月毎変化のまとめ01へ戻る...    最初に戻る  * 現在の日記に戻る  *  * ←前の期間に戻る   *  * 次の期間に行く→  *  *

日記Ynas0106


2001.05.24(木)
       朝のうち元気がなかった。みどり病院へ行き、リハビリのお絵かきをやり始めたら

      普通に戻った。


2001.05.25(金)
      本日は勝手に休業日、市内をドライブ。ちょっとそれて武芸川、洞戸、美濃市へ

      と新緑鑑賞の旅に行った。

2001.05.26(土)
      今朝の 朝おきは普通だった。(早朝の沈み込みは今朝はなかった)

      本日、お客さんは3人


2001.05.27(日)
      本日 朝の気分悪し、徘徊は 一度戻ってきて再度出て行き都合2回。いずれ

      も10分程度


2001.05.28(月)
      本日も 朝から気分悪し、6時30分起床。朝食作りは野菜切り、キウイフ

      ルーツの皮むきなど。7時20分 徘徊に出る 7時40分戻る。

       9時ぐらいから元気になった。かたずけ、洗濯など一緒にやった。

      定休日なので、店は休日。私の仕事に得意先へ付いていった。

         風呂に入りたがらないので、このごろは週2回としている。毎日言っていて

      も結果的に週2回になってしまうのだが・・・。今夜も失敗。(明日という日があるさ)


