。

            乾いていない洗濯物をはずして持ち歩く。靴を台所の足元に置く。ぬいぐるみをまな板の上に置く。

            その他 その他 笑うに笑えぬ 予想の付かない珍現象が起こる。(笑い)

             −−◎(意見)

            報道機関には社会を「あるべき姿」に方向を示す姿勢が必要。

            報道機関は社会を住みよい社会へ進展させるようその業務をすすめる必要があるのに

            「見出しのインパクト」に重点を置いたり、あるいは それが社会をどの方向へ

            進めてしまうのかにかかわらず、重大事件を好み、拡販と視聴率の上昇に努めている。

            一例を挙げれば憲法の平和的民主的条項をより実現していく方向より、

            「イラクへの自衛隊派遣」の方が事件性があり、視聴率も稼げる。とばかりにそれへの

            批判は弱かった。憎しみと争いを返って多くしてしまっている。

            いくつかの事例での一般社会生活の報道でも、それが見られる。

            企業価値=お金がたくさんもうけられる企業=放送では落ち着いた内容よりも事件性

            重視=視聴率の上昇(儲かる)→群集心理を刺激し社会のいっそうの混乱。

            もちろん、あるべき姿に進めようとする報道も多々ある。

            かつて 第二次世界大戦で、戦争へ戦争へと雰囲気を盛り上げ、世界中で幾多の生命が

            奪われ、悲惨な結末に至ってようやく平和の大切なことに気付いた。

            どんなに「儲け」があろうとも、「儲け」そのものを根底からくつがえすような“結末”に

            至らぬうちに、事件性重視の姿勢を改め、社会の公器としての立場に戻るべきであろう。


    2005.11.7(月) 晴れ

        −−◎今朝も自分でトイレに行った。私は6時40分ころ起き、階下に来ていて そろそろ起してくるか

            と二階へ行くとトイレにはいっていた。長続きするといいと思うが、他の能力が失われていった

            経過から類推すると、6ヶ月(8月ころから始まったから来年1月までもつ)が限度かと思う。

        −−◎8時、駅方面へ散歩。時々 何かしゃべって「うふふっ」と笑い気分は良かった。

        −−◎9時30分デイサービスへ連れていった。

            入浴や、ドライヤーを拒むことが少なく落ち着いて髪のセットをしてもらった。“室内歩行”も

            少なく周りの人の話の輪の中で静かにお話を聞いていた。

        −−◎


    2005.11.8(火) 晴れ

        −−◎朝の散歩、

        −−◎ヘルパーさん来訪日(D)、10:00から11:59まで、

            パンツ交換をしてもらった。(便失禁あり。朝見た時はなんともなかったのでそのあとらしい)

            いつものように何回も“散歩”について行ってもらった。田園方面でカラスやスズメの大群が

            落ち穂にあつまり、それを見て「すごいね」と顔を見合わせて言っていた。

            室内へ戻って時はボール投げを5分ほどやり、お話したりだった。

            手の爪を切ってもらった。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(C)、13:30から15.29まで

            良い天気だが少し風があった。散歩にでて、「屋根の上におる(居)」と言っていた。

            あるお家の屋根の上に工事か何かで人がいたのを見て言った。

            「風が強いねー」など言ったり、落ち葉がたくさん落ちているところでは「バラバラに

            なっている」など いろいろお話しながら歩いた。

            10分ほどボール投げをやった。

        −−◎夕方、苧ヶ瀬の池へ散歩。少し風があって「寒い 寒い」というので 私の作業服を

            かぶせてやって一周してきた。今までの経験によればカーディガンも着ているし

            (私自身もそれほど寒くはなかったので)本当はそんなに寒くはないはずだが、

            目新しく感じたことをそのまま私に伝えようとして 繰り返し言うのでたいそう寒いように

            見える。“世間体”もあるので作業服をかぶせてあげた。

        −−◎夕食後13分ほどボール投げをした。今日はボール投げ遊びのオンパレードだった。


    2005.11.9(水) 晴れ

        −−◎失禁あり、

        −−◎7時30分、駅方面へ散歩。

        −−◎9時30分、デイサービスへ連れて行った。

            午前中の体操の時 一緒に手拍子をしながらやっていた。ホールの中を往き来することが

            多かった。

            ぱんつ交換をしてもらった。大変な作業をしてもらって感謝している。

        −−◎夕方は苧ヶ瀬の池へ散歩に行った。

        −−◎夕食後、8分間ほどボール投げをした。


    2005.11.10(木) 晴れ

        −−◎失禁無し。7時55分駅方面へ散歩。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(D)、10:00から11:59まで、

