2018年1月からの日記です。(新しい日付が上段 古い日付は順次↓下段方向へ)−−− (右側外枠の ∨ Λでスライド) →

2018.8.19()  晴れ 湿度 53%
    −−◎本日の最高気温は @福岡県 久留米市      35.6℃

                      A大分県 日田市 三本松  35.5℃

        全国で 猛暑日(35℃以上)は 6地点  真夏日(30℃以上)は254地点。 (;^o^;) 

    −−◎昨晩は お掃除作業で疲れていて早く寝た。

       今朝は早く目覚め起床後の朝の諸事を済ませて散歩に出た。日陰が多く日射しも雲に隠れたり出たり

       かすかな風が流れていた。

    −−◎食品スーパーでは このごろ調理して食べる寸前になった冷凍食品が売られている。以前は里芋とか

        いんげんなど生の物が多かった。それを真似て作り1回分相当に小分けしてラップに包み冷凍した。

        だいたい2時間かかった。時間のゆとりがある時にまた別の種類を作って冷凍しておく。一人一っ回分

        の煮物など作りにくいし、昼食など時間の少ない時に便利だ。


2018.8.18() 晴れ 湿度 51%
    −−◎本日の最高気温は @大分県 日田市  三本松  34.6℃

                      A福岡県 久留米市       34.3℃

        全国で 猛暑日(35℃以上)は 0地点  真夏日(30℃以上)は180地点。 (;^o^;) 

    −−◎田舎のばあさん(靖子さんの母)の家の点検清掃をしてきた。清掃と言ってももともときれいなもの

       だから ほこりを拭く程度だった。


2018.8.17(金)  晴れ 湿度 44%
    −−◎本日の最高気温は @熊本県 熊本市           34.9℃

                      A熊本県 玉名市 岱明(タイメイ)町 34.2℃

        全国で 猛暑日(35℃以上)は 0地点  真夏日(30℃以上)は224地点。 (;^o^;) 

        猛暑日になったところはなくなった。

    −−◎アメリカの300以上の新聞は トランプ氏が 政権に批判的な報道に対して 「フェイク(偽)ニュース」

       と言い 報道機関に対する 国民の信頼を損なうような言動を繰り返していることに対して、

       「言論の自由」に対する危機感を訴えた。「不都合な真実を偽ニュースと断罪するのは民族主義を危機に

       さらすことになり、真実を伝えるジャーナリストを『国民の敵』と呼んでいるのは危険だ」と訴えた。

       真実をフェイクニュースと呼んだり、国民の敵と非難を繰り返しているトランプ氏に対して アメリカの

       多数の新聞が報道の自由を訴えた。

        

2018.8.16(木)  晴れ 湿度 64%
    −−◎本日の最高気温は @大分県 日田市  三本松     35.4℃

                      A熊本県 玉名市 岱明(タイメイ)町 35.3℃

        全国で 猛暑日(35℃以上)は 3地点  真夏日(30℃以上)は332地点。 (;^o^;) 

        猛暑日がだんだん少なくなってきた。

    −−◎5月に運転免許の講習があったが 免許と言えば20歳代に取ったころ 「将来はお抱え運転手か

        自動車が“自動運転”になっているから それまでの つなぎでね」などと冗談を言っていたが

        どちらも いまだ到来せず つなぎで継続している。(^O^)/


2018.8.15(水)  雨 湿度 75%
    −−◎本日の最高気温は @富山県 富山市     38.3℃

                      A福井県坂井市三国町 37.0℃

        全国で 猛暑日(35℃以上)は 48地点  真夏日(30℃以上)は484地点。 (;^o^;)

    −−◎サマータイム(時刻を1時間早くする)

        オリンピック目指してその時期だけヨーロッパ系外国人に合わせてサマータイムにしようとの話が出ている

        ようだが、私の生活のリズムからすると体調が乱れるので余計なことをしないでもらいたい。

    −−◎隊長「あの子どこへ行ってしまったのかネー、里帰りして、ちょっと 

        している間に居なくなってしまって」

        A「何も食べなくて もう2晩も夜をすごして 雨は降らなかったの

         かな、夜は おばけ も出るかもしれないし 蚊に刺されたり」

        C「いつもそばにいるお母さんが どうしてここにいないんだ と思っ

         たりしてね」

        B「あっ おじさんに見つけられて助けられたって..あめ玉..」

        隊長「ちょっと静かにして 今やってるから...そうか 良かった

           よかった」


2018.8.14(火)  晴れ 湿度 63%
    −−◎本日の最高気温は @福岡県 久留米市  38.7℃

                      A兵庫県 豊岡市   39.5℃

        全国で 猛暑日(35℃以上)は 187地点  真夏日(30℃以上)は674地点。 (;^o^;)

      −−◎自民党の総裁選挙。 安倍氏は「憲法」の国民にとっては改悪をとなえ、他方 石破氏は 「緊急事態法」

        で臨んでいる。緊急事態法は 「災害時にことを早く処理するため」と言っているが本当の狙いは

        別にある。ヒトラーが「非常事態法」で権力を一手に掌握し民主的なワイマール憲法を骨抜きにし

        ヒトラー独裁体制を作り上げる元となった法律そのものである。どちらをとっても国民にとっては

        好ましくないことである。ここ数年 自民党政権は国民の疑念を解明せず 世論調査の結果などとは

        反対の方向の政策を推し進めている。野党が力を合わせて国民世論の方向に進めてもらいたい。

    −−◎あしたは終戦の日である。生の戦争というものは かっこいいものではない。戦うことに押しやられて

        若い兵隊が南方のジャングルの中や北方厳寒の地で死に追いやられたのが実態であり、内地では

        空襲の恐怖と一家離散や生活苦に追いやられたのが実態である。このような戦争を再び起こしてはならない。

        国と国との問題は、平和の国民世論と外交交渉で解決すべきである。


2018.8.13(月)  晴れ 湿度 65%
    −−◎お盆

        8月13日 迎え火 〜 8月16日 送り火。 お正月と違って全国一斉ではなく 地方によって

        7月13日あたりから 8月24日の間の日を決めてお盆があるようだ。

        靖子さんが店をやっていたころは 盆・正月は忙しく仕事をしていて 今もその感覚があって

        お休みして何をするか とっさに思いつかない。冷房の中でゆったりのんびりと過ごす。(^O^)/

    −−◎本日の最高気温は @大分県 日田市二本松 39.9℃

                      A福岡県 久留米市    39.5℃

        全国で 猛暑日(35℃以上)は 155地点  真夏日(30℃以上)は581地点。 (;^o^;) まだまだ暑い日は続く

    −−◎午後7時45分 雷あり(雷のみで雨は降らず)。稲光と雷鳴が響いた。

        近くに落ちたらしく、光と同時に大きな音がした。

2018.8.12()  晴れ 湿度 68%
    −−◎本日の最高気温は @大分県 日田市二本松 39.1℃

                      A長崎県 大村市     38.7℃

        全国で 猛暑日(35℃以上)は 121地点  真夏日(30℃以上)は541地点。 (;^o^;) 

    −−◎たぬきの死にまね

        たぬきが 天敵に遭遇した時 戦うこともできず 逃げられもしない時に 「固まってしまう」事があり、

        それを「たぬきの死にまね」と言うそうだ。意識して死にまねをしているのでなく内部の神経作用で

        そのようになるのだとのこと。

        人間にもそれがある。例えば病院で「胃カメラ」をやろうと言われて、それを実力行使で押しのける行動もできず

        逃げることも出来ない時(状況を知るためには検査をしてもらわなければならないとの意識で) 鼓動は高まるが

        じっとして検査作業を待っている状態がたぬきの死にまねに似ているそうだ。

    −−◎夢

        人が大ぜいいる 展示会のような催し物に行っていた。

        「飲み物は好きなものを取ってください」と呼び掛けていた。

        お茶や、ジュースや、コーヒーやらいろいろあり ラムネがあったのでそれを取り 備え付けの栓とりで

        丸い球を押し空けて飲んだ。まだ飲み足らず−−ジュースか お茶か 甘いものはかえってまた飲みたくなる

        緑茶にするか−−と手に取ろうとしたところで目が覚めた。窓の外に朝日が差していた。

         目覚めてから思い返すと ラムネは500mlのビンで、その中で−−このごろ一回の飲む量が増えて500ml

        のも出てきたのだな−−などと 夢の中では何の不思議も感じていなかったようだった。

         だいたい 500mlのラムネなどという物は市場に無いし メーカーでそんなものを作ろうという気配もない。

        それに500mlともなると 内圧が高くなり 開栓時にビンが壊れないよう 分厚いペットボトルでないと

        だめだろう、などとは考えもしなかった。それにラムネを一本飲んでいるのに続けてお茶を飲もうとすることも

        不自然だが 実際には飲んでいないので 渇きの反映だろう。「夢」とは現実の記憶の断片と 深奥の夢想とが

        絡み合って映し出されてくるイメージのようだ。


2018.8.11() 晴れ 湿度 50%
    −−◎雑貨スーパーで A4×60Pocket のクリアファイルを綴じたもの買ってきた。私が病院行ってきた時

        もらってくる血液検査やその他のデータが前後を比較するため残してあった。たまってきたので捨てようか

        と思ったが 「待てよ、何かの参考資料になるかも知れない」と日付順に綴じて 置くことにした。

        予想したより時間がかかったが 頭の中も整理された気分になった。評価はその内に記載。

    −−◎生協荷受け。洗濯機の掃除(カスのようなものを 洗剤をつけてふき取り水を掛けて流した。)

    −−◎本日の最高気温は @岐阜県 多治見市    39.1℃

                      A愛知県 名古屋市    38.2℃

        全国で 猛暑日(35℃以上)は 92地点  真夏日(30℃以上)は512地点。 (;^o^;) 

         (メモ) 2016年6月19日の記事のフランス語の

         既視感=de javu(デジャヴュ)と記したのは

         既視感=DEJA ―VU=デジャ・ビュー。(ワープロの関係でフランス語表記が出来ませんが..)でした。


2018.8.10(金)  晴れ 湿度 56%
    −−◎本日の最高気温は @岐阜県 岐阜市     37.3℃

                      A大分県日田市二本松  37.2℃

        全国で 猛暑日(35℃以上)は 81地点  真夏日(30℃以上)は611地点。 (;^o^;) 

    −−◎昨日 9日は 長崎に原爆が落とされた日。長崎市で平和式典が開かれ田上長崎市長は 日本政府に

        「核兵器禁止条約に賛同し、世界を非核化に導く道義的責任を果たすことを求める」との平和宣言を発した。

    −−◎靖子さんの介護保険の更新を申請していたところ 過日調査があり、本日新しい被保険者証が送られてきた。

        現状を継続し要介護5で認定されていた。


2018.8.9(木)  晴れ 湿度 57%
    −−◎本日の最高気温は @岐阜県下呂市金山 38.7℃

                      @岐阜県郡上市八幡 38.7℃

        全国で 猛暑日(35℃以上)は 57地点  真夏日(30℃以上)は512地点。 (;^o^;) 

    −−◎あさがおの花が なぜか少ししか咲かない。横2m 縦1.5mにつると葉っぱは大きく広がって伸びてきて

        いるのに...。

    −−◎暑さを避けて日中は外出せず。


2018.8.8(金)  晴れ 湿度 41%
    −−◎早朝散歩。 気温は早朝には低く湿度も下がっていて微風ありで気分爽快だった。

    −−◎私が9時に内科検診。コレストロールが高めで、骨密度が低くなっているので注意とのこと。

    −−◎帰ってきて業務開始。

    −−◎本日の最高気温は @岐阜県 美濃市     41.0℃

                      A岐阜県 下呂市金山  40.5℃、だった。

        全国で 猛暑日(35℃以上)は 75地点  真夏日(30℃以上)は432地点。 (;^o^;) 


2018.8.7(火)  立秋  曇り 午後から 晴れ  湿度 58%
    −−◎昨晩「よし 明日の朝は早く起きて 暑くならないうちに散歩にいくぞ」と今朝6時ちょっと前に起きた。

        空もようを見ると 曇り空、こんなことなら7時過ぎでも良かったか と思ったが 起きてしまったからには

        もう一度寝ることもできない。すぐに出て駅まで行って戻り20数分歩いてきた。散歩に行った日はその日の

        足取りが軽く、散歩を休んだ日は重い感じがする。それに散歩も種々の生活作業と同列に組み込まれていて

        行かないと「まだ行っていない」と気分に引っ掛かりが出来る。「あれは済ませた」「これも終わった」の中の

        「あれ」か「これ」かなっている。

    −−◎本日の最高気温は @福岡県 久留米市  37.6℃

                      A愛媛県 松山市   37.4℃、だった。

        全国で 猛暑日(35℃以上)は 76地点  真夏日(30℃以上)は391地点。 

        昨日より少なくなった。

        当地方も昨日より6℃低かった。 (;^o^;)

        ○○○○お話し○○○○

        暦の神様  「暑井くん 昨日言っていたことをちゃんとやってくれてありがとうよ」

        暑いの神様 「そりゃーもう 暦の大神様の顔をつぶすようなことをしませんよ」

        暦の神様  「世間に知らせた 立秋 だからね これがはずれてしまうと 人間どもますますわしを

                信用しなくなってしまう。」

        暑いの神様 −−明日は また 暑くするのや−−

        野分の神 「この間は反対から飛んで行ってやった。このごろ雨の神が悪者妖怪につかまって

                いじめられているそうだよ」

        暦の神様 「なんだと すぐ助けて来なくては 放っておくとまた大雨が降る」

        野分の神 −−実は13号を仕掛けているんだけどネ....−−

        ○○○○

     

2018.8.6(月)  晴れ 湿度 49%
    −−◎本日の最高気温は @岐阜県 下呂市金山 41.0℃

                      A岐阜県 多治見市  40.4℃、だった。

        全国で 猛暑日(35℃以上)は177地点  真夏日(30℃以上)は534地点。 (;^o^;)

    −−◎広島市で 8月5日 「原水爆禁止世界大会・広島」が開かれた。

        参加者から「日本は被爆国として真っ先に核兵器禁止条約に署名・批准すべきだ」などの声が出された。

        「核兵器のない 平和に世界を実現しよう」と訴えた。

        8月6日 広島市で「平和記念式典」が開催され、松井広島市長は「核兵器禁止条約はすでに出来上がり、

        一歩進んで批准に向けた流れがある。」としたうえで 日本政府に対して 「核兵器のない平和な世界実現の

        ため その役割を果たせ」と訴えました。

    −−◎眼科検診。今回は3月に治療し 前回(去年)と比べて安定化が長引いていたが5ケ月経ってようやく

       落ち着いてきた。

       先生は 「あとは 1ヶ月に一回でいいよ、もし 支障が出たようでしたらそれを待たず来てください」と。

       眼は 両眼治療したが それ以前と比べて よく見えるようになった。事務所の黒板(グリーン)に貼ってある

       電話番号のプリントメモ (縦8mm×横6mmの数字の横並び)が 1m60pの距離から見た時 以前には

       見にくかったが よく見えるようになった。以前は新聞の画数の多い漢字が雲を被ったようでぼけていたが

       明瞭に見えるようになった。(^O^)/

2018.8.5()  晴れ 湿度 52%
    −−◎本日の最高気温は @愛知県 名古屋市  39.9℃

                      A岐阜県 郡上八幡  39.7℃、だった。

        全国で 猛暑日(35℃以上)は256地点  真夏日(30℃以上)は639地点。 (;^o^;)

    −−◎ 二階の部屋は午後には40℃を超す。暗くなって少ししてから窓を開け放し風を通し就寝30分前に

        冷房を入れておく。

         私の存在空間である事務所は 午後に冷房無しの状態で測ったことはないが 38℃くらいになるだろうが、

        冷房はない。炊事場と続きで事務所から見えるところに冷房があり風をこちらに向けて部屋の境目に扇風機を

        置くと涼しい空気が廻ってくる。リモコンの設定温度は24℃だが事務所の実測気温は26℃〜27℃と言うのも

        ディスクトップパソコンが数台で"熱"を放っているせいである。

         ふと ここが宇宙船の中だったら どうなってしまうだろう と思うことがある。外界温が40℃で気温調整装置

        によって温度が保たれているがそれが壊れてしまったら 「宇宙船の気温装置故障のため熱中症にかかった

        と思われる」などと報道されて一巻の終わりである。(^O^)/..

         でも地球上だから大丈夫、冷房は直しに来てくれるし、7月18日には取り換えてもらったし。


2018.8.4() 晴れ 湿度 53%
    −−◎東京医科大学が 一般入試の女子受験者を密かに一律に減点していた(複数の報道)。

        受験した女子受験者にとっては予期せぬ門を通過させられ一部の人がふるい落とされたことになる。

        考えもせず"対等"だと思っていた人にとっては衝撃的な不当な出来事である。

        東京医科大学は 女性医師や研究者の育児と仕事の両立を支える国の事業に選ばれ8000万円の

        補助金を受けていた。補助金があろうとなかろうと入試は厳正対等であるべきなのに「女性活躍」の補助を

        受けていたので 一層厳正対等であるべきである。密かに(受験生に知らせず)一律減点していたとは

        容認できないことである。男子の最低点と同等以上の人には入学措置を取り「女性活躍」に貢献すべきだろう。

    −−◎本日の最高気温は @岐阜県 美濃市 38.7℃

                      A兵庫県 一宮  38.5℃、だった。

        全国で 猛暑日(35℃以上)は201地点  真夏日(30℃以上)は658地点。 (;^o^;)


2018.8.3(金)  晴れ 湿度 60%
    −−◎早めに起きて散歩。日射しは結構強いが日中ほどでもない。それに早朝は家々の日陰があって涼しい。

    −−◎本日の最高気温は 岐阜県 美濃市 と 愛知県 名古屋市 の2ヶ所 40.3℃、だった。

        全国で 猛暑日(35℃以上)は198地点  真夏日(30℃以上)は705地点。 (;^o^;)

    −−◎長年 人間をやっているが アゲハ蝶のたまごを初めて見た。ぶんたんの木の若葉のところに、1ミリ未満の

        カズノコの一粒ほどの大きさで黄白色のたまごが 1枚の葉に 1〜2個、バラバラに 7〜8個くっついていた。

        他の虫類のようにたくさん たまごを生むのではなく 食料(ぶんたんの葉)の上に 幼虫同士で取り合いに

        ならないようバラバラに生むことがわかった。

        この木に あおむしがいて蝶になったのは見たことはあるが たまごは初めてみた。


2018.8.2(木)  晴れ 湿度 49%
    −−◎本日の最高気温は @岐阜県 多治見市 40.2℃、だった。

         ちなみにその次は A岐阜県 美濃市  39.8℃

                     B三重県 桑名市  39.6℃

                     B愛知県 名古屋市 39.6℃ (上の桑名市と同じ)

         全国で 猛暑日(35℃以上)は194地点  真夏日(30℃以上)は697地点。 (;^o^;)

         ※"暑い"が日本海側西部から東海地方へ移って来ているようすだ。

    −−◎朝 起きるのがちょっと遅く朝日のカンカン照りで散歩は本日中止。

    −−◎豪雨、猛暑、真夏日、台風、酷暑、熱中症、夜になって火星を観たり、

        情報伝播が速くなったのか 皆がいっせいに 傘・カッパを持って、日傘をもって、飲み水を持って出かける。

        私を含めて お天道様のせいとは言え なにか踊らされているような気がしないでもない。


2018.8.1(水)  晴れ 湿度 58%
    −−◎本日の最高気温は 京都府 舞鶴市 38.6℃、だった。

        全国で 猛暑日(35℃以上)は200地点  真夏日(30℃以上)は756地点。 (;^o^;)

    −−◎手洗い洗剤のコマーシャル

         子どもたちが おおぜいいて 楽しそうに手を洗っている、洗剤のコマーシャルがある。

        手洗いと言うと 必要に応じて何回も洗っている。この年になると ほとんど無意識の習慣行動となっているが

        幼児から小学生へのころは 何回も「手を洗って!」と言われてやってきたような気がする。今のように

        あちこちに水道が無く「めんどうや」とか 冬季には「水が冷たい」などと思い、でも「手にばい菌がついている」

        「洗わなくては」と努力して手を洗っていた。「やるべきこと」として定着化していき今に至っていると思う。

        コマーシャルの「楽しい手洗い」は「義務感」ではなく 「楽しいこと」としてやっている。人間と言うか日本人は

        仲間に馴染もうとする気分があり 手洗いを 子どもの中に楽しいこととして雰囲気を盛り上げることは

        良いことと思う。

         洗剤の売上はいつもより増えているかどうか知らないが何回見ても楽しい。

      −−◎火星を見た。他の星たちより きわだって 赤く輝いていた。14年目に廻ってきた"地球への大接近"とのこと。


2018.7.31(火)  晴れ 湿度 60%
    −−◎本日の最高気温は 鳥取県 鳥取市 38.5℃、だった。

        全国で 猛暑日(35℃以上)は114地点  真夏日(30℃以上)は754地点。−−今日はまた増えた−−

    −−◎12号台風は 千葉県あたりから太平洋側の地方に被害を及ぼしながら 三重県に上陸、関西、中国地方へ

       九州地方へ周り留まっている。この先西北へ行く見込み。何百年かけて蓄積されてきた常識とは違うことも

       起こりうる。

        春先のころ赤道に近い方で発生した台風は西へ進み、東南アジアへ向かう。次第に赤道を北へ離れ

       て発生し 西から北西へと進路を変える。8月〜9月になると始め西へ向かっていた台風が北向きになり、北東へ

       と進路を変え日本列島の太平洋側を通り過ぎたり、沖縄、九州、四国、中国地方、日本列島全部を通過する

       台風もある。だいたいは西から東へ通過するのが"常識"であった。

        大雨、酷暑、列島を東から西へ行く台風、と異常気象が多いが本当に"異変"なのかどうなのかは100年くらい

       少なくとも数10年経過しないとわからない。面白そうに騒ぐのも自由だが...。

       「太陽が西から上がるかも知れない」などと....。

    −−◎資料メモ=カンピロバクター。

        食中毒菌=Campylobacter coli と Campylobacter jejuni 1982年に食中毒菌として指定された。

               カンピロバクター コリ     カンピロバクター ジェジュニ

          加熱不充分な 鶏肉 牛 羊 ぶた を食べた時 感染性腸炎を引き起こす。 O157(オーイチゴウナナ)の

         ような 登校停止や出勤停止(例外はあるが)はない。


2018.7.30(月)  晴れ 湿度 57%
    −−◎本日の最高気温は 石川県 かほく市 37.7℃、だった。

        全国で 猛暑日(35℃以上)は97地点  真夏日(30℃以上)は686地点。

        最高気温は少しずつ下がってきて猛暑日の地点も少なくなっているが 真夏日の地点は依然として

        600地点以上。

    −−◎お盆より少し早いが 日程の都合で 午前中に お墓参りに行ってきた。


         お墓参りの後は ご先祖様に感謝して みんなで

         お食事に

         炎天下のお墓参りの後で 涼しくすごすことが出来た。







2018.7.29()  晴れ 湿度 51%
    −−◎町(チョウ)と 町(マチ)。

        @  ◇◇市〇〇町

        A  ◇◇市○○■■町

        B  □□郡●●町◇◇

        C  △△郡▼▼町◎◎町

           これは 通常の 地名表示である。中にはその地域の歴史的経緯があってかなり長い地名もある。

         経緯を探っていくと興味深い話もあるが今日はそのことではなく...。

         「チョウ」と「マチ」の読み方の違いである。ニュースなどを見ていると関東、東北方面では「マチ」と読まれる

        場合がが多く、中部地方を境に関西、西日本方面では「チョウ」と読まれるのが多い(逆の場合もあるが)。

         どうしてそのように読まれるようになってきたか調べてみたいところである。

    −−◎朝は雨が無く散歩に出た。台風は強風だったが物損無し。明日からまた暑くなりそうだ。

        

2018.7.28() 晴れ 湿度 58%
    −−◎朝の散歩は 早朝でさほど暑くなかった。

    −−◎日中は 日射しはあるが薄曇りの空模様。家事関連作業を処理。暑いので外用件は出来るだけ避け

        外出せず。午後生協荷受け。新聞屋さんが集金に来られた。

    −−◎台風が通過する模様で、駐車場のポールなどを屋内に入れいつものようにシャッター戸を閉めた。店以外の

        居室の方は いつもは閉めない 雨戸(ガラス戸の外側の金属製の戸)もしっかり占めて対応した。

        おだやかに通過してくれるよう願う。 (-.-)


2018.7.27(金)  晴れ  湿度 59%
    −−◎本日の最高気温は 佐賀県佐賀市 37.6℃、だった。

        全国で 猛暑日(35℃以上)は59地点  真夏日(30℃以上)は597地点。

        このところ 我が家の外の日陰気温は39℃〜40℃が続いていたが昨日(33℃)と今日(32℃)はさがっていた。

        少しの温度差で30℃は超えているのに 散歩の時すこし楽だった。

    −−◎土・日にかけて 台風12号が来ると言っている。夕方今週の買い物をしてきた。


2018.7.26(木)  晴れ 時々雲に遮られる時もあり 湿度 62%
    −−◎本日の最高気温は 福岡県久留米市 38.5℃、だった。(;^o^;)(←暑い、あついの顔)

        全国で 猛暑日(35℃以上)は153地点  真夏日(30℃以上)は645地点。

        真夏日が600地点以上が続いている。お盆前まで暑さは続きそうだ。

    −−◎昨夜の夕立で外の気温が5℃くらい下がっていた。(と言っても38℃−5℃で 33℃くらいだが)

        空調の温度を前日のままにして使用していたら いつもは27℃〜28℃であるのに 23℃〜24℃に

        なっていた。「涼しいな」 と思って過ごしていたが午後になって「何か気分がすぐれない」感じがして

        30分くらい横になっていたが元に戻らず。「寒い」せいだと 室温がいつもの27℃〜28℃になるように

        空調を設定して 気温が戻ってきたら気分も快復してきた。慣れとは不思議なものだ。

    −−◎テレビで「柏崎 海の大花火大会」というのを2時間余り実況中継をしていた。はじめ雑用したりしながら

        眺めていたがそのうち引き付けられて終いまで見ていた。花火はテレビで見ていても スーッと上がって

        パッと開き ボコ ボコ と音がして火薬のにおいや 熱気が流れてくるようで楽しかった。以前に見に行った

        時の雰囲気が再現された。このごろでは夜間に人混みに出ていくのも 大儀で テレビとは便利なものだ。


2018.7.25(水)  晴れ 湿度 57%
    −−◎本日の最高気温は 山口県山口市 38.8℃、だった。(;^o^;)(←暑い、あついの顔)

        全国で 猛暑日(35℃以上)は167地点  真夏日(30℃以上)は683地点。

        昼間暑かったが夕方6時から7時あたりまで 雷がなりが鳴り夕立雨でちょっと涼しくなった。

    −−◎昔、学生時代にコマーシャル電話のアルバイトをしたことがある。そのころの電話は今のように

        プッシュボタンではなく、数字を廻してグルグル戻るダイヤル式だった。この件はまた後日。

     

2018.7.24(火)  晴れ 湿度 54%
    −−◎本日の最高気温は 岐阜県美濃市 39.3℃。

         全国で 猛暑日(35℃以上)は211地点  真夏日(30℃以上)は630地点。

      訂正! 前日の記事の中で「猛暑日」と「真夏日」を加えて(計〇〇〇)としていましたが正確には全部が

       真夏日で その中の35℃以上が猛暑日ということで(計〇〇〇)は間違いでした。(計)は消しました。

       高知県の四万十市内にある観光看板に「一番あつい」と書いてあったが最近 上位にはあるが

       ランキング1番に載らなくなって「二番目にあつい」と書き換えたそうだ。暑いに変わりがないので

       そう気にすることもないと思うが....。(^O^)/

    −−◎ガス屋さんが集金に来られた。「暑いのにご苦労様です。お気を付けて廻ってください」と言葉を掛けた。

        「ありがとうございます。」と言い出て行かれた。


2018.7.23(月) 大暑  晴れ 湿度 59%
    −−◎本日の最高気温は 埼玉県熊谷市 41.1℃ (国内、歴代最高 。気象庁の公式観測所で)

        全国で 猛暑日(35℃以上)は242地点  真夏日(30℃以上)は627地点。

    −−◎この季節報道される 食中毒が猛暑に消されて目立たなくなっているが、発生していて小さく書かれている。

        靖子さんがまだ健康だった40歳代のころ、昼間 業者仲間と和食を食べてきて夕方から腹痛になって

        「痛い痛い」と叫ぶほどになり 過呼吸状況にもなり救急車で運ばれて4日間入院したことがあった。

        7月25日だった。(なぜか日付だけ覚えている)。以来私はお店での生ものは警戒して接している。

        きちんと手を洗い、台所の清掃や 生ものの加熱にも気を配っている。


2018.7.22()  晴れ 湿度 61%
    −−◎パンダのパン だよ
         隊長 「みんな手を七回洗ってきて」

         隊員A「あれって 一日に七回って意味だよ」

         隊長 「一個ずつだよ」

         隊員C「かわいい!」

         隊長 「小さい子にもとってあげて..」

         隊員B「食べるのがもったいないなぁー」

    −−◎本日の最高気温は 岐阜県郡上市八幡 39.8℃ だった。

        全国で 猛暑日(35℃以上)は237地点  真夏日(30℃以上)は667地点。(気象庁資料より)

        「エアコンをかけることに躊躇しないでください」と天気予報で伝えられるこの言葉。

        そして電力会社は「電力確保に努めています」と。夏場節電を訴えたいところだが 健康被害続出となっては

        面目が立たないというところか。

        それに肩を押されて昼間は空調をバンバン。去年までは節電モードだったが....。


2018.7.21() 晴れ 湿度 57%
    −−◎本日の最高気温は 鳥取県鳥取市 38.2℃ と 京都府舞鶴市 38.2℃。両市は同温度。

    −−◎宇宙の始まりは その昔 百数十億年前 ビッグバン(=大爆発=大膨張)に始まった。

        その前は何も無かった。

        ◇「その前は何もなかったって 何かあっただろう。ビッグバンの基になったものは? 時の流れは?」

        ★「あったかも知れないし 無かったかもしれない 観察できないから 無いと言う事だ」

        ◇「では 観察できれば その前の事もわかってくるんだね」

        ★「空間に マイナスイオンや陽子があって 原子や分子になって 光を発して...と、これらは量子論に

          よって解明される。それが広大な宇宙空間へ広がっていき、巨大な"物"の動きを一般相対性理論で

         解明される。ビッグバン"以後"の宇宙世界は この二つの理論によって解明されてきた。ところが

        量子論と一般相対性理論の間には矛盾と言うか 融合しないので...」

        ◇「なんのこっちゃ????」

        ★「ビッグバン"直前"の宇宙世界は マイナスイオンや陽子(微細なもの)が広く分布し融合していて 

         二つの理論が整合していないと説明(表現)出来ない。 

         量子論と一般相対性理論を整合させる天才が出てきて ”量子・一般相対性理論”を解明させれば

         その前はどういう状態であったかわかってくるだろう。」

        ◇「よしわかった その量子論と一般相対性理論を整合させれはいいのだな」

        ★「簡単に言うな」(^O^)/

2018.7.20(金)  晴れ 湿度 60%
    −−◎靖子さんの国保の保険証と 介護保険の負担割合証が書き換え時期となり 新しい「証」が来たので、特養へ

        持っていってきた。本人いつもと変わらずで 眼をパチパチさせ口をモグモグとしていた。空調も利いていて

        体調も変化なしのようだった。

    −−◎本日の最高気温は兵庫県豊岡市で38.9℃だった。

        京都市では35℃以上が7日間続けてあり明治以来初めてと言う。

    −−◎今朝の散歩時は 晴れているのに 東の山際には雲があり 気温は上がっていたが 日射しが遮られ

        楽だった。熱中症警報装置は朝から鳴っていた。陽は雲から抜け出して暑い日だった。

    −−◎自民党・公明党はカジノ法案ついに成立させた。この法のカジノは違法性の阻却(そぎゃく)8要件を満たしておらず

        実施には問題を残している。

2018.7.19(木)  晴れ 湿度 57%
    −−◎本日の最高気温は京都市39.8℃だった。 (;^o^;)/ 

    −−◎朝の散歩を30分早めたが 暑さ変わらず。 涼しい時間となると きのうは 「5時ごろ出んとあかんわ」との

       あいさつ代わりの会話があったが、5時では起きるのが厳しい(睡眠不足になっては いかんし)...