2001.05.29(火)
      本日も朝からトーンが低め (無口、私が特に話しかけないと下向き加減で椅子

      に座っている)。7時5分頃徘徊する前に散歩に誘い出して20分ほど歩いてきた。

      自分からの徘徊はなし。

       一緒に洗濯干しなどもした。美容院の店は営業、客人はなかった。

      昼食の用意の時に、豆腐をケースから出そうとして、シュルシュルーと中の水か

      飛んだ。噴水のようだと言って笑った。「ちょっと見てみい」と私に見せながら

      側面を押さえて笑いながら中の水を飛ばしていた。

       トーンが低い時の内面は、「心が沈んでいる」ときと、「やることを何も考え

      つかないので沈んでいるように見える」ときとがあるようだ。きょうの場合は後

      者。「心が沈んでいる」のなら一緒に洗濯や食事の用意などすることはないし、

      面白い物を見つけて笑うと言うようなことはない。

       夕食後 明日のご飯のためにお米をかして電気釜をセットした。自発的にやっ

      たのは近頃にないことだ。


2001.05.30(水)
      みどり病院の診察日。朝 寝起きが悪いことと、手足のむくみについて報告。次

      回診察日までにまでに「尿検査」をすることになった。午後1時間ほど店を開いて

      いたが誰も来なかったので閉めた。午後から私の作業服をカーマで買ってきた。


2001.05.31(木)
       今朝はそれほど沈み込んでもいなかった。私の作業服を昨日買ってきたことを覚えていた。

      みどり病院で9時からリハビリ。本日は休業日。私の仕事について得意先へ行っ

      た。昼から洞戸方面へドライブ。


2001.06.01(金)
      昼ごろから気分が悪くなって、「うちへ帰る」と言いだしたので、本巣のおばあ

      ちゃんのうちへ行って、冷やしラーメンを食べて帰ってきた。

      店はとしこさんに留守番をしてもらって。


2001.06.02(土)
      次用


2001.06.03(日)
      午前中から徘徊2回「としこさんが私の仕事を取ってやってしまう」と言う


2001.06.05(火)
       母さんに、病気のことについて、話してあげた。時遅しかも知れないが、

      意味のわかるうちに言うべきだと私が決心したからだ。

       「この病気は物忘れがひどくなって、しだいにものがわからなくなり、手足も

      不自由になっていくこと、努力によって、現在の状態を保っていくことが

      出来ること。自分でものが言えるうちに行きたいところに行き食べたいものを

      食べやってみたいと思うことをやってみる。

       自分がこういう風に生きていたのだという足跡を残してほしい。」


2001.06.06(水)
      朝 目覚めの時の振るえは無かったが、私が朝食の用意

      をしていると傍らで立って泣き始めた。10分ぐらい炊事の手を休めて

       なぐさめていた。「いややもの」ということと「こわいよー」と言って

      いるのは解ったが ほかは泣いているので言葉が解らなかった。ちょっと

      外へ連れて行ってやった。帰ってきてまた泣いた。朝ご飯も食べないで泣

      いた。

      県立病院へ診察、昼から本巣のおばあちゃんの家へ、道の駅「織部の里」

      へよった。5時すきていたので、閉まっていた。トイレのみ利用。

2001.06.07(木)
      今朝も起きがけに泣いた。 9時 みどり病院でリハビリテイション。昼から長良川の源流をたず

      ねて、美濃市、美並村へ出かけた


2001.06.08(金)
      今朝も泣いた。「訳がわからんようになるのが恐い」

      と言う気持ちのようだった。


2001.06.09(土)
      今朝も起きがけに泣いた。

      塚原遺跡を見学してきた。


2001.06.10(日)
      今朝も起きがけに泣いた。

      ひるがのの分水嶺を見学

       帰りの途中UCCコーヒーを売っている 田中さんに逢った。

       軽4輪の車が、後から追いついてきたので道を譲ろうと左によりスピード

      を緩めたが追い抜いて行かなかった。さらにスピードを緩めたが追い抜かな

      かったので左寄りに停車した。するとその車も私の右側で停車した。よく見

      るとUCCコーヒーを売っている 田中さんだった。「やー今日はこれは珍

      しいところで」と大声で挨拶。田中さんは同年輩の人2人と同乗だった。田

      中氏は「車にコンピュータと書いてあったから解ったので付いてきたのや」

      と言った。私は「分水嶺を見に行った」ことを話し、田中氏は「連れと、知

      人の持っている山へ山菜取りに行ったのや」と話していた。母さんも知って

      いる人に逢ったのでニコニコしていた。店意外ではあったことのない人とこ

      こで逢うとは、とても確率の少ないことに、出くわしたという意味で記録し

      た。


2001.06.11(月)
      今朝も起きがけに「死ぬのが恐い」と言って泣いた。

      未明3時半ごろから少しずつ泣いて5時半から6時半まで大きく泣き続けた。

      このまま毎日、毎日泣き続けるのだろうか。7時頃に治って洗濯を干した。

      本日は快晴でからっとした天気だった。晴れの日のときが雨の日より機嫌がよい

      リハビリの後、美濃白川へ


2001.06.12(火)
      今朝は ふとんの中で 小さく泣いていた。唸るのと区別でき

      ない声で...