            穏かな天気の中、快い風に歩き、気持よさそうだった。体調も精神も安定しているようで

            良かった。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(C)、13:30から15.29まで

            気持ちのよい秋晴れの中を、今日は“ホタ〜ルの光〜”の歌を何回も歌いながら

            遠くの方まで散歩に行った。前回雨が降り出して走った事を、同じ場所を通っていた時

            思い出したようで「走って楽しかった。」と言っていた。

            ヘルパーさんが「一緒に走った事を思い出してくれて うれしかった。」と言っておられた。

        −−◎今日は たくさん歩いたので 夕方の散歩はやめた。

        −−◎週2日はヘルパーに散歩のお付き合いをしてもらい、足を強くし外界の諸物に触れ、

            周3日はデイサービスへ行き、いろいろな人と接して社会性を維持している。

            母さんの今の状態に即した日程になっていると思った。


    2005.11.11(金) 曇り

        −−◎朝の失禁無し。

        −−◎8時駅方面へ散歩。

        −−◎9時30分、デイサービスへ連れて行った。

            今日はフロア内を歩いたり、“走ったり”していた。椅子でゆっくり過ごしている時もあった。

            周りを通過する職員さんに微笑み掛けていた。

        −−◎デイサービスで紙パンツの中にパットを2枚セットしてもらっていたので夕方6時半ころ

            点検して「小」だけだったので 1枚目をはずし2枚目のパットは濡れていなかったので

            そのままにして着用させた。寝る前は2枚目をはずし、パンツ本体は「未使用」状態だったので

            元に戻し就寝させた。「小」だけの場合だったら、午後から夜へのパンツ交換作業が

            大変楽になった。“感謝”“感謝”である。

        −−◎母さんがデイサービスに行っている間に私は歯科医へ行ってきた。

        −−◎どんより曇り、寒くて、雨になりそうだったので夕方の散歩は行かなかった。

            夜9時過ぎに雨になった。

        −−◎デイサービスから帰ったら、すぐに母さんが好きな うどんを食べた。6時半ごろ

            夕食を食べた。

            ※乾麺をゆでている時、火が強すぎて吹きこぼれそうになり、少しこぼれた。

            まず 次第に沸騰するとともに表面が泡でいっぱいになった。一緒に見ていた母さんが

            「おっちゃん おっちゃん」と知らせてくれた。ネギなど刻んでいて脇見をしているうちに

            少しこぼれてしまった。母さん「あーぁ あふれた あふれてしまった。」と言った。

            “あふれた”と言っているのをちかごろ聞いた事がなかったが、“あふれた”は記憶の中に

            蓄積されていて、必要時には、今でも出てくるのだ ということがわかった。


    2005.11.12(土) 晴れ

        −−◎生協配送日。とくに混線無し。一瞬姿が見えなくなったので「ハッ!」としたが

            隣のうどん屋さんの庭先へはいって行き、物かげから出てきて戻ってきた。

        −−◎10時喫茶「チボリ」へ行った。

        −−◎昼過ぎ、雑貨スーパーへ一緒に買い物に行った。買う物が決まっていたので品物を

            比較検討する必要がなくスムースに買い、混線なく戻ってきた。

        −−◎あとは家にいた。家にいると、物を移動することがおおい。私も鈍感になり

            本人にとって危険物でない限り、気にしていない。

            今日は タオル 洗濯物、ぬいぐるみの「きりんさん」(60cmぐらい) ドラえもん

            バナナ お菓子の袋、台所用はさみ(あまり危険ではない)などが移動された。

        −−◎夕方は 苧ヶ瀬の池へ散歩


    2005.11.13(日) 晴れ

        −−◎朝5時30分ころ、母さん室内をうろうろしていた。私「ははーん」と思い 紙パンツと「暖かタオル」