    −−◎多数の国民世論の反対のある中、賭博法の強行採決をはかろうとしている。日本をばくち社会にするこんな

        法律には反対である。
        

2018.7.18(水)  晴れ 湿度 51%
    −−◎本日の最高気温は岐阜県多治見市で40.7℃だった。

    −−◎朝の散歩。雨後に伸びていた小さな庭木を自分で切って手入れをしていた近所のご婦人。

        「おはようございます。」

        「おはようございます。」

        「今日も 暑つなるわ」

        「いつもより はよ 出たんやけど かわらんわ」

        「5時ごろ出んとあかんわ」

    −−◎数日前から冷房の調子が悪くなり、気温が下がるのが遅くなってきた。体温を超す気温上昇のせいかと思ったが

        別の部屋の冷房は働いているので気温のせいでもないらしい。昨日 知人の電気屋に来てもらって、点検したら

        「10数年使っているので ガスを補充しても 微細な漏れがあり すぐまた悪くなるかもしれない」とのことだった。

        今日 新しい機器と取り換えてもらった。

2018.7.17(火)  晴れ 湿度 47%
    −−◎暑さに負けず元気だよ!(汗顔→)(;^o^;)/

    −−◎大雨水害のようすが伝えられている。

         家が流されてしまった家や、家に泥水が浸水した家は重大事態だ。

         たまたま水が来なかった家も、「水道が止まった」「電気が来ない」「ガスがつかない」(都市ガスは壊れ、プロパン

        も水につかったり流されたり)「道路が壊れた」「線路が壊れた」「電話が通じない」「携帯も電池切れ」

        などの被害が伝えられている。

        これらの被害は生活の基本に諸々の支障をもたらす。

        水=飲料水、洗濯、お掃除、お風呂。

        電気=灯り、冷房、レンジ、洗濯、冷蔵庫、テレビ(情報)

        ガス=炊事、風呂

        電話=外部の人との連絡

        道路、線路=孤立状態で外と行き来出来ない。

        などの事が出てくる。

         私は ほとんど無意識に 水 電気が使用できるのが当然のこととして生活しているが突然切れてしまったら

        大変なことになりそうだ。

2018.7.16(月) 海の日  晴れ 湿度 58%
    −−◎熱中症警報装置 は @無(何も発色せず)A緑(注意) B黄色(警戒) Cオレンジ(厳重警戒) D赤(危険)

      と色を発する。今朝は 朝からオレンジ色が ピカピカ 厳重警戒を示していた。

       空調を掛けて 涼しいうちに散歩に お屋敷の木立から蝉の声。

         こんな日は外に出ない方が良いと室内ですごす。

        本日最高気温 岐阜県揖斐川町で 39.3℃。 群馬県ではいつもの館林市に代って伊勢崎市に38.8℃。

       暑い、あつい!。(^O^)/

2018.7.15()  晴れ 湿度 48%
    −−◎午前10時30分、店の中で小さな雀が飛びまわっていた。換気扇の隙間からはいってきて出られなくなった

        らしい。天井付近を飛んでいて外が明るい出窓のガラスに激突、出窓に置いてある植木にとまりキョロキョロ。

        私が この雀を 脱出させようと 店の出入り口の戸を大きく開き 外側に廻り棒で出窓を軽くた叩いていると

        雀は上に飛び上がったり、 落下したり、なおもガラスを素通りして外に出ようとしたりしていた。

         また私がコンコンと叩くと飛び跳ねていたが姿が消えた。

        「出たな」と思い出入り口の方へまわり見るとパタパタと雀が飛んでいき仲間のいる電線にとまった。

         数十年人間をやっているが 初めての事だ。

    −−◎吉田兼好が徒然草の中で 本日やるべきことと心にしていたことが 急な話が出てきてそれをやり 出来なかった

        世のことは 思っていたようには なって行かない 不定(ふじょう)である と言っていた。

         未来のことは思ってように進まず 思わの結果を引き継いで進展していくと言っているようだ。

         次に何が起こるか予測は出来ず思わぬ方向へ進む事があると言ってる。

        『サピエンス全史』の中でユヴァル・ノア・ハラリは歴史をふりかえって 後世の人々はなぜそのように歴史が

        流れたのか"後知恵"で説明しようとしたり、選択されなかった種々の選択肢をよく知っている。

        当の歴史選択がされた時に居合わせ生きていた人々は 未来は霧の中だった。大王の選択の結果が

        思った方向に進んだ時もあるし 思わぬ結果に進んだこともある。未来は予測できない。しかし情報伝達が

        発達し世論の共通願望に沿って動くようにもなってきている。人々が「何を望みたいのか?」にかかっている。

        と言っている。

         両者とも未来は予測したようには進まないと言っている。


2018.7.14() 晴れ 湿度 57%  猛暑日!
    −−◎カジノ実施法案(トバク)の成立を推進している政界関係者に、

       アメリカの大手カジノ業者「シーザーズ・エンターティンメント」の日本参入を働きかけているという。

        推進政治家のパーティー券(政治資金となる)を多額に購入していたとのこと。

       多くの人が取りやめを求めているカジノ法案を押し進める背景がわかってきた。

        真面目で 誠実で 優しい 日本風土を アメリカ賭博業者の餌食にしてはならない。

    −−◎今朝 散歩中にあいさつした人 向かい側の畑へ野菜を採りに行ったばあさん(ほとんど毎日出会う)。

       もう一人は コンビニ近くで半年くらい前に越してこられた人、玄関を子どもと一緒に出て来られて

       目が会い「おはようございます。暑いですね」と。もう一人は 植木屋さんのじいさん、仕事は息子に譲り

       毎朝晴れの日は涼しい庭先で 朝涼み?。

       散歩で体調をととのえて 暑い一日が始まった。

    −−◎暑い方が 体が軽快に動くなどと ひとりで言いながら 諸事処理。午後 生協荷受けの後は冷房掛けて

        休憩。

2018.7.13(金)  晴れ 湿度 46%
    −−◎私の感覚的認識では"猛暑日"と言われるような暑い日の夜は蚊が少ない気がする。(蚊をかき集めたり

       観察して実測したわけではない。) 20℃〜29℃当たりのところでたくさん出てくる。もしそうだとすると気温が

       あまり高すぎると蚊が羽化しないのかも知れない。

        そしてお嬢様方の悩みは 朝 お化粧をして出ていくと ファンデーションが汗でまだらになり、アイシャドウが

       尾を引き(駅から職場までの間に) お客様の赤ちゃんに泣きだされる始末。(^O^)/

       猛暑日は"スッピン"または軽いお化粧で行くに限ると言う事になっているそうだ。

    −−◎国会では暑いも何のその 世論調査では国民の反対の多いトバク法を押し通そうとしているが 国民に

       麻薬のような悪影響を及ぼす悪法を通過させてはならない。

        もう一つ これも世論の反対の多い 参議院の定数を増やす法案を 自民党の党利党略で通過させよう

       ともしている。

2018.7.12(木)  晴れ 湿度 56%
    −−◎靖子さんの介護認定の期限が近づいてきて、更新の申請をしていたところ、本日特養の方へ調査に来られた。

       手足の状態とか、耳は聞こえるかなど聴かれた。くわしい日常の状況は特養の介護の責任者に聴いて行かれた。

        現状に即して認定されることを望む。

    −−◎大雨被害の広がりに衝撃を受けている。片付けた後も泥臭さが残り、外では乾いた泥が舞い上がり、もう一度

        あたりの物にかぶってくるという。

2018.7.11(水)  曇り 晴れ 湿度 49%
    −−◎"尻餅"は治ってきた。腰かける位置によって痛いことがあり、階段の昇り降りでちょっと痛むが 行動にさほど

        差しさわりがなくなった。

    −−◎西日本方面では 晴れているのに 大雨で溜まっていた水の影響で 新たな水害が発生しているようだ。

       早く治まることを願っている。

    −−◎今日は内科の診察に行ってきた。前回「コレステロール値が高い」と言われていて、一定期間薬を飲んで

       その結果どうなったかをみるため採血をしてもらったが、採決の判定が後日と言うことでまた行くことにした。

        コレステロール値それ自体が 日常生活に支障を及ぼすわけではないので様子見。

    −−◎梅雨明けと共に 本日は 午後 気温がグングン上がり30℃を超え35.1℃を示した(外の日陰)。

        室内では午前中から"熱中症警報装置"が鳴るので空調を入れ26℃〜27℃に保ちすごす。

       (26℃〜27℃では 警報のオレンジランプは光るが音はしないので放置しておけばよい)


2018.7.10(火)  晴れ 湿度 53%
    −−◎のんびりと水道メーターの話などしていたら 西日本方面では大雨の被害が広がっているようだ。


        水害に遭われた方にお見舞い申し上げます。


    −−◎水害とは関係ないが7月7日(雨だった)に文化センター入口近くで滑って転び尻を強く打った。

        それはそれだが その時 別の催し物に来ていた20代のきれいに着飾ったお嬢さんが「大丈夫ですか」と近づいて

        来られて2mほどのところですってん転り、髪が乱れきれいな服が汚れてしまった。私は立ちあがり 

        逆に「大丈夫ですか?」と聞くと「いいです どうもないです」と返事。私は「私が転んだばかりに 転ばせてしまって

         ごめんなさいね ごめんなさいね」。向こうも立ち上がられたのでそれぞれ動き出した。私より お嬢さんの方が

        気の毒だった。私などは 服が少し汚れたが「ちょっとそこで転んでね」と言えばその後の行動に支障はない。

        娘さんにはイメージという物があるる、この姿では仲間内のイメージが落ちてしまい大変なことになりそうだった。

         私はというと 行事の時には 何ともなかったが 家に帰って夕方から臀部が痛くなり階段の上り下りが

        大変になり病院へ行こうかと思ったが土曜日、日曜日でどこも開いてはいない。7日の夕方から8日の夜まで

        腰と臀部が痛いのが続いていた。9日の朝は少し軽くなっていた。10日(本日)前々から予約になっていて

        県医療センターへ行きCT検査をしてもらった。「骨にひびが入っていることはないようだ、整形手術後の部位にも

        移動や支障は発生していない、3ヶ月後の予約はしておきますが もし痛くなったらその時来てください」

        とのことで 骨に傷がはいっていなくて安心した。
     

2018.7.9(月)  晴れ 湿度 19%
    −−◎水道メーターの取替に来られた。長年使用していて誤動作が発生しないよう定期的に取替えているようだ。

        店の洗面で髭剃りをしていたら 前戸を叩く(ノック)音がするのでそのままの格好で戸を開けると

        「水道メーターの取替えにきましたが10分ほどよろしいですか」と作業の人が立っておられて言われた。

        日付の指定はなかったが取替の予告はあり知っていため

        「あぁー いいですよ。ですが この格好なので5分あれば終わりますので待ってください」

        「わかりました。 予作業をしてますので進めてください」

        髭剃りはほぼ終わりかけていて最終チェックをして きれいに洗いクリームを付けて(2分弱)外に出て

        「終わりましたから 作業にかかっていただいていいですよ」

        「停めますが よろしいですか」と作業を開始された。

        特に立ち合いは必要はなかったが 雑談しながら作業を見ていた。

        すぐ作業は終わり「ありがとうございました」と「取替のお知らせ」の紙片をくれた。

        私も「ありがとうございました」と言い 室内へ戻った。

    −−◎眼科へ行った。順調に調子は戻ってきているようだ

        3年前の運転免許更新の時には「この欄が見えなければ 更新できませんよ」などと言われていたが

        その後去年、今年と治療し今日の視力検査ではかなり下の方まで見えた。

    −−◎俳優の加藤剛さんが亡くなられた。私の好感を持つ俳優さんで 好みの"じいさん"役など期待していたのに...。
        

2018.7.8()  晴れ 湿度 59%
    −−◎散歩以外は外出無し。先日読みかけていた

         『サピエンス全史』(上)(下) ユヴァル・ノア・ハラリ著 柴田裕之訳   河出書房新社(2016年9月)

        ゆっくりと読み終えた。 "全史"とか言っても古代からのあちこちの帝国の盛衰を記述した歴史書ではない。

        思想史というか人間の認識、認知の発展史のようなもので 古代からのあちこちの帝国の盛衰や戦争、紛争

        の事は認識史の発展に即して出てくる。なぜサピエンスが地球の支配者になるに至ったか?

        「多数の見知らぬ者どうしが協力し、柔軟に物事にあたる能力を身につけたことに始まる」と彼は言っている。

         今まで持っていた固定観念、常識を覆される興味深いものだった。

         吉本隆明氏の「共同幻想論」(1968年)と似たところがある。ただ『サピエンス全史』は人類史を 猿の時代に

         さかのぼり、7万年前あたりからの認知活動を解明し、西欧の各種個別宗教とその中で突出してきたキリスト教

        イスラム教の進展について述べ、インド仏教、中国の儒教、資本主義精神、マルクス主義、に言及している。

         私の言っている「大宇宙空間での 静的物質体と動的生物体の競争関係」から見て 私の発想の流れと比べて

        みたい。

2018.7.7() 雨 湿度 61%  七夕だったが雨
    −−◎終日雨。当地方でも 山地方面では 24時間(一日)で1ヶ月分の雨が降ったと報じられている。

    −−◎午後 市内は「安全」の情報をネットなどで得て千秋先生の哲学シンポジウム(いつもは哲学カフェと言って

       いるが 多数来てもらう予定でシンポジウムとしたがあいにくの天気になった)に参加してきた。

       前日「大雨で危険が予想される場合は中止する。安全ならば開催する」と連絡があった。

       基調講演の講師は中嶋哲彦さん(名古屋大学教授)だった。

       シンポジウムにはしっかり参加してきたが、空模様が落ち着かないので 内容は後日記載。
       

2018.7.6(金)  雨 湿度 66%
    −−◎ 九州、西日本、東海、方面で雨による水害

       大雨でまたまた ひどい水害だ

       ねこ(=^・^=)族や、犬族も大変な

       ことになっているから 隊長に言うて

       みんな集まって おやつをいっぱい

       持って助けに行くぞ!..。

    −−◎笹の葉 サーラサラ 軒端ゆれる お星さま キーラキラ♪♪

        明日は七夕だけど雨続きで天の川は見えないだろうな


2018.7.5(木)  雨 湿度 67%
    −−◎一日中雨、山地方面では雨量も多く土砂崩れが起こっているようだ。観光地でも客足が少なくなっているもよう。

        平地では 山地の雨が流れてきて 中央河川の増水が心配。


2018.7.4(水)  曇り 時々 雨 湿度 74%
    −−◎アサガオ 今年初咲き。一度に4輪も咲いたが早朝 夜明け時のどしゃ降りで形がくずれ

       インスタ映え(^O^)/せず写真はまたそのうちに..。

    −−◎加計学園が愛媛県の報道機関に 岡山の会見で質問は出尽くした今後は応じない と言ってきたそうだ。

       過日は 「愛媛県職員に 作りごとを話していた。」と謝罪していた。

        質問で何か真実が出て来るかもしれないのに...。

2018.7.3(火)  晴れ 湿度 71%
    −−◎もう数日で「アサガオ」が咲きそうな気配だ。種蒔きを4月上旬にして、気候が例年より暖かく早く咲きそうだ。

       去年は第一花が8月5日だったので1ケ月はやい。


2018.7.2(月)  晴れ 湿度 51%
    −−◎靖子さんの介護保険の認定期限が8月31日で経過するため、市役所へ行き 認定の更新手続きをしてきた。

    −−◎特養で「部屋を変えて頂けないか」と言われて、私が変わりにOKして一部屋東側の部屋へ移った。

        洗面所(ホントの顔洗いの洗面所)の位置が左右今までと逆で それに習って引き出しや置物も逆位置で

        一瞬戸惑った。慣れれば「これはこういうものだ」と思うだろう。

        

2018.7.1()  晴れ 湿度 60%
    −−◎お父さん犬(役の)カイくん


      お父さん犬のカイくんがいくなった。

      いつも 遊んでいたのに

      おやつを奪い合ってけんかもしたけど

      仲良しだったんだよなー



      (ソフトバンクのCMに出ていた
      今は新しいワンちゃんが出ている)


    −−◎先週の事だが(6月29日)粗大ごみを200円の袋で市の処理場へ持っていき処分してもらってきた。

       粗大ごみと言っても 200円の袋だからハンドドライヤーとか小型掃除器のこわれたもの、割れた食器類

       縁(ふち)の欠けたプラスチックケースなどだった。小型電気器具では見た目では壊れているように見えないが

       作動しない。修理をするにも修理代が結構高くつく廃棄して新品をと言う事になってしまう

        昭和30年代 以後出生の人たちは 大量消費、大量廃棄は普通の生活感覚になっているが...。

       旧大日本帝国の崩壊寸前に生まれた年代には悩み事である。

    −−◎午後子どもと喫茶店へ行ってきた。


2018.6.30() 晴れ 湿度 57%
    −−◎おもいやり 忖度(そんたく)

        他の人が何を考えているかを考察するのは人間の優れた感性である。

       原始時代 狩猟採集民であった時代にA縄張り(テリトリー)の民と、B縄張り民が遭遇した時戦って相手を排除

       するか、戦いを避けて遭遇地点を境目としておだやかに引き上げるか二つの道があり、その都度どちらのケースも

       存在しただろう。相手の願望、意思の推察、次の行動の予測し、次の自分の行動を決定していっただろう。

        時代劇で 殿が家来に「良きに計らえ」と言う場面がある。これは家来が自分の思いで勝手気ままに事を

       進めてよい、と言う事ではない。殿が進めたいと思っている方向に進めよ と言う事である。

        おもいやり とは相手の気持ちを思い図って支援することである。

        一方では 自然災害の被害者 体の不自由なかた 格差社会が生み出した弱者たいして その相手を思い図って

       法的支援や善意の支援が行われる。また 米軍の居住維持のため日本が支出している「おもいやり予算支出」などもある

        他方では 相手の意志や行動を察する「忖度」があって ソーリが言ったのか 官僚がソーリの気持ちを察しての行動

       だったのかが取りざたされている昨今の問題がある。

        おもいやりや忖度も それ自体は善でも悪でもないが 誰が誰のために行ない 誰が得するかが問題である。

       弱者を守るためか、強者の利益のためかである。

    −−◎明日から 今年後半が始まる。
          

2018.6.29(金)  曇り 晴れ  夕刻より豪雨 2時間ほど降り止む 湿度 74%
    −−◎この3日間 朝7時ころの気温は 26℃で 安定的である。

    −−◎今週の仕事日も こなした。夕刻から どしゃ降り雨で このまま明日の朝まで続くのかと 心配していたが

        2時間ほどでおさまりすっきり上がった。山岳地帯では雨が続いているもようで河川の増水が報じられている。

        明日は 市内の中央河川が増水するので注意していよう。

    −−◎"働かせ方"法案が成立してしまった。高度プロフェショナル 制度は資本の側に有利な制度で 働く人の健康を

        害するおそれがあり、残業代が無いことが 他の労働者の権利への悪影響も考えられ、法の悪用をさせないよう

        にしなければならない。

2018.6.28(木)  雨  曇り  晴れ 湿度 57%
    −−◎宇宙空間の話になると 話は面白い。

       大宇宙空間での 静的物質体と動的生物体の競争関係において たまたま 地球上では 水(H2O)との関連で

       生命体が存在しているが、水ではない液体と共にあり 気体も窒素と炭素の混合物でない 温度も地球上とは

       違った温度で生存する生物がいないとは言えない。地球上とはまったく違った状況の中で 生物が存在し

       人間のように「発達」していたら...と考えると宇宙世界が広がってくる(^O^)/

     

2018.6.27(水)  晴れ 曇り 湿度 51%
    −−◎はやぶさ2が 小惑星「りゅうぐう」近くに到達し 24km上空を周回している。JAXAが今後の

        調査活動について発表していた。はやぶさ2にはドイツとフランスの探索装置マスコットが搭載されていて

        今後 空間へ出されて独自探索を行なうという。ドイツとフランスの科学者からメッセージが寄せられていた。

        現時点ではたやすいことではないが ここ100年の科学技術の発達から考えると SF小説ように人間が

        宇宙空間で活動することも空想でなくなってくる。

     

2018.6.26(火)  晴れ 湿度 62%
    −−◎靖子さんとこへ 日用品をもっていき ようすを見てきた。大過なくすごしているようだった。暑くなるから夏場を

       切り抜けて 天からもらったの命を維持してほしい。

2018.6.25(月)  晴れ 湿度 47%
    −−◎午前中はさほどに感じなかったが 午後急に暑くなってきた。

         熱中症警報装置は 注意、警戒、厳重警戒、危険、の4段階に分かれているが午後は警戒の

        ところを指していて オレンジ色の光を1分に一回ぐらい ポッ ポッ と指していた。"危険"にならないよう

        冷房を入れて過ごした。各地では35℃を超えたところが何か所かあったようだ。

    −−◎人間、普通に存在しているだけでも 実に様々な行動をしている。NHKが基礎資料としてアンケートを

        取り集計結果が報告されている。

        (1)必要行動−−個体を維持向上させるために行う必要不可欠性の高い行動。

        (2)拘束行動−−家庭や社会を維持向上させるために行う義務性・拘束性の高い行動。

        (3)自由行動−−人間性を維持向上させるために行う自由裁量性の高い行動。

        その中の行動名称は100種類以上になる。(細かく分ければ200種類以上かも知れない)

        それらの総計として人間の生活が成り立っているようである。
        

2018.6.24()  晴れ 湿度 55%
    −−◎市内で 「家族の会」の会合があって行ってきた。地域の範囲を広げての集会でいつもより参加者数が

        多かった。

        このごろでは 何か質問して対応方法を聞く事も特にないが 人のいるところへ出て行って人の話を聞いたり

        ポツンと それに関連する経験をしゃべったりするのも何かの役に立つだろうと参加している。

        動くことが私自身の体の健康にも良いだろうと...。

2018.6.23() 曇り 午後から 雨 湿度 62%
    −−◎町内の「資源分別回収の日」で 今月は高齢者クラブの分担で 私もためてあった 新聞紙、チラシ、

       段ボールを 公民館前広場まで持っていった。クラブに補助金がくるので運営費の足しになるだろう

        このごろあちこちに廃品回収業者の設定した回収所がある。衛生や防火の事で取りざたされている。

       ここ2〜3年前からチリ交の「まいど おなじみの....」の声を聞かなくなった。

    −−◎「はれのひ」の社長が詐欺の疑いで逮捕されたらしい。 銀行借入で銀行に対する詐欺だという。購入または

        レンタル料前納のお客さんへの衣装が届かなかった件はどうなるのだろう。


2018.6.22(金)  晴れ 湿度 43%
    −−◎6月13日のこの日記の記事に日本の株式会社の資本には外国資本が入ってきていることを書いた。

      〇物言う株主

         外国でファンド(まとまった金)を持って日本株を買い 一定の発言権を持って株主総会に出て息のかかった

        役員を 送り込み純化した資本主義の論理(利益追求)の追求に努める。

         外国人役員のいる会社(例示)

            トヨタ    ディディエ・ルロワ副社長

            ニッサン  最近までカルロス・ゴーン氏社長(今は会長)社長は西川氏

                   常務執行役員41名中18名外国人

            武田薬品 クリストフ・ウェバー代表取締役社長 取締役9名のうち外国人5名

            ソフトバンク 外国人取締役 多数

      〇純粋でない資本活動とは(例示)

       存在する資本の会社経営は様々ある。松下幸之助の 「会社は一家、家族主義」と言い、このごろでは

      トヨタが「原則的には人員整理はしない」と言い、戦前の話だが岡山の倉敷紡績は労働環境の改善を行ない、

      地域福祉のため倉敷中央病院(現在:病床数=1,166床、職員数=3,071人)を作った。「大原社会問題研究所」

      が作られ 多数の優れた学者たちが集まり業績を残しました。こちらも戦前、戦後の紆余曲折ののち、

      法政大学大原社会問題研究所として、現在も活動が継続されている。

      〇外国人だったらダメと言うわけではないが 彼らは資本家のための 純化した資本の論理(一年毎の利益追求=配当

       を増やす)のスペシャリストとして送り込まれてきて 会社の経緯を知る古い重役には出来ないことをやってのける。

      人を「生活の中にある人」と見ず、人員整理をおこない、安い派遣労働者を雇う、などを行なう。「残業代ゼロ制度」

      なども資本の側の共通意識の中から出てきたものを法制化しようとしたものである。

      〇物言う労働者

      古いものが良いとか、家族主義に戻れと言うことではない。「純粋な資本の論理」ではなく、

      労働者の権利を対等にならべた「生きた人間の関与する資本の論理」を会社経営に求める論が巷に飛び交うようにしたい。

      資本家にとっては「純粋な資本の論理」ではないが、労働者にとっては「生活の中にある人間と一体となって活用する」

      資本の論理を「正しい資本の論理」として確立したい。
     

2018.6.21(木)夏至  曇り のち 晴れ 湿度 49%
    −−◎持統天皇の命令 以来厳しく禁止されてきた トバク 賭け事 が競輪 競馬 パチンコと なし崩し的に

        決まりを破って 開帳されてきた。そしてついに 本物の賭博場を国家が作ろうとしている。

        古来なぜ トバクが禁止されてきたかと言えば トバクに類する事が古い時代にもあり 国王にとっても 人をダメに

        してきた苦難の歴史を体験しての事だろう。

        刑法で賭博行為は禁止され 最近 トバクで捕らまったニュースも伝えられている。善良な人々は何も罰則が無くても

        「トバクなどはしない」との歴史に裏付けされた感性をもって対応している。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−そして

        "公認"賭博場など出来て、9、999人は大損をするが1人だけ儲かった人がいたと仮定する。新聞は損をするのは

        普通の事だからあまり報道はしない。儲かった事例は大々的に喜びを伝える(名前や写真は載せないかも知れないが)

        すると 善良な人たちの 賭博など無関心の普通の感性に打撃を与え賭博を許容する方向へすこしづつ仕向けて行く。

        罪悪感がなくなって 昔の中国のアヘン戦争の時のように、トバクに侵されて国滅ぶことになりかねない。

        全国賭場業連合(←そんなものはありません)の会員が

        「うちの賭場も"特区"にしてくれ 安倍さんに言えばいいのかい」

        「ダメだよ 食事を一緒にするほど 安倍さんと親しくしていないと」

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−

        てなことにならないようトバク法を廃案とすべきである。

        

2018.6.20(水)  午前 どしゃ降り雨 午後 曇り  湿度 62%
    −−◎午後7時30分 西の空がまだ 薄明るかった。明日は夏至で日照時間が長くなっている。

    −−◎"株式会社"というものは 霞(かすみ)よりも薄く 物理的実体のないものである。

        「はれのひ」という会社があって 成人式のため 振り袖を購入し代金を支払い 振り袖のレンタル契約で

        使用料を支払っていたのに約束の日に振り袖が届かなかった。1月26日に横浜地裁は破産手続きを開始した。

        6月20日債権者が集まり、破産管財人が「負債が10億円以上ある」と説明を受けた。社長は海外に行って

        いるらしく出席しなかった。

        破産になると あらかじめ支払っていた代金は戻ってこない。意図してだまし取ろうとしたのでもないので"詐欺"

        にもならない。

        株式会社とは実体はないが 存在する者と仮定して 約束ごとと信頼の感性によって成り立っている虚の物

        である。会社になると宣伝その他で多数の利用者(顧客)を得て活動する。しかし約束ごとが守られないと信頼が

        なくなり、つぶれてしまう。そして被害者も多数出てくる仕組みになっている。


2018.6.19(火)  曇り 晴れ 湿度 56%
    −−◎報道よると 北海道の利尻島で 106年ぶりにヒグマがの生息が確認されたという。

        106年前に見られた以後見たという人や ふんや足跡の形跡もなく、島にはいなくなったと見られていた。

        最近 ふんや足跡が見つかり、無人カメラを設置していたところ、ヒグマの姿が捉えられたとのこと。

        北海道の陸地側から泳いで渡ってきたのかも知れないとのこと。

        熊も街中へ出て来られては困るが 山の中にいる限り 共存していきたいものだ。過去人間が各種動物を

        滅ぼしてきて 生物多様性が崩れつつあり、多様性の中で成り立ってきた均衡が崩れるおそれがあるから

        

2018.6.18(月)  雨 曇り 午後 晴れ 湿度 64%
    −−◎朝7:48 地震あり(震度4)。ドドッ! と揺れを感じて一瞬待機していたが次は来なかった。子どもから

        「今 地震あったね」と電話あり。「生きているよ」と返事。「震度4だから..」

        大阪で震度6弱の地震があり 被害が出ているようす。

    −−◎今日は2ヶ月に1ッ回のお掃除の日。お姉さん方が3人きてくれてあちこちきれいになった。いつも話している

       ことだが この機会に自分でその他のところも整理していて、変なテレビに出てくるような"ゴミ屋敷"にならず

       平均水準保っている。

    −−◎お掃除が終わって、午後3時ごろ ガス屋さんの共同検査機関のプロパン保安センターの係の人が

        「液化石油ガス保安法」に基づく定期検査に来られた。玄関も 台所、風呂場もきれいになっていて

        "..あー 汚れている.." などと気を遣わずやってもらった。

    −−◎父の日のプレゼント
      父の日のプレゼント

      「こんなもんで

      いいかなー

      それと店の出入り口

      飾る セット花とー」










2018.6.17()  曇り  湿度 57%
    −−◎子どもが「父の日」のプレゼントだと言って まんじゅう と ようかん と 生八つ橋 を(それぞれ単品で)

        くれた。「わーっ ありがとう 食べたいものによく気が付くねー」と答えた。

    −−◎穀田恵二氏の話を聞いてきた。

2018.6.16() 晴れ 湿度 19%
    −−◎土曜日の所用はテキパキさばきゆっくり休憩。

        『サピエンス全史』(上)(下) ユヴァル・ノア・ハラリ著 柴田裕之訳   河出書房新社

        宇宙誕生のビックバン以来からの歴史年表に始まって現代にいたる人類史物語が展開されていく。

        興味深い話題で 柴田氏の優れた訳本で一層 話の中へ引き込まれていく。

        読了し、メモ書きをしようと思ったらまた書く。


2018.6.15(金)  雨 湿度 57%
    −−◎朝 散歩をていると たまに(稀に?) 駅に向かう 20歳代の青年や、女子の子に「おはようございます」と

        挨拶されることがある。町内会や 近所でお住いの人や 知っている じいさん ばあさんにはこちらから

        挨拶する。年代も大きく違う人には 向こうも煩わしいだろうから 特に挨拶はしないですれ違う。

        今朝も若い女子も子の2人連れに「おはようございます」と挨拶され一瞬の戸惑いを隠して「おはようございます」

        と返した。どこの子だったのかな?と思いつつ。

        作法の行き届いたお家のお子さんだな..

        それともよく出入りする家の子で向こうは知っているがこちらは意識に無かった子だったかな..

        それとも 靖子さんといっしょの朝の散歩を20年来特養にはいるまではやっていたから、毎朝 集団登校の

        小学生と一緒で かなりひんぱんに 「おばさん おはよう」などと挨拶されていたが 声をかける子も

        かけない子も 私の顔など知っていて その子たちが大きくなって若者になって

        "いつも散歩している人"として風景の一部になっていたのかも知れない。..

