介護日記 毎年の変化まとめ yasu41
――年  目  次――
最初に戻る近頃の日記に戻る..

ここの 「0000年」をクリックして先に進むと その年の12ケ月分の状況が出てきます。
さらに「月」に進むと3ケ月分ずつ (2008年以後は1年分ずつ) まとめた日記に進みます。
ここから入って表示される「日記」は古い日付が上で新しい日付が下欄に付け加えられるようになっています。

症状の現れについては1998年から2011年の間をご覧ください。                                   
年↓この欄をクリック 発症後年 本人年齢   様   子      
記録1998年 0年 54歳 ○物忘れがあり、どの病気でそれが起っているかわからず本人も病院へ 積極的に行った。治る病気と治癒困難な病気とでは先々の見通し化違ってくる。私も原因を早く知りたいと思った。 病名 未確定。   物忘れが良くあり

自立
前期
記録1999年  発症後1年 55歳 ○7月PET検査の結果アルツハイマー病と診断。
○本人も原因を知りたいと積極的にあちこちの 病院へ行き結果を知りたいと言うので病名を知らせた。○仕事(営業)継続
若年認知症と診断

自立








記録2000年  発症後2年 56歳 ○朝起きる前に泣いたり唸ったりすること多し、
○物忘れも多くなり、人物を間違えること多くなった。
○お絵かきのリハビリや 1日1時間以上の散歩は継続中。
○日常生活をなるべく自分でやるよう仕向けた。
○営業日減らし時間短縮し仕事(営業)継続           
毎朝、恐怖を感じて泣く

自立  
記録2001年  発症後3年 57歳 ○「どうして私ばかりこんな病気になったの」としきりに言っている。
○お正月は山陰地方へ旅行 元旦にホテルと言う名の旅館に泊まったら2日にお正月のお料理を出してくれて3人で楽しく頂いた。
○この年は 車であちこちに連れて行ってあげた。
○仕事(美容院)を継続していたが12月2日で営業中止とした
車に乗って気晴らし。
日常生活できる。
自立

仕事(営業)中止。  
記録2002年  発症後4年 58歳 ○介護保険受給認定。要介護3
○一人にしておけず私の介護生活予感
○デイサービス 適合ヵ所打診中 ○起きたすぐあとは行動力弱し ○お絵かきリハビリ ○ボーリングなど行く ○車でドライブ
介護保険受給認定
自立
一部介助

要介護3  
記録2003年  発症後5年 59歳 ○「怖い 怖い」と言うが以前ほど興奮せず気分は穏やか。
○外出志向強く注意怠ると行方不明 になる可能性あり。
○TBSテレビ取材来訪(3/5放送)
○本人が楽しいと思うこと ドライブ 散歩 お絵かき ボーリング 室内ボール遊び 食品 衣料品 スーパー買い物(見学)などを一緒にやった。
○8月からデイサービス依頼。
気分安定。好き事を好きな様に
自立
一部介助

要介護4


















記録2004年  発症後6年 60歳 ○泣くことは無くなり気持ちは穏やかになってきているが身の回りの 作業を自分からやることが出来なくなってきた(手伝えば出来る)  ○障害者1級福祉手帳交付
○日経新聞取材来訪(2/24夕刊掲載)
○風呂はデイサービスで這入るようになってきた。
○デイサービス週1回、訪問介護週2回。
気分安定
自立
一部介助
障がい福祉手帳交付

要介護5  
記録2005年  発症後7年 61歳 ○靖子さんは少し手伝えば生活でき、本人は楽しい気分でニコニコしてい て、介護者(私)はやることはいっぱいあるが、靖子さんとの気分的ストレスは無い。
○日テレ、フジテレビなど取材来訪。
○デイサービスと訪問介護継続
気分安定、ニコニコ笑顔

一部介助  
記録2006年  発症後8年 62歳 ○日々笑顔で過ごす。デイサービスと訪問介護継続。
○あちこちドライブに行った。
○この おだやかさと笑顔がずーっとつづけは良いと思った。
デイサービスで若手アイドル?

一部介助  
記録2007年  発症後9年 63歳 ○穏やかで笑顔で 身の回りの世話も素直に応じてこちらに合わせて動いてくれて 時に「すみませんねー」などと言うので放っておくわけにいかなくなる。 おだやかに過ごす

一部介助  
記録2008年から2010年まで  発症後
10年から12年
64歳から66歳 2008年 あんかで足を火傷 以来立ち上がり、歩行がちょっとだけ困難になった。移動支援開始

2009年 デイサービス(月・火・金・土)、訪問介護(水・木)県立病院月1回、歯科2ケ月に1回

2010年 デイサービスでも可愛がられ、幸せ気分でニコニコ過ごす。訪問リハビリ開始、体が固化しないよう動きやすくするため
デイサービスでも訪問介護でも笑顔で介護を受け 幸せ気分で過ごす。

一部介助  
記録2011年から2012年まで 発症後13年から14年 67歳から69歳 2011年 11月頃から歩行がやや困難となった。

2012年○4月歩行が極めて困難となり車椅子で散歩。
  ○NHKテレビ取材来訪。
  ○6月(実際は5月29日)から特別養護老人ホームへ入居。
   毎日私がホームへ通った。
  ○県立病院、歯科は私が連れて行き、外部からの先生に頼
   みリハビリに来てもらった。

※2013年○前年に引き続き特養ホームで過ごす。
2013年の記事は無し。病院、歯科、リハビリは継続

歩行困難に会話も困難本人の意思は勘で察知し介護者は目付き手振りで伝える

2012/6から「特養ホーム」
全面介助





ここまでが↑自宅介護の時期 ↓ここからが特養ホームに入居後
   
記録2014年から2015年  発症後17年 70歳から71歳  2014年○日記再開

2015年
○特別養護老人ホームへ入居中
○病院等は連れて行っている。
歩行・会話も困難に。意思疎通は動作と感性が頼り。
「特養ホーム」
歩行・会話も困難

全面介助



期  
記録2016年  18年 72歳  2016年
○特別養護老人ホームへ入居中  ○病院等は連れて行っている。
食事中むせることあり。誤嚥多し。12月嚥下検査→呑み込めるが液体が肺への流入有り。胃瘻を設置   
「特養ホーム」
誤嚥多し。
胃瘻設置

全面介助  
☆2017年の日記は現在の日記で記載中であり、↓ここから戻ってください。       .

近頃の日記に戻る..





-