            を5枚用意し 板の廊下へ連れて行き、点検すると 紙パンツの中で「大」の失禁。

            逆らうのをなだめて 手際よく脱衣、拭、着衣させた。幸い他の衣服は広がっていなかった。

            いつも起きる時間は早い時でも6時30分なので、少し早かったので もう一度寝させた。

        −−◎いつもは6時30分から7時の間に起してトイレに連れて行っているが、今日は「用」を

            済ませたし、日曜日でもあるので、起さずその後もそのまま寝させておいた。

            10時30分ころ起きてきた。こんなふうに寝ているのは年に2回か3回ある。

        −−◎午後から 八百津町にある「杉原千畝記念館」へ行って来た。今母さんがこれを見ても

            その功績など知るすべはない。

            「人道の丘」の公園であちらへこちらへと散策した。めずらしい物は“二度咲さくら”が咲いていた

            のを見たこと、ふん水脇の 水流が管を流れる時に音を発するようにしてできた“楽器”の

            奏でるメロディーを聞いたことなどである。

            行き返りの道中の山の紅葉はもう少し後と言う感じだった。

            看板を読むことや、風物について 言葉を発していたが、以前と比べると

            回数が少なくなってきている。

            ※杉原千畝は八百津町出身で、外交官としての活動が結果的に多くのユダヤ人の命を

            救うこととなった。偉大な人物。


    2005.11.14(月) 曇り 時々 晴れ

        −−◎7時30分朝の散歩。駅方面へ。

        −−◎デイサービスに行った。

            フロア内を歩いたり走ったりしていた。時々 椅子にすわりテレビを見たりしたいた。

            トイレに誘導してもらったが、便座に座ろうとしなかったらしい。(※お世話かけました。

            始めは「用」をたさなくても良いですから 1出席日に1回くらい連れて行って 誘って

            みてください。そのうち なれて座るようになるかもしれません。むりにやらなくても

            良いですが...。)

            いつものように “快適”に過ごしたようだった。

        −−◎午後6時30分ころ、車で30分くらい外出し外の風景を見せた。

            

    2005.11.15(火) 晴れ

        −−◎朝6時に起し、トイレに連れて行ったが、「用」をしなかった。

        −−◎7時30分、駅方面へ散歩。なぜ7時30分かというと 集団登校の小学生が それぞれの

            一団あわせて200人ほどが我が家の脇を7時30分〜7時40分の間に通過するので

            それを見るために反対方向に向かって歩いて行く。

            4mほどの狭い道を 子どもの天下で 元気良く歩いて行く。わいわい がやがや

            言いながら、時には道いっぱいに広がる時もあって、不規則なのがおもしろい。

            (もともと通過のための自動車はないが、道路脇の人も10分程度で終るのでなるべく

            出るのをおさえている。)

            母さんはいつもそれを笑顔で見て行き違い 時々動きに反応して「うふふっ」と

            笑っている。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(D)、10:00から11:59まで、

            気分は外へ外へと向いていた。「さくら〜さくら〜」や「おひなさま」の歌を歌ったりして歩いた。

            今日はゆっくりしたペースで歩いたり、急に早足になったり、元気に散歩を繰り返した。

            途中 ヘルパーさんが くつひもがほどけたので、結びなおしておられると その間じっと

            待っていた。

            手の爪切りをしてもらった。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(C)、13:30から15.29まで