        どちらにしても 挨拶を交わすことはきもちのいいことだ。...(^O^)/
     

2018.6.14(木)  晴れ 湿度 58%
    −−◎内科の診察に行った。頸動脈の超音波検査。現状では損傷や付着物無し、とのことだった。

        でも、現状では...ということだから、食事や軽い運動など自分で注意できることは注意してやって行ここうと

        思う。

    −−◎千秋先生の哲学カフェに行ってきた。皆さんから興味深い話しを聞いてきた。人のいるところに出て 老化を防ぐ

        対策かも..。

2018.6.13(水)  晴れ 湿度 41%
    −−◎よく聞く日本の会社で資本金の50%以上を外国資本が占めている会社。他にもあるが有名なところだけ

           新生銀行  73.3%

           HOYA   54.3%

           ローム   51.6%

           冨士フイルム 51.1%   

           ソニー   50.1%

           日東電工 55.9%   

           ニッサン  66.7%

           東芝    71.6%

           シャープ 70.7%    

2018.6.12(火)  晴れ 湿度 45%
    −−◎トランプ大統領、スマホはいじらなかったようだ。 アイ・パットの画像を金委員長に見せて何かを説明していた

       ことはあったらしいが...。(やはりスマホは手放せない♪)

        世間の人柄批判にさらされながらナポレオン復帰のごとく登場しアメリカ・ファーストを推し進めている

       トランプ大統領。

       他方、"王朝"を継承し、国民の貧困を解消できず、基本的人権を考慮しない国内政治を進めてきた金委員長。

        "制裁"と"兵器開発"でやり合った。

        アメリカはイラクやアフガニスタン、シリアを攻撃し北朝鮮を脅す、北朝鮮は まるで日本軍国主義の夜襲を

       ほのめかすようなミサイル実験。

        二匹の犬が猛烈に吠えあう様相だった。牙を立てて噛み合うことにはならなかった。双方 平和を願う国際世論

       という 紐(ひも)につながれていたからだ。1930年代とも1950年代とも戦争の破壊規模は大きく変わり

       人類滅亡さえ招きかねない。1950年代とも違うもう一つの事は昨年7月国連で「核兵器禁止条約」が採択され

       平和への国際世論世論が強まってきている。今回の米朝会談も平和の国際世論がこの状況を作り出したと言える。

        観察するところ 今回の会談は出発点のようだ。アメリカを含めて核兵器は廃棄する、戦争はしないという状況を

       作り出していってもらいたいものだ。

     

2018.6.11(月)  曇り 晴れ 湿度 57%
    −−◎眼科に行ってきた。治療後のゴリゴリがようやくなくなった感じだ。

        去年 眼の治療をする前のころ、文字が読みづらくなってきて、文庫本など読むのに時間がかかっていた。

        だんだん頭の働きも鈍くなってきたのかと観念していた。このごろ新書版を読んでいて興味ある話題のせい

        もあって一気に読んでしまった。あれっ!と思って、読みづらかった文庫本を取り出してペラペラめくって

        眺めてみたら文字が鮮明に見えた。頭の老衰ではなく、眼が弱化し治療して快復してきたことがわかって

        きて喜んでいる。(^O^)/

    −−◎トランプ大統領と金正恩委員長が会談すると報じられている。平和の方向で話が進展するように望む。

        まさかとは思うが トランプ大統領 会議の最中にスマホなどいじり始めることはないだろうが..。

        トランプ大統領はスマホ好きで日に何回もツィーターを書いているのと、G7はギリギリで抜け出して共同声明

        には同意しないと言っているし...。もしスマホをいじり始めたら終了の合図だ。


2018.6.10()  曇り のち 雨 湿度 65%
    −−◎朝顔がつるを伸ばし始めたので 棚を作った。

        白南天の木の根元周辺から若木がいっぱい出てきて 根元にあっては見かけが良くないため 

       全部切り取って形を整えた。主柱数本があり中ほどより上に枝が広がる形にした。

    −−◎田圃方面では田植えの時期になっている。田植えと言えば子どものころ 親戚の家の田仕事を手伝った事を

       思い出す。まだ寒い季節の苗床づくりから始まる。苗床以外の田では備中鍬で田起こし、水を張って田かき、ならし、

       田植えと続くのである。記憶のあるのは"田かき"で固まっている土をドロドロにする作業だが、当時は牛に装置を

       引かせて作業をするものであった。牛の鼻先に1mほど竹の棒がついていて私がその棒をもって先導し 後方では

       しっかりした大人が装置を押さえて田を均していく作業で 農耕用の牛はおとなしく怖くはなかった。

       時代は大きく変わり、今では 小型トラクターで田かき、田植え、雑草取り、稲刈り、脱穀、と次々と接続装置を

       取り換えて全作業ができるようになってきている。

       

2018.6.9() 晴れ 湿度 50%
    −−◎朝 散歩 小学生は土曜休みの日もあって今日は出会わず。

        冷蔵庫の整理、加工し冷凍や冷蔵に再保存、賞味期限間近の物は前面に出して置き使用しやすくした。

        台所の整理などしているうちに昼近くなり昼食用意。

        午後生協荷受け、休憩後、雑貨スーパーへ日用消耗品を買いに行った。

        土曜は休み日だが 結構あれこれと忙しかった。


2018.6.8(金)  晴れ 曇り 雨 湿度 67%
    −−◎水芭蕉は先日一輪咲いていたが 二つ目のつぼみが出てきている。

        夕方から雷雨 どしゃ降りが1時間ほど続き その後は静かな雨。

    −−◎食品スーパーで買い物。買い終わった後台の上でそれぞれが篭から持ち帰り用の袋に詰める。

        向かい側には母娘が作業中。子どもは3〜4歳の女の子。

        母  「〇〇ちゃん 今日は◇◇◇だけど 食べる?」

        子どもは声は出さず母親の方を見て「うん」というような感じで頭を縦に振った。

        母  「お父さん帰ってきたら食べる?」

        私が袋詰めを終わりその場を去った。

2018.6.7(木)  雨 曇り 晴れ  湿度 72%
    −−◎今季 初めて湿度が70%(我が家の店の中)を越えた。昨日「梅雨入り」が伝えられている。


2018.6.6(水)  雨  湿度 67%
    −−◎NTTユーザー協会の総会に行ってきた。タオル屋さんも来ておられた。総会はシャンシャンと終了した。

       その後のセミナー「情報通信の最新事情」の話が興味深かった。

       去年の講演では 情報処理と通信の一体化が中心だったが、今年の話は「一体化」はすでに前提条件で

       「一体化したシステム」がロボット(擬人化)を動かし活動を展開していくという話だった。

        製造工場では部品装着などに以前から 自動装置が使用されロボット作業と称している。食品製造業でも

       繊維製品製造業、日用品製造業、部品製造業、ロボット化されている。はては一部のホテルのフロントにも

       本物のロボット(人形化した)が出現し活躍している。自動運転の自動車が開発中である。

        さらに事務部門では1ドル=109円か108円かを手で入力していたものを自動的に取り入れ勝手に計算

       してくれる装置が出来てきている。宅配便の会社ではお届け先を以前は手入力作っていたものを今では

       手入力もするが 配達先の地図まで付けて 内容物 重さ 料金 他 必要資料をすぐに作ってくれる。

       あらゆる分野に幅をひろげ展開していきそうだ。

        一年で大きく進歩し事情が変わってきている。

        本日の話しのもう一つのポイントは セキュリティ対策だった。情報の漏えいを防ぎ、システムに侵入し

       システムを改変するような妨害を防ぐ対策が必要である との話だった。

    −−◎テレビや全国紙の新聞で 子ども虐待のニュースが報道された。亡くなった結愛(ゆあ)ちゃん(5歳)が

       書き取りノートに残した内容も紹介されていた。可愛い写真もでていた。

         *****

           もうパパとママにいわれなくてもしっかりとじぶんからきょうよりもっともっとあしたはできるようにするから

          もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします

          ほんとうにもうおなじことはしません ゆるして きのうぜんぜんできてなかったこと 

          これまでまいにちやってきたことをなおします

          これまでどれだけあほみたいにあそんでいたか あそぶってあほみたいなことやめる

          もうぜったいぜったいやらないからね わかったね ぜったいぜったいやくそく

          あしたのあさは きょうみたいにやるんじゃなくてもうあしたはぜったいやるんだぞとおもって

          いっしょうけんめいやってパパとママにみせるぞというきもちでやるぞ

         *****

         見ていて涙が出てきて、ここに書く言葉が出なかった。


2018.6.5(火)  曇り 晴れ 曇り 湿度 50%
    −−◎東南アジアのタイ国の海岸で 打ち上げられて死んだクジラの胃の中から80枚余りのプラスチック製の

       袋が見つかったとのこと(6月4日 NHK報道)。プラスチック製の袋とは通称ビニール袋の事だろう。

       他にも5mmほどの球形の粒子が大量に海に流れ込み魚が食べて死んでしまう例もあった。

        プラスチックごみを処理できる施設で処理するか または 再生資源として利用するかして適正に

       処理を進めることが必要である。間違っても 川や海へ捨てないことだ。


2018.6.4(月)  晴れ 湿度 56%
    −−◎イタリアにとって"移民"とは

        アフリカ"移民"と言われているが リビアの東北部から一番近いイタリアに粗末な船で(中には

        ゴムボートの人たちもいるとのこと)やってくる人が多い。政情不安定なリビア、ソマリア、その他の

        国のアフリカの人たち、中東諸国の戦乱の続いている国の人たち、イスラエルに追い出された

        パレスチナの人たちがリビア東北部にやってきてイタリアへやってくる。

         イタリアからフランス、ドイツ、イギリス、北欧、スペインへ渡っていく。

         イタリアにとって問題は 沿岸の地方の役所(日本でいう県や市)や住民が海で遭難する人たちの

        救助に経費と作業を提供しなければならなくなっていて、過剰負担になっていることだ。

        正規の手続きをしていない人たちもたくさんいて 膨大な人数のため、建物の宿泊所は提供できず、

        テント村を設定し、食料や衛生問題を管理しなければならない。西欧諸国へ行く時の一時収容所の

        役割をイタリアが担っている。

         西欧諸国へ移動せずテント村にとどまっている人たちの世話も継続しなければならない。

         イタリア選挙結果と 論議の末ようやく政権を成立させたのは 反移民思想というよりも、物理的負担

        軽減を求める住民の声だったようである。

        

2018.6.3()  晴れ 湿度 48%
    −−◎コンクリートには2m間隔で破損防止の溝がある。古くなってくるとこの溝に草が生えるようになる。

       春先から夏にかけて雨が多いと 取っても 取っても 生えてくる。外に出て南側に廻ってみると

       長いのは30cm程に伸びていた。放って置いたら無人の空家に見えてしまうだろう。休日なので

       草むしりをした。ほとんどは5〜10cm程度で溝に生えた草なので根が張っておらず 根元から引くと

       簡単に取れてくる。それでも全部取るのには1時間ほど掛かったがすっきりきれいになった。

    −−◎水芭蕉の花が1輪咲いていた。
     

2018.6.2() 晴れ 湿度 57%
    −−◎昨日4時ごろ、食品スーパーへ買い物の行き観察したことは、私とほぼ同年配の男性が一人で買い物を

       している姿を見かけたことだ。私がカートンを押して店内をあちこちしている時間は30分程度だったが

       その間だけでも数えてみたら 私を含めて7人だった。高齢になって"主夫業"をしている"主夫"が

       多くなってきている。

2018.6.1(金)  晴れ 湿度 51%
    −−◎あおむし→アゲハ蝶

         5月18日ころから(見たのは5月20日)木にくっついていた蚕くらいの大きさの あおむしが蛹(さなぎ)に

        次第に形を変えていき かなり小さくなっていた。色が茶色から黒っぽくなっていた。もうすぐ出てくるかなと

        見ていたが 今朝外に出てみると花の周りをアゲハ蝶になって飛んでいた。おーっ出てきたかとしばらく見ていた。

        昼ごろ見た時にはいなかった。きっと畑や畦道のある"仲間"のいる方へ飛んでいきチョウチョを満喫している

        のだろう。(^O^)/元いた木にはふわふわの殻が残っていて摘まみ上げようとしたらつぷれて飛び散ってしまった。


2018.5.31(木)  曇り 雨 湿度 62%
    −−◎FAXでコマーシャルのチラシが送られてくる。内容は各種様々で新聞チラシのようなものである意味

       サービス業や商品広告など 業界の動きをつかむ資料ともなる。迷惑半分、情報利益半分でやむを得ない。

       ただ会話用電話にFAXを送信されると迷惑することがある。ベルが鳴って電話に出ると「ピポ ピポ ピィー」と

       FAX信号音が流れてくる。電話を切ると3分後にまたベルが鳴りこれもFAX信号。さらにもう一回掛かって

       くる。送信エラーの場合は合計3回送信するようにセットされているらしい。集中して作業をしている時に

       6分間に3回電話に出るという無用の動作を強いられることになり 集中力が分散してしまう。

2018.5.30(水)  雨 湿度 63%
    −−◎市民会館で「高齢者福祉大会」という会が開かれ行ってきた。1000余名集まっておられたようだ。

       各単位から代表の人が3〜5名が来てみえて、老人もたくさんおられるようだ。こういう形で老人も

       組織されているということだ。

    −−◎EU(ヨーロッパ連合)では 使い捨てプラスチックの添付禁止 措置が取られるらしい。

       紙パックのジュースや飲料についているストローのたぐいだ。プラスチックごみが河川や海に流出して

       汚れがひどくなっているためらしい。

        

2018.5.29(火)  晴れ 湿度 55%
    −−◎靖子さんとこへ福祉医療の書類を持っていき様子を見てきた。特段の変化はなく眼をパチパチさせ

       口をモグモグ動かしていた。まだまだ大丈夫そうだ。


2018.5.28(月)  晴れ 曇り  湿度 58%
    −−◎眼科へ行く。だいぶ安定してきた状況だ。

    −−◎今週も始まった。平常業務日で特段の変化無し。ある意味変化がないということが 良いこと 

       のようでもあるが...。

    −−◎九州、西日本方面から梅雨入りになったと伝えられている。今年は春先の快適気候の日が

       少なかったようだ。   

2018.5.27()  晴れ 湿度 44%
    −−◎午後 公民館(コミュニティー)で吉田千秋先生(元大学教授−哲学)の話があり、聞きに行った。

    −−◎新聞とネット情報の違いは 新聞は 読者の関心事 または 編集識者の認識する重要度によって

        トップ記事から下の方の小さい記事へと流れていくが ネット情報はネット情報の活用者の関心事

        であり、ネット読者が自分の関心事に従って検索していくのでそこに留まり易く、見出し文字は

        同じ大きさで並んでいる。どちらにしても 見聞する私がしっかりした世間認識を持ってみることが大切か

       

2018.5.26() 晴れ 湿度 49%
    −−◎週一の家事、生協荷受け、その他処理。天気予報ほど室内気温も上がらず作業は程よく進行。

        

2018.5.25(金)  晴れ 湿度 37%
    −−◎散歩途中に植木屋さんの爺さん(じいさんと言っても私より少し上くらいだが)に出会った。自転車で

       素材を一時補植している畑けから帰り道のようであった。

       今日の挨拶は「暑いですねー」「いやーほんと 今日はー」て感じである。

        少し進むと お墓で掃除をしておられたご婦人「久しぶりやねー このごろ見かけんから 

       歩くのやめちゃったのかと...。」「そう言えば出会わなかったですね」

       「奥さんどうして見える?」

         「何とか生存しとるよ」

       「生存て そんな 若いからまだ 生きてもらわんと.. 暑うなるから大事にしてやってちょ」

       「ありがとうございます。できるだけ長生きしてもらおうとやってます」

        次に出会ったのはバイクで廻っている 新聞の集金のおばさん。バイクをわざわざ止めて

       「歩いているんですか」と声を掛けられた。実は一時間ほど前に我が家にも集金で来られて話していた

       ばかりだった。留守のお宅もあるようで 日を改めて2回目、3回目と行くこともあるそうだ。 

       「足腰が弱らないように運動してるんですよ..」

       「無理しんように 気を付けてやってね」

       本日は駅利用の通行人は別にして3人に出会った。

      −−◎200年〜300年前の 生活感覚または正義感(許容される社会通念)を持つ人たちと

       現代的な生活感覚を持つ人たちが同時に地球空間に生きている。これが現代社会のようだ。日本国内でも、

       あちらの国、こちらの国と比較した場合でも、それぞれの国の中においても そのように見受けられる。   

2018.5.24(木)  晴れ 湿度 36%
    −−◎コンパニオンプランツ。

        畑には 白菜とかキャベツとかエンドウとか種類ごとに植えられている。小さな趣味の菜園では

        病害虫や連作被害を抑えるため 二種類の物、例えばキュウリと葱(ねぎ)を交互に並べて

        植えていくことをコンパニオンプランツという。連作被害を抑えるため何種類かの野菜を場所を

        移動、交代して植えていくことはよく知られている事であるが、同じ場所に並べて植えるというのは

        初めて聞いたことである。

2018.5.23(水)  雨 湿度 61%
    −−◎市役所から 「靖子さんの 障害福祉手帳の更新が出来たから 取りに来て!」と連絡があり

        ハンコを持ってもらいに行ってきた。

    −−◎

2018.5.22(火)  晴れ 湿度 47%
    −−◎朝は晴れていて「今日も暑くなるわ」と思っていたが、昼すぎて柔らかな風もあり、過ごしやす

       かった。こんなことを"五月晴れ"というのかな。

    −−◎水芭蕉が次第に大きく伸びてきた。去年花に小豆粒ほどの実が5〜6個かたまりで実っていて

        別のところに植えていたところ、今まであったものより少し遅れて芽を出し来て小さな葉が数本

        伸びてきている。今年はまだ小さく 大きな球根に膨らんで来年花を咲かせるだろう。

2018.5.21(月)  晴れ 湿度 35%
    −−◎テレビや映画で見聞きした俳優さんやスポーツマンの訃報が次々と飛び込んできて、

       「日野原先生みたいに105歳まで 生きるとして 30数年あるわ」とのほほんとしていた私に

       衝撃を与えている。

    −−◎眼科へ行ってきた。治療後の炎症がなかなか治らないので週一で通っている。眼それ自体は

       一年前と比べると よく見えるようになっている。


2018.5.20()  晴れ 湿度 46%
    −−◎ここ少し前から ぶんたんの木に あおむしが来て 若葉をムシャムシャ喰っていた。

        大きくなったなと見ていたが2〜3日前から姿がない。"遠路"歩いてきて別の木で蛹(さなぎ)に

        なって留まっていた。この季節だったらきれいなアゲハ蝶になって飛んでいくだろう(^O^)。

    −−◎昨日は暑かったが 今日は涼しい風があり快適で散歩の足取りも軽かった。

2018.5.19() 晴れ 湿度 39%
    −−◎特養で家族の人が集まる 家族の集い があって行ってきた。

        職員の紹介、年中行事の紹介などがあり、途中でみんなで楽しく歌を歌ったりしたあと、7〜8人

        に分かれて話し合い 施設の係の人が意見を集約されていた。

        利用者の意見も取り入れられる機会となり良い試みだと思った。


2018.5.18(金)  晴れ 湿度 60%
    −−◎午後から運転免許の高齢者講習会に行ってきた。講習はあらかじめ申し込んでいた自動車学校で

       行なわれ こじんまりと 6人づつ一教室に分かれ 法令の変更・追加点などの説明を聞き、高齢者の

       「つい うっかり」の不注意で事故につながってしまう事例などの話もあった。少人数で気軽に質問する

       こともでき なごやかに進められよく頭にはいった。

        視力や動体視力、視野の測定、夜間視力、コントラストの小さい対象物を見る力、明るい所から

       暗い所へはいった時、またはその逆の場合対する対応の測定があった。

        次は実習で 今度は二組に分かれ 一台の車に3人づつのり助手席に先生が乗って順次運転し

       チェックしてもらう運転審査だった。車線変更、右折、左折、信号確認、一旦停車、Sカーブ、車庫入れ、

       後方を注意してドアの開閉、と続いて行った。

        何十年か以前の免許取得時に練習したことを思い出させる風景だった。

        教室に戻り「これからも安全運転に心がけて」と呼びかけがあり、全員 無事講習を終え

       終了証をもらって帰宅した。

         

2018.5.17(木)  晴れ のち 曇り 湿度 58%
    −−◎「自転車来たよー」

         午後の散歩は往きは広い道を 駅まで行って 帰りは通学路になっている狭い道を戻ってくる。

        この道は駅の南側から出ていて幅2mほど 広くなったり狭くなったり わずかに 左右に湾曲しているが

        我が家の南側の道(幅3.6m)へと続いている。 戻り道、前方に男女小学生5〜6人が道いっぱいに

        広がってワイワイ言いながら帰宅途中。私はだいたいは車の習慣で左側を歩いていた。

         誰かが左側生垣にたぶん虫でも見つけたのだろう、全員が一点を注視する体系に並んでいた。珍しい

        ものを見つけたらしくその場を離れる気配がなく 横へ広がったり 反対側の壁近くへ行ったりと 

        思い思いに動いていた。子どもの観察をじゃまをしないようにどちら側を通り抜けるか瞬時の思案をして、

        右へ足を向けようとしたその時。

        子どもの大きな声で「自転車来たヨー」と叫ぶ声。次の瞬間右側をゆっくり若者の自転車が通過していった。

        あの叫び声で歩を止めていなければ自転車と接触していたかも知れなかった。

         その瞬時に思っていたことは −−自転車なんか居ないではないか−−、−−子どもは仲間内でも

        大声で話すのだ−−、自転車が通過した後も、−−まだあんなに距離があるではないか−−。

        だった。

        思い返すと あの子どもの 目線は遠く離れていたのに私の方を見ていた。

        自分では しっかり歩いてると思っているのに 眺めていた子どもから見ると不安定に歩く私を見て

        こう言ったのだ。省略部分を補完すると 「おじさん うしろから 『自転車来たよー』 気を付けてな」と

        

2018.5.16(水)  晴れ 湿度 56%
    −−◎午後の室内気温は29.5℃だった。熱中症警報装置の小さな電子音が チ〜 チ〜 と鳴り

        60秒ごとに ピッ ピッ ピッと オレンジ色の光を発していた。やがて警告灯が 赤色に変わった。

        こんな時に ぶっ倒れては私の 長生き目標に 支障をきたすと思い(^O^)クーラーを入れた。

        先日網を掃除してあり きちんと作動し涼しくなった。

        今からこんなに暑くなると夏場の暑さが心配だ。

     

2018.5.15(火)  晴れ 湿度 59%
    −−◎本日は私が ◇◇先生のクリニックへ 3ヶ月に1回の内科系の診察に行ってきた。

        骨密度が弱くなってきているようだった。ビタミンDの錠剤をもらってきた。室内での仕事を

       やっていて、秋・冬はなるべく外で"体操"などやるようにしていたが、日照不足だったらしい。

        血液検査は 国立医療センターと違って 検査結果は翌日以後になるため後日聞きに行くことにした。

       いつものように 私の雑談にお付き合いしてくれて 話の合い間合い間に 健康上気を付けることなど

       話してくれて20分くらい話している間に 快 の気持ちになり 元気になったような気がした。

       私をこんな風に扱ってくれる すぐれた先生だと思った。


2018.5.14(月)  晴れ 湿度 49%
    −−◎眼科へ行ってきた。予期せぬ炎症が発生したりしないよう定期的に診察してもらっている。順次

        落ち着いてきている。

    −−◎世の中には様々な個性的な人がいる。昔から個性的な人はいたに違いないが それを表向きに

        現わすことができる世になりつつあるのも知れない。


2018.5.13()  雨 湿度 65%
    −−◎終日雨。午後からかなり大降りだった。

    −−◎5月の第2日曜日は母の日だそうだ。母の印象は3つ4つの場面しかない。何となく大きくなったが

        「大変だったねー」とか言われたり 気の毒そうに見られた少年時代の周囲の眼つきがなんだったのか

        思い返して十代後半になって 人々が何を考えて 大変 とか 気の毒 と言っているのか意味が

        分かってきた。しかし 母がいないのが 普通の事で そのことで なんの不便も 不足も感じた

        ことはない。その存在を認識しない対象物に不変も不足もない。

    −−◎うちの子には 子どもが成長するまで充分手を尽くしてきたことを観察しているので

         「母に感謝し その思いを 保持しつつ生きなさいよ」と言っている。


2018.5.12() 晴れ 湿度 40%
    −−◎ 人は 心の中に描く理想像をイメージして人前では振舞う。若者であれば内実もそれに向かって

        努力、研鑚を深める。この限りでは誰にも迷惑を及ぼさないし、本人が一歩一歩前進するならば

        良いことである。

         例外もある。老人会で出た「詐欺に引っかからないように」の注意の話では、銀行員になったり、

        市役所職員になたっり、警察を名乗ったり、法務省の役人だったりするそうだ。他所の以前にあった

        詐欺被害にあった事件が報告され注意が呼びかけられた。

         それはともかく通常の付き合いの場合、1%か2%かわからないがちょっとだけ良く見せかけようとして

        ふるまいその"品"の良さに到達しようとするのも悪いことではないようだ。


2018.5.11(金)  晴れ 湿度 41%
    −−◎人間いろいろな食品を食べている。納豆、発酵乳製品、大豆味噌、トマト、ネギ、ごぼう、レンコン、

       椎茸、昆布、オクラ、チョコまたはココア、コーヒー、酢、など。これはテレビの料理番組でないトーク番組で

       「身体に良い」「こんな効用がある」と紹介された食品で、覚えている限りの食品である。

       歴史的に効用が評価され良い物とされているリンゴやホウレン草は記憶がない。放送されたため

       納豆やトマトが"品切れ"になったこともあった。ただ 納豆を食べると痩せるとの情報は間違いで

       あったと後に訂正されている。

        私から見ると食酢などは飲むものではない。酢の物とか ドレッシングなどにその成分があれば

       味覚の変化として充分だと思っている。世間では ここ少し前から 酢の飲料が普及してきているようだ。

        何げなく食べていた各種食品の栄養成分やら 体内でのはたらき分かってきた感じだ。

        どんな良い食品でも 一度にたくさん食べても効果はないようだ。バランス良く、継続的に食べるのが

       良いようだ。


2018.5.10(木)  晴れ 湿度 38%
    −−◎木曜日の業務進行。大過なくすごした。治療後の眼は徐々に回復しつつある。

2018.5.9(水)  雨 のち 晴れ 湿度 40%
    −−◎運転免許更新の「認知機能検査結果通知書」が、

        届き満点に近い方の点数で「記憶力・判断力に心配ありません」との事だった。ニュースを

        観察していると 結構 20代 40代 50代の人も コンビニに突っ込んだり 歩道に乗り上げたり

        逆走したり 駐車場で事故になったりするケースが多い。中に高齢で 認知症だったり、心臓

        その他の病気だったらしいケースもあるようだ。で対人事故を起こすと双方に不幸な事態が発生

        するので 頭と体の健康検査は大切なことだ。後日 技能講習もあるようだ。こちらも大切だ。

        

2018.5.8(火)  晴れ のち 曇り のち 雨  湿度 64%
    −−◎枯れてしまたのかなと放置していた水芭蕉が10本ほど芽を出してきてこのところの 雨 晴れ 雨で3本ほどは

        大きな葉を広げてきた。今年はどの花も10日から2週間くらい早めに育っているようだ。

       

2018.5.7(月)  雨 のち 曇り 湿度 52%
    −−◎連休はゆっくりし本日から仕事開始。私などは観光地が空いている時期にセット旅行で出かけ

        連休のあちこちの様子はテレビニュースで拝見と言ったところか。

        

2018.5.6()  晴れ 湿度 37%
    −−◎「依存」と「依存症」

        「依存」意識は生活上誰もが持っている。依存意識に依存しているともいえる。

        日常生活の中で「あれをやって 次にこれをやって」と会社へ行って働いて、帰ってきて、ご飯を食べて 風呂へ

        はいって寝る。その他もろもろ。意識を持って生活している。昆虫などは無意識の中に組み込まれた計画性に

        よって朝夕を判定し生きている。依存の内容物を意識化して生き、発展させてきたところが人間と昆虫の違いである。

        様々な趣味や嗜好を持ってそれに「依存」している人たちもいる。「依存」しているだけなら「依存症」とは言わない。

        「良いご趣味をお持ちで..」とか「さすが通(つう)ですね..」と愛想を言われる。

        世間には 賭け事依存症とか アルコール依存症や このごろではゲーム依存症などと言うのも出てきている。

        生活に支障を起こすような事態を引き起こす依存を依存症というようだ。カジノが作られるというが依存症で日本が

        崩壊しないよう望む。

        他方では 物事の質的向上や 生産の向上のため 依存症に近い努力をしている人たちが 芸術、科学、の分野で

        たくさんいる。この人たちの中のごく少数の人たちが"天才"と言われるような成果を残している人もいる。

        健康的に暮らす人も、賭け事依存症の人も、天才も、それぞれの個別の存在条件のもとに生きる人に現れた依存の

        表現形態である。


2018.5.5(子どもの日 晴れ 湿度 32%
    −−◎子どもが帰宅していて 日用品などを持って靖子さんを見てきた。「おーい 来たよ」と言い トントンと肩や腕を

        つついたら、目を動かして 口をパクパクさせていた。何かしゃべろうとしているのだが聞こえない。感情は

        生きていると感じた。

        最近のようすは 週二回入浴させてもらい、午前中は2時間ほど車椅子のまま 他の入所者と一緒にフロアに居て

        午後はベットで過ごしている。朝と夕方歯磨きをしてもらい、日に数回 大と小の処理をしてもらっている。

        また 挫瘡が起き無いよう夜間も含み日に数回 右下 左下と寝がえりをさせてもらっている。完璧な介護で

        安心している。


2018.5.4(金) みどりの日  晴れ 湿度 39%
    −−◎カレンダーに従って 今日は 休み日。

    −−◎昨日のこの日記の 「粉ひき小屋のおじさんが罰せられた」話しは 何かというと 

       去年2017.2.4(土)の日記に そのことが書いてあったので

          −−再掲−−

    −−−−◎16世紀(1501〜1600)イタリアのヴェネツィアに近いフリウリ地方に風車を借りて製粉屋を

           営んでいた ド・メニコ・スカンディラ(通称=メノッキオ)と言う人がいた。

           彼は粉ひき機の調子を見ながら、粉ひき依頼者や受け取りに来た人と談笑し、休日には

           町へ出て行き所用を済ませ、買い物をしてきた。家族もいてごく普通の下層民だった。

           粉ひき機のようすを見ながら、誰も来ない時は買ってきた本を読んだり、人が来れば話を聞き

           気ままに見聞や自分の発想を織り込んでの話をしゃべっていた。

           ある時彼は呼び出され"異端者"として宗教裁判にかけられた。

           当時この地方では"教会"は 今でいう市役所と税務署と警察と裁判所とお寺とひとつに

           したような権限を持っていた。

           彼の主張は

           −−−私が考え信じているのは、すべてはカオスである。すなわち、土、空気、水、火、など

           これらの全体はカオスである。この全体は次第に塊りになっていった。ちょうど牛乳のなかから

           チーズの塊ができ、そこからうじ虫があらわれてくるように、このうじ虫のように出現して

           くるものが天使たちなのだ。−−−(杉山光信氏 訳本)

           神様もそこから出てきたのだと落ち着いて主張した。

           裁判官たちは彼の言っていることが理解できず一審では「疑いあり」だが釈放された。

           十数年後に再び捕らえられ異端者として処刑された。

       @教義は強権によって守られていたのか?。ガリレオは1600年代裁判にかけられ無期刑で

        軟禁状態に置かれ世を去った。1992年ローマ教皇庁はガリレオ裁判が誤りであったことを認め

        ガリレオに謝罪した。ガリレオの死去から350年後の事であった。

       Aちまたの おじさんが語り合えるほどに 町本が普及しかかっていたり 神の技ではない"起源"に

        ついて会話に出てくる状況にあったらしい事。

       B当時ヨーロッパに ギリシャ語・ラテン語や、周辺諸国語を幼少から学び、社会的に活動し諸外国へ

        出かけて活動する富裕で教養のある人たちと 生活の場で活力をもって活動する人たちがいたらしい事

       C人間の進歩は各部門の進歩が影響し合って進むらしい事。「この先はどうなっていたの?」と

        興味に押されて、資料を探索してみたい事柄がいっぱい出てくる。

       D初めて知ったことはイタリアのこの地方には今でも食用蠅を使ったうじ虫チーズがあるそうだ。◎−−−−

         −−再掲は以上−−

    −−◎今日は晴れて気温が少し下がった。すぐに風雨の天気に戻るらしい。プランターや植木鉢の花を植え替えたり、新しく植えたり

        整理した。
        

2018.5.3(木) 憲法記念日  雨 のち 曇り のち 晴れ 湿度 46%
    −−◎日本国憲法について。九十七条に次のように書かれている。

         第九十七条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、

        これらの権利は、過去幾多の試練に耐え現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託された

        ものである。

         「人類の多年にわたる自由獲得の努力」とは

        ヨーロッパ諸国での教会権力とのたたかいがあった。生活者の中では粉ひき小屋のおじさんが罰せられたり、

        偉い人ではガリレオまで 異端者狩り、魔女狩り、など 政権に圧迫され それに抗して 生活権、人権を獲得する闘いが

        あった。

         イギリスでの1688年王権に対する制限(権利の章典)が行なわれた。

         フランスではフランス人権宣言(制定1789年8月26日)が発せられ国民の基本的人権を保障した。

         アメリカでは1791年 アメリカ版の権利章典=修正憲法が作られた。その中で第一条に 「国教樹立を禁止し、

        信教、言論、出版の自由、集会・結社の自由、請願権を保障する。」と書かれている。

         ドイツでは1919年に民主的なワイマール憲法が作られた。

         近代国家形成の 数百年の歴史過程の知性で培われた精神を我がものとした日本国憲法を隅々まで実現すべく

        努力したい。

2018.5.2(水)  曇り のち 雨 湿度 65%
    −−◎5月3日は憲法記念日である。憲法の改悪化が論議されているが 大切なことは国民生活を憲法に沿ってより良く

        していくことである。日本を戦争の方向へ進めようとする改悪は避けなければならない。

    −−◎改定すべきは「日米地位協定」である。米軍機が住宅地上空を75mの高さで飛んだり、軍属が犯罪を起こしたときに

        裁判権がアメリカにあったり、治外法権が容認されている実態を改め改定すべきである。


2018.5.1(火)  晴れ 湿度 45%
    −−◎−−♪夏もちぃ〜かづく 八十八夜 野にも山にも若葉が茂る−−♪♪

        先日(4月23日の記事)は暑すぎて「夏は来ぬ」の歌が先に出てしまったが、夏になるのは立夏(5月5日)からで

        明日の八十八夜(5月2日)は夏に近づいている時のようだ。

        ここ一週間ばかりは夜9時ごろと朝7時ごろの室温が24℃〜22℃とあまり変わらず、私にとっては就寝時に"快適気温"が

        続いている。

        駐車場の片隅で小さな若葉が芽吹いてくると春の香りのこもった田畑と野山の風景が浮かんでくる。

2018.4.30(月)  晴れ 湿度 50%
    −−◎2005年に愛(知)地球博が開かれその跡地に 「ジブリパーク」が2022年に開設・開業されるとの事。

        となりのトトロや天空の城ラピュタなど 昔、子どもと一緒に見に行った事があり、テレビでもいくつかの作品を見た。

        その他の作品も含み 映画の風景が実風景として再現されるらしい。開設後 見に行くことを楽しみにしている。

        

2018.4.29()  晴れ 湿度 47%
    −−◎町内の 老人クラブに呼び出されて会合に行った。50人以上のクラブが三つあるそうでそのうちの一つ。

        いきなり "書記"の役職を副会長の次に名を連ねられ、やらされることに...。

        「とくに何もすることはないから...」とのこと。

        "お知らせ"などをプリントする程度の事のようだ。(時が経つとやることがいっぱい増えてくるかも知れない)

        〇休憩時間になると あいさつとして「奥さんどうですか?」と聞かれる。「このところ あまり変わりないですね」と答え、

         付け加えて「この病気にとっては"変わりない"ということは良いことなんです。治療方法がなく順次悪化するだけ

         ですから、変わりなければ悪化してないのですから..。本人は 見に行くと時々先日は泣くような声を発して何か

         訴えていました。肩をトントンして擦っていると治まります。20年になりますが これでいいということはありません。

         これからも長生きしてもらいたいです。」と言った。

  2018.4.28() 晴れ 湿度 37%
    −−◎靖子さんの店の電話番号(廃止している店だが電話番号はそのまま残っている)にグーグルから

        「あなたのお店ご紹介していいですか?写真を撮らしてもらって紹介もしますょ」と コマーシャル電話がかかってきた。

        そして「一般登録は無料ですが、低額料金で広告も出すますが...」とのことも。

        店は表向きも内部も靖子さんの記憶のためにと維持されているが営業は廃止しているので「店はいまは止めていますので

        紹介は要りません」とお断りをした。

        地図に載せるために本人(=建物の管理者)に意思確認をしているらしい。
        

2018.4.27(金)  晴れ 湿度 41%
    −−◎韓国と北朝鮮の会談が行われたようだ。「宣言」の方向で 同じ民族の同士が争うことなく 

       平穏な生活が今後展開されると良いと思う。

        

2018.4.26(木)  晴れ 湿度 46%
    −−◎フィンランドで「ベーシックインカム」という制度を 2017年1月から 対象者2000人を選定し 実験的に実施したことが

        伝えられている。2018年12月までで中断するということだが 2019年に結果報告書が作成されるという。

        高度に技術が進んできて、仕事が少なくなってきた社会で"失業保険"のようなものだが失業保険とは別個の制度で

        失業者が就職しても継続してもらえる。

        「仕事」を日本的感覚から言えば"趣味"のようにとらえて「苦行ではなく、好きな仕事をやろう」そのためにその給付金

        をもらっている間に考察しようとする制度らしい。これを見る角度にもよるがプラス面とマイナス面があったようだが

        仕事・労働に関して、未来社会の捉え方が出てくるかも知れないので 結果報告書が出てくるのが楽しみだ。

        