2001.06.13(水)
      今朝は起きがけに泣かなかった。

      母さんは今まで、自分の気持ちを日記などで表現する習慣もなかった。

      とうとうと自己主張する習慣もなかった。

      「いややもの」 ということと 「こわいよー」だけですべての恐ろし

      さを表しているのだ。

      6日〜12日まで毎日泣き続けていたことがその深さを表している。

2001.06.14(木)
       文を学校へ送っていく時、車の中で あやが「ティシュを取って」と

      言うので箱ごと取ってあげたら必要な分だけ取って その箱を投げ返したので急に

      母さんの機嫌が悪くなった。

      文は1枚とっほしかったのに、母さんは箱ごと取ってやった。母さんは

      箱を投げ返されたので何か言いたかったが言えなかったのでふくらんだ。その場

      に適切な言葉か思いつかなかったからだ。通常でも言葉が思いつかないのに、病気

      の進行でなおのことか。

       アルツハイマー病

      一つの物忘れが、原因で次の結果を呼ぶ。物忘れに対する患者自身の通常の態度が

      奇異に見える。いらいらも、沈み込みも、怒りも、恐れも、通常の反応である。

      補助者が適正に介助すればすべてうまく回転する。

       介護者の事情家庭の条件などがあってそうは簡単にいかないために混乱が起こる。

      一人に一人の介護者、一人に2人の介護者が付いていると、患者にとってはかなり

      快適な気分でいられる。

       その場合でも治ると言うところまでは行かない。限定された寿命の、病の軽度

      の時をよりよく生きて、この世で得た「生きた命」をまっとうすることが出来ると

      言うことである。ここで言う「生きた命」とは、自己の意思表示と行動意欲を持っ

      て行動できる状態を言う。

       ところで。「一人に一人の介護者、一人に2人の介護者が付いている」と言う

      ことになると介護者の人権、生き甲斐、人生の目的といった物は何なんだろう。

      介護者が社会的階層となるような事態の時のことである。家庭においても、

      その病気に対する、許容と家計によって、その処遇が決定される。

       国家においても、国民の病気に対する、理解と介護の許容、生産力の発展が

      その処遇の内容を決定する。

       人口の何パーセントまでのアルツハイマー病患者を許容が出来るかという問題が発生する。


2001.06.15(金)
      朝目覚めのときのうなされるのは無かった。その代わりというか 昼食

      は2回食べた。夕食後、スーパーのおつとめ品をねらって買い物に行った。

      戻ってきて念のために

      「夕御飯食べた?」と聞いたら

      「さっき食べた」と言った。

      二階で洗濯の整理を一緒にして、雑用をしていると母さんは下へ降りて

      行って、戻ってきて

      「もう事務所は誰もいなかったよ、帰ってしまったらしくて」と言った。

      帰ったも何も 事務所のコンピュータの仕事は私一人でやっているのだか

      ら居るはずもない。

      「あ そうだった。」と 明るく笑顔で答えるのみ。

      美容院の方は それでも今日はお手伝いの人とともにお客さんを4人対応した。

      来て下さる人は古くからの友人に近い人たちばかりだ


2001.06.16(土)
      か快気分


2001.06.17(日)
      第3日曜で母さん 美容院の店休み。朝は快調

      美濃白川のクオーレの里を見物、更に2キロほどはいった所にある

      歴史資料館を見物してきた。途中で県立白川高校の位置を確認してきた。

      ずいぶん坂の上の方にあった。黒川は釣り人でいっぱいだった




2001.06.18(月)
      本日は、ふるえも 泣くこともなく起きた。 母さん定休日で休み。みどり病院でリハビリ


2001.06.19(火)
      変わりなし 昼からどしゃ降り。私4時間ほど昼寝した。


2001.06.20(水)
      娘学校休む。母さん 朝から 腹が気持ち悪かった。気持ち悪いの

      表現の程度はいつもよりかなり強かった。(痛くはないらしい)。腹の件

      とは別件で岐阜県立病院で漢方の薬もらってきた。その後午前中は寝ていた。

      「ううっ」とこみ上げるような、発作のような状態だった。

      9時30分から夕方まで6〜7回あった。しまいほど軽くなっていった。


2001.06.21(木)
      みどり病院リハビリ。本日は2回「気持ち悪い」の発作あり

       娘 北高の赤本の部屋にノートを忘れ取りに行った。

      午後6時40分頃 おくやんがいた。


2001.06.20(水)
      娘学校休む。母さん 朝から 腹が気持ち悪かった。気持ち悪いの

      表現の程度はいつもよりかなり強かった。(痛くはないらしい)。腹の件

      とは別件で岐阜県立病院で漢方の薬もらってきた。その後午前中は寝ていた。

      「ううっ」とこみ上げるような、発作のような状態だった。

      9時30分から夕方まで6〜7回あった。しまいほど軽くなっていった。


2001.06.21(木)
      みどり病院リハビリ。本日は2回「気持ち悪い」の発作あり

       娘 北高の赤本の部屋にノートを忘れ取りに行った。

      午後6時40分頃 おくやんがいた。


2001.06.22(金)
      店を 姉さんに留守番してもらい 私の仕事についてメーホーと丸長へ行った。

      娘 本日もまた 忘れ物 傘 午後6時20分

      母さん「気持ち悪い」は2回 程度は軽い。


2001.06.23(土)
      あや 代ゼミへ一人で行き手続きしてきた。

      カーマへ ピンクのボールペンと消しゴム買いに行く。


2001.06.24(日)
       一宮のカルコスへ行って来た。


2001.06.25(月)
      次日用


2001.06.26(火)
      次日用


2001.06.27(水)
      みどり病院、診察。尿検査、蛋白 糖分 異常なし とのこと。


2001.06.28(木)
      久しぶりにボーリング 母さん149点


2001.06.29(金)
      「そんごくう」にて ラーメンを食べてきた。

2001.06.30(土)
      夜、カルコス の本屋へ行った。


(このページの上へ戻る)


月毎変化のまとめ00へ戻る...   最初に戻る  * 現在の日記に戻る  *  * ←前の期間に戻る   *  * 次の期間に行く→  *  *