            さくらの歌やひなまつりの歌を歌いながら歩いた。今日は足早だった。

            風で髪が顔にたれてしまい、「おばけ〜」と言っておどけたり、歌の途中で「ホイッ」と

            かけ声をかけたりしていた。気分楽しく歩いた。

            室内ではボール投げをした。

        −−◎午前、午後とヘルパーさんに連れて行ってもらってたくさん歩いたので今日は「池」への

            散歩には行かなかった。落ち着いた日と、元気な日交互にあるが今日は元気な日だった。


    2005.11.16(水) 晴れ

        −−◎デイサービスに連れて行った。

        −−◎夜、ストーブをいれた。


    2005.11.17 (木) 晴れ

        −−◎ヘルパーさん来訪日(D)、10:00から11:59まで、

        −−◎ヘルパーさん来訪日(C)、13:30から15.29まで


    2005.11.18(金) 晴れ

        −−◎7時30分、駅方面へ散歩。

        −−◎デイサービスへ連れて行った。

        −−◎帰りは岩戸公園へ行き、散歩。2周廻ってきた。

        −−◎ケアマネージャー氏から電話あり。12月の予定について。


    2005.11.19(土) 晴れ

        −−◎最近は6時に起してトイレに連れて行っている。

        −−◎7時30分駅方面へ散歩。土曜日で今日は小学生通らず。

        −−◎娘の友達が遊びに来て、午前中家で、午後から街へ出て遊んでいった。

            母さんは 愛想をふりまいて、歓迎していた。

        −−◎夕方は、苧ヶ瀬の池へ散歩に行った。

        −−◎ここ2〜3日ハイテンションで「さくら〜」の歌を歌い続けたり、手拍子を打ち続けたり

            していることがある。

        −−◎11月16日と17日、朝と夜だけ、ストーブをいれている。昨日と今日は 寒くなく

            いれなかった。

            何年か前に文化の日(11月3日)にいれた。 2002年には11月5日にいれた。

            03年は10日ごろだった。04年は記録がない。

            今年、11月16日の灯油の価格はひと缶(18g)が1170円(税込み)だった。

            8年位前は700円だった。昨年は850円から900円だった。かなり価格が上がっている。

            

    2005.11.20(日) 晴れ

        −−◎朝6時に起してトイレへ連れて行く。その時はやらなかったのに、その後30分くらいの後に

            パンツ交換をした時に「大」の失禁があった。金曜(18日)朝にはトイレでやったのに...。

            軟便でトイレに行かないことが続いている間にトイレ行動が“退化し”たらしい。

            いつでも“退化”する状況にありながら 持ちこたえていたが

            母さんの場合、軟便ということが“退化”のきっかけになったらしい。

        −−◎8時、田圃方面へ朝の散歩。

            お寺の駐車場(学校の運動場のようで舗装がしてないところ)に駐車してある

            車の前で、ねこが寝ていた。

            母さん「あんなところで寝とったらあかんわ」と言った。たぶん危険だから..と言う

            意味だと思う。

        −−◎10時、喫茶「チボリ」へ行った。

        −−◎夕方は苧ヶ瀬の池へ散歩。

        −−◎夕食後、ボール投げ遊び。14分ほどやった。

        −−◎今日もハイテンションで、ところかまわず「さくら」の歌を歌ったり、手拍子を打ったりしていた。

            笑顔も絶えなかった。


    2005.11.21(月) 晴れ

        −−◎デイサービスへ連れて行った。

            フロア内を歩いたり、走ったり。職員さんや お客さんに 笑いかけたりしていた。


    2005.11.22(火) 曇り

        −−◎7時に起した。トイレに連れて行った。今日はうまく行った。

        −−◎7時30分。小学生を見に散歩に行った。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(D)、10:00から11:59まで、

            少し肌寒い日だった。散歩のとき、片手をポケットに入れて歩いていた。

            いろいろな歌が出てきた。室内ではボール投げをした。手の爪切りをしてもらった。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(C)、13:30から15.29まで

            冷たい風が吹いていたが秋の日ざしをあびて歩いた。「さくら〜」の歌、「ひなまつり」の

            メロディー、「蛍の光」の歌を歌って歩いた。花のあるところに来て立ち止まって見ていた。

            室内でも歌っていた。

            ヘルパーさんが 万歩計を持っておられて、見せてもらった。11、000歩を越えていた。

        −−◎ケアマネージャー氏来訪。


    2005.11.23(水)勤労感謝の日  晴れ

        −−◎7時30分散歩、小学生おらず静か。

        −−◎祭日でデイサービスは休み。

        −−◎夕方は苧ヶ瀬の池へ散歩。


    2005.11.24(木) 晴れ 時々 曇り 小雨

        −−◎7時起き、トイレに誘導。7時30分朝の散歩。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(D)、10:00から11:59まで、

            晴れていたがだんだん曇ってきてちょっと寒かった。朝食は全部食べて元気良く散歩に。

            冬が近づいて 花が少なくなったが、軒下につるされた干し柿に目を止め、犬やねこに

            “おいで おいで”をしていた。

            室内ではキャッチボールや 手遊びをした。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(C)、13:30から15.29まで