2018.4.25(水)  曇り のち 晴れ 湿度 47%
    −−◎ガス屋さんと新聞屋さんが集金に来られた。

    −−◎昨日のことだが、

        近く運転免許の書き換え手続きかあり、手続き場所となる"場所"の位置の確認に行った。というのも「運転免許課」の

        事務所が2年ほど前に場所が移転していてもまだ一度も行ったことが無かったためだ。〇〇文化プラザという建物の中に

        その事務を取り扱う「講習センター」があるらしい。その周辺までは20分ほどで到着した。この辺りは

        昔 国体(=国民体育大会)の会場になり、使用できる施設は、現在も あるいは立て直してスポーツ用に使用している

        建造物が多くあり、その後には 博覧会があり それらも再利用または敷地を活用して各種施設が立っている。

        駐車場はそれら施設の合同駐車場になっている。駐車場入口には 行先として スポーツ施設の事務所や 県出先事務所

        など5ヶ所ほど書いてありその中に「講習センター」もあった。ウィークデーで人はいなかったが そこに車を停めて中を探した。

        スポーツ施設だからひとつひとつが入口はかなり離れている。20分ほど歩いて「ここにはない」と思い、車はそのまま置いて

        通りに出て周辺を歩いて歩いて探した。お店に立ち寄り聞き、コンビニたちより聞き、もう一度別の店で聞いたところ、

        店員さん「そんな遠くから歩いて来たんですか? 講習センターは途中を南に行ったところにあるんですが 道が違っていて

        わからなかったと思います」と行先を細かく親切に教えてくれた。更に歩いて歩いていくと郵便局があった。

        確か「郵便局脇の駐車場」と書いてあった事を思い出し近づいていき見ると郵便局の駐車場とは別に大きな駐車場があり

          ここもいくつかの施設共用で「講習センター」も書いてあった。−−ここからどちらへ行けば良いのだ−−と眺めていると遠くに

        管理する守衛さんが歩いていて、近づいて行き「講習センターってどこにあるんですか?」と聞いた。

        「それはご苦労さん。入ってこられたほうと反対側のあちらに、歩行者出入口がありますからそこを出て 左に少し進み、

        突き当たって右へまわり少し行くとありますから...」

        私「どの建物ですか。ここから見えますか」

        「ああ あれだよあの白い扇型のまるみがかった建物だよ」

        聞いたように歩くと扇型の建物の下に出た。ここにも駐車場係の守衛さんがいた。

        「講習センターの入口はどこですか」

        「ここから入れるよ」

        「えっ ここは駐車場の出入り口だけど...」

        「ここをはいって右側出口を昇るとそこのホールに出られるよ。ぐるっと表玄関へまわるより早くいけるよ」

        指定のようにホールに出て2階へ上ると、2階ホールも一角に50人ほどのふわふわ椅子があり間仕切りのない部屋の

        ようなもので10数人思い思いに待っている様子だった。係の人が2人いた。

        「ご用件は?」

        「今日ではないのですが 会場の場所を確かめに来たのです。2年前から会場が変って 遅れるとあかんので 見に来たの

        やけど 確かめに来て良かった。駐車場についてから 2時間ぐらい探して歩いてようやく見つかった。」

        と案内のハガキを出して見せた。

        「それはこ苦労さんでしたね。これは〇〇日だね」

        歩き疲れて 目の前の椅子に掛けて「ちょっと 座っていい・疲れた」。「どうぞ」。

        5分ほど休憩していて「ありがとう」と言って帰宅した。11時50分に家を出て帰宅したのが2時40分だった。

        2時間歩いたことになる


2018.4.24(火)  雨 湿度 58%
    −−◎店の洗髪・洗面台は今も現役で残っていて、時に水道を使用している。3時ごろ、空きペットボトルに水を取って室内の

        草花に水をやろうとしていると、すぐ脇の出窓のガラスの下辺に小さな目玉が二つ。「えっ」と思ってそちらを見ると

        左右上下にキョロキョロ。事態を察した私は ニコニコ顔をして二本指で「ピース、ピース」の形をつくり左右に振ると

        ちょっと微笑んで「あわぁー」と声を発して一緒にいた子たちの方へ戻り帰宅したようだった。小学生低学年のようだった。

        ※面白いというか「ふふっ」と笑いを誘う風景だったので 忘れないうちにここに記す。


2018.4.23(月)  晴れ 湿度 51%
    −−◎2週間ほど早く "藤の花"の季節になった。散歩みちの よそのお家の藤の花がきれいに垂れ下がっていた。

        我が家の藤は今年は花が出なかった。秋から冬にかけての手入れが悪かったようだ。葉っぱは元気に出て

        きているので来年は 水や肥料を怠らずきれいに咲かせよう。

        −−−♪♪おこたぁり諫むる 夏ぅは来ぬ♪♪−−− ふと こんな歌詞が浮かんできてしまった。

        

2018.4.22()  晴れ 湿度 37%
    −−◎「認知症の人と家族の会」の県の総会があって参加した。

         ○他ごとなれど、本日マラソン大会があって 会場近くの大通りを南北に走るため 午前中交通遮断になっていて

          その他の道路で渋滞が起こり、駐車場は満杯のようすだった。中央駅まで電車で行き、今日の"散歩"はこれで

          代用しようと 徒歩で会場へ向かった。少し足を進めると 汗がじんわり 上着を脱ぎ片手にもってさらに進んだ。

          若いころなら15分で行けるところを28分かかって到着。時間にゆとりを持って出ていたので充分間に合った。

          到着時には汗びっしょり。帰宅してからわかったことだが 気温が今春最高の30℃を越えていたとか。暑いはずだ。"(-""-)"

          マラソンのほうもぶっ倒れた人が何人か救急車で運ばれたとか...。

         ○総会では 来賓に県の高齢福祉課長と職員さん、市の高齢福祉課長と関係者のかたが来ておられ挨拶された。

          この一年間のにおこなった 各種行事の報告と次年度の計画、役員などを決めて終了した。総会後は会の40年の

          活動の進展をつづった映画(プロジェクター)を見た。介護者の気持ちに寄り添う「会」の活動が映し出され、社会的にも

          身体拘束の禁止、介護保険の制度化など働きかけ、介護環境を良くしてきた活動が紹介されていた。

          役員の皆さまのボランティア(=無報酬)のご努力に感謝。


2018.4.21() 晴れ 湿度 45%
    −−◎資料整理、家事関連作業集中処理、生協荷受け、その他。本日も無事生息。

    −−◎ご飯は 毎日炊くのは面倒で 以前から いちどきに炊いている。過去の話だが炊飯器で炊いて そのまま3日もすると

        表面がカチカチになってしまい処分することもあった。それ以来 いちどきには炊くが 200gづつラップに包み冷凍

        している。食事にはパンとか麺類もあり、ご飯のかたまり(冷凍)は5〜6日使用できる。去年確保した冷蔵庫は冷凍部分

        の容量が大きく便利だ。


2018.4.20(金)  晴れ 湿度 39%
    −−◎午後から「家族の会」の例会に行ってきた。介護20年ともなると、特に相談したいことも、訴えたいことも

        あるわけではないが、行って靖子さんや私の近況を話したり、皆さんのご苦労話を聞いたりしてきた。

        "誰かをお世話なさっている"という 共通の経験で気分的には共通するものがあってゆったりする場所として

        いつも行っている。こんな勝手な気分で 主催者の皆さんには申し訳ないが..(^O^)/

        今日は自宅介護14年、特養で6年、と苦労話は省いて経過を簡潔に話した。私の心電図の話もした。

        とかくこもりがちなる生活を外に向けて動くと気分が軽快になる。


2018.4.19(木)  晴れ 湿度 46%
    −−◎書かれてある湿度は 湿度計の実測であるが 規則性がなくバラバラに見える。

        湿度は雨ならば高く 晴れならば低く 気温が高ければ高く、気温が低ければ低くなるのが流れである。

        なのに 雨、晴れの天気に沿ってもおらず、気温にもピッタリ沿ってもいない。測定時間に"問題"あるようだ。

        日付欄の湿度を先に日中に書き 夜る記事を書き込むこともあり、夜になって日付欄を書き込むこともあり

        測定時間が一定していなかったようだ。それに空調を入れている時と切ってある時では湿度も違う。

        それでバラバラになっているとわかったが しかしこのパターンは変わりそうもなくバラバラは続きそうだ。(^O^)/


2018.4.18(水)  曇り のち 晴れ 湿度 37%
    −−◎政治家(王様)や役人は私利私欲を計らず品行方正でなければならない。と古来中国でも日本でも厳しい

        掟であった。自分を応援してもらうため お友達のため国を利用してもならない。近くは江戸時代の田沼意次のごとし。

        松平定信に厳しく批判された。


2018.4.17(火)  曇り のち 雨 湿度 39%
    −−◎黄砂が吹いてきて空ばかりか、遠景が曇りがち。午後遅くから雨になってきて雨後にはすっきり晴れるだろう。

        でもまだ次の黄砂が吹いてきそうだ。


2018.4.16(月)  晴れ 湿度 41%
    −−◎将棋の藤井くんは中学生にして強豪に打ち勝って有段者となり 今 高校生になった。

       人生の展開は3次元的である。前後、左右、上へと延びたり 時に縮んだりする。コマのような円盤が固定した

       中心軸に沿って登ったり下ったりして次第に上昇していく、円盤の直径も大きくなったり小さくなったりして

       次第に大きくなっていく。上昇し大きくなればそれだけ広い範囲が見渡せようになるわけだ。

        ややこしくなるので1〜100までの1次元的に表現し、私の現在位置を50と仮定する。

        −−人生こんなものかな−−と思う時、上位は例えばノーベル賞受賞か、ビル・ゲイツ(マイクロソフト元社長)か 

       あまりなりたくもないが総理大臣とか、下位は路上生活をしていて不良高校生に殺害された人(不良高校生には

       「死んだ人を生き返らせろ!」と厳命する)を想定する。

        −−本題に戻るが−−。上位志向はあるが、ビル・ゲイツになろうとも思わないしなれる状況にはない、

       50を現在位置とすれば55〜56あたりを思い描く。

        上昇志向を持つということは私も現代の"階級社会"にどっぷりと組み込まれてしまっているらしい。違う

       時代になると前後、左右と3次元的な広がりをより願望するかもしれない。

    −−◎本日は「お掃除の日」。お掃除お姉さんが今日は3人来てくれて 10時〜12時まで2時間かけて

       あちこちきれいにしてもらいすっきりした。いつもここに書かなかった所ではクーラーの上側、30年近く使用している

       電子レンジの表面は油汚れが取れてきれいになり、目線より高い位置の茶だんすの上、冷蔵庫の上、もきれいになった。


2018.4.15()  曇り 晴れ 湿度 31%
    −−◎ ニンジン、ジャガイモ、さつまいも、をさいころ状に切って 別々に煮てざるで乾かし、冷凍して置く。

        ジャガイモ、さつまいもはちょっと固めにしておく、でないと本煮の時に溶けてしまう。

        他に 大根、里芋、など いろいろあればいいが今回は上のごとし、カボチャや インゲン豆(青物)、ごぼう、

        椎茸 生のまま冷凍して置く。細かく切ったチキンライス用鶏肉や サイコロ豆腐は商品として売られている。

        こんにゃくは冷凍不可であり調理時に切って入れる。

         必要な時 上記の物を少しづつ鍋に入れ沸騰したら醤油または味噌、調味料を加え60秒ほど煮たてる。

        1人分の"いも煮"の出来上がり。時間がすいた時に用意して置き 忙しい時に食事抜きにならぬ工夫。

        

2018.4.14() 曇り のち 雨 湿度 51%
    −−◎生協荷受け。諸事処理。2ヶ月に一回の“お掃除の日”が16日なのでそれに合わせて室内の整理整頓をした。


2018.4.13(金)  晴れ 湿度 31%
    −−◎ 朝6時30分、店の気温は16℃だった。自然界で人間の生存できる気温は衣服を着用して−40℃くらい

        から+50℃程度までである。それも短時間の事である。

         論理的に認識できる低い温度は絶対0度(=−273.15℃)で0K(ゼロケイ)と言う。

         高い方は10×10×10×....と掛けて行って10を32回掛けた数値の温度になる。

         実際に観察できる低い温度は液体窒素で−196℃ 77K、高い方は 溶鉱炉や火山の噴火で数千度と

        言ったところ。人間が肌感で感じられるのは0℃〜35℃くらいまである。

         外で霜が下りたような朝でも店の室温は8℃〜10℃で本日は外気は不明だが室温は16℃だった。最近の

        上下する気温で先日室温が12℃まで下がったがたった4℃の違いが肌感では寒かったり、暖かかったりする。

        自然界の広範囲の気温の中で一定の範囲では細かい差を感知できるようだ。

    −−◎明日はお祭りの日。昔でいえば七つの村が一つの神社へお神輿を奉納する。前夜の今日は各戸を廻って

       寄付金を集めて歩く(文化も維持費がかかる)。去年までは若者が神輿を担いでいたが、担ぎ手が集まらなくて

       今年は 軽四輪の車に乗せて、ゆっくり移動していた。


2018.4.12(木)  晴れ 曇り 晴れ 湿度 27%
    −−◎眼科へ行ってきた。右眼は去年5月の治療の結果大変よく見えるようになっている。左眼はこの3月に治療したが

       見え方は 傷痕の治りが遅く いまいちぼけている。4〜5日は霧の中にいるようだったが 次第にはっきりしてきていて

       もう少し日が経てばよく見えるようになるだろう。(右は良く見えるので生活に支障はないが..)

    −−◎哲学カフェなるものに行ってきた。話し手(報告者)が私が勝手にファンだと思っている先生だったからだ。(^O^)/

             

2018.4.11(水)  曇り のち 雨  湿度 43%
    −−◎
       隊長「きみたち 誰だっけ なんて言ったけ?」

        A「もそ..もそ..もそ..(隊長私たちの名前忘れたんだって)」

        B「去年まで ここに袋が貼ってあったのに」

        A「濡れてどこかへ行ってまったんやって..」

       隊長「なに もそもそ言っているんだ」

        B「誰だか おしえてあげなぁーい」


2018.4.10(火)  晴れ 湿度 35%
    −−◎私が県医療センターへ腰の診察に行ってきた。担当の先生は何時も丁寧で カルテを見て 5年ほどの経緯を簡潔に

       復唱して 「その後どうですか?」ときかれた。昨年9月にひどい腰痛があったが、その後痛みは出ておらず、動作が悪く

       なることもなく、現状維持が続いていることを話した。

        8時10分に家を出て帰宅したのが8時49分で 11時ころまでかかると思い出かけたが9時前に帰宅出来て、

       平常業務を支障なく開始した。

    −−◎某所で紳士が並び椅子に掛けていた。胸にバッチが...。このバッチは弁護士ではないし..、議員だな..、

        この色は市会ではないから県議か..。

         「県の議員さんかね」

         「うっ、うぅ そうや」

         「誰やったかねぇ」

         「◇◇や」

         「あっ そうでしたか 初めて見ました。」

         ..そういえば新聞などで見たことはあったが会話を交わす程近くで見たのは初めてだった。..

         「新聞などでよく見かけます。」

         「あぁ それは..」

         私が先に席を離れることになって

         「今後のご活躍を期待します。それじゃお先に..」

         「気を付けて かえりゃぁな」

         ※見知らぬ人の 興味本位の話し掛けにも お付き合いなさるのが"議員さん"なのだ と感じた次第。


2018.4.9(月)  晴れ..曇り..晴れ..曇り  湿度 27%
    −−◎昨日と違って早朝寒かった。 午前中ストーブ付けて仕事をしていたら 灯油が燃え尽きてストーブが消えた。

        明日寒くてもストーブは付けられない。休日に掃除をしてかたずけておこう。

    −−◎午後は暖かくなり、時間を見つけて、朝顔や草花の種や、薬局スーパーへで消耗品など買いに行ってきた。


2018.4.8()  晴れ 湿度 37%
    −−◎シャッター戸を上げると 朝日が飛び込んでくる。外に出て手足を動かし軽く運動。風の吹き溜まりになっているのか

       晩秋ほどではないが落ち葉がちらほら、飴玉の包み紙とか、コンビニのレシート券とか飛んできていて、気にかかって

       掃き掃除。

        植木鉢やプランターにも 雨上がりには雑草が生えてきて大きくならないうちにと草取りをする。

       「おはようございます。」と背後から声がかかった。

       「おはようございます。」と返す。

       早朝のお散歩かコンビニへ行かれるのか 近所のご婦人が立っておられて チューリップを見て

       「球根採っておかれるの?」

       「えっ えー 葉が枯れたころ 取り出して ちょっと乾燥させて袋に入れてとってあったんです。花が散った手前の列は

        とったあった方で、今咲いている後ろの列は新しく買ってきて植えたものですが..」

       「いつも通ると きれいな花が咲いていて...」

       ※そうか −−見ていてくれた人がいたんだなぁ−− と気づき 心が広がる思いがした。


2018.4.7() 晴れ..曇り..晴れ  湿度 50%
    −−◎観光開発

        靖子さんを特養に預かってもらって(2012年以来6年)から 常時お相手をしていなければならない状況が

       なくなった。時たまバス旅行に行っている。その時発見したこと。

        たいていの場合、名所旧跡を3〜4ヶ所見てまわるがその中に 開発途上のような施設が含まれている。

        その中の一つに、入場口付近に広い駐車場があり、中にはいると、散策路、お花畑、採れた花や作物を売る店、

       ケーキとパンの工場、体験コーナー、それを売る店、レストラン、いろいろ売っているコンビニのような店、などがあり、

       さらに進むと 地面を整備していて、建築中の建物があり、「〇〇〇建設中」と表示がしてあった。拡充しているらしい。

        10反か20反(=3000坪〜6000坪≒10000u〜20000u=一辺100m×100m〜200m×100m)の

       広さがありそうだ。

        はいったすぐ脇に「乗務員さん専用休憩室」があって飲み物と長時間のいるバスの乗務員が利用できる小さな

       個室寝室が幾つかあるようだった。

        ※以下は私の記憶と連想の記述。

        周辺の休耕田や原野をまとめて買い取って観光施設をつくる。自治体が支援したところもある。40年〜50年程

       前から作られていて、"当たり"となったところは いま盛りなり と大きく展開しているが さびれて休園になったところもある。

       "当たり"を見て ここ10年くらい前から建設を始めたところもあり ここではメーン施設が出来たら まず開園しあとは

       順次作って行こう ということになって、それが私に開発途上に見えたようだ。

        あちこちに 以前には"町"や"村"と言っていた地域にもいくつか作られてきた。一部バス会社とのタイアップも

       あるかもしれない。いくつかできてもそれぞれが広い地域に宣伝出来るものではなく バス旅行のプログラムの中に

       入れてもらわないと客足が途絶えてしまう。

        この何年間に結構多くの "新観光地"に案内された。先月行った"なばなの里"はどういう経緯で作られたかは

       知らないが昔の史跡から見れば"新観光地"であるが、平日だったのに人も多く、賑わっていた。その他のところ

       でも特徴を生かして発展するように見えるところもあった。他方 一層の工夫を期待したいところもあった。


2018.4.6(金)  曇り のち 雨 湿度 60%
    −−◎世の中にはめったに起こらないことが たまには起こることがある。

        大相撲"舞鶴場所"で挨拶をしていた舞鶴市長が 突然ぶっ倒れた。

        (いくつかのニュース映像や解説を私の眼で集約すると→)男性が土俵に上がったが どうしていいかわからず

        あたふたしていた。次に女性が近づき「上がっていいですか」と声をかけ土俵に上がり、男性たちに 何かをしゃべり

        倒れた人に人工呼吸を開始し継続していた。大勢の観客のいるこの状況の中でしっかりとした行動をとっていた。

        と突然『女性は土俵から降りてください』と2回ほど場内放送された。女性たちは人工呼吸を継続して しばらく続き

        警察官かまたは消防士の男性たちが到着したので 状況を簡潔に伝え処置を交代し

        土俵を降りて行った。(目に見えたところはこんな あんばいだった。)

        その後の新聞報道によれば女性は看護師で「為すべきことをやったので あまり大事(おおごと)にしないでほしい」と

        言っていたそうだ。相撲協会の理事長は「不適切な対応」に謝罪し 後日女性に「感謝の意を伝えたい」との意向を

        表していたという。

        ※「大相撲」は一つの世界である。その世界観はその中で完結させてほしい。2018年のこの日本において、相撲の世界の

        のしきたりを外側の世界に押し付けてはならない。挨拶に立った市長も女性も相撲の外側の世界の人であり、市長は

        寸分を争う生命の危機に遭遇していたというのに。もし手遅れになっていたとしたら、百万回謝罪しても 時を戻して

        その場面からやり直すことは出来ない。

        一部関係者は女性の救護活動を容認していたかも知れない(だから実力排除をせず救護を継続してもらっていたのだ)。

        その世界の推進者になろうとする人は 状況の把握と その瞬間には何が重要問題化を 決断し行動するか 行動しないか

        決定し行動する。この場合は“女人禁制”を 当事者を含む広く慣習にマイクで伝える という行動をとった。

        (一般にその瞬間の行動はその瞬間の個人または団体の論理と感情の総体の現れである)相撲界が “瞬時の行動”に

         おいても 現実世界に適合する 行動をとれるよう 今後の“修行”を期待する。

        

2018.4.5(木)  晴れ 湿度 33%
    −−◎アメリカで キング牧師は公民権運動をしていた。50年前 黒人清掃員の待遇改善運動に参加し、貧冨の差の解消を

        訴えていて暗殺された。4月4日現地で 1万人以上が参加しキング牧師を悼み その遺を継いで 「人種差別撤廃」を

        訴えてデモ行進をした。集会ではキング牧師が生前訴えていた「私たちは人間である」や「私には希望がある」などの

        プラカードを掲げていた。(←※各種報道より集約)

        現在、キング牧師らの辛抱強い運動によって法的には黒人差別は撤廃されている。しかし 実生活では 1700年代

        以来引き継がれてきた白人の黒人に対する意識が行動に出て いまなお黒人に対する不当な状況が発生している。

        白人警官の 武器を持たない黒人を数人で抑え込み銃殺するような事件が発生している。(その警官は処分されたそうだが) 

        このような事態が無くなるまで運動は続けられていくだろう。

     

2018.4.4(水)  晴れ 湿度 41%
    −−◎本日は「暑い」といえるほどの天気になった。去年の秋は夏から間を置かず冬になったが、今度は快適気温を

        少しだけにして 冬から夏になってしまうのかな?4月、5月は快適気温でいてくれないと困るのだが...。(^O^)/


2018.4.3(火)  晴れ 湿度 43%
    −−◎仕事に集中し外出はなかった。晴れで気温の上昇は感知したが世間の動きはまったくわからず。

    −−◎牛乳屋さんが集金に来られ、「朝は早よう 配達に出て 戻ってきて だんだん気温が上がり昼前には30℃近こうなって

        服を着たり脱いだりで大変や」と言っておられた。

2018.4.2(月)  晴れ 湿度 36%
    −−◎植木鉢の木がいっせいに芽を吹きだしてきた。「ボンタン」は数10cmに伸びそれぞれの枝の先端から芽を出している。

        「ミニバラ」はすべて葉が落ちていたが一番早く芽を出して赤みがかった葉っぱをいっぱい広げている。藤の芽も

        ふくらんできている。名前を知らないが他に2種小さな葉を出しかけている。

        地面に植えてある「南天」は根っこの周りからいっぱい芽を吹きだしている。こちらは大きな株にならないように時期には

        切り取っている。見ていて活動的な気分がわいてくる。


2018.4.1()  晴れ 湿度 42%
    −−◎さくら 見てきたよ。


        川沿い↑

        神社前↑




2018.3.31() 晴れ 湿度 29%
    −−◎銃社会アメリカ

         アメリカ大陸へは数万年前 モンゴル系  アジア系の人たちが 当時 陸か氷でつながっていた陸地や千島列島

        経由で 現在のカナダへ移り住んでいった。1万年くらいかかって 南アメリカ 現在のチリの最南端にまで到達した。

         動植物が豊かに生育する中米を中心に幾つかの「帝国」が作られたことは史跡に残っている。現在のアメリカ合衆国

        あたりには 史跡はないが その地域を居住地とする 村人たちがいて 交流の拠点とする 市(いち)や街が多数あり

        独自の街と 連携して小さな国に相当する集団つくっている街がいくつかあった。

         15世紀(1400年代)の中ごろ以後ヨーロッパ人が入ってきた。イギリス、フランス、ポルトガル、スペイン、オランダ

        などの人たちが 中米では「帝国」を滅ぼし、北米では 村人を追い払ったり 虐殺したりして占領地を広げていった。

         元々住んでいた人たちが 不当に占拠された居住地、山林河川を取り戻そうと戦いを仕掛けてきた。当然の事だろうる

        初期に来たヨーロッパ人たちが アメリカをインドと間違えていて そこに住んでいる人たちを"インディアン"と言って

        いて その言い方が今も残っている。アメリカ時代劇の「西部劇」ではその多くがインディアンは悪者扱いで

        その中の強い者を 「凶悪の〇〇〇」などと書いて映画の看板を出している。

         ヨーロッパ人は不当に奪って土地を 元々の人たちが取り返しに襲ってくる可能性を考えて心落ち着かず銃を所持して

        備えた。時代は経過し原住民はほとんど抑圧されて襲ってくる心配など無くなっても銃を持ち続けていた。牧場をやって

        いたりすると広大な草原の中に家が一軒 ポツン ポツンと あるだけで ギャングに襲われるかもしれれない。と言う訳だ

         野獣対策とも言っている。 しかし 適正な対応をしていた元々の住民の間では猛獣にバクバクと喰われてしまっていた

        わけではない。野獣対策を知らぬヨーロッパ人の対応だった。

         その流れに沿って現在でも銃を所持し続け、あちこちで銃乱射事件が起こっても 拳銃所持の習慣を断ち切れず

        所持が続いている。

         今アメリカ人 というのは 初期のヨーロッパ各国人の移民、元々いた人たち、その後の移民、

        無理やり連れてこられた黒人、1900年以後のヨーロッパ以外の国からの移民でアメリカ国籍を得た人たちである。

         銃が まるで時計か眼鏡のように売られていて、街角に"ピストル屋"がある。作る方も大手メーカーから 中小メーカー

        がある。製造側、販売側、それぞれに業界団体が作られていて国会議員を出す程に力を持っている。アメリカ世論は

        "銃禁止"へ100万人デモで表現されるなど 大きく変わってきているようだ、アメリカ世論が"銃禁止"に向かって

        進むことを期待する。

     

2018.3.30(金)  晴れ 湿度 22%
    −−◎「ああ 1年経った」と思う日が12月の年末と3月の年度末にある。生活空間では12月が一年の締めくくりと

        しているが、学校や会社は3月締めで、その後自営になってからも相手の会社は3月締めで当社にも関係してくる。

        若いころの「一年」というと もっと長かったような気がするが 今「もう一年経ってしまったか」と感じ 短かかった気がする。

        知人が言うには「自分では気づかないが 次第にやることが少なくなってきているし、また 何もかもわかっている

        同じことを繰り返しやっていると 何もやっていないような気になってしまう。私も同じこと思う」と。

        あれもやり これもやりして結構忙しく動いたが、 でも 若いころと比べると 1年が短くなった気がする。


2018.3.29(木)  晴れ 湿度 37%
    −−◎年度替わりで 業務多忙で まとまった"日記"が書けないが 靖子さんも私も無事生存しているよ。(^O^)/

        月が変ったらまた 書くよ。


2018.3.28(水)  晴れ 湿度 38%
    −−◎石油ストーブの油が暖かくなるまでに 「少し足らないかな」と思っていたが、このところの暖かさで少し余る気がする。

        寒かった冬は4月中ごろまで付けていたことがあった。この分で行くと ちょっと寒かった日に 焚き切ってしまえば

        「余りもせず 足りなくもない」でうまい具合に終了することになる。


2018.3.27(火)  晴れ 湿度 37%
    −−◎ちょうど1ヶ月前2月27日のこの日記に『あの人はええ(良い)仕事する人やった。』との一節があった。

        その中の ええ(良い) について

        使用例   ええ服=新しい服、品質の良い服

               物がええ=物の品質が高級

               ええなー=良いもの 良い状況である ほめる言葉。 羨ましい、気持ちの表現

               ええか = 同意するか?  

               ええよ = 同意する

               〇〇〇やれよ ええか =親が子どもに言う時はほとんど命令形。    子ども「いや!」     (^O^)/

              というように使っている言葉である            

2018.3.26(月)  晴れ 湿度 32%
    −−◎乳製品や 米粉製品が こっそり値上げされている。価格は同じなのだが 量目が 100g→90g とか

         150g→135gとかになっているのだ。


2018.3.25()  晴れ 湿度 28%
    −−◎アメリカで銃乱射事件が相次いで起こっている。そのアメリカで銃規制を求める集会デモが行なわれた。全米各地で

        行なわれたが ある場所では110万人集まったとか、アメリカも銃を規制する方向に動いていくだろう。まだ時間を要する

        かも知れないが...。東京都議会でデモを抑圧するような条例が通過しようとしている。憲法で保障されている表現の自由

        "規制"するもので警戒を要する。

    −−◎町内の "おひまち"に行ってきた。秋葉神社の宮司さんの火の用心のお祈りがあって、町内会長さんが地域要求を市役所へ

        持っていき その進行状況について報告された。


2018.3.24() 晴れ 湿度 28%
    −−◎快適気温が継続。家事処理。生協荷受け。その他。

    −−◎新聞屋さんとガス屋さんが集金に来られた。


2018.3.23(金)  晴れ 湿度 25%
    −−◎クリーニングなど持っていき、その足で一週間分の食料品を買い求めてきた。青物野菜が安くなっていた。二週間前には

        レタスが298円だったが、今日は128円で昨年秋の値段に戻っていた。昨年10月に"天候不順"で 白菜など菜っ葉類

        が高くなり、ずーっとそのままの値段が続き お正月が過ぎ、節分も過ぎ お雛祭りもそのまま来てようやく元の値に戻って

        来たようだ。いも類や根菜類は急に生育しないので 高いままの物もあった。

    −−◎今日は昨日よりさらに暖かくなり、空気もカラッとしていて快適だった。

        こんな日は 思考力も行動力も盛んになるような気がする。

        "気"がしたが 実際には いつもより たくさんの事が出来たようでもなかった。寒い雨の日の どんよりした気分でなく

        快適にことを進めた分だけ"得"をした。ということにしておこう。(^O^)/


2018.3.22(木)  晴れ 湿度 38%
    −−◎朝は 雨が残っていたが朝日が上がってきて周囲を照らし、寒かった昨日から今日は気温が上がり午後には20℃

        近くになっていた。18℃〜26℃を快適気温と言っているが こんな気温の時が仕事の能率も上がる。


2018.3.21(水)  春分の日  朝から晩まで 雨 湿度 38%
    −−◎古代 のろし から始まった 情報伝達手段は格段に発達してきた。情報獲得の方法やビジュアル化(見える)の方法も

        発展してきている。3月2日の学習会でも 情報機器の産業や生活空間での活用について聞いたが、「なばなの里」の

        巨大スクリーンもビジュアル化の一端であり、昨日記事の着用心電図計も機能が向上してきている。そして私の生活の中で

        接することとなっている。

    −−◎本日、仕事は休日。電器屋スーパーへ行き"決算処分セール"というので見てきた。マウスが壊れていたので1個買い、

        USBハブを買ってきた。このごろはUSBから接続して使用する小型機器が多くなって付けたり外したりする時パソコン本体の

        接続口では不便だが50cmほどのコードのついたハブを付けると手元で接続できるので便利だ。

        ハソコン本体は去年秋の新製品がかなり安く売られていたが 今必要ではないので 通過してきた。

        

2018.3.20(火)  雨  湿度 58%
    −−◎116,884回、

         これは私の 先月2月22日〜23日にかけての24時間+5分の総心拍数である。一日の心拍数と言っても、

        およその数を思い描くことはあっても実測値を見たのは初めてのことだ。このシステムが私に見せたデータの概要について

        私の覚えのために記しておく。

         ※その前に結果評価の基準は@全く何ともない A微少にイベントがあるが日常生活に差し支えない 

           B不整合があり時折検査の要あり(重いものを持つとか急に走るなどしない) C治療を要するレベル 

           D入院治療を要するレベル(Dの中に軽度〜重度がある)

           私はAレベルだった。(特に異常はない)

         ○装置=名刺又は店舗の会員カードくらいの厚さ数mmの大きさの物で端子6本が細いコードでたこ足のように出ていて

        端子をペタペタと胸部の左右に(前面・脇の下)貼り付け 装置本体は胸骨の下 胃の前面上あたりに貼り付けて24時間

        測定するものだった。

         時間は100分1秒ごとの変化情報を収集保存できるものだった。

         ○プリントデータ=A4片面印刷で150枚程度がピシッと製本してあった。 そのうち10枚程度は文字・数値で

          集計結果が記載されていた。

          何枚かある内の3枚目だけ内容を紹介すると 

          @全体の中で拍数の少なかった時刻、多かった時刻の任意の1分間の拍数。24時間の平均拍数。

          A心拍情報=正常心拍、心室期外収縮、上心室期外収縮、その他の心拍、ベース心拍、フュージョン(溶解)、

          脚ブロック、補充収縮

          B不整脈情報 について9項目。

          C 2秒以上のポーズ(収縮停止)の7項目の状況 

          DST情報(QRS群とT波の間の部分)4項目。

          結果文字表示以外のページは A4横の用紙に上下二段に分けて脈拍の波形(=心電図)がプリントされていた。

          上段30秒分 下段残りの30秒分として60秒(1分)程度しか書く込めないので 24時間分はプリントできないので

          10分ごとに1分抽出してプリントすることを基準に、イベントのあった部分を3〜5分とプリントしたのかも知れないが

          確かめなかったのでわからない。

          ※私が見た微少な"異常値"とは 一定時間で心拍を繰り返している中で ポツンと前後と比べて5分の4〜3分の2

            程度の短い時間で心拍することがあった。(頻度が少ないので異常とは言えない) また波形が上に1.5倍ほど

            伸びている個所がポツンとあった。(これも頻度少ない)

         ○集計装置=見ていないからわからないが 結果データから 相当大型の物であることが推測される(物体としてではなく

          処理能力において)。おそらく医師集団が歴史的な心臓医学の集大成し波形と病理の関係を経験的に類型化 

          特徴事象を瞬時に 抽出できるようにしたものらしい。囲碁・将棋でプロに時々勝ほどにコンピュータが発達した時代

          医学もコンピュータの能力を活用しているのだろう。

         ○20年前と違ってコンピュータの各種機器も価格が安くなってきて一般時にも活用してもらえるようになってきて

          弱者にとっては良いことである。

         ※116,884回というのは1分で約81回になりやや多すぎるように見えるが1日平均となると普通である。

          通常脈拍を測定する時 横になっていたり 椅子に掛けていて測り、歩いていたり走っていて測ることはない。それで

          68とか72とか78などととなる。今回一番少なかったのは早朝目覚める1時間ほど前で拍数52回だった。多くなっていた

          のは何回かあったが昼すぎ3時ごろ125回だった。思い返すと10kgほどの荷物を2回物置に運んでいた。2階へ3回ほど

          続けて登り下りしたこと、その他動いている時だった。通常の動きでも 座って脈をはかっている時より多くなり、重い荷物

          など持ったりすると平均値は上昇し81回になったのだろう。

     

2018.3.19(月)  曇り 湿度 45%
    −−◎

    チューリA
      「あんただれ?」

    あんた「おやおや 元気やね、わしはこのあたりじゃ古株の沈丁花(ジンチョウゲ)やよ」
    チューリA
      「今まで 見たことないね」

    沈 「チューリちゃんは 今年早く咲いたし わしは12月から つぼみ付けてたんやが
      急に 暑く成ったり 寒くなったりで 機会をとらえ損ねて今ようやく咲くことに..」

    チューリA
      「私が早く出て 沈さんが 遅かったので巡り会えたってわけね」

    沈「そういうことや 珍しい人に会えて幸せなことや」
    チューリA
     「沈さんの いい香りが このあたりにいっぱいひろがっているよ」 


2018.3.18()  晴れ 湿度 36%
    −−◎早く咲いてしまったチューリップ
    チューリA
      「咲いたよ! 咲いたよ!。 元老院のおっちゃん。写真 写真」

    元 「いっぱい咲くまで待っとってネ」
    チューリA
      「その時またみんなで撮ればいいやん」

    元 「そだねー」
    チューリB・C
      「ふふっ、合わないよ」
    元「なんだネ」
     チューリB・C
     「オリンピックは終って、カーリングは次の別の組み合わせやよ」

    ※"そだねー"→北見市常呂町周辺で使用されている。全域での北海道方言
      ではない。"そうだねー"と同様 突然聞いても意味の分かる言葉である。

    −−◎大英帝国(イギリス)はアフリカのケープタウン経由でインドを植民地支配し、それを足掛かりにして

       オーストリアを植民地化(1828年)しニュージーランドにも植民地会社を置いた。中東支配を策してインド北西部から

       北上し東側から中東へ入ろうとしていた。

        他方 ロシア帝国は周辺小国を自己の国としたり衛星国とし植民地化しつつ 「海への出入り口」として北側の他に

       東方の樺太・千島から太平洋への出口をさぐり、ロシア西南から南下しインド洋への出口をさぐっていた。

        そして 南からイギリス 北からロシア と現在のアフガニスタン地域で衝突しそうになり、アフガニスタンを緩衝地帯として

       どちらからも攻め無いこととした。一定の平静さを取り戻したが 事あるごとに 国民感情としては再燃したり 薄れたりしている。

       スペイン、ポルトガル、オランダなどが"植民地獲得競争"で力を無くした後、対立はイギリスとロシアになってきていた。

         (↑1600年〜1900年ころまで↑)

        今次イギリス国内での ロシアスパイ暗殺事件で 双方 20名以上の外交官追放を行なうなど大事(おおごと)になって

       きている。古くからある国民感情の対立の源流を意識するそれぞれの政府代表者が 慮って(おもんぱかって)の"外交戦"

       をやっているのではないかと推察した。

    −−◎世の中 ある事柄があってから時間を経て なぜそうなったかが解かってくることがある。(もちろん 世間では知られていたかも

       知れないが 私には解からなかったが 「私に解かってきた」という意味であるが)

        昨年10月の 臨時国会での冒頭解散、総選挙の事である。自民党は国会勢力で優位を占めているのになぜ今解散か?