            曇りの中 時々雨が降り出して寒い日だった。でも元気に「さくら〜」や「ひなまつり〜」と

            歌いながら少し遠出をして(朝の散歩の駅を通過してさらに先へ行き、朝の散歩の

            2倍くらい。時間は出て帰宅までに45分くらい)散歩しました。

            大きなザボンや 小さなキンカンを見つけて大変喜んでいた。興味を引かれるものを

            があると、2回目にそれを見て再度興味を示す。


    2005.11.25(金) 晴れ

        −−◎9時30分、デイサービスへ連れて行った。

            職員さんや他の人に 微笑みかけたり 体操の時職員さんの肩をポンとしたり、

            歌にあわせて手拍子を取ったりしていた。

        −−◎現在の状況。

            ○運動神経   きわめて普通に保たれている。→ボール投げ、受けなどが出来る。

            ○病気の自覚 わずかにある。→「わからへん」「だんだんダメになった。」とか

             「クシャクシャになってしまった。」「もう終わりやわ」と言っている。

            ○性格は健康時とほとんど変わっていない。「人格」というと論理的な保持が出来ない

             という意味では変化している。


    2005.11.26(土) 晴れ

        −−◎生協配送日。混線無し。

        −−◎喫茶「チボリ」へ行った。

        −−◎ボール投げをやった。

        −−◎同業のY氏が「自宅でも出来る仕事を」と下請け仕事を持って来てくれた。

            ありがたいことだ。


    2005.11.27(日) 晴れ

        −−◎7時に起し トイレへ。失禁無し(大の)

        −−◎田圃方面へ散歩。

        −−◎あとはいつものごとくニコニコ元気で変わりなし。

        −−◎どうでもいいことだが、漬物の小鉢が二階の棚の上の置時計の横に置いてあった。

            そのその棚は高さ60cmのものでペン立てやお土産の飾り物やいろいろ置いてあって

            意識して見ないと“異物”があっても気がつかない。一昨日の夜、洗い物をしていて、

            小鉢が一個 見当たらないなー と思いつつ 私の意識から消えていた。

            漬物は出した時の形のままそこにあったから 食べないうちに母さんが 一瞬の隙に

            持って来て置いたらしい。(笑い)。


    2005.11.28(月) 晴れ

        −−◎起してトイレへ連れて行く。きょうもうまく行った。

        −−◎7時30分、駅方面へ散歩。

        −−◎9時30分、デイサービスへ連れて行った。

            いつもにこやかな表情で居た。同じテーブルの人の肩に触れてスキンシップを図ろうとしたり

            した。ゲームの時に声を出して参加していた。

        −−◎岩戸公園へ散歩。紅葉の季節だ。

            楓は紅く、銀杏は黄色く、枯れたさくらの葉はだいだい色で、樫の木はこんもりと緑をそのまま保ち

            杉、檜は常に変わらず、夕陽を通して輝いていた。

            「赤い まっかや」と言ったり、銀杏の木の下では「わーっ きれい」と言っていた。


    2005.11.29(火) 朝方小雨 しだいにやみ 晴れ

        −−◎トイレに行く今日もOK。

        −−◎雨もポツポツ程度だったので散歩に行った。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(D)、10:00から11:59まで、

            この時間には雨は上がっていた。

            室内でボール投げを少しやった後は、気分は 外へ 外へと向いていて散歩を繰り返した。

            うたを歌ったり、突然「うふふっ」と笑ったり、目に付く看板の字を読んだりしていた。

            遠くの看板を読んだりするので、ヘルパーさんが「どの看板なのかな?」と探される場面も

            あった。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(C)、13:30から15.29まで

            昼からはちょっと風が出てきて、寒かったので 母さんは下ばかり見て歩いていた。

            吉野神社で手を合わせてお参りをしていたそうだ。神社での行動様式を覚えていたようだ。

            ヘルパーさんに夏みかんがなっていることを知らせたり、「手袋がある」と誰かが

            落としていったのを見て言い、立ち止まって見ていた。

        −−◎

    2005.11.30(水) 晴れ

        −−◎朝の散歩。

        −−◎9時30分、デイサービスへ連れて行った。

            「いつもの最高の笑顔で職員を楽しませてくださいます。」とのこと。

            飾ってあるクリスマスツリーに興味を持っていた。風船運びゲームに参加した。

            「笑い声が絶えず楽しまれているようでうれしく思いました。」とのこと。

            便座に座って排尿をした。

            今までトイレの中にはいるが よそのトイレにすわることはなかった。大きく前進した。

        −−◎そのあとは 岩戸公園へ散歩。冬になって午後4時には 公園内には日照がなくなった。

            上の方の山々は日に照らされている。

            

    2005.12.1(木) 晴れ

        −−◎ごみ出しの日。

        −−◎起きてトイレに連れて行く。出ていなかったので少し時間を経てからと思い10分ほど

            他用をしていて、15分後に点検すると、パンツの中に「大」あり。ジッ としているように言い

            使い捨てタオル雑巾(1枚=25円)を給湯のお湯で温め、パンツ、ズボンを脱がせ、

            拭いてやった。雑巾は4枚〜5枚使用する。紙パンツに ムヒベビー(湿疹予防の塗り薬)

            をぬり、はかせてやった。

        −−◎駅方面へ朝の散歩に行った。時間が7時45分ころで小学生はもう居なかった。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(D)、10:00から11:59まで、

            気持ちのよい暖かい日だった。

            紙パンツと上着を散り替えてもらい、散歩に連れて行ってもらった。

            私の方に来客があり、1時間以上続けて“散歩”をしてもらい、11時半ころから休憩にした。

            とても穏やかな天気で鼻歌が出たり、花やみかんに足をとどめたり空を見上げてニッコリ

            したりして楽しく歩いた。

            室内ではボール投げ遊びをやった。

        −−◎ヘルパーさん来訪日(C)、13:30から15.29まで

            昼からは風が出てきて歩き始めは「寒いー 寒いー」と言いながら歩いた。

            歩いているうちに納まり、「ひなまつり」や「さくら」や名のわからないもうひとつの歌などを

            ずーっと歌いながら歩き、木ノ下公園(我が家から2.2km)まで散歩に行った。

            普段行かない風景の中での新しい看板の字を読んだり、階段を数えて上り下りをしたり

            した。髪の毛を前の方へたらして「オバケー」とおどけたりしてヘルパーさんと楽しく

            お話して散歩してきた。

        −−◎たくさん歩いたので、夕方の散歩は行かなかった。

            夕ご飯の“ご飯”はいつもは1杯なのに、すぐなくなったのでお変わりを付けたらそれも

            全部食べた。


    2005.12.2(金) 晴れ

        −−◎9時30分 デイサービスへ連れて行った。

            椅子に掛けてすごすことが多かった。

            入浴後、席について うたた寝をしていた。

            朝ごはんもしっかり食べていったが、デイサービスでの昼ご飯も9割方食べていた。

        −−◎帰りには岩戸公園へ連れて行った。


    2005.12.3(土) 晴れ

        −−◎8時、朝の散歩。

        −−◎生協配送日。

        −−◎10時30分、喫茶「チボリ」へ行った。岩戸公園へ散歩。

        −−◎就寝時 午後10時の室温15℃。


    2005.12.4(日) 雨

        −−◎雨で 公園への散歩は行かなかった。

            テレビを見たり、歌を歌ったりしていた。


    2005.12.5(月) 曇り

        −−◎デイサービスへ連れて行った。


    2005.12.6(火) 夕方から雪

        −−◎ヘルパーさん来訪日(D)、10:00から11:59まで、

        −−◎ヘルパーさん来訪日(C)、13:30から15.29まで


    2005.12.7(水) 晴れ

        −−◎県立病院診察日。

        −−◎そのあと、デイサービスへ連れていった。


    2005.12.8(木) 晴れ

        −−◎(※読者の皆様、記入をしていなくてすみません。本人はニコニコ元気でいます。)

        −−◎ヘルパーさん来訪日(D)、10:00から11:59まで、

        −−◎ヘルパーさん来訪日(C)、13:30から15.29まで


    2005.12.9(金) 晴れ 曇り

        −−◎9時30分デイサービスに連れて行った。機嫌はよかった。


    2005.12.10(土) 晴れ

        −−◎生協配送日。

        −−◎喫茶「チボリ」へ行った。ウエィトレスが運んできた時「ありがとう」と言った。


    2005.12.11(日) (予定=)

    2005.12.12(月) 曇り

        −−◎デイサービスに連れて行った。機嫌よく過ごした。

        −−◎家で鏡を見て手で髪の毛をなでていた。

    2005.12.13(火) (予定=ヘルパーさん来訪日 午前+午後)

    2005.12.14(水) (予定=)


2005.12.15(木) (予定=ヘルパーさん来訪日 午前+午後)