       と疑問に思ったものである。その過程で小池東京都知事が自民党を批判するようなそぶりを見せて民進党をかく乱し

       少数バラバラ政党に追い込み自民党を勝利させた。

        もし昨年10月に選挙ではなく、臨時国会を予定通り進めて審議していたら、文書改ざん問題がその時出てきて安倍内閣は

       総辞職していたかも知れない事態だった。あの解散総選挙はそれを防ぎ政権を長持ちさせる策だったようだ。

       ということが私に解かってきた。


2018.3.17() 晴れ 湿度 33%
    −−◎そして何も言わなかった。

        −−記憶にございません−−

        −−個別の事情にかかわることは差し控えさせていただきます。−−

        −−その点は訴追されていますのでお答えを控えさせていただきます。−−

        −−仮定の問題についてはお答えできません。−−

        −−手続きは適正に処理され経過書類は破棄したのでこれがすべてです。−−(←破棄部分は言わない)

        −−・・・・・・・・・・。−− (←返事に詰まって発声無し)

    −−◎土曜は仕事は休み日、眼科へ行って、雑事を処理し、生協荷受け、午後の休憩、さらに雑事処理で本日終了。


2018.3.16(金)  雨 のち 晴れ 湿度 57%
    −−◎プランターに植えていたチューリップが昨日もう咲いた。3輪咲いていた。去年は4月2日に最初の花が咲いていたが

        今年は急に暖かくなったせいか葉が充分伸びないうちに小柄な花が咲いた。20本くらいあって順次葉っぱも伸びて

        背丈の高いチューリップも咲くだろう。大きな花が咲いたら写真はその時に...。(^O^)/

    −−◎

2018.3.15(木)  晴れ 湿度 41%
    −−◎世界で 大国と言われる国々の 昔の"民族主義"というか 国家主義的傾向が出始めて来ている。

        アメリカ  アメリカファーストと言い 関税値上げ メキシコの壁。キューバとの緩和政策を見直し。

        ロシア   ウクライナの自治州クリミアへ侵攻し クリミアを国として承認し衛星国としようとしている。日本の千島を占拠

        中国    尖閣諸島へ領域侵入。南シナ海での強引な海洋進出。中国を称える映画作成。

        イギリス  EUを離脱し 独自の権益を模索。暗殺事件があって ロシアと双方が"理由"を言いあって対立している。

        日本    日本は結構大国になっているが 憲法があり 他方ではアメリカに抑えられていて海外進出は出来ない。

               日本では 維新の会から分裂し 民族主義を唱える"日本のこころ"は2017年10月の選挙で

               衆議院は0(ゼロ)になった。その代わり安倍総理が"戦争法"、"共謀罪"など旧軍国主義へ向かっている

        ドイツ、フランス なども個別の "民族主義"的勢力はいるが首相や大統領をとるには至っていない。

        ところで無(多)国籍業の要求によるグローバル化と 近代的知性による多数国民の支持による国際化とは異なっている。

        民族主義は近代的知性の国際化に攻撃を仕掛けてくるが グローバル化が 生活の格差を増大させている事にも

       攻撃を加え 住民の格差批判の声を取り上げるふりをして政権に付き その後に「心を一つに」などと言って

       「もの言えぬ社会」を作り上げ、かつての 日本軍国主義やナチスのヒトラーのような世界を作ってしまう惧れがある。

        所得格差や アフリカや中東での今食べる食事もないような子ども達のいる地域を作り出す グローバル化は

       考え直おさなければならないし、そこを批判するふりをして台頭してくる右翼民族主義的傾向にも警戒しなければならない。


2018.3.14(水)  晴れ 湿度 35%
    −−◎仕事日、職務専念。眼科に行ってきた。


2018.3.13(火)  晴れ 湿度 23%
    −−◎水道管付け替え工事は終わったらしい。昨日は端から端まで2人で掃除をしておられた。毎日終了時には

        掃除をしていたが 材料の切れ端や小石など目こぼしになっていないか点検しておられたようだ。

        本日は10人ほど来て、空き地に机を置いて、書類を並べ 工事個所を写真に撮っておられたようだった。

    −−◎暖かくなってきて快適気温になって体調は良い。気候はその年によって違っていて 何年か前には

        入学式のころ結構寒かったこともあり"油断大敵"である。(風邪をひかないように)


2018.3.12(月)  晴れ 湿度 26%
    −−◎アメリカと北朝鮮が会談をする方向で話が進んでいるようだ。会談を始める前に何事かでトラブルになり

        どちらかが「おら やーめた」なんてことにならないよう平和を進展するよう しっかり約束してほしい。

        戦争又は"事変"になれば日本も巻き込まれ勝っても負けても大被害が発生する。

        戦争の歴史をみると 国の代表という人たちは、何十万人 何百万人の人たちが犠牲になるような戦争を

        "決断"して進めてきた。第一次大戦、第二次大戦、その後も アジア アフリカ ヨーロッパで 戦争状態が

        途切れることなく発生している。このような事態は防がなくてはならない。

        安倍さんも「圧力 圧力」とアメリカの言っている事を鸚鵡(オウム)のように繰り返すのでなく 独立国の"総理"

        として 独自の平和の方策のため力を出していただきたい。

        韓国の大統領の動きは平和にとって良いことである。

2018.3.11()  晴れ 湿度 24%
    −−◎ネット動画で 前川喜平さんの話を見聞した。と言っても例の新設学校の事ではなく、夜間中学の話だった。

        夜間中学と言えば 私の中では 映画・ドラマの「学校」という話の中に出てくる 家庭の事情で昼間学校に

        いけない子が行っている学校かと思っていた。もちろんそういう子もいるが事態はもっと複雑だった。

        @戦後の中学新設時に年少ではあるが仕事に就いて家族の生活を支え中学へ行けなかった人、および

         戦争で両親も家も無くなり、一人または 幼い兄弟姉妹で自身の生活をしてきた人で保護されず中学へ行けなかった人、

        A戦後外地から引き揚げてきた人たちの子弟で中学へ行けなかった人、B体に障害があって中学へ

        行けなかった人、C不登校で行かなかった人と不登校で行かなかったが卒業証書もらってしまった人、

        D日本へ移り住んできた外国人で元の国で中学へ行っていなかった人。

        @〜Dの人たちで 20歳すぎの若者から 高齢者もいて 現場の先生方の大きな努力で支えられている。

         こういう人たちの学習願望や制度面の権利などについても詳しい話があり私の「夜間中学」への認識を深めた

         話だった。


2018.3.10() 晴れ 湿度 25%
    −−◎水道工事は この日記で3月1日に「目算50軒」と書いたが全体では もっともっと多かったようだ。というのも

        我が家の脇小学生の通学路になっている道路では順次奥の方へと個別工事が進んでいて、片側10軒とし左右で

        20軒ある。脇道の方は昼間は車両通行止めが続いていてガードマンが交通整理をしている。

    −−◎土曜は仕事は休みで 買い物、整理整頓、その他諸事項処理、生協荷受けなどをおこなった。

    −−◎トランプ大統領は鉄、アルミへの輸入関税引き上げをきめた。日本はTPPで農業製品の輸入関税を0(ゼロ)に

        しようとしている。(アメリカはTPPを離脱したが日本に同等の条件を要求してくるに違いない)

        すると 鉄アルミは輸出が押さえられその部門では不振・不景気となり、他方 関税0の安い農製品が多量に

        輸入され、農業関係では不況に陥り、鉄も不況 農業も不況の ダブルパンチで日本経済はつぶれてしまうのでは

        ないかと心配である。政府は"グローバル化"に踊らされて輸入関税0の方向へ持っていこうとしているが、

        アメリカの態度豹変で困ったことになってしまう。国内消費も基準に日本経済を立て直す方向に持っていくべきである。

        

2018.3.9(金)  曇り のち 晴れ 湿度 24%
    −−◎夕方 駐車場のコンクリートが乾燥するまで置かれていた簡易柵が取り払われ、利用可になった。

        別の場所に置いていた車を戻してきて置いた。

    −−◎佐川国税庁長官が辞任した。「丁寧さを欠く 国会答弁が 国会運営に支障をきたしている責任を感じて」辞める

        と報じられている。

        ※"書類は破棄したので無い"とするものが後から出てきたり、書類のつじつまが合わなかったり、国会証言の

          話が出るようになって"辞める"とは 安倍総理の介入があったことを疑わせる事態である。

          その後"音声資料"(録音資料)も出てきており、籠池氏を監獄に閉じ込めて当時のようすを外界で

          しゃべらないようにして蓋をしている。他方では 推理小説を連想させるような事故・事件が起こっている。

          総理の国政私物化が疑わしくなってくる事態である。速く解明していただきたい。


2018.3.8(木)  曇り のち 雨 湿度 52%
    −−◎最近はパソコンを使えぬ新入社員が多いとか。 おじさんが若者にパソコンを教えてもらう時代は去った。(^O^)/

        パソコンは使わず 一本指でスマートフォンを使う若者たちにとって 10本指で ブラインドタッチなどは別世界の話

        以前の若者が中堅社員になって、かつてはおじさんにパソコンを教え、いまでは 若者にパソコンを教え上にも下にも

        教える立場になってしまったとか。


2018.3.7(水)  曇り 湿度 29%
    −−◎3月1日に我が家の水道管の付け替え工事があり、11mコンクリートを切って40cm幅で掘り起こして交換後

        土砂で固めてあったが、漏水や、水が出ないなどのトラブルが無かったことを確認して 本日コンクリートを張り

        元通りにしてもらってた。

        3日間車が入れられないため 5〜6軒先の工事屋が借りている駐車場に入れさせてもらっている。

        全面ではないので歩いて出入りする分には差し支えない。


2018.3.6(火)  晴れ 湿度 21%
    −−◎3月2日に行った なばなの里の 電光装飾の写真 
       「里」の中には バラ園や しだれ梅 その他

       いろいろあって 歩いて廻ったが通りかかった時

       くまモンを映していた。

       テレビを大きくしたようなもので 画素として

      LED電球が何百万と一個一個電線でつなげて

      あってコンピュータで動画を映し出している。

      写真では中心部分だけだが 左右は広く広がって

      いて、背景は富士山のような山が頂上と空まで

      ある大きなものだった。

      テレビコマーシャルよりは 見映えのするものだった。




2018.3.5(月)  雨 湿度 40%
    −−◎靖子さんの障害者手帳の更新手続きに行ってきた。

2018.3.4()  晴れ 湿度 33%
    −−◎熊に代って猪がこのごろ 山から出てきて(愛知県蒲郡市)・(新潟県五泉市)人にけがをさせているようだ。

        春まじかになって山に餌が無くなって出てきたのだろう。路上では出会いたくない動物だ。

        子どものころ田舎で 谷川の川向うを疾走するイノシシを見たことがある結構大きくてザッザッザッーと草木を擦る音が

        聞こえて怖かったことがある。「あれは逃げているのだからこっちへは来ないよ。それに目的もないのに川をわたって

        こちらへ来ることもない」と聞いてほっとしていた。


2018.3.3() 晴れ 湿度 25%
    −−◎観光・学習旅行、に行った後の気分。

        あまり外に出ないで家の中 中心の生活をしていると あの青虫か ヤモリのように眼前の事に視界が縮まってくる。

        水金地火木土天海冥と宇宙の果てまで心の内も、動きにおいては足や交通機関を介しての行動の広がりも 遠ざかり

        目の前の物事の処理に埋もれてしまう。旅行に出るとその空間から一時的に遮断され、あれやこれやの外側世界を

        見るにつけ、(直接関連して発想が広がるわけではないが..)視界の広がりを見せる。

        気分的には良いことのようだ。

2018.3.2(金)  晴れ 湿度 28%
    −−◎観光シーズンを避けての、観光・学習旅行、に行った。さいわい本日は風も吹かず比較的外を歩くのも暖く快適だった。

        学習は「最近の通信事情と産業での活用」といった内容で、@電気料金を一軒一軒検針に廻らなくても会社で

        掌握できることや、Aブルドーザーに情報機器をつけて故障した時どこにそのブルがあるのか(建設現場はあちこち)

        どういう故障をしたのかを自動的に無線で製造会社へ知らせることにした。製造会社は必要部品を調えて速やかに

        現場へ到達できるようになり、利用者には速い対応で喜ばれ 会社にとっても部品を取りに戻ることが少なくなり

        有利になった。というような事例から各種の便利な機能の発展過程にあることが紹介された。

        ※私の感想は便利さは良いが、個人情報についてはプライバシーの侵害にならないようにしないといけないと思う。

        観光は県北部方面の 鈴鹿市の椿大神社を拝観し、アクアイグニス(四日市)、なばなの里のイルミネーション(桑名市)

        などを見物してきた。テレビコマーシャルにも出てくるなばなの里の電光装飾は結構壮観だった。

        ※写真はうまく撮れていればそのうち掲示。


2018.3.1(木)  雨 のち 晴れ 湿度 25%
    −−◎市の水道管が鉛管からプラスチック製へと付け替え工事が行われている。我が家の周辺目算50軒分ほど。

        まず道路地下にある本管を取り換えて、順次個別の家庭分をメーターのところまで取り換える。12月から工事は

        行われていたが本日ようやく我が家の工事となった。駐車場の地中を通っているため厚さ5cmほどのコンクリート

        に切り込みを入れ、幅40cmに深さ50〜60cmで7m程の溝を掘って管を取り換えたようだった。


2018.2.28(水)  晴れ のち 曇り のち 雨  湿度 35%
    −−◎2月も本日で終わり 暖かくなってきたが"春の嵐"が来るそうで 周囲それなりにかたずけた。


2018.2.27(火)  晴れ 湿度 21%
    −−◎午後知人が来訪し1時間ぐらい話していった。健康状態の事やら ひどい病気ではないが病院へ行っている事、

        家族の事、厚生年金+基礎年金は思いのほか少ない事、なのに税金や介護保険はたくさんとられている事、など。

        それぞれべつのルートで知っていた職人さんのM氏の話が出て「あんたも知っとったんか、あの人はええ(良い)仕事

        する人やった。」

        「うん しっかりした仕事する人やった」

        その他 もろもろ 最近の世間"情報"を交換した。

2018.2.26(月)  晴れ 曇り 晴れ 湿度 19%以下
    −−◎引き出しの中にビール商品券があった。使用期限の記入してあるものがあり 10年くらい前から順次たまってきたもので

        期限の記入して無ないものもあった。こんなもの使用できるのか? 

        と酒屋さんに聞きに行ったところ「全部使えます」との事だった。

        期限付きの物2枚だけビールと交換してきたが一度にたくさんもらって来ても仕方ないのでたくさん残っている。

        この種の券で図書券、公衆電話のテレホンカード、デパート商品券があった。図書券は利用価値があって1枚残っているのみ。

        テレホンカードは携帯電話を使用し ほとんど使用しないため10枚ほど残っていた。デパートの商品券は「デパートまで

        行って あれを買って来よう」という物がなくのこったまま。

        これら商品券を自分で買ってきたことはなく何かの機会にもらったものだが

        物体化しておかないと贈ってくれた人に申し訳ない。

        

2018.2.25()  曇り 晴れ 曇り 湿度 23%
    −−◎縄文人が使っていたという”火きり臼”

        およそ3300年前に縄文人が 火をおこすために使っていた火きり臼が石川県で発見されたとの事。

        大昔にはこんな道具を使い長時間かけて火を付けていたということだ。マッチが発見されるまでの時代では

        どうしていたのだろうと思う。私の幼児のころの記憶では囲炉裏(いろり)に火種を残して翌日それで火を付けていた

        のを見たことがある。マッチはあるが昔からの生活習慣の流れでそうしていたようだ。時代はガスをマッチでつけるようになり

        今や“パチン”とひねると火が付きマッチも不要となった。電子レンジではガスも不要で、自動的に切れて消し忘れの

        心配も無くなった。

2018.2.24() 曇り 晴れ 湿度 19%以下
    −−◎@昨日 Kさんから電話がかかっててきた。Kさんは 20歳代か30歳代ころの知人で以来一度も会った事が

        なかった。電話で私を確認する時に私の名前が一部違っていたので正しい名前を言うと

        「そうでした そうでした ごめんなさい」と。双方からいろいろ話が出た。

        A1月の下旬にもN女史から電話がかかってきた。このかたもずーと対面したことはなかった。

        女史「元気ですか 私も80歳になったんですよ。体調もこれと言ってわるいところはなく 動いているんですよ」

         私「へーっ イメージが浮かびませんが 美人だった姿を思い浮かべて 今 話してるんですが・・・」

        女史「そのつもりで(=若いころのイメージで)お話しして。」と あれやこれやお話しした。

        ※このところ(ここ2年くらい) ちょっと前10月には 向こうから我が家へ来訪して戴いたり、商用や日常生活以外で

        長期の空白のあった 方(かた)達からの電話などのお便りがたくさんあった。どこかに出た時に偶然そういう人に

        出会った方も何人かいた。出会ってお話しするとうれしくなって元気が出てくる感じがする。前々から

        古い知人友人に会いたいなーと思いつつ、何人かは私が自分から会いに行きお話ししてきたが、私のそんな思いの

        伝わるはずもない相手方から 察するかのように来て頂いて 脳波が空中を伝わって行ったのか?

        と思ったりする。 (^O^)/

        それとも それぞれがこの年代になって同じように「一度会いたい」と思われるようになってきたということか?。


2018.2.23(金)  晴れ 湿度 19%以下
    −−◎着用心電図計をくっ付けて一日すごした。"普通"に起き朝の家事をし、仕事も通常どうりすすめ、

        夕刻は買い物にも行って、24時間経過したので医院へ行き取り外してもらった。

        「結果の解析をしなければならないので日数がかかりますが、結果が出たらお知らせしますから」とのことで

        本日は帰ってきた。たぶん何ともないだろう。でもしっかり調べてもらった方がよさそうだ。

        俳優の大杉漣さんが(66歳)心臓で亡くなったと聞いてショックだった。


2018.2.22(木)  晴れ 湿度 22%
    −−◎車をバックさせる時に、頭から体を左に回して後方を見る。その時に心臓が圧迫されるような感じがする。

        前回病院で診察の時に言ったところ、「そのあと どういう感じになるの?」と聞かれた。

        「前を向いて運転しているともう忘れてしまい うちへ帰ってから"さっき 変な感じだったなー"と思い出します」

        「圧迫感が すぐ無くなれば大丈夫だよ ...このまえにもそんな話を聞いたから 心配ならば 心電図をとってみよう」

        と言われた。その日は一般心電図検査だったが 「もう一回来てください」と言われた。

        本日夕方行って 体に貼り付ける心電図計をつけてもらった。

        以前に誰がが 心電図だと言ってタバコ2個分を横に並べたほどの大きさの装置をズボンのベルトに下げていたのを

        見たことがあった。最近は小さくなって名刺又は店舗の会員カードくらいの厚さ数mmの大きさの装置で

        端子が細いコードでたこ足のように出ている物だった。

        検査技師の先生に端子をペタペタと体に貼り付けてもらい 本体も胸骨の下胃の上あたりに貼り付けてもらった。

       私   「今夜はお風呂はダメですね」

    検査の先生「水に濡れても大丈夫ですから お風呂は這入って下さい」

       私   「でも 一日くらい飛ばして這入らなくても...」

        先生「なるべく普段通りの生活で結果がどう出るかを見ますから、お風呂も這入って下さい。ただ 端子のところは

            はずれないように こするのは避けるなど 注意していただければ...」

       帰ってきて 夕食準備、夕食、食後にテレビニュースなど見て風呂に入り、雑用を処理し寝た。

          

2018.2.21(水)  曇り 晴れ 湿度 21%
    −−◎通りがかった近所のばあさんとの会話。

        老婦人「あんた 奥さんどうやね」

         私  「はい ありがとうございます。だんだん 動けなくなりましたが なんとか 生きとるがね。」

         婦  「そうかね あんたも 大変やね。」

         私  「お散歩ですか。」

         婦  「これから ***(=薬局スーパー)へ あんパン買いに行くのや

             年くうと歩かんといかんからね。あんたも 毎日 散歩しとるみたいやね」

         私  「運動と言っても簡単に出きんで歩くのは大事やね」

         婦  「そうなんやて 毎日 一個だけあんパン買いに行っとるのや。毎日 あんパン一個だけ買っていると

             店員さんが『なんや この人』と思うとあかんで たまには あんパンでないものを買ってね。」

         私  「そんなこと いいじゃないすか こちらは “お客さん”なんやから」

         婦  「あんた 足はどうやね」

         私  「ああ こっち側の足 このつま先の方が上向きに動きにくいのは 治らへん。悪うなってもおらんけど

             放っておくと 足が動かんようになってしまうそうや、できるだけ動かしているのや」

         婦  「わしもな 出来るだけ家の中でも動いて、こうやって 外にも出ているのや」

         私  「それじゃ 気を付けて行って来て、それから 風邪ひかんようにね」

         婦  「うん あんたも 気を付けてやっとってね」

    −−◎人間は 人それぞれに 身体図式、身体技法、言語図式、言語技法という事象がある。→また後の時に・・・・。

2018.2.20(火)  晴れ 湿度 25%
    −−◎靖子さんおひなさまの飾り物を持って行ってあげ、消耗品を補充してきた。

        特養で靖子さんの今後6ヶ月間の介護計画についての家族と担当者(ケアマネージャー、介護士、看護師、栄養士)

        の会議があって行ってきた。

        靖子さんのこのごろのようすについて、私も部分的につかんでいることであるが

        次のように報告された

        胃瘻を設定して1年2ヶ月へて熱も出ず安定した状況で推移している。

        去年の4月ごろと比べて体重は1.3kg増えているとの事。

        毎日の歯磨きや口内清拭と週一回の歯科医師による口腔衛生処置をしてもらっている。

        ほとんど横になった状態でいるが 1日のうち午前中 2時間ほど 車椅子でフロアに出て

        テレビなど見て(当人はテレビを意識できていないが..)他の人に混じって過ごしている。

        体が固定化していて動きが少なくなっていいるため、筋肉をほぐすように試みている。

        風呂は週2回、排便は日に一回 前面介護でやってもらっている。

        時々泣き声を発している。

        

2018.2.19(月)  晴れ 湿度 26%
    −−◎本日は お掃除お姉さんたちに来てもらっての「お掃除の日」。プロの技で細かいところまできれいになった。

        きれいになるとすっきりして花でも飾りたい気分になる。

        前回にも書いたが、今日は手抜きになっていく 私の整理整頓感覚を標準レベルに引き戻してくれる日だった。

    −−◎自動車の保険を例年とほぼ同じ内容で申し込みをしてきた。

        携帯電話(二つ折りを開いて使う本物のケイタイ)のバッテリーが消耗してきたため交換してきた。

        

2018.2.18()  晴れ 湿度 21%
    −−◎"適当"という言葉の偏移。

        ◇物を見る−−−−正確に観察する−−→概観する(=基本はずらさないが 大ざっぱに観察する)。

        ◇事を処理する−−適当に処理する・・・・・(概観に相当する語が無かった。)
               ↓                     |→↓
               →−"適切"に処理する・・・・→適当に処理する(=基本はずらさないが 大ざっぱに処理する)。

         ※私の考えでは 「物を見る」には早くから"概観する"などの語が当てられていたが、行為、行動の方には

          それが無かった。日常生活ではゆとりと幅を持った処理が行われていた。他の言葉を当てても"基本はずらさない"事が

          消えてしまいそうで新語の発生がないまま経過した。そこで「適当に処理」が"日常のゆとりと幅"の方へ移り

          「きっちり処理する」方に"適切に処理する"が使用されるようになったのではないかと思っている。


2018.2.17() 晴れ のち 曇り のち 雪  湿度 19%以下
    −−◎町内の 新聞、広告紙、段ボールなどの廃品回収の日。8時過ぎたが取りに来られなかったので 

        公民館前広場まで持っていった。

    −−◎家の中の諸事処理、生協荷受けなど。

    −−◎日銀総裁に黒田東彦氏の再任、副総裁には 黒田総裁の金融政策を支えた現理事の雨宮氏、リフレーション派の

        若田部氏がなるもようだ。野放しの金融緩和策が継続推進されるようであり、突然にインフレになる懸念を感じる。


2018.2.16(金)  晴れ 湿度 19%以下
    −−◎一週間分の食品の買い物に行ってきた。天候のせいで青物野菜が高値になっていた。

        ドル円が 11月に113.6円が 106.2円になっているのに 中国産の“にんにくの芽”とかニュージーランドの

        カボチャもついでに高くなっていた。そのほか東南アジア産の野菜類も同様であった。

        国内産が品薄になると買い手が増えて外国産も高くなるようだ。

        ※ドル円表示は 1ドルが何円か と表示しているのでややこしいが輸入品はドル決済をするので上の例では

        113円だっていたものが106円払えばよいことになり安くなるのだが実際の市場価格は高くなっている。


2018.2.15(木)  晴れ 湿度 27%
    −−◎今日は私が医院へ2月5日の診察時の検査の結果の診断と別の検査で行ってきた。

        去年までは〇〇国立医療センターへ行っていたが 担当の先生が我が家から5分以内のところで開業されて

        前回からそこへ診察に行っている。

        個人医院では忙しいからお話しもできないだろうと思っていたが、介護の事や子どもの事など聴いてくれて

        いつもの“お友達先生”だったのでうれしかった。


2018.2.14(水)  晴れ 湿度 19%以下
    −−◎ヨーロッパで発達したカレンダーの7曜表で一週間は7日間、日本には三寒四温という言葉があり、こちらも

        7日間である。天候に関係ある7日間だが 7曜表の7日はどのようにして出てきたのだろうか。


2018.2.13(火)  晴れ のち 曇り  湿度 24%
    −−◎GODIBA(ゴディバ)のチョコレート

    隊員C「ねーねー あの大きいチョコどうなったの」

    隊員B「この間 隊長がおやつに配ってくれて

        みんなで食べたじゃない」

       C「あー あれか じゃー もうないのか」

       B「でも大丈夫 ボクが手に入れた情報

        によると 明日 女王様がGODIVA

        (ゴディバ)をみんなにくれるらしいよ」→→

       C「何?そのゴリラなんとかって」

    隊員A「ゴリラじゃないよGODIBA(ゴディバ)

       と言ってベルギーに古くからある有名なチョコレートだよ。ベルギー王室御用達と言われているほど

       高級品だよ。それがさ 日経新聞に「義理チョコはやめよう」なんて大きい広告だしてさ、安物は売らないのだ

       と思っていたら、スーパーやコンビニでM社やらL社と並んで格安ギリチョコを置いていたよ。女王さまも

       『これならみんなにギリチョコあげられるわ』と言っていたよ」

      C「ワーイ! 高級チョコ 明日が楽しみだ!」
    −−◎

2018.2.12(月)  晴れ 湿度 37%
    −−◎昔(=私が若いころ)はカフェーとか スナックと言うと お酒を提供する店の印象を持っていた。喫茶店は

        純喫茶とか茶店(サテン)とか言われていた。このごろはスナックは 喫茶店で軽食も提供する店のようで

        カフェは純喫茶のようである。そして〇〇カフェなどと言い 喫茶店などに集まり時間決めで 関心事に沿って

        おしゃべりをする緩やかな結合体の事をさしているようである。生活や行動スタイルの変化に従って新しい

        名称が付けられていくようだ。


2018.2.11()  曇り のち 晴れ のち 雪  湿度 32%
    −−◎昨日の事だが 眼科へ行ってきた。昨年治療した目と反対側の眼もわずかに白内障が進行しているようで

        今年はそちらも治療しなくてはいけないかなー..と感じるようになってきて相談してみた。

        そのうち決断して治療してもらおうと思っている。

2018.2.10() 晴れ のち 雨  湿度 47%
    −−◎東京銀座のとある小学校で校長さんが 子どもの制服に(セーターその他を含め)8万円余りするものを

        採用する方針をきめたという。

        校長さんは「銀座にある学校として有名ブランドの力を借りて学校の特色を出していきたい」と言っていた。

        私がそこの保護者だったら考えることは..。

        クリーニングを考えると2着は必要で1年生・2年生・・・・6年生と体格が大きくなっていき何着も必要になってくる。

        "教育費は無償とする"の発想から教科書は無償で支給される世の中に逆行している。

        人口の1%の極富裕の人なら 自販機で飲料水でも買う感覚で買えるかも知れないが..。

        安倍さんのせいで"株価"は上がったが勤労市民の収入は上がっていない。

        この校長さんが自己が富裕であることは自己努力で咎めはしないし頑張ってよかったねと言えるが..。

        校長の職務を遂行する内容ではその方針が"社会関係"の中での「どの位置づけ」で、遂行の結果が

        プラス現象とマイナス現象がどのように現れるか どのように発想したかを知りたい。


2018.2.9(金)  晴れ 湿度 21%
    −−◎平昌(ピョンチャン)オリンピックの開会式のようすをテレビで見ていた。華麗で荘厳で選手たちの楽しげなようすが

        印象的だった。韓国 文大統領の バッハ会長や 各国要人への気を使った握手のようすも写されていた。

        各国の選手団が次へ次へと入場して来てふと目にとまったのは先導のアイドルお姉さんの左側を正装し提灯を

        持って道案内をする子どもの姿だ。カメラは右側から撮っていて子どもはチラリチラリとしか見えないが姿が

        興味深く見ていた。"先導者"になりきって真剣に役目を果たしていた。大柄の子 ちょっと小さめの子、服が大きすぎる子

        行進のリズムに合わせてシャキシャキ歩く子、合わせようとして歩くがリズムに合わない子、男の子、女の子

        真剣なようすが可愛らしく面白かった。


2018.2.8(木)  晴れ 湿度 27%
    −−◎商業資本が 日本の季節又は季節行事をにぎやかにしてくれる。新しい季節行事も付け加えてくれる。

        お正月、成人式(晴れ着、お祝い宴)、節分(鬼、豆、恵方巻)、バレンタインデー(チョコ)、お節句(お雛様、餅、お菓子)

        お彼岸(彼岸だんご)、等々と。


2018.2.7(水)  晴れ 湿度 23%
    −−◎靖子さんを県医療センターへ診療に連れて行った。

         「どうですか?」

         「この2ヶ月、風邪もひいていませんし、胃腸の病気もありません」

         「安定していて異状なく経過しているようだね」

         「そうです。」

         キーボードで記録された後、

         「安定しているようですから こんへんで 注射は取りやめてはどうか思うんだけど どうですか?」

         「取りやめてもいいと思います。あまり変化がないようですから..」

         「私もこの3月でここを退職するので..。ここにきて32年になります」

         「どこかで開業なさるのですか」

         「いやいや それは...」

         私「長い間ありがとうございました。注射してもらったおかげで 本人が楽しい気分で過ごすことが出来たこと

         当時 “発症後7〜8年でダウン”と言われていましたが20年近く生きてこられたことなど この治療をして

         もらって良かったと思っています。ここでお目にかかるのは最後ですがいろいろありがとうございました。」

         担当の先生の診療は本日が最後となった。

         ※記録を調べたら アルツハイマー病の発症後 2000年7月7日にこの先生に相談し以来18年間

          お世話になっていた先生だった。

    −−◎一週間前に私が心配していたことは 靖子さんを診療に連れて行くについて“この日の朝大雪が降り積もっていたら

         どうしよう”ということと“インフルエンザの大流行になっていたら大変だ”ということだった。

         雪は無く晴れの日続きで車の進行に支障はなかった。インフルエンザも当地方では大きい流行無いようだ。

         小中学校の休校もないし、病院玄関の“咳のある人はこちらへ”の警告文も出ていない。

         “雪”と“インフルエンザ”に遭遇することなく県医療センターへ行って来れて良かった。


2018.2.6(火)  晴れ 湿度 23%
    −−◎私が検診に行ってきた。コレストロールが高め、血圧高め、血糖値範囲内でそれぞれが 上限基準あたりの

        ところで推移している。順次 骨密度、心電図など検査していくことにした。

        特にいま生活に支障をきたすようなことはないが、突然ダウンしないため状況を知り注意しておくためだ。

        自分では 軽い運動や食事、睡眠時間は規則正しくと注意しているのだが 時に外れることもある。

        

2018.2.5(月)  晴れ 湿度 28%
    −−◎前の通りの水道管工事は 毎日続けられていて片側一車線交互通行となっている。交通整理もしておられて

        特別に不便なことはない。

    −−◎本日の私の日程は無事終了。夕刻雪がチラついていたがすぐ止んだ。


2018.2.4()  晴れ 湿度 19%以下
    こんな 大きなチョコレート! 40cm×18cm 

    といっても 写真だけでは大きさがわからない
      そこで 雑誌(ナショジオ)=B5版(25.5cm×17.5cm)

      とテレビのリモコンを並べてみた。



     

2018.2.3() 晴れ 湿度 41%
    −−◎人間の意志や感情の伝達・交流の方法の変化は適当(=大ざっぱに)に現わすと次のようになる。

         @これは日本の場合であるが どこでも有線電話−携帯電話−新聞−テレビという順序で変化するかと

         言えばそうではない

         新聞(文字)が読めない、離れていて新聞が届けられない場合は放送やテレビが先に広まった国もある。

         インドや中国では電柱でつないだ電話線網を設置するより早く“携帯”の要求が強くなり“携帯”用の中継電波塔

         を手早く設置して携帯電話が増えてきた。電話線網設置(電柱設置場所の確保から始まる)より安上りである。

         また別の国では高いレベルの「音声登録装置」で個人にいくつかの言葉を発声し登録してもらい個人登録をし

         文字が読めなくても自分だけで使用できるスマートフォンが普及しつつあるようだ。

         A※マスメディアは一方的伝達であるがインターネットでは双方向交流が広がりつつある。後日解明したい。
       
    .
    .
    個人−−−−個人−−−−−− 一点カラ複数へ−−−−−−−−−−
    .
    .
     方 法 個人の条件社会の条件 −−方法役  割社会の条件−−----
    .
    .
    叫び発声集団生活−−のろし仲間に合図火気の使用------
    .
    .
    会話言葉言葉(共通意味)−−−−伝示・説法殿が家来に
    和尚が弟子に
    大きい部屋
    または広場
    −−−−−−
    .
    .
    手紙文字の獲得 
    文字列の共通意味
    紙、筆記具
    −−掲  示決まり事を
    知らせる
    文字使用
    掲示場所
    −−−−−−

    有線電話
    電話機電話線網設置−−新聞.雑誌.書籍社会の出来事を
    広く知らせる
    印刷技術の発達−−−−−−

    携帯電話(会話)
    電話機電波配分
    中継所設置
    −−音声放送局出来事を
    音声で伝える
    放送設備-
    受信機
    −−−−−−

    有線+無線
    インターネット
    パソコン・カメラ電波配分
    中継所設置
    −−テレビ放送局音声+画像で
    知らせる
    画像放送設備
    テレビ受像機
    −−−−−−
    スマホ(電話+
    画像+インターネット)
    スマートホン・カメラ電波配分
    大量情報処理
    中継所設置
    Wi-Fi
    −−有線+無線
    インターネット
    公共団体や企業
    対外伝達
    一般の人との双方向伝達
    設備は個人使用
    の物と一体
    −−−−−−

2018.2.2(金)   曇り 晴れ 湿度 21%
    −−◎靖子さんの知人が来訪されて、一緒に老健へ行き面談してきた。

        「〇〇の◇◇だけど見に来たの」と言われると 目線は向き 口をパクパクしているが言葉は出なかった。

        私が簡潔に経緯やら今の状況について話した。


2018.2.1(木)  曇り のち 雨  湿度 22%
    −−◎「日本は義理チョコをやめよう」←新聞の広告である。

        何か政治的主張のようなこの広告はなんとチョコレートメーカーの広告である。よくよく眺めると

        「チョコレート買ってください」の意味充分な広告なのだが...。

        会社勤めで 業務をスムースに展開していくためには男女を問わず人間関係も大切。

        「義理チョコ」とは言え、繊細な女性の方がたの贈り物を軽率に扱っては後が大変なことになる時もある。

        贈られた「チョコ」と人によってそれぞれに「ぴったし」のお返しをすることが信頼を深める一助となるのだが

        それが煩わしい。と言う訳である。「義理」とは言え贈る方も贈られる方も「大変なのだよ」ということらしい。

         

2018.1.31(水)  曇り 晴れ 湿度 19%以下
    −−◎月食を見ようと外へ出たりはいったりして見ていたところ 午後8時30分ころまでははっきり見えていたのに

        薄雲が流れてきて 月が欠けていくようすがぼんやりとしてきて濃い雲に隠されて見えなくなってしまった。

        少し離れたところでは星が見えているのに残念! 写真も撮れなかった。


2018.1.30(火)  晴れ 曇り 晴れ  湿度 31%
    −−◎大過なく生存中。

        忙しかったので記事書く時間切れ。また明日。


2018.1.29(月)  晴れたり 曇ったり  湿度 37%
    −−◎「"適当"に処理する」

        元来"状況にふさわしい措置を行なう"という意味であったが次第にずれてきて「"適切"に処理するように」

        などと言い換えられるようになってきた。

        「適当にやっておけ」=厳密さは必要ないが大筋からは外れないように処理せよ ということになった。

        大ざっぱに とか 成り行きに任せて処理する との意味に転じてきている。

        "意味逓減の法則"に従っているようである。

        「沖縄の皆さんの心に寄り添って...」とは 安倍さんの言っている言葉であるが やっていることは

        全然 寄り添ってなどいないようで、率先して意味を逓減させる方向に加速しているようであって

        言語史において"意味逓減の法則"の推進者として名を残しそうである。

    −−◎大相撲で 栃ノ心が優勝した。今後の活躍を期待したい。

        ※あとは私の問題だが 思い込みはとんだ間違いを引き起こす という話。

        栃ノ心が"ジョージア"出身と聞いて「ああ アメリカの出身か..」と思い込み、"親の出身は..."との話を

        しっかり聞かないで「両親は移民でアメリカに来たのだな」という話まで作り上げ心に納めていた。

        ところが今朝新聞を読んでみると 栃ノ心はジョージア国(黒海東側の黒海に面した国)出身であった。

        旧グルジア共和国が 日本の 「在外公館名称を変更するための法」(2015年改正)によって 日本での

        呼び方が変更され"ジョージア"と呼ばれるようになっていた。おそらくその当時そんなニュースも流れていた

        だろうが記憶にとどめることなく経過してしまっていたようだ。

        ジョージア→アメリカのジョージア州という思い込みも日常生活とは離れていて紛争も発生しなかったが

        日常生活で思い込みを押し通すとトラブルが生ずることがある。

    −−◎いっぽうで人間には経験に元ずく 眼の補完作用、耳(ことば)の補完作用、心の補完作用というものもある。

        

2018.1.28()  晴れ 曇り 雪ちらつく  湿度 19%以下
    −−◎一日中寒かった。寒いからと言って体調が悪くなることはないが行動の気力が抑えられ 見かけ上元気が

        くなる。若いころは寒いとキリッとしてかえって行動力が増したものだったのにおかしなものだ...。

        やるべことはやって本日は終了。


2018.1.27() 晴れ 湿度 25%
    −−◎市内の「家族の会」新年交流会に行ってきた。前年と比べると新しいかたがたくさん来ておられた。

        うちの靖子さんとほぼ同じ年齢で発症されて何年目という人の家族のかたといろいろお話しした。

        うちと同様 ご苦労なさっておられる様子だった。でも“徘徊”は無かったそうで良かったと思った。

        行事では 寸劇があり、みんなで歌を歌うことなどあり楽しくすごしてきた。

    −−◎生協の荷受け日だったが留守にしていなかった。

        事前に仲間の人たちに「いないけど駐車場は自由に使ってもらっていいから」と伝えてあり、

        水道管工事がちょうど今日 我が家の前まで進んて来て大道りからは出這入り出来ない状況だったが

        工事の交通整理のガードマンに「12時30分にトラックが入るから先導してください」と伝え「大丈夫です」と

        了解をとって出かけた。どのような顛末になっていたか不明だが 帰宅すると 書類と「物」はシャッターと

        内側のドアとの空間に入れてあり無事荷受けが出来たようだった。


2018.1.26(金)  晴れ 湿度 19%以下
    −−◎雑誌のコラムに 某先生の筆。

        「おばさん化」現象、「おじさん化」現象、「高齢化」現象と。

        実際はその年に達していないのに現れる いくつかの「言い方」や「行動」を挙げていた。

        そのうち「高齢化」の中に“一回の発言の中で同じことを2度言う”というのがあり、そうかもしれないと

        感じた。

        ※ 耳が聞こえにくくなってきてもう一度聞き返す自分を想像した。高齢者の人と接する機会の多い人は

        “聞き返し”に応じたり、聞き返されなくても しっかり意識に留めてもらおうと2度言うことがあるだろう。

        その習慣が高齢でない人との日常会話にも現れて“2度言い”をすることになったのだろう。

        学者の先生はよく観察しておられるようだ。


2018.1.25(木)  晴れ 湿度 27%
    −−◎給湯器が凍ってお湯が出なかった。この30年間に過去1回記憶があるがめったにないことだ。

        −−昼頃までには溶けるだろう−−と待っていて12時30分になっても出なかったのでガス屋さんへ

        連絡してきてもらった。

        「凍っていると思いますから、コンロでぬるま湯を沸かしてください」

        「ぬるま湯でいいんですか?」

        「手を入れれる程度の湯でいいです。後日 自分でやられることがあった場合熱湯でやると管以外の部分に

         プラスチックやビニールテープが使用してあり壊れることがありますから..」

        管の部分をタオルで温めてもらい 5分もしないうちに「コクン」と音がして、

        「あっ 出ました。中で見てきてください。」

        炊事場へ戻り見ると水がどんどん出ていて、手をかざすと暖かいお湯だった。

        「直りました」と伝えた。

        「もう大丈夫です、また何かありましたら言ってください」

    −−◎

2018.1.24(水)  晴れ 曇り 雪 湿度 29%
    −−◎午後から雪。積雪目測で5〜6cm。積もるほどの雪は今冬初めてだ。


2018.1.23(火)  雨 曇り 晴れ 湿度 24%
    −−◎草津温泉の 白根山が噴火した。スキーをする人のリフトが空中で停まり、ロープウェーのゴンドラも空中で

        停止した。噴火の岩石が降ってきてゴンドラに当たり「生きた心地がしなかった。」と救助された人が言っていた。

        自然災害と対面するわが国である、自然の異変は「何時何分に噴火する」などの予測は難しく被害が

        広がらないように念じている。

    −−◎通常日程で進行した。


2018.1.22(月)  曇り のち 雨 湿度 22%
    −−◎○ヨーロッパの海外植民地の独立の問題。

         @ヨーロッパ植民者人主体の独立 アメリカ 中南米 オーストラリア ニュージーランド

         A現地人主体の独立 コンゴ スーダン

         B一定の力量を持った現地人 インド 東南アジア諸国

          ※それぞれ独自の解決課題があり 植民地が残した問題はそれぞれの国民がその荷を負っている。


2018.1.21()  晴れ 曇り  湿度 26%
    −−◎税金申告書の準備で 書類点検 検算 控除証明書など点検。書類が送られてきたら記載できるように

         しておいた。

    −−◎本日は幾分 寒さが緩んだ感じで気分おだやか。まだこれから寒い日があるだろう。−−ブルブル(寒くて震えている音)−−

2018.1.20() 曇り 湿度 25%
    −−◎

        (フィクション)50年後の"大辞書"

        ていねい=丁寧=→@はぐらかすA粗雑にB自己正当化

              使用例 「丁寧に説明」→論点をはぐらかし、問題の核心に迫らず、自己正当化の説明

                   以前は字のごとく古典的な「気を配った」という意味であったが、意味が擦り減ってきて

                   反対の意味になってしまっている。これを 意味逓減の法則 または 意味反転の法則

                   である  (^O^)/

        はれのひ=晴れの日=@若者いじめA詐欺B祖母も私も気の毒   "(-""-)" 

    −−◎土曜日なのに表通りでは水道工事をしていた。外に出て様子を見ていると交通整理係のガードマンが

        「おはようございます」

        「ご苦労さまです」

        「ご迷惑をおかけしています」と

        「いえいえ いいのですが 12時30分ごろ 生協の車が入るので 誘導してください」というと

        「昨日までの予定の残工事をしておりますが 正午までには終了しますから..」

        「そうですか..なら大丈夫ですね」

        12時少し前までに 終了して工事関係者は誰もいなくなっていた。工事自体は3月中ごろまで続くようだ。

        生協も通常通りの荷受けを済ませた。

        諸々の作業を処理した。


2018.1.19(金)  晴れ 湿度 25%
    −−◎午前 眼科へ診察に行ってきた。去年5月に治療したが1年間は感染症にかからないように注意しておく

        必要があり予防の目薬をもらいに月一回行っている。よく見えるようになったし、検査の結果も異状はなかった。


2018.1.18(木)  晴れ 湿度 23%
    −−◎日本で使用されてきた漢字は約六萬字(=60,000字)あるが、日本のコンピュータでは壱萬字しか扱えなかった。

        IPA(情報処理推進機構)は経済産業省とともに 漢字六萬字を使用できるようにと、すべてにコード番号を割り当て

        15年越しに完了し、国際規格として登録された。

        ※人名や地名でコンピュータの事情により間違いを引き起こすことが少なくなり、歴史的な古文書、古典資料

        古典作品の文章起こしに役立つようになるだろう。

        個人用パソコンにも必要とする人にはそれを使用できるものが近い将来売り出されるだろう。


2018.1.17(水)  曇り のち 雨 湿度 48%
    −−◎今日は 一日中小雨、気温は前日より少し上がっていた。極寒より体が楽だった。

        水曜日の日程を処理。

2018.1.16(火)  晴れ 湿度 26%
    −−◎靖子さんを見に行き消耗品の補充などしてきた。眼を開けて私の手の動きを追うなど いつもと変わらない

         様子だった。

    −−◎特養から毎月始めに封筒で ご家族れんらく が送られ来て 今月も正月早々に来ていた。

        中には直筆のお手紙や アンケートとお知らせがはいっていた。「れんらく」には定例でおこなわれる 「折り紙教室」、

        「DVD上映会」、「書道教室」、「アコーディオンとうた」、「歌の会」などが紹介されていた。これらの行事は

        ボランティアの人の協力も得て行われている。

        その他に 低価格の所内喫茶店の案内や 風邪に注意(マスクの着用・アルコール消毒)など書いてあった。

        「評価表」という 利用状況についてのアンケートのようなものがあった。

        直筆の手紙には、

        −−ご家族様

           明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

           寒い季節ですが体調の方はお変わりなくすごされています。先月はクリスマス会に参加されました。

           写真を同封いたします。

                                      スタッフ一同

    −−◎今日は私が県医療センターへ診察に行った。9月に腰痛があったがその後治って現状では日常生活に支障を

        きたすような症状は出ていない。服の中側に「貼りカイロ」を貼っていることなど話した。


2018.1.15(月)  晴れ 湿度 21%
    −−◎ムーミン谷

        隊員A 「ムーミン、ムーミンはどこを舞台に生きているの?」

        ムーミン「ムーミン谷だよ。君も知ってるじゃないか」

        隊員A 「ムーミン谷はどこの国にあるの」

        ムーミン「どこって言われても...」

        隊員A 「そうだろうね、うちの女王様の国もどこにあるかって言われるとわからない」

        ムーミン「ぼくたち お話しの世界の中にいるんだから..」

        隊員A 「でもね 大学入試センター試験に"ノルウェー"か"フィンランド"か選べという問題が出たんだよ」

        ムーミン「えーっ それはたいへんや 物知りのスナフキンに聞いてみよう」
        ---------------------------------------------
        ムーミンの作者は トーベヤンソンで スウェーデン系フィンランド人、物語はスウェーデン語で(フィンランド語の本もある)

        書かれている。ムーミン谷がフィンランドである との記載はないとのこと。

    −−◎本日1月15日、アメリカでは アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者、キング牧師(マルティン・ルーサー・キング・ジュニア)の

        生誕日を記念して休日となっている。

2018.1.14()  晴れ 曇り  湿度 23%
    −−◎数日前から雪が舞って 積もりはしないが 寒い日が続いている。風邪をひかぬよう暖かい服装をし

        動いている。


2018.1.13() 晴れ 曇り 湿度 37%
    −−◎第4次産業革命と言っても その成り行きによっては 人々にとって夢のような"すばらしい生活"をもたらす

        ものではない事が推察される。個別的に悪影響が出始めていて、私にとっては今後の考察課題である。

    −−◎土曜日で家事関連作業をまとめて処理した。生協荷受け、買い物、その他もろもろ。

        夕食後は 葛飾柴又の『寅さん』(本日の寅さんの"恋人役"は秋吉久美子さん)など見て過ごし一日を終えた。


2018.1.12(金)  晴れ 曇り のち 雪 のち 晴れ 湿度 26%
    −−◎今朝の新聞に 辞書 「広辞苑」の広告が載っていた。

        『新しい広辞苑は、やばい。』とあった。

        私が慮って(おもんぱかって)見るに

        @最近流行の「やばい」の使い方も載っているよ。

        Aその意味を援用して「広辞苑はやばいよ(すばらしいよ)」

        と言っているようだ。

        ※ところで同じような使い方で"変態"も流行っているらしい。変態とは普通はマイナス印象の言葉で、

        「非常識に〇〇だ」とマイナス評価をするときに用いる。その"非常識に"が独立して飛び出し 高度な仕組みの機器

        装置や、理論的到達に対して 世間的に一般化していないものをプラス評価し「これは変態だ」などと言う。

        日本語に敬意低減の法則があるように、"変態"は底に達した意味が上昇してきて 私はこれを意味転換の法則

        と名付ける。     

2018.1.11(木)  晴れ 湿度 37%
    −−◎第4次産業革命の到来といわれている。

        ○第1次産業革命・・・機械化、工業化−−蒸気機関        (1700年代〜1865年)

        ○第2次産業革命・・・大量生産の仕組みをつくり大量生産化   ( 1865年 〜1900年)

        ○第3次産業革命・・・コンピュータによる技術の高効率化、世界情報の瞬時流通(1980年〜2015年)

                      個人の使用する家庭電気器具、洗濯機・冷蔵庫、電子機器、パソコン、携帯電話。

       ○第4次産業革命・・・・現在でも 電灯、電話、ガス、水道には 電線、電話線、ガス管、水道管、必要である。

                     外出時に家庭電気機器を管理すること。自動車のナビゲータ。自動運転自動車。

                     無線充電装置。その他これから出てくる“便利な”機器には それらを間違いなく処理

                     できる 膨大な社会施設が必要となってくるだろう。人工衛星も含まれる。

       ※"設備"に人間が管理される社会にはしたくないものだ。

                       

2018.1.10(水)  曇り のち 晴れ 湿度 23%
    −−◎中断していた 前の通りの 水道管付け替え工事が再開された。今まで鉛管が使用されていたが 害が

        あるというので ビニール管(=私の表現であって プラスチック製の物)に取り換えるとのこと。工事は

        3月20日までと表示がしてあった。一車線で上り、下りを一定数まとまって交互に通るので70m〜80mの

        車列が出来る。手際よく交通整理されていて混乱はないようだった。

2018.1.9(火)  曇り のち 晴れ 湿度 35%
    −−◎EUの問題点は?

        EUの目標は ヨーロッパを平和な世界にしよう とするものであり EU諸国民の世論を表したものである。

        いろいろ問題が起こって来るのは 現状では構成国それぞれが独立していながら、通過を“ユーロ”として

        同一にしていることである。各国の経済状況の違いから有利、不利が現れる。例えばユーロ安の場合はドイツや

        フランスが有利となりイタリアやギリシャが不利となる。

         

2018.1.8(月) 成人の日  雨 湿度 37%
    −−◎簡易しめ縄や 紙の門松飾りをはずした。今日 差議長・どんど焼きの予定だったが朝から雨で中止になった。

    −−◎『貸衣装店が夜逃げか?』の見出しがおどっていた。横浜と東京・八王子で新成人が晴れ着を着られない事件が

        起こった。着付けの時になっても衣装が届かず保護者が貸衣装店へ行ってみたところ、店は閉まっていて

        誰もいなかったという。市役所関連の施設で 代わりの衣装を貸してくれたりしたが 「わたしは成人式に行かない」

        と言っている人や 泣き込んでしまっている人もいたと報じられていた。

        無責任な貸衣装屋さんに 何を言っても聞かないかも知れないが、人生の節目の行事の衣装に対価を支払い

        予約してあった契約を実行せず 夜逃げするなどと言うことは止めて頂きたい。     

2018.1.7()  晴れ 湿度 26%
    −−◎町内会(218軒)の総会があって行ってきた。総会は報告やら新役員選挙などあって無事終了した。

        休憩時間には、座り合わせた人との会話もあった。「靖子さん、このごろどうですか」「たいへんやね」

        との声掛けもあった。

        別の人から「このごろ散歩にいってみえる?」とも聞かれた。散歩はと言えば靖子さんが特養へ行って

        からは私が一人で続けて行っていたが、寒くなり中断していた。質問した人を日常的には接したことはなく

        散歩中に見かけたこともなかったが毎日行っていたからどこかで気づいておられたようだった。「寒くなって

        きて中断してますが...。再開しなければと...」と答えた。

2018.1.6() 曇り のち 晴れ 湿度 19%以下
    −−◎「レコード」を若いころに買って持っている人がたくさんいる。それぞれ分野は違うだろうが 好みのものを

         持っている。新聞によると年末に 中古店でレコードプレーヤーの中古品が良く売れたとのこと。

         想像するにレコードを持っているような人は昔若者 今老人の人たちで何となく持っていたレコードを

         “発見”して 音楽または歌と共にあったあの時の生きざまを思い起こし「聴いてみよう」ということになった

         のだろう。

    −−◎午後生協荷受け、その他の事あり。


2018.1.5(金)  晴れ 曇り 晴れ  湿度 19%以下
    −−◎2日仕事をしたら 6,7,8日と また休み日だ。集中して課題をこなす日だ。

2018.1.4(木)  晴れ 湿度 21%
    −−◎合い間に郵便局に行った時、駐車場で近隣の知人に会い新年の挨拶をした。

    −−◎今日から始まったが 表通りは車も少なく静かだった。
       

2018.1.3(水)  未明 雨(路面が濡れていて水溜まりあり) 晴れ 湿度 19%以下
    −−◎帰宅していた子どもらと近くの神社へお参り、おみくじなどひく。

        のんびりは今日までで 明日から仕事だ。子どもも仕事始まりで夕方帰って行った。

        ニューイヤーコンサートをテレビで鑑賞し気分を活動的にし頑張るぞー(^O^)/。


2018.1.2(火)  晴れ 湿度 22%
    −−◎正月2日のんびりしていたが 午後思いたち物置の整理を始めた。来客は無し、電話もかかってこないので

        集中して整理が出来た。夕方までかかって整理したが使用する可能性の全くないものなど出てきて、休み明けの

        適当な日に市の有料処分場へ持って行くことにした。


2018.1.1(月)元旦  曇り 晴れ(月がいつもより明るかった)   湿度 22%
    −−◎午後金華山へ行き 展望台から 東南 南 西 西北 と風景を眺めてきた。空気が澄んでいて遠方まで

        よく見えた。

    −−◎こちらから差し出していなかったかたから届いた年賀状に返事を書き局へ出してきた。

        去年12月の話だが 書き始めるまではおっくうだが書き始めると一気に進めることができ あの“おっくう”さは

        なんだっのかと思ったりしていた。

        元旦に年賀状がいっぱい来て知人の消息などうかがって 世界とのつながりで生きていることを実感する。



2017.12.31()  曇り 雨 湿度 23%

    −−◎午前、我が家の伝統の印刷物の門松を玄関両脇に貼り、簡易しめ縄を飾った。隣の電器屋さんも

        軽く掃除をされて"謹賀新年"の貼り紙をされた。ラーメン屋さんも本日は休日のようだ。

        午後 子どもと一緒に靖子さんとこへ行き「お正月だよ 風邪ひかないでお正月を迎えられてよかったね」と

        鏡餅をかざってあげてきた。

        8時から「九番」など聴きながら静かに過ごした。

    −−◎今年の出来事

        @年初に同窓会で数十年ぶりに旧友に会った事。

        A靖子さんが胃瘻を設置したが安定を保っている事。

        B入院して眼の治療をしたこと。(良く見えるようになった、(^O^)/)

        Cよく見えるようになったからか?溜まっていた本を例年よりよんだかな-。

        D高校同級生だった真智子さんが訪ねてきてくれて50数年ぶりに会いおしゃべりした事。

        日常的でない出来事で 今とっさに思いつくことはこんなところか...。

    −−◎来年も頑張ってやって行こう!


2017.12.30() 晴れ 湿度 19%以下
    −−◎去年の12月30日は靖子さんが胃瘻を設置したあと退院して特養へ戻りその作業をした。一年経つが

        栄養補給もきちんと出来ているらしく、風邪とか胃腸病にかかっていない。顔色も悪くないようだ。

    −−◎今年も1年経過したが“大目標”にはなかなか近づいていない。引き続き継続中で日々の積み重ねあるのみ。


2017.12.29(金)  晴れ 湿度 22%
    −−◎靖子さんとこへ行き見てきた。状況は安定していた。

        口内保湿剤やスポンジ歯ブラシなど日用品を補充してきた。

        壁は前の貼示を取り外し 雪景色の写真を貼ってあげた。机には一対の卓上門松を飾ってあげた。

        室内はクリスマスから お正月モードに変わった。


2017.12.28(木)  晴れ 湿度 19%以下
    −−◎暦に合わせて今日は仕事納め日。1月3日まで休み日。

        靖子さんの認知症がすすんできて私の仕事も休業状態になっていたが特養に入ってから「内職」程度に

        復活し復活して継続している。ずーとお勤めの人は定年退職があるが、途中から自営業になった私は

        自分でやめない限り定年はない。いつでも辞められるのだが特殊技術のため「依頼」は適度に来るので

        継続している。区切りなく継続していたので引き続き「若者」のつもりでいて「老人会」へのお誘いにショック

        受けたわけである。世間を落ち着いて観察しているとさらに広い世界があることが予想され後ウン10年は

        生きたいと思った。


2017.12.27(水)  朝積雪2センチ 日中雪舞う 夕方晴れ 湿度 21%
    −−◎昨日は1日遅れのクリスマス。教徒ではないので“お祭り”だけ借りてきて楽しむ。

        1日遅れというのは 食品スーパーではケーキや、七面鳥ならぬチキンが前日と比べ半値以下で提供されて

        添え物も+(プラス)して 私(わたし)的には"豪華"に楽しむ。残り物があり今日に持ち越したが..(^O^)/

        クリスマスはそれでいいが お正月はそういう訳にはいかない。それなりにお掃除して、31日には飾れるように

        簡易しめ縄やその他の飾りつけを用意し、買掛金(仕入れ)も翌月10日ではなく なるべく年内に払うようにする

        若いころからそうしていたように、気を引き締めて自分を評価し新しく出発する区切り点 のようで生活習慣に

        組み込まれた重みのある行事のようだ。

    −−◎郵便が遅れているようだ。

        取引先A社からの請求書が本日まだ届いていなかった。20日締めで21日に発送しても例月は23日か24日に

        届くはずで今月は日曜・祭日が続いたが25日には届いていなければならない。

        A社へ「請求書を発送したか」と電話をした。

        「通常どうり発送しましたが届いていませんか?」との返事。

        「そうですか では 郵便が遅れているようですね」

        「ご入金は届いてからでいいですから..お願いします。」

        この時期郵便局も混んできて遅れが出ているようだ。


2017.12.26(火)  晴れ 夕方 雨 湿度 27%
    −−◎市役所の国保・年金課へ申請の手続きに行った。課は2階の1区画にあり 前面カウンター手前に椅子が

        二脚が並べられた相談席が7席あった。いっぱい来ておられて各種申請やら、届け出の手続きをしておられる

        ようすで少し待ち時間があった。待ち時間に事務室内の風景を観察した。昔は女性職員さんには"制服"が

        あったが3〜40年前に廃止されて今は自由な服装である。ざっと見たところ50人くらいで男女比は半々くらいだ。

        男子の服装は課長(?)らしき人と他数名が背広ネクタイだったが、適度に暖房も入っているせいか黒かグレーの

        カーディガンでネクタイ無しが多かった。女性の方は多くはグレーのカーディガンだったがよく見ないと分からないほど

        だが裾に沿って、袖に沿って刺繍模様がついている人もいた。グレーだが薄く青みがかって見える色、その他で

        色の選択に工夫が見られた。黒の人もいた。大胆に黒・グレーから脱却して黄色白混じりのクリーム色、明るい空色

        明るいエビ茶色の人もいた。多彩な色合いが面白い。

        男女とも半数以上がグレーであるが グレーに到達した諸人の感覚の融合と“共通感覚”の形成の経緯を想像すると

        興味深い。

        

2017.12.25(月)  曇り のち 晴れ 湿度 26%
    −−◎本日は「お掃除の日」。お掃除お姉さんが今日は3人来てくれて 10時〜12時まで2時間かけて

        あちこちきれいにしてもらいすっきりした。

        どの程度の整理整頓でその中に存在できるかとの“整頓感覚”について 以前にも書いたことがある。

        人の出入りする"お店"ではある程度清潔に整理整頓していなければ人も寄り付かないし、良い商品でも

        見栄えの悪いものになってしまうためきれいにしてある。住まいの方もそれに準じて整理に努力する。

        ところが私の家のこのごろのように 靖子さんのところに介護士さんが来られるでもなく 外部の人の

        出入りが少なくなり、高齢化でおっくうになったり めんどくさくなって 片付けや掃除に手抜きが発生し

        「まあ この程度でいいか」と “整頓感覚”“清潔感覚”の水準が落ちてくる。少しくらい(机の上に所狭しと

        物が置いてあっても)乱雑になっていても安心して存在できる感覚になってしまう。

        お掃除やさんは“感覚”ではなく作業基準に基づいて高いレベルを保持して毎回作業をしてくれる。

        そこで私の感覚は一挙に高いレベルに押し上げられて、長期で見れば高いレベルのちょっと下くらいの

        感覚を維持している。

    −−◎上の事を書いていて 落語の”御隠居さん”か“大家さん”を思い出して笑ってしまった。

        事物を細かく注釈して熊さんや 八っつあん言い聞かせている場面である。私の覚えのため 足跡のため

        書いているのであって賢明な読者の皆さんに講釈をしているのではないので 念のため。(^O^)/

2017.12.24()  曇り のち 雨 湿度 28%
    −−◎休日だが こまごました用件があり 忙しく動く。

    −−◎「景気は良くなりつつある」などと言っているが、介護保険料の支払いは高くなり、給付は悪くなってきている。

        報道されている事件を未然に防ぐためにも抜本的な改善が望まれる。


2017.12.23() 晴れ 曇り 晴れ 湿度 21%
    −−◎冬至の翌日で かぼちゃの煮物を作って食べた。

    −−◎土曜日の予定を処理。野菜の値段が高くなっていた。お天気が野菜の生育や手入れ収穫の作業にとって

        悪かったらしい。

    −−◎このごろ大手企業の手抜きが多くなっている。TOYOゴムの耐震施設用のゴムの強度不足、ニッサンの

        無資格者による製品検査、神戸製鋼の表示より強度不足の製品出荷、三菱系企業の電線データ改ざん事件、

        東レの不適格商品を「特採」による出荷事件、などなどその他にもいくつか報道されている。

        ※表示に従った製品を出荷していただきたい。

2017.12.22(金) 冬至  晴れ 湿度 22%
    −−◎本日 冬至 日の出 6時58分 日の入 16時45分。

        天空の明るさは日の出より早く、日の入よりあとまで明るい。実際の日照時刻は山などあってそれよりも遅く、

        それよりも早い。

    −−◎私が眼科の定期の診察に行ってきた。5月の治療後の状態は安定しているか、感染症になっていないか、を診て

        もらったのだが異常は無かった。


2017.12.21(木)  晴れ 湿度 20%
    −−◎黒田日銀総裁は「金融緩和は継続する」と発表した。「物価(上昇)目標が0.8%にとどまり2%になっていない」

        「景気は回復の兆しはあるが まだ途上であり..」と理由を述べた。

        私の生活の立場から見ると物価はあまり上昇せず安定していた方が良い。

        景気回復の"きざし"はどこにあるかと言えば、大手企業の各社の儲けを蓄積した内部留保金の増加にある。

        総計が300兆円と言われていたが 最近のデータでは430兆円に上昇したことにみられるようにそこに集まって

        しまっている。

        会社は各種経費や賃金を支払い経営を進めてきた結果儲けがあって内部留保に蓄積された。

        数字であらわすと¥430,000,000,000,000円である。

        「1人 3000円の賃上げ」と言われているがどのくらいの額かというと、1年分では賞与を入れて下記の15倍として。

              1人..................3、000円             年間      45,000円

             10人.................30,000円             年間     450,000円 

            100人................300,000円             年間   4,500,000円

          1,000人..............3,000,000円=    300万円 年間  45,000,000円=4千5百

         10,000人.............30,000,000円=    3千万円  年間 450,000,000円=4億5千

         50,000人............150,000,000円=  1億5千万円 年間1,800,000,000円=18億

                  このレベルの会社で18億円プラス支払いをしても赤字にはならないだろう。

       賃上げの英断を下して進めた方が景気回復の早道だろう。


2017.12.20(水)  晴れ 湿度 27%
    −−◎差し歯が取れて午前に歯科へ行ってきた。歯は欠けてはおらず 周囲を清掃しボンドでくっ付けなおして

        もらうだけだったので短時間で済んだ。

        なぜか前歯はきちんとあって見かけ上はわからないが横の(奥歯)歯はかみあわせの歯が少なくなってきていて

        胃腸を守るためにも"総合的"に歯の補修をしなければならない時期だ。

        

2017.12.19(火)  晴れ 曇り 晴れ 湿度 20%
    −−◎回覧で廻ってきた資料によると町内自治会の加入世帯は218軒だそうだ。

        私の推測であるが65歳以上の人は男女合わせて300人くらい居られる。若者世帯で老人のいない世帯も

        あるが、65歳ご夫婦の上に"おじいちゃん"または"おばあちゃん"がいて3人いる世帯もある。

        高齢者クラブ(=老人会)の会長さんが来られて「高齢者クラブに入ってもらいたいと思ってきたのやけど..」と

        −−おおっ 来るべきものがきた−−と「そうですか」と応えた。

        「町内には老人会が三つあって うちはその一つやけど 団体として50人以上必要なんやわ」

        「毎年4月には60人くらいになるよう 何人か加入してもらうのやけど 毎年末になると3人や4人欠けていく」

        「50人を切らないよう新しい人にはいってもらいたいと」

        「加入は自由でこのごろでは65歳になっても まだ若いので誰も入らない」

        「資料の印刷とか協力してもらいたいのでぜひ入ってください」

        「会費は月100円やけど4月に1年分もらいます。」とのお話しだった。(私の受け答えは省略)

        私「わかりました。」と申込書を書いて渡した。

        ※"老人"として意識をするよう突き付けられた"事件"だった。少し前の事食品スーパーで小さい児が

          思いのままに小走りに動いていて その母さんから「おじいちゃんの前を走ってはダメ!」と叱られていて

          "おじいちゃん"とは私の事かとはじめて自覚させられた事件だったが今回で2回目の事件だった。(^O^)/

          

2017.12.18(月)  晴れ 湿度 21%
    −−◎靖子さんの髪が長くなってきて カットしてきた。靖子さんの あね(姉)さんに切ってもらったのだが

       介護士さんに車椅子に乗せてもらい乗った姿勢でカットした。靖子さんが顔を上に向けて反らすので

       私が頭を後ろから持ち上げて支え後頭部も切りやすいようにしてやってもらった。

       支えた時椅子の角に当たったのか痛い顔をして まるで赤ちゃんのように口を四角にして「わーっ」と

       泣き出した。息が止まるのではないかと一瞬緊張したがすぐに「うーっううう」と声を発して泣き出して

       「おい おい」と言っていたら泣きは治まり 作業を続けた。

       お正月が近づいてすっきりした感じになった。

    −−◎クリスマスになるので サンタさんのお人形を飾ってきた。

2017.12.17()  曇り 晴れ 湿度 24%
    −−◎休日であったが 年末近くであれやこれやと忙しくすごした。集金の人がカレンダーを持ってこられて

        数帖たまってきた。来週はかたずけ日になりそうだ。

2017.12.16() 曇り 湿度 21%
    −−◎世の中の物事のとらえ方に"帰納法"があり、それが確かなものならばそれを"法則"として表し

        その法則から物事を見ようとすることを"演繹法"という。

        漠然とそういうことを見聞きしていたが、この年齢になってこの論理がようやくわかってきた。

        認知症の症状の現れと対応方法について 私は無の状況から出発した1990年代には それらしき書籍

        でも間違った症状記述や間違った対応方法も混在し記載してあった。

        私は 自分で見て"帰納法"的に症状の特徴や対応方法を設定とて対応してきた。

        靖子さんは発症後も 一定期間は仕事も続け 仕事が出来なくなった あとは本人の表情を見れば

        わかるが(ビデオの記録などあるが..)笑顔で明るくすごしてきた。

        この"帰納法"「我が家に置いては」という条件のもとに正当であるが、一般化するには情報の偏りがあって

        一般化できない。多数の人の経験を最近の"ビックデータ"方式で集約するとその時点での一般理論が

        形成されるかもしれない。

        最近の本では 認知症にかかった本人の立場を重視した記載が多くなってきている。     

2017.12.15(金)  晴れ 湿度 33%
    −−◎「家族の会」の会合に久しぶりに参加してきた。それぞれ 発生している事態や悩み事などが出された。

        私としては−−そういうこともあったなー。−−大変な時期だなー。−−と思いつつ聞いていた。

        靖子さんのこのごろの様子について話した。

        共感を持って話が聞いてもらえる場所でほっとした気分になった。

2017.12.14(木)  晴れ 湿度 19%以下
    −−◎湿度の低い日が続く。湿度の表示で「19%以下」というのは 我が家の湿度計の表示が19以下になると

        LOW(低)と出て数値がわからないためだ。乾燥すると「肌に注意」「火災に注意」である。

    −−◎ワープロの使用が多くなってきて たまにペンを持つと字が下手になってきた気がする(元々上手という

        わけでもないが(^^;))それに画数の多いたまにしか使わない文字はとっさに書けないこともある。

        電子辞書もあるからいいけれど。

2017.12.13(水)  曇り のち 晴れ 湿度 19%以下
    −−◎このところ急に気温が低くなってきた。風邪をひかぬよう気をつけなければ...。

        本日も無事終了。各種雑務も済み。

    −−◎スピードスケートの小平奈緒選手が女子1000mで世界記録を出した。

        将棋の羽生善治棋士が「永世7冠」達成した。そして直後に「本質的にはまだ将棋を何もわかっていない」

        と述べた。無限の広がりを展望しそれをさらに少しでも極めようとする気持ちに優れた「人」を見た。


2017.12.12(火)  曇り のち 晴れ のち 雨  湿度 19%以下
    −−◎最近は便利になって食品スーパーに 煮物セットとかサラダセットがあって野菜を適量各種切りそろえて

        パックにしてあるものがある。それをまねてキャベツを刻みサラダセットを作ってみた。これは便利だった。

        一度にたくさん作り、冷蔵用袋に入れてしまっておけばその都度出して使うことができる。3日以内で消費

        できる分、せいぜい5日以内には消費しならけばらない。なぜか私はキャベツ刻みが上手である。靖子さんにも

        「変な事が上手なんやね」とほめれたことがあった。(^^;)

        靖子さんが病気になってからは私が3人分の食事をつくり3食必用時間をかけて作っていた。

        私ひとりになってからは 夕食の時はゆとりがあってある程度時間をかけていろいろ作るが朝・昼は短時間で

        用意できるよう工夫してきた。自家製保存食も工夫している。


2017.12.11(月)  曇り のち 晴れ 湿度 19%以下
    −−◎小学校以来年賀状のやり取りのあった知人の 夫君からハガキがきた。亡くなられたとのお知らせだったが

        自筆の添え書きで「長年のおつきあいありがとうございました」との意味のことが丁寧に記されてあった。

        お悔やみとお礼のハガキを出した。

        他県に住んでおられて小学校以来一度もあったことはなかったが 「就職した」「結婚した」とか

        「子どもが大きくなった」ようすとか"年賀"でうかがっていた。同時代を共有してきた人が欠けてしまったことに

        力が抜けていく感じがした。


2017.12.10()  晴れ 曇り 湿度 25%
    −−◎核兵器廃絶国際キャンペーン=ICANがノーベル平和賞を受賞した。世界の人々や国家に核兵器廃絶を

        訴え働きかけてきた。今年7月7日に国連で「核兵器禁止条約」が採択され50ケ国余りが批准しているが

        ICANの運動が進展しつつある。授賞式には長崎市長や広島市長も参加しているという。日本政府も早く

        この条約を批准して核兵器禁止の先頭に立つべきだ。

2017.12.9() 晴れ 曇り 湿度 19%以下
    −−◎地球上での生命誕生からおよそ40億年。あの「やもり」や あの「あおむし」はそんなことを考えたことは

        あるだろうか。無いだろう。今のところ人間のみがそんなことを考えている。最初は想像、空想して

        イメージを描き 本当のそうかどうか 残されている痕跡でそれを確かめていき ほぼ40億年だろうという

        ことになっている。

         60年くらい前に手塚治虫さんが鉄腕アトムを出した。宮崎駿さんが風の谷のナウシカを出した。

        空は飛べないが かなり精巧なロボットが「居る」ようになった。人は飛べないがドローンなるものが

        出てきて小物なら持ち運びできるようになった。想像の中の物が 実在の物になりつつあり、人間の

        想像、空想の働きも捨てたものではないようだ。

        

2017.12.8(金)  曇り 湿度 20%
    −−◎今週の業務は終了。のんびりして「一日が長い」日が続いた時に一週間を振り返った時は短い気がする。

        日々忙しくその日その日は時間が短と思い動いていた日が続いた時に月曜日が遠い日に感じる。

        奇妙なものだ。


2017.12.7(木)  晴れ 湿度 25%
    −−◎どこかの街で 猿が駆け巡っているという。いろいろなことを思いめぐらしてしまう。

        とこからきたのか?動物園か?。カメラが近づいてもじっとしている時もあり、半ば人に管理されている

        "猿園"からか。あまり人と接していない猿ならすぐ逃げるはず。これから寒くなるのに猿とはいえ

        食べ物と寝るところが必要だろう。元々居た場所がわからないと猿仲間と会えない。捕まって保護して

        もらった方が安全だが猿ではそこまで考えられないだろう。とりあえずどこかの動物園で保護して

        もらってもいいからはやくつかまってネ!。


2017.12.6(水)  晴れ 湿度 24%
    −−◎靖子さんを県医療センターへ診察につれていった。車椅子から体が前の方へ滑って行き落ちそうになるので

       背中から両腕を抱えて引っ張り戻し姿勢を整えた。その時どこか当たって痛かったのか「わーっ」と泣き声

       を出した。「オイ オイ どうしたの」とさすってあげるとすぐにおさまった。

       診察では「とうですか」と聞かれ「10月から本日まで熱発とか胃腸系統とかの余病の併発無かった。」と

       答えると そのことを記録されたようだった。注射をしてもらって特養へ帰ってきた。今日は時間的に

       早く終わった。


2017.12.5(火)  晴れ 湿度 19%以下() 
    −−◎人間の生活は体系化された仕組みを 暗黙の了承事項として成り立っている。江戸時代でも現代でも

        集団社会でも 家庭でも 個人でも(緩やかではあるが)同様である。

        日常では無意識的に行動していてもほぼそれに沿って動いている。

        ところで人々が漠然と持っているスピード願望にこたえて 企業が利益増加のため(歴史的に最初に商品化

        者の利益は大きいため)高度に複雑に体系化した仕組みを提供する。

        「ネット注文」「カード支払い」「ネット文庫」「自動レジ」「高速道路」「リニア新幹線」「自動運転自動車」

        そのもの自体の安全性は当然の事として、バックアップ体制も含んで錯誤の訂正や補完、安全対応が

        確立されるまでは市場に提供しないでいただきたい。

        数年前の事だったが スーパーで買い物をしたとき "支払いがいつもより多いな"と思いレシートを見たら

        430円の物が4300円となっていて「これ違っていますよ」というと 「バーコードでやっているので間違い

        ありません。インフォメーションセンターへ行って聞いて下さい」と。

        インフォメーションセンターへへ行き事情を説明すると「少しお待ちください」と言われ30分ほど待っていた。

        「大変お待たせいたしました。初期登録が間違っておりまして大変ご迷惑をおかけしました。」と差額を返金

        してもらった。言葉もしぐさも丁寧であったが30分待っていたことが印象に残り覚えていた。

        ネット商品で ある商品の質問をしたとき電話がつながらなかったことが何度もあった。

        今日ニュースで 自動車道でバスがインター(出入り口)を通過してしまい 危険にも600mほどバック運転で戻り

        一般道へ出て行ったことを報道していた。会社による「終点への到着時刻の厳守」規則が運転者にこのような

        処理をさせていたようだ。

        何年か前の JR福知山線の「脱線・建物への激突」事故も他社線とのスピード競争によるものであった。

        高度にシステム化されたシステムが錯誤の訂正・補完について速やかに処理できるよう対応出来ないまま

        生活の場に持ち込まれている。"錯誤"で何人かがぶっけられて死ぬかもしれない「自動運転自動車」などは

        走らせて欲しくない。100%安全になるまでは走らせてはならない。99%安全では 100万台その車に乗ると

        99万人は安全だが 10000人は死ぬかもしれないということだから...。

         

2017.12.4(月)  晴れ 湿度 28%
    −−◎また 月曜日が始まった。通常通り業務終了。

        昨日の事だが チューリップの球根を買っていて、植えておいた。"早咲き"と"遅咲き"の二種類を二列に

        並べて植え開花期間が長引くようにした。今咲くはずの"かにサボテン"は 今年は手入れが悪く

        ばらばらにしか咲いていなくて写真をお見せすることもできない。元は残っていてきちんと植え替えて

        手入れを怠らなければ来年はまた裂くだろう。


2017.12.3()  晴れ 湿度 27%
    −−◎日曜の朝は小学生が集まって通過しないので静かだ。このごろは土曜の朝も通るようになり昨日も

        おもては賑やかだった。11時30分ごろ帰宅したようであった。

        "ゆとりの教育"で土曜が休日になって20年ほど経過したが、進歩的というか こころを豊かにする

        変化が現れているのだろうか。報告など見ていないためわからないが、時が経過した後に何か

        現れてくるだろう。


2017.12.2() 晴れ 湿度 22%
    −−◎この季節になると気温が低く空中に水分を維持できず湿度が低くなる。この時期に発症する皮膚病がある。

        一昨年(おととし)冬に体のあちこちがかゆくなり湿疹ができてきた。皮膚科を受診したところ、

        「老齢になると眠っていた水疱瘡(みずぼうそう)菌が動き出すおそれもあり調べましたが それはありません

        また虫(だに・蚊) その他でもありません」

        「"皮脂欠乏性湿疹"ですから 風呂は熱いのにはいらず40℃くらいで 毎日ごしごし強く洗うのは

        避けて下さい。また かゆいけどなるべく ボリボリ掻かないでください」とのことだった。

        もらってきた塗り薬を付けて翌日から良くなり数日で治った。

        去年はかゆみが出始めたら注意していて発症しなかった。

        今年も腕のあたりがかゆい感じがしてきて乾燥予防の塗り薬を付け注意している。湿度30%以下が続くと

        要注意である。


2017.12.1(金)  曇り 湿度 27%

     −−◎お庭のある喫茶店。 県医療センターへ行く途中にある。
     ←
      静かな室内で、テーブルごとにそれぞれ異なった花が活けてある。

     新聞など見て過ごし帰ってきた。



     −−◎今日から我が家の前の通りで 水道管の付け替え工事が始まった。

      配られた"お願い"文によると、南側交差点から我が家前を通り私鉄線を越えて

     北へコンビニのある交差点までで 345.7m(私の歩行目算によると270mくらい

     だが、脇道にそれる部分も含まれているかもしれない)と記してあった。

     外出しようと表に出て様子を見ていると交通整理の人から「出かけられますか?」と

     聞かれて、通行車両を停めて誘導してくれたので違和感なく出ることが出来た。



     
    ――――――――――――――――――――――

2017.11.30(木)  曇り 湿度 36%
    −−◎今年も残すところあと一か月。

2017.11.29(水)  晴れたり曇ったり  湿度 38%
    −−◎靖子さんを見に行ってきた。目線をこちらに向けて動かし 口を動かすが声は聞こえず。血色は良かった。

        来月の"外出届"を出してきた。     

2017.11.28(火)  晴れ 湿度 40%
    −−◎年一回の車両検査で 昨日朝預けて 今夕持ってきてもらった。"車検"といわれているものだ。

        同時に"点検・整備"をしてもらっている。こちらは ブレーキ、エンジンの駆動状態、タイヤ空気圧、方向指示器

        ハンドルと車輪の連結、各種ライト、運行と安全についての物をすべて点検し必要なら部品も交換してもらって

        いる。点検・整備済みのマークは 丸形で赤くて大きいラベルが貼ってある。車検済みのマークは昔は

        大きかったがこのごろは小さいのが貼ってある。

2017.11.27(月)  晴れ 湿度 33%
    −−◎いっぱいやりたいことがあって、日野原先生みたいに あと ?十年は元気で存在したいものだと

        思っている。(^o^)/ いそがしい   忙しい(^^;)

2017.11.26()  曇り 雨 晴れ 湿度 33%
    −−◎資料整理をした。途中インクリボンを買いに出かけ、手足眼耳のの運動保持のため、隣市の中ほどまで

        運転訓練を一時間してして帰宅した。動くと血行が良くなってその後の気分も爽快になる。

        自分のための家事雑事はいつものごとく処理した。3人分の家事が 1人になったからと言って3分の1の

        時間で済むわけではないようだ。(^o^)/


2017.11.25() 曇り 湿度 41%
    −−◎昨日の「三町目の..」の記載の中で記憶間違いがあったようだ。西岸良平氏が最初にマンガ

        『蒼い星からの呼び声』を発表したのは [ビッグコミック]で1968年(S43年)8月に

        その後マンガ『夢野平四郎の青春』が出て 内容的には『三丁目の夕日』的であるが題名は別の作品を随時出し

        ていてた。その後に『プロフェッショナル列伝』などを出し 『三丁目の夕日』が連載としてその題名が出てきのは

        1974年(S49年)9月でした。(1回1回読み切りで書く作者だったので これ以前にもどこかに『三丁目の夕日』

        の題で書いていたのかもしれないが..)

        で私の知人らがしゃべっていたのは年代経過から見ると『三丁目の夕日』ではなく 作者の「西岸良平」氏の名前

        だったかも知れないと言うこと。

    −−◎眼科へ行き診察後"眼鏡処方箋"を書いてもらい、午後メガネ屋さんで作ってもらってきた。よく見えるように

        なった。元々軽い近眼で20歳代の始めのころ 運転免許に「眼鏡使用」と指定され以来外出時には眼鏡を

        かけている。以前はガラス製で 落下させて破損し作り直したことが何度かあった。プラスチック製になって

        割れることは無くなったが、キズが付きやすくなり、一定時期経過後には作り直している。今回 キズが目立つ

        ようになってきてそろそろ新調かと思っていたところへ度数の変動があって新規に作ってもらった。

        目についての感想を言うと。

        今年1月〜2月ごろ以前から緩慢に視力が落ちてきて新聞などが読みづらくなってきて−−このままでいくと

        次第に見えなくなっていくのか 何も出来なくなるな−−と気分も老齢化になりかけていたが、5月に眼の

        治療をして以前より良く見えるようになり 行動力も出て 気分の老齢化が停止され若返った気分になった。

        体調が(眼も体調の一種)精神活動に大きく影響するものだということがわかった。

        

2017.11.24(金)  晴れ 湿度  曇り  24%
    −−◎テレビ映画で「Always 三丁目の夕日’64」を見た。連作の第3篇に相当する作品のようだ。(解説を

        見逃したため不明)

        "三丁目の夕日"と言えば 当時(昭和40年)から題名は知っていたが 週刊誌のマンガで 一回分か 二回分見ただけで

        裏町のようすが描かれていて マンガ"サザエさん"の類かと思っていて別に興味をもっていなかったが

        仲間内の文学好きの 誰かが「三丁目の夕日の主人公の生きざま...」などと言っていて −−そんなことが

        描かれているのか−−と思っていてそのまま忘れて時が経過していた。

        テレビを見てから調べたところ映画は次のように公開されていた。

        第一作目 2005/11/5

        第二作目 続編 2007/11/3

        第三作目 2012/1/21

        若いころ友人の言っていた「主人公の生きざま...」というのは 三作目に出ているようだ。その人はマンガを

        続けて読み ここまで読み込んでいたのだが 読んでいない人にはわからないはなしだった。

        主人公は 高学歴だが "小説家"になって 親から勘当され 食うや食わず の生活をし悩みは喰うことでは

        なく 作品の内容展開に行き詰まったことだった。父親が亡くなって実は応援していたことを分家の叔母から

        聞いて知った。預かっていた子が高校生になり受験勉強をしていたが 裏でペンネームで小説を書いていて

        世間の評判になっていた。そのことを知って「そんなことをしていてどうするんだ」と怒り勘当する。「"後がない"

        状態でなければ 文学など出来ないのだ」という形でその子の決断を支援したのであった。

        もう一つの別の流れもあってこちらは鈴木オートで働いている青森出身の若い女の子、この子も自己の決断で

        自分の道を切り開いていくという話。昭和30年代から40年代にかけての若者のまじめで清新な生き方を

        ドロドロは捨象して描き出している映画であった。

        過ぎ去った社会風景と意気盛んだった若いころを愉快に思い出させてくれる映画だった。

     

2017.11.23(木)  勤労感謝の日  晴れ 曇り ぱらつき雨 湿度 27%
    −−◎現役で一所懸命働いておられる人たちに、過ぎ去った日々に働いてこられて人たちにも感謝します。そして、

        それなりに働いて働きが自分を元気づけてくれた自分にも感謝している。

        原始時代と違って一人は一つの事をやっているがそれがどこかで人に活用され、私は多くの人が作り出したものを

        受け取って生活している。

2017.11.22(水)  曇り 湿度 37%
    −−◎所用で他県まで車で出張。用件は無事終了。今になってインフルエンザ予防接種の事を思い出したが

        椅子に掛けて"体調"をチェックしたが 頭ぼんやり―なし、熱発―なし、肩を上下にうごかして痛み―なし

        胃腸の異変―なし。3日すぎて異常がなかったので悪い副反応は無かったものと判断した。

        あとは本物のインフルエンザにかからないように自分でも注意することだ。


2017.11.21(火)  晴れ 湿度 26%
    −−◎インフルエンザ予防接種の24時間以内の副反応は出ていない。「遅れても3日以内」に注意してゆっくりして居よう

        営業日の日程に従って事を進めた。3時30分から資料整理をしていたらすぐ外が暗くなってきた。

        今年はまだ灯油ストーブを着火していない、いつも11月初めに入れていたのに 「これはストーブだ」と感じた

        日が到来していない。(用意はしてあるが...)

        

2017.11.20(月)  曇り のち 晴れ のち 雨 湿度 28%
    −−◎インフルエンザの予防接種をしてきた。副反応があるときは急な場合は30分程度あとで、中期反応が24時間、

        遅れても3日以内には出るそうで 無理をしないでいる。今までにインフルエンザ予防接種で副反応がでたことが

        無いので心配ないだろう。料金が安かったため「表示されているのと違うけど...」と言うと。

        「65歳以上のかたは市の補助金が出ますのでこの料金になります。」とのことだった。

    −−◎まだ11月だというのに、街中は クリスマス商品コマーシャルが出て、音楽も流れている。形式的には仏教人

        である私に、何の葛藤もないというのは 日本の文化事情によるものらしい。

        クリスマスの今年のヒットおもちゃの ひとつに フィンガーリング・モンキーがあるそうだ。指先にくっつけて動かし

        ロボットのようにおしゃべりをするという。(^o^)/


2017.11.19()  晴れ のち 雨 湿度 26%
    −−◎本日は休日日で溜まっていた本を読んでいた。以前と比べて速度が遅くなったような気がする。

2017.11.18() 雨 湿度 29%
    −−◎私の母は私が3歳のころ 30代で亡くなったことは以前にも書いていたが 母の姉妹が他県だが存在して

        おられて 今やその孫(孫とは言え結構年配になっているが)とのお付き合いであるが 先日ハガキで

        「春先の4月に 遠くて知らせなかったけど ばあさんが 103歳で大往生した。年賀状はお受けしますが 

         こちらからは 出さず失礼します」とのお知らせがきた。先年もう一人の姉妹も長命で亡くなっている。

        今回ほとんどその人の存在を意識していなかったが 長命の家系で うちの母も"運"が良ければこの

        くらいまで生きていたのかなー
        

2017.11.17(金)  晴れ 湿度 29%
    −−◎今週も終わった。今週の業務の整理。夕方買い物。

        

2017.11.16(木)  午前 狐の嫁入り(=晴れていて雨) のち 晴れ 湿度 40%
    −−◎近所のメガネ屋さんへ行き予約してきた。5月に眼の治療をしてよく見えるようなったが、メガネの度数が

        合わなくなり交換するためだ。何を予約したかというと 近ごろの眼鏡の流行品だと私の気分に合わないため

        今まで使用していたものを2個持っていき「これと同じような形の枠をお願いしたい」と頼んだ。

        「あぁ いいですよ。最新の流行のもありますが 少し前のパターンのもいろいろありますから取り寄せなくても

         大丈夫です。」と。それを聞いて−−ああ良かった−−と思い ほっとして帰ってきた。

2017.11.15(水)  晴れ 湿度 33%
    −−◎報道による ビル・ゲイツ氏(コンピュータのWindowsなどを作っている会社の創始者)がアルツハイマー病の

        治療法の開発を支援する「官民ファンド(資金団体)」と 新しい治療法の開発を支援する「ベンチャー企業」に

        1億ドル(約113億円)を出資すると発表した。自身の個人的なもので 運営する慈善団体「ビル&メリンダ・

        ゲイツ財団」からではない としている。

        ゲイツ氏は自身の身内にもアルツハイマー病になった人が複数いて、将来投薬によって治療できるようになる

        ことを期待しているという。

        「治療法が確立するには10年以上かかり、開発費用は極めて高額になるだろう」と想定し、「治療法が確立

        した時には 貧困国の患者にも 「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」を介して「安価に治療を提供できるようにしたい。」

        と言っている。

        ※早くできるといいですね

2017.11.14(火)  雨 湿度 58%
    −−◎今日は私が県医療センターへ腰椎のことで診察に行き 昨日記載のような経緯を話した。

        「前回検査では前々回検査と比べて変化はなかったし 一過性の痛みのようで 今落ち着いているなら

         ようすを見てみましょう」ということで帰ってきた。

        診察内容とは関係ないが 普通に動作をしていたが 8:13に家を出て、8:25受付、すぐ呼ばれて8:29診察

        8:37支払い、8:47に家に着いた。合計Time39分だった。いつも1時間から1時間半かかっていて

        こんなに早く診察が終わって帰ってきたことは 今までになかった。

      

2017.11.13(月)  晴れ のち 曇り 湿度 37%
    −−◎夏からの私の健康状態。

        快適気温と共に例年秋は 体調が良いはずだったが、今年は不調だった。

        9月10日に腰痛が出て11日〜13日と熱発した。3年に一回ぐらいの風邪の症状とも違っていて原因不明

        だったが13日夕方には熱が引いて 今日まで熱は出ていない。熱中症だったかも知れない。

        腰痛は激しくなって 夜 睡眠を妨げられる状態で 鎮痛剤を飲み治めていたが9月27日ころがピークで

        10月3日から次第に鈍化していき、鎮痛剤は1日置き、2日置き、3日置きに一回と変化し今回の最終に

        飲んだ日は10月20日でその後は動いていても意識されない程度に軽くなった。

        10月3日の診察・検査の時に「いつ痛くなってもおかしくない状況」と言われ、半年も1年も痛みが続くのかと

        思っていたが割合早く軽くなった。まだ少し痛みが残っているが食欲や動作には異変はなく

        やはりこの季節は快適気分である。

2017.11.12()  晴れ 湿度 38%
    −−◎チョコレートが 当たりのような Little Happyな時には「"運"がいいな」などと言う。

        重大の事であったり 長期にわたる事では"運命"とか"運勢"とか言う。

        原始時代より前 人間が目の前に存在しないものを空想し言葉で表現できるようになった時から未来を考え

        その成り行きを"運"として考える思考が発達した。明日 または月が次の満月になった時 自分に影響を

        与える何事かがどのように起こるかわからない。自分たちの願望や利益にかなったようになれば

        "運が良い"事であり その反対になると"運が悪い"事になる。+(プラス)となるか−(マイナス)となるかの

        可能性は半々である。人々は仕組みがわからないので願望の方向へ進む事を願ってお祈りをしていた。

        時代が進み 経験や観察の集積で 天気予報などでは「台風が3日後に来る」ことがわかるようになってきて

        出来るだけ 被害を防ぐよう対応をするようになってきた。

        人々の集団が大きくなり、広範囲に広がるにしたがって社会現象も"運"、"不運"に関係することがわかって

        きて 社会的な発言をし社会的な対応を求め ほんの少しは実行されているし 他方では個人的にも対応、

        対策をとる。歴史的に見れば前進している。もっと前進させたいところだ。

        大宇宙空間での 静的物質体と動的生物体の競争関係は 静かに見える今も1秒、1秒進んでいる。

      

2017.11.11() 晴れ 湿度 31%
    −−◎11月11日はポッキーの日。グリコの宣伝をしているわけではありませんが..。

        コンビニへ行って「ポッキーの日だ」と思いつき、年一回の季節ものだと買った。店員さんに「今日はポッキーの日

        だから買ったよ」というと、「そうなんですよ、2〜3日前からポッキーが良く売れてるんですよ」と言っていた。

        「クジを引いて下さい」と箱を差し出されたので ごそごそとかき回して1枚とり見せると「当たっています」と

        200円相当のチョコレートを持ってきてくれた。

        −−今日のポッキーの日は運がいいな−−と帰ってきた。(^^♪

    −−◎特養から「お便り」がきた。印刷物には ○折り紙教室 ○書道教室 ○アコーディオンと歌 ○喫茶店などの

        行事予定が書かれていた。近くの保育園の園児が可愛い歌を歌ってくれて工作の時に作った色紙メダルを入居者に

        かけてあげ、入居者からは折り紙のハロウィーン小道具を園児にプレゼントした。楽しい笑顔が見られた。とのこと。

        「お便り」には 前月(10月14日)の特養の"秋祭り"で私と靖子さんが並んで撮ってもらつた写真が添えられ

        手書きのお手紙もあった。

        −−田口靖子様  ご家族様

           先日は面会に来て下さり大変ありがとうございました。 靖子様も喜んで見えると湯もいます。

           さて 最近少しづつ寒くなり冬も近づいてまいりました。気温の変化や体調には充分気負付けて

           まいりますので よろしくお願いします。

              平成二十九年十一月

                                                  スタッフ一同

             

2017.11.10(金)  晴れ 湿度 19%
    −−◎NHK BSテレビ「新日本風土記」で各地の渡し舟を映し出していた。

        最上川、熊野川、只見川、江戸川(矢切の渡し)、阿武川(鶴江の渡し)、その他(漠然と見ていて覚えていない)

        その中に 私も見てきたことのある「小紅の渡し」も紹介されていた。

        渡し舟は古くから地域の人たちの通勤、通学、対岸の街へのお出かけなど生活のなかにあった。橋が作られて

        大部分が無くなって行ったが どうしても必要なところで残っていて、また観光用に復活したりして

        数えられるほどではあるがいくつか残っている。

      ○「小紅の渡し」
      写真左の堤防の左端に白い部分が見えるが、
      これは対岸の船着き場。右側道路の端にある
      茶色の小屋が船頭小屋

       私が見てきた時 撮ってきた写真 
     
      昔、小紅という女性が船頭さんが漕いでいたとの言い
      伝えで「小紅の渡し」と言われている。テレビでは女性
      船頭さんが紹介されていたが 私が見てきた時は
      "おじさん"だった。

      こちらは右端の船頭小屋を近くで見たもの

      「小紅の渡し」のことは この日記の2016年4月2日〜3日の記事にあるヨ(^-^)

2017.11.9(木)  晴れ 湿度 33%
    −−◎夕刻から急に寒くなってきた。そろそろ朝夕はストーブが必要になるかと出してきた。毎年11月5日〜15日

        くらいに使用を開始しているが 今年は何時から使用するか?。

        出来るだけ空調暖房でがまんしようと思っているが 寒い時 外から帰ってきて急に手足を温めようとするのに

        ストーブは便利である。


2017.11.8(水)  曇り のち 雨 湿度 61%
    −−◎7日の報道によると厚労省の発表した「毎月勤労統計調査」の内容を紹介している。9月の実質賃金は

        0.1%減少し、減少は4ケ月連続だという。

        安倍さんが 4ケ月減少の状況の後の10月の選挙中に 「景気は良くなった、よくなった」というので

        「そうなのかなー」、「いや そうかもしれない」、「うちは上がっていないけど世間では良くなっているのかなー」と

        思っている人も多い。厚労省が安倍さんにいくら"忖度"しても統計の数値をごまかすまでには行っていないだろう。

        選挙の時に「雇用は増え失業者は減少」と言っていたが 人々は年後半に向けて「何でもいい職をえなければ..」と

        派遣社員や、期間契約、アルバイト的な仕事に就いた。その結果その人たちは「失業者」には集計されないが多くは

        低い賃金で不安定雇用であることに変わりがない。それで雇用が増えても実質賃金は上がらないのだ。

        全員を正社員にすべきである。     

2017.11.7(火)  晴れ 湿度 44%
    −−◎今日は病院に行く日。〇〇国立医療センターへ3ヶ月ごとに行っていたが20年来お世話になっていた◇◇先生が

        いなくなってどうしようかと思っていた。その後の経緯は◇◇先生が開院される場所が我が家から5分以内のところで

        [えーっ]と思い見に行ったところまだ建築中だったが間違いなかった。−−これまでより近くなる−−と そこへ行

        くことにしていた。

        順番が来て診察室に入るといつもの表情で「その後どうですか(=変わったことはありませんか)」。

        「別に診てもらいましたが9月中ごろ腰痛になって寝れないくらい痛かったのですが 今は治っています」

        「年齢的に間接も弱くなってくるので 無理しないよう動いて下さい」

        医療センターと同じように諸検査があり 結果の説明も詳しくしてもらった。私にしたら気持ちの健康保持のための

        会話、先生から言えば雑談サービス(?)もしてもらい気分よく帰ってきた。近くに来られて良かった。(^-^)

        

2017.11.6(月)  晴れ 湿度 38%
    −−◎後期高齢者に近いこの年になって静かに(静かにしておられない時もあるが)世間を観察して見るに今まで見えて

        いなかったものが見えてくることがある。見えて来れば来るほど世の中混迷の極みである。「世の中混迷なのだ」と

        納得してしまっていてはあの「あおむし」と変わりがない。瞬時に感じることを感じて生き そのことは忘れ次の瞬時を

        受け止めて生きている「あおむし」のごとくである。人間は混迷の認識にその到達点での整序をつけて次を生きる。

        整序Aと整序Bの混迷の発する時もある。さらにそれを包括する"大整序"を切り開かねばならぬ。(容易な事ではないが...)


2017.11.5()  晴れ 湿度 29%
    −−◎天気予報では今日は晴れで1日中おだやかな日と伝えていた。これはさいわいと 10時ころ布団を干した。

        ベランダ柵の端から端までいっぱいに広げて全部干し 強風もなく飛んでいく心配もなかった。

    −−◎"だに防止シート"(紙製)を買って来て取り据えた。3連休の最終日ゆっくり過ごす。また明日から適度に動く。

2017.11.4() 晴れ のち 曇り 湿度 57%
    −−◎あおむし

      数年前に"ぶんたん"の種を植えておいたところ次第に大きくなってきた。アゲハ蝶の

      幼虫が新芽をボクボク食べて大きくなってきた。この大きさではまもなく 網状の覆いを

      作って さなぎになり、20日後に蝶になるのだが..。心配なことは11月下旬には霜が

      下りる事もあり無事蝶になれるだろうかということだ。自然の摂理を見守ることにした。

      ※柑橘類は秋になっても暖かい日が続くと新芽が出てくる


     
    ――――――――――――――――――――――
    −−◎私の幼少時のまわりの手近な記憶はあるが、"戦争"について眼で見て音に聞いたことはない。

        (※私の同年の古くからの友人N氏は幼いころ「夜 南の空が赤々と見えて『空襲で燃えている』のだと両親から

        聞いた」という)

        終戦時に 私より年配の小学生・中学生だったという 古老のかたは見聞きした戦争の記憶を持っておられて、

        身近な多くの年長者は戦時の悲惨な状況を語り、「戦争は絶対にやってはいかん」と言っている。

        年配の著名な人々も戦時のようすを語り平和を訴え 最近の状況を危惧する発言が目立っている。

        「人は数十年もすると戦争の悲惨さを忘れまた戦争を繰り返す」などと歴史を総括して平然としているわけには

        いかない。今戦争になれば「何千万人犠牲」では済まされず何億人も犠牲者が出て、何十億の人々が放射線の

        影響から逃れられず数十年、数百年にわたって苦しむことが予想される。

        そのような方向に進まないよう望む。

2017.11.3(   文化の日  晴れ 湿度 47%
    −−◎日本国憲法が1946年(昭和21年)の11月3日に公布された。6ヶ月間の衆知の期間を経て1947年(昭和47年)

        の5月3日に施行された。71年前の事である。

        終戦よりも前に生まれ幸い爆弾にも当たらず生存し、病気になっても回復し 人口の95%の人がそうであったように

        物不足と貧困の中で生き延び(幼い5人の兄弟姉妹は終戦前後して3人亡くなり2人が生き残り現在も健在)た。

        日本国憲法の時代の中で生きてきたことになる。

    −−◎カレンダーに従って今日は休日日。駐車場脇の草花の整理整頓。日向(ひなた)でも暑くも無し寒くも無し。

        朝顔の釣り棚も取り払い整理してお掃除。11時開店のラーメン屋の主人が時間少し前に"回転灯"を付けに出て

        来られ、私は小声で「こんにちわ」、むこうも軽く笑顔で会釈された。今日は"ニーハォ"を聞けなかった。(^o^)/
    ――――――――――――――――――――――――――――――――
    −−◎↓○で囲った中は"ヤモリ"の"ヤモザウリスちゃん"



      A  「あーっ ヤモちゃんやー やっとかめやねー、今年は来なかったみたい

          だけど どうしてたの」

      ヤモ「いえー あのねー 今年の予約が一杯になっていた 隊長さんの申し込みが

         あったけど お断りしてたの 」

      A  「来年は 早めに申し込まないと...」

      ヤモ「うん 隊長さんにそう言っておいてー。今冬眠の準備していて すぐ帰って

         作業をすすめなくてはいかんのや」


     

2017.11.2(木)  晴れ 湿度 36%
    −−◎ソニーが 犬型ロボット aibo(アイボ)を いぬ年の来年1月に発売するという。以前にもあったが2006年に

        販売終了となっていて今回復活させた。コマーシャル用の動画を見たが細かく動き 呼びかけにも応えて

        おもしろい動きをするようだ。買う(飼う)つもりはないが見ているのは楽しそうだ。(=^・^=)
        

2017.11.1(水)  晴れ 湿度 36%
    −−◎もう11月になってしまった。10月のカレンダーをめくり、11月のわかっている予定など書きこんで思案を

        めぐらした。10月の作業、財務の整理、11月の予定を決めた。

    −−◎人それぞれに 置かれた状況の中に生きている。状況を最大限に生かして自分を成長させ、あるいは可能な時は

        状況を変えるよう努めたり、より良い状況を選択しそこに自分を置いたりして..。

        しかし避けられない状況もある。靖子さんの認知症などは発症してしまったあとでは現状では受忍して双方

        協力して生きていかなければならないことだった。覚悟を決めて進めていくうちに在宅介護14年が経過していた。

        その後 特養で預かってもらい5年。

        靖子さんが元気なうちは「独りで置いておく」事が出来ず一日中家にいた。世話すること以外は時間もあったため

        仕事の分野の研究をしたり、書を読んだりしていた。介護をなさっている人たちと接し、自分と引き比べたりして

        人間の生き方について学んだ。失われた14年であったが「人間が深まった14年」でもあった。

        特養に預かってもらって以来、失われた14年を取り戻そうと わくわくした気持ちで生きている。

        「わくわくした」気持ちで生きることは靖子さんが病気の初期のころ「おっちゃん ごめんね」とか

        「こんな病気になっちゃって、世話してもらってすみませんねー」とか「仕事もできなくてわるいねー」と言って

        いた気持ちにこたえる道だろう。深刻な顔をして黙りこくっているより わくわくして生きていることを喜んで

        くれるだろう

        「大丈夫だよ、共に生きることが人間なんだから 長生きしてね」と言ってあげたい。

        もちろんひんぱんに見に行ってはいるが....。

2017.10.31(火)  晴れ 湿度 26%
    −−◎靖子さんをみてきた。眼をこちらに向けて 口を動かしていたが音声はなかった。

        風景写真を 季節に合わせて紅葉を映す湖の写真に貼り替えてきた。

        靖子さんの 喉の吸引、週一回の歯科口内清掃、寝たきりの人の炎症予防対策、についての計画書の

        作成をしてもらいサインをしてきた。

    −−◎徘徊でいなくなった夢。

        夢は状況が混在して展開する。−−−どこかへ 団体のバス旅行に行き2人で一緒に参加していた。なにか

        おしゃべりをしていたが 見学コースでみんなについてバスを降りた。歩いていて、靖子さんがそばにいなかった。

        "え-っ こんな知らない街でどこかへ行ってしまったの。雨が降ってきたらどうするの。夜になって食堂はあるにしても

        ホテル(宿屋)が予約一杯で泊まれなかったらどうするの"とか考えて私が前方へ走り出したが速く走れない−−−

        というところで目が覚めた。 夢だったのでほっとして 明け方近かったがまた少し寝た。

2017.10.30(月)  晴れ 湿度 37%
    −−◎本日は「お掃除の日」。お掃除お姉さんが今日は3人来てくれて 10時〜12時まで2時間かけて

        あちこちきれいにしてもらいすっきりした。

        台風が今日あたりに来るかと何もしていなくて 今朝 早めに起きて整理し目に見えるごみは掃除した。

        お掃除お姉さんの目の付け所は目に見えるごみはもちろん掃き取るのだが 例えば高いところにある空調機の

        コンセント(2cm×2cm)の上のほこり注意をして拭いてくれる。 (^o^)/

    −−◎駐在の巡査 川島(又は河島)さんと言う人が「家族調査」とのことで来られた。

        「去年も来ましたが年に一回程度お尋ねしているのですが..」と家族人員を尋ねられたあと

        「ご職業は..(と表看板を見廻して)御商売ですか..」 「今は内職程度です」

        「それから..お願いですが..このごろ振り込み詐欺が発生していますので 変な電話などかかってきたら

        注意してください」と言われた。

        「それじゃー」  「ご苦労様でした」

        前回(2016.1.14(木))は若い人だったが 今回は「定年前」の感じの人だった。


2017.10.29()  雨 湿度 58%
    −−◎午後ちょっと強い風が吹いたが我が家には何ごともなく台風は通過した。


2017.10.28() 雨 湿度 51%
    −−◎眼科へ行ってきた。5月の治療後は感染症や後遺もなく経過しているようだ。治療しなかった反対側の眼も

        視力が戻っているとのこと。治療した方が良く見えるようになって しなかった方も無理をしないで

        物をみていて負担が軽くなり視力が回復することもあるそうだ。

    −−◎また日曜日にかけて台風が来るようだ。

2017.10.27(金)  晴れ 湿度 43%
    −−◎今週も業務日は終わった。夕方買い物に出かけた。


2017.10.26(木)  晴れ 湿度 43%
    −−◎腰痛が治ってきた。9月15日に腰痛が出てきて鎮痛剤など飲んで対応していて県医療センターへも

        診察に行ったりして指導を受け、結論的には「普通に生活して居ればいいよ」との話で過ごしてきた。

        世間の話や 3年も5年も腰痛に悩んでいる知人の話など聞いたことがあってこれからこの痛さが続くのかと

        憂鬱になっていた。10月10日くらいから痛みが軽くなってきて鎮痛剤も3日空けて一回飲むほどになり

        21日以後飲んでいないが24日ごろから治まってきて 今日は全く感じなかった。10月3日レントゲンで

        「3ヶ月前と変わっていないよ」とのことで特段の治療をしたわけではないが治ってきて気分が良くなった。

        痛さと不安感から「もうだめか..」との気持ちに襲われたが痛さも無くなり気分も軽くなり 動きも従来通り

        かろやかになった。あまり重い物を持ったり長時間歩行を避けて無理をしないよう「長持ち」させたい。
        

2017.10.25(水)  晴れ 雨パラパラ  湿度 40%
    −−◎今日は集金日で ガス屋さんやら 新聞代など集金に来られた。

        朝夕涼しくなってきたが私にとっては 快適気温の領域にあり体調良し。


2017.10.24(火)  晴れ 湿度 40%
    −−◎夕森公園「ど根性もみじ」

        一昨年秋夕森公園やその他の風景を案内してもらい見てきた。谷川を眺め せせらぎの聞こえる窓際で

        食事をしたりして楽しい日を過ごした。(夕森公園周辺の紅葉の見ごろは10月20日〜11月15日ころ)

         ↑岩石に生えているところを撮ったが うまく撮れていない

         ↓こちらは観光パンフから。全体はこんな感じ


         ↓もっとうしろからとったもの


         ↓公園内へ歩を進めるとこんな風景も..。



2017.10.23(月)  晴れ 湿度 38%
    −−◎台風は通過した。近隣に被害の情報は聞かず。すっきり晴れて湿度も少なく快適な日となった。

        残り風が少し吹いていたが..。

        駐車場が吹き溜まりになっていて 落ち葉やら紙切れや袋などが溜まっていて掃除したがゴミ袋いっぱいあった。

        「秋の日の釣る瓶落とし」と言うが日没が速くなった。10月1日に17:37だった日の入り時刻が23日には17:08と

        なっていて29分早くなっていた。夏至・冬至の時期は変化が少なく春分・秋分あたりは変化が多いようだ。


2017.10.22()  雨 台風接近  湿度 64%
    −−◎早朝選挙に行ってきて 雨が多く外出せず家事を処理。

    −−◎台風が接近し通過中である。いつになく強い風の音が聞こえた。

2017.10.21() 雨 湿度 65%
    −−◎靖子さんを見てきた。部屋の壁に写真やキャラクターのイラストが貼ってあるが 毎月貼替えている写真もある。

        数年前にお散歩をしていた時の写真をA4版に印刷して貼ってあげた。もうすぐ誕生日なので

        「誕生日おめでとう」と書いておいた。


2017.10.20 (金)  雨 のち 晴れ 湿度 63%
    −−◎また 台風が近づいてきている。早めに買い物に行った。食品スーパーで町会でいつもお話ししている

        会長さんが買い物をしておられた。「いつもお世話さまです」と挨拶してすれちがった。

        

2017.10.19(木)  雨 のち 晴れ のち 曇り 湿度 53%
    −−◎夕方、「ちょっと 通ったので寄ったんだけれども..」と 私と同年配と見られる ご婦人が立っておられた。

        一応愛想よく「それはそれはありがとうございます。」と挨拶したが――どなたさんでしたかなー −−と考えていると

        「田口さんですか?」

        「はい そうですが..」

        「本人さんですね よかった。顔が変わってしまって.. 」

        「高齢者になりましてねー」

        「おたがいに..。私200mほど先のところにいる○○と言うけど高校生の頃は一緒のクラスで◇◇ですが」

        「あっ そうやったんですか。中へはいってください」

        「学年で組が変わったけど1年の時はAクラスで一緒やったんやよ」と

        立場が分かって 地元日常語に戻って会話がはずんだが 実は思い出すまでにちょっと時間があった。

        みんなで一緒に 彦根のお城に行ったこととか、コーラスで「花の街(七色の谷を越えて 流れていく――)」を歌った

        ことや コーラスの△△先生の事や 理科の■■先生の事など次々と楽しい思い出話をしてくれた。

        私も覚えていることをポツポツとしゃべった。私が「登山」をしていた人との印象があったらしく「ピッケルを持って」

        とか話しておられたが ハイキングコース程度の山登りはしたことは何度もあるが「登山」はしたことは無かったが

        あいまいにぼかして敢えて否定はしなかった。

        どうして訪ねて来られたかと言うと

        「先日の特養の「秋祭り」行事の時に見かけたもんで あの(高校同級の)田口さんかと一度お話ししたいと思って..

        よくお世話なさって 娘さんもお母さんのところへ 時々行きお世話なさってるそうやね。」

        「ええ 美人だった奥さんは大事にしなくてはと思って ふふふ...」冗談を言って笑った。

        記憶のかたすみに留めていて訪ねて来てくれていろいろお話しできて大変うれしく思った。

        天候も思わしくなく 腰痛でふさぎ込んでいたが夢多くすごした青春時代を運んで来てくれて楽しい気分になって

        腰痛も飛んでいってしまった。

        知人が こんなに近くに住んでいて50年以上も知らなかったとは驚きだ。

2017.10.18(水)  曇り のち 晴れ 湿度 47
    −−◎ヨーロッパの精神文化史はキリスト教の「神」の文化を軸として進化してきた。幾つかの国家に分かれているが

        古き時代にはどの国も国王はローマ法王の認証を受けていた。各種の新時代の思想である資本主義の精神やら

        近代民主主義の精神、近代科学の思想と 相克闘争をしながら、論争の中で一定の決着を付けながらその立場を

        保ってきた。資本主義、民主主義、近代科学、もそれぞれの立場を発展させてきた。地動説を唱えたガリレオは

        1600年代裁判にかけられ無期刑で軟禁状態に置かれ世を去った。1992年ローマ教皇庁はガリレオ裁判が

        誤りであったことを認めガリレオに謝罪した。ガリレオの死去から350年後の事であった。

        「一定の決着」とは現在 再び真面目に ガリレオの地動説を否定するようなキリスト教布教者は現れてこない

        と言うことである。ヨーロッパの資本主義、民主主義、近代科学、の精神は それぞれの国のキリスト教的精神と

        厳しい論争を繰り返して人々の精神的支柱としての立場を確保してきた。250年間(1550年〜1800年)かけて

        形成されてきた。

        そのヨーロッパ人の世界進出の過程で分散、従属化させられた先住民地域がある、南北アメリカ大陸、アフリカの

        大きい部分の一定地域、オーストラリア(アボり人)、ニュージーランド(マウリ人)、その他。

        植民地化されたが民族としては存在していた国、インド、東南アジア諸国(その後独立)、その他がある。

        独立を保った日本、中国のような国などがある。
        

2017.10.17(火)  雨 のち 曇り のち 晴れ 湿度 68%
    −−◎報道によると、

        日経平均株価が 21、336円で20年ぶりの高値になったという。あまり関係ない話だか..。

        2009年3月ころには7、021円の時もあったので 億とか兆とか扱う人には 約3倍にもなって大儲けをしたことになる。

        100人に一人 いや1000人に一人かも知れない。大手の人にとって「20年前に戻っただけで損も得もない」と説明

        する人もいるがそうではない。時価総額(日本中のすべての上場会社の株式証券の総合計)は新規会社の上場や

        既にある会社が口数を増加させることで2倍になっている。基数が2倍になっていて 7,021円の時は損をしていた

        かもしれないが元に戻れば2倍になっているということである。

        「大手の人」以外にも「株」を持っている人と言えば"持株会"(自社の株を毎月積み立てた金で買っている人の会)がある。

        退職時に清算する(持ち続けてもいいが..)ため2009年前後に退職した人は大損だった。

        その他に株を「賭博・トバク」と見てやっている人もいるという。トバクと見ては精神安定が出来ないので「日本経済のため」と

        論理だてをして「真面目な気持ち」でやっている人もいて、トバクと真面目 双方で1000万人(有業人口6000万人として約1.6割)

        いるという。この人たちはどうなったかと言うと(数値は比喩的で正確ではないが)17年前2000年に800万人いた人たちが

        2009年には500万人が大損をして引き上げ 300万人に減った。この人たちはもう参加してこないので株価が上がっても

        損を取り戻しているわけではない。2009年に底になり、翌年くらいから上昇と共に新しい参加者も増えていったが

        ピタリこの時に上昇を予測してがっぽり所持していたのではないので3倍の儲けをしたわけではない。

        新しいカモに入れ替わったのだ。この世界でも上位1%の安定した所持者が儲けて99%の人は損をしているようだ。

        (人数は各社発表の集計であり、実人数とは異なる。理由は取引を停止しているから口座もあり、一人で数社に口座を

         持っている場合もある。塾の「有名高校合格者数」みたいに 集計すると定員の倍くらいになっているように)


2017.10.16(月)  雨 湿度 56%
    −−◎世界の宗教の経緯。
         中東・ヨーロッパ
         紀元前2000年  ○ユダヤ教――――――――――――――――――――――――――――――――
                                 │
                         期限後1年 ○キリスト教―――――――――――○カトリック―――――――
                                                │        │
                                                │        ○プロテスタント―――――
                                                │
                                      期限後700年 ○イスラム教―――――――――――――

         インド ○王(≒法律)の支配思想―転化して―○仏教へ 周辺地へ伝播し内容変化――――――――――

         中国  ○政治思想としての儒学。王朝交代で 新学説(論語とか五経とか朱子)――宗教に転嫁すること無し

       ※日本人の意識は上の世界意識の最新版に影響を受けその渦中にある。

     

2017.10.15()  雨 湿度 66%
    −−◎テレビドラマ「わたしを離さないで」を見た。

        去年(2016年)1月から3ヶ月放送されたものの一括再放送で昨日と本日5時間づつに分けて放送された。

        原作はノーベル賞を受賞する カズオ・イシグロ。このドラマはノーベル賞の話題となる以前の昨年に作られたもの。

        脚本は森下佳子、出演は 綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみ

        −−全寮制学校で 感性も教養も知識も体躯(スポーツ)も良質の教育で豊かに育てられた「普通の子ども」だった

           青年直前の彼らに 生まれながらにある使命を与えられた「特別な子供」であると教えられ、

           自分たちの「本当の運命」を知らされる…。大人になった彼らは運命に抗うのか?それとも運命に従うのか?

            愛情、友情、絶望、希望…生と愛が絡み合う物語−−

        ※ストーリーは省略しますが、イギリスの未来社会との設定だが「本当の運命」が未来社会的である以外は

        日本の巷にある(イギリスでもそうかもしれないが)現代人の相克を描き出している。原作(訳本=土屋政雄)

        をまだ読んでいないので結末がドラマと同じかどうかわからないが、最終章は泣かない私が涙する展開であった。

        近々読みたいと思う。 ストーリーを書きませんでしたのでぜひお読みになってください。

        

2017.10.14() 曇り のち 晴れ 湿度 69%
    −−◎今日は町内自治会の廃品回収の日で10月の係は中学校PTAの役員さん。いつもより早めに起きて

        空もようを見ると直前まで雨が降っていた様子だったが"少雨決行"と書いてあり新聞、チラシ、雑誌を

        玄関わきに出しておいた。7時30分ごろ回収に来てくれた。作業が終わるのは11時ころだが正午頃までは

        雨は降らず午後から晴れてきた。

        売却代金が 会の運営費の足しになるというので協力した。決まった時間に玄関わきへ出しておけば

        いいのでこちらも便利だが..。

    −−◎特養で午後2時から"秋祭り"の行事があった。入所者が歩ける人は自分で、車椅子の人は介護士さんに誘導されて、

        駆け付けた家族の人がいた人はいっしょに会場へ降りてきた。ばあちゃん じいちゃんに会いに来た子供たちも

        たくさんいた。室内ではあるが 屋台風のお店や 入ると景品のもらえる輪投げやクイズコーナーなどがあった。

        また 近くの保育園の児たちが毎月訪問してくれていて その時 ばあさんじいさんと作った折り紙(普通の折り紙や

        キャラクター折り紙など)と 駒などの"工作品"が「自由にお持ち下さい」とたくさん並べてあった。

        パンダの折り紙を靖子さんにとってあげた。居室担当の介護士さんが靖子さんが車椅子で私が椅子に掛けて

        並んでいるところを写真に撮ってくれた。

        集会室、玄関ホール、玄関おもてを通して会場としていていつも見ているより広く感じられた。

        この企画の準備は特養の各種職員さんの他、この施設を応援する組織の人や町内の赤十字奉仕団の有志の

        かたたちがやってくれたそうだ。本人ばかりか私も楽しめてよかった。


2017.10.13(金)  曇り 湿度 56%
    −−◎朝 室温は22℃だった。暑いとも 寒いとも感じない快適気温の範囲内でワイシャツ(状のシャツ)を

        半袖から長袖にしてルンルンと朝作業をやっていた。動いていて3回ほどくしゃみが出た。どうも意識感覚が

        鈍くなっているらしい。生理感覚が"くしゃみ"の警告を発したようで薄手のジャケットを羽織った。

        意識感覚が鈍ったと言えばここ数日午後には31℃になっていたが夏の同じ温度の時と比べて「暑い」と

        感じなかった。温度計を見て室温と衣服を調整した。

    −−◎(テリトリー拡大の歴史の話のつづき)

        報道によると。

        12日 アメリカがユネスコ(国連教育科学文化機関)から脱退すると発表した。

        ユネスコ執行委員会が 「エルサレムの旧市街とその城壁群」の保護に関する決議を賛成多数で採択した。

        アメリカの同盟国イスラエルはこの決議は 偏向している として抗議していてアメリカがそれに同調した

        ものとみられる。―以上各種報道。―

        ユダヤに関する歴史的事象は古代から存続し 生活区域、宗教的分流、文化、生活意識に他との違いや

        対立する点があり 短文で解明できる事柄でないのでここでは取り上げない。

        第2次大戦後、圧迫されたユダヤ人を救うためとして、アメリカが中心となって 中東の地域に線引きをし

        現在のイスラエル国家を作った。

        しかしその地域には 歴史的に既にパレスチナ人やアラブ人が長きにわたって居住している地域であった。

        パレスチナ人やアラブ人は辺境に追いやられた。イスラエルと周辺国との対立はそこに端を発している。

        平和的に解決されるよう望む。


2017.10.12(木)  晴れ 曇り  湿度 57%
    −−◎昼中は本日も気温が上がり暑かった。

    −−◎「内職」程度の仕事だが 予定に従って済ます。(今週は4日しかない)


2017.10.11(水)  晴れ 湿度 64%
    −−◎日中は30℃以上に気温が上がった。

    −−◎靖子さんを県医療センターへ診察で連れて行った。

        最近の表情やようすは

        人がそばにいることがわかると「あ あー」と声を発することがある。車椅子で姿勢を整えるため後ろから

        両腕の脇を持って引き上げたところ赤ちゃんが泣くみたいに顔をしかめて泣き出した。どこか痛かった

        のかもしれない。腕をさすったりして「おいおい」と話しかけていると直ぐに治まった。

        あまり動かない生活が続いているせいか、寝ている時間が多いせいか 車椅子に掛けた時 背中と大腿の角度が

        90度(直角)に曲がらず120度ぐらいで反ったままいて滑り落ちやすい状態だった。

        手や足も自分から動かそうという気は無いようで 手を軽く運動的に動かしてあげても硬くて動かしにくかった。

        上下左右など通常の範囲なら運動のつもりで動かしてあげたほうが良いそうだが..。

        白髪はこのごろでは3分の1ほど出てきてグレーになってきた。量は薄くなってはいない。

    −−◎(テリトリー拡大の話のつづき)

        アフリカ諸国では虐殺・追っ払いに加えて 多人数が拉致されて黒人奴隷としてアメリカへ連れていかれた。

        手近に資料がないが現在 世界各地での先住民とその他の国からの人々の混在している地域では過去に

        何らかの衝突があったと推測される。他方では平和的に共住したケースもあったとも推察される。

        

2017.10.10(火)  晴れ 湿度 61%
    −−◎このところ涼しくなっていたが昨日、今日と昼間は30℃を越えていた。明日も昼間は暑くなるらしい。

    −−◎10月12日はアメリカ合衆国ではコロンブスデーとして祝日となっていて休日である。いくつかの州では

        祝日としていない州もある。

        (西洋人のテリトリー拡大の話のつづき)

        ネイティブ・アメリカン(アメリカ先住民)の ひとつのある組織「アメリカインディアン運動(AIM)」は毎年この日に

        抗議のデモ行進などを行なっている。

        西ヨーロッパ諸国が 国家レベルや 植民会社レベル 集団レベルで 虫食い的にアメリカへ進出していった。

        現在のパナマからアメリカ、カナダに至る北米大陸は広い地域であり 元々いた人たちの 村や街があり

        それらをまとめた「くに」などがあり 小〜大の多数の集落(=日本流に言えば)の人たちが自然を活用して生活していた。

        人口密集のヨーロッパの大都市から見たら「誰もいない」ように見えたのかもしれない。また先住民の部族の中に

        特異な習俗を持つ部族があって ヨーロッパ人はその一部族の事を全先住民の「習慣」のように宣伝し野蛮人と

        見なして辺地へ追いやってしまった。話し合いをして物産の交易をするヨーロッパ人もいたが..。

        先住民出身の学者で「何もコロンブスに発見されなくても我々の土地としてあったのだ」と言っている先生がいる。

        南アメリカ西海岸地方は スペイン王の威を傘に着てレコンギスタ作戦(武力・奴隷化・虐殺・追放)によって征服された。

        東部(現在のブラジルあたり)はポルトガル人によって初期には融和的に支配された。


2017.10.9(月)  晴れ 湿度 63%
    −−◎(昨日のつづき)

        日本では、古代西暦600年代中ごろから800年代初頭の間に大和王国が太平洋側の関東から東北へ、

        日本海側北越から東北へと 柵とか城(き)をつくりテリトリーを広げていった。現地の人たちを隷属させたり、

        北へ追い払うなどした。山から山への狩猟集団が困らせられた。

        その方策は時代を継いで引き継がれたため1457年「コシャマインの戦い」(アイヌの人による反乱)起こった。

        江戸時代の初期1669年アイヌ民族の大規模な蜂起である「寛文蝦夷蜂起」か起こった。

        1789年には「クナシリ・メナシの戦い」があった。アイヌ民族に対する圧迫は明治時代から戦後も継続され、

        差別的な「旧土人法」が廃止されたのは1997年であった。

        1000年以上にわたる権利侵害に対しては何の保証もされてはいないが国民として対等平等ということになった。

        1997年に「アイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する知識の普及及び啓発に関する法律」

        (1997年)(平成9年)が作られ、アイヌの人たちの文化、伝統を普及・啓発されることとなった。

2017.10.8()  晴れ 湿度 56%
    −−◎私の「世界文化の推移」。

        エジプト文明、メソポタミア文明、ギリシヤ・・→ローマ文明、イギリス北部の古代文明、インド文明、中国文明、

        日本の縄文時代、アメリカ中部マヤ文明、イヌイットの人の文明などがあった。

        時代は少し下がってアステカ文明(メキシコ)、南米西海岸のインカ文明などがあった。

        資料的には発見されていないがモアイのイースター島やその他の地域で 独自にある程度発達した文明が

        あったかも知れない。そのどこにでも「朝起きて食事をし働いて糧を得て夜寝る」という無限の人々のくらしがあった。

        それぞれが近隣との浸透や影響を相互に与えつつも独自の地域で独自の内容を維持してきた。

        16世紀以後に ギリシヤ・・→ローマ文明の展開であるヨーロッパ文明が発展させた生産力と軍事力を持ち他の

        文明地域にテリトリーを広げていった。21世紀の現在ようやくテリトリー拡大競争が収まりつつあるが地域的な

        紛争や、世界支配をめざそうとするいくつかの動きがある。大国でない中小の諸国では対等平等の関係を望む

        国際的な世論も盛んになってきている。これが私が世界を見る目である。

        このような動きの片隅に私が生きているということである。

2017.10.7() 晴れ 湿度 63%
    −−◎気候が良くなり朝ゆっくり寝ていた。10時から 食品と雑貨品の買い物に出かけ、補充した。

        テレビで学校音楽コンクール「高等学校の部」の合唱曲などかけっぱなして 班の人と生協の荷受けをし

        こまごまとした所用をかたずけ、腰痛の悪化防止のため30分ほど横になっていた。

        

2017.10.6(金)  曇り のち 雨 湿度 49%
    −−◎電気設備の定期調査があり係の人がきた。漏電調査および分電盤の点検であった。通常一般家庭では

        分電回線と単位ブレーカーは4〜6回線だが我が家では営業活動の関係で16回線が家庭用の分と店と事務所に

        この分電盤から分けられて配線されている。各回線、漏電も異常もなかった。

    −−◎報道によると

        愛媛県で先月(9月)11日 ばあさんが デイサービスから送られてきて自宅近くで蜂に刺されて亡くなるという

        事故があった。

        状況は2人で車椅子の老人を車から自宅近くへ押して行き そこで多数の蜂に襲われた。大声を上げると車に居た

        別の2人の係の人が駆け付けたがこちらも蜂に襲われ手が付けられず 車椅子ごと送迎車に戻ろうとしたが

        なぜか車椅子が動かず全員送迎車に戻り、119番した。救急車がきたが救護員は「蜂に刺された人がいて、すでに

        安全なところにいる」と思って防護服など着ておらず(当然殺虫剤なども持っておらず)救出に時間がかかった。

        病院に運ばれたが 50分間に150か所蜂に刺され翌日亡くなられた。

        ※デイサービスの人も消防隊員も自分が刺されるのを顧みず必死に助けようとしたと思う。

         自分から動けないで蜂に襲われ続けるばあさんの姿を 私に置き変えた時心臓が痛くなるような恐怖心に襲われた。

         10年くらい前我が家の壁にも小さなハチの巣が作られて2日間掛けて殺虫剤などかけて追い払ったことがあった。

         小さいとはいえ落ちた蜂は40〜50匹居た。以来初夏には点検しているがその後作られたことは無い。

         過去に日記のどこかにあるはず..。自然界の中の事とは言え注意と警戒が必要である。

2017.10.5(木)  晴れ 湿度 45%
    −−◎外国の資本がどんどんはいってくることは良いことか悪いことかは論議のあるところだが それを望んでいる

        人たちには「良いこと」だろう。日本でも外資を呼び込もうと大企業の税金を大幅に下げ今後さらに下げようとしている。

        その分を消費税増税でまかなっている。ところで主要資本主義国の大手製造業や販売業の外国への進出での

        相手国を選定する指標に 税金を挙げている会社は5%程度で その国の内需が多いか少いかを指標にして

        いる会社が70%以上ある。

        消費税を上げて以来内需は何年も低迷している。企業の内部留保は400兆円に増えているが経済は低迷しているという。

        消費税は少なくし 給料を増やし 内需を増やせば資本にとっても労働者にとっても良いことになるだろう。


2017.10.4(水)  晴れ 湿度 37%
    −−◎中秋の名月、今年は10月になった。晴れていて良く見えた。出始めは赤っぽく大きく3倍ほどの

        大きさに見えたが しだいにきれいな月の色と大きさに落ち着いて行った。


2017.10.3(火)  晴れ(雨が10分ほどパラパラと降ったが..)  湿度 51%
    −−◎今日は私が腰痛で県医療センターへ診察に行った。痛くなってからの状況や飲んでいる薬について報告した。

        「レントゲンでは骨の状態は3ヶ月前と変わっていないが、全般的に以前から上下が圧迫してきていて

         いつ痛くなってもおかしくない様子です。進行は人によって違うので "砕ける(骨折)"とか"痛さが強くなる"とか

        "手足が不自由になる兆候"有ったら次の治療法に移せるがちょっと様子見にしましょう」とのことであった。

         椅子からこけて尻餅をついたことや 旅行での長時間歩行については「きっかけになったかも知れないが

         写真の上ではそれらしき損傷は見られない。寝ている必要もないので 無理をしない程度に日常生活は

         動いて下さい」と。短く言うと上のようだが 過去の経緯やら現状、対応方法について丁寧に話してくれた。

         家へ帰ってから記録を見てみたら

         9月15日午後から痛くなって夜眠れないほどだった。16日に以前にもらって残っていた鎮痛剤(ロキソニン)を

         飲み治まった。10時間空けてカロナールの時もあった。

         17日から23日まで朝食後と夕食後の2回。(残りが無くなり途中薬をもらってきたが..)

         24日から27日まで夕食後の1回だけ。

         28日飛ばして29日に一回、30日飛ばして10月1日に一回、10月2日飛ばして3日(本日)夕食後に一回。

         と 始め1日2回飲んでいたがこのごろ1日置きになり、痛さが軽くなったような気がする。

         治っていくとよいのだが様子見である。

2017.10.2(月)  曇り のち 雨 湿度 65%
    ※本日メンテナンスのため表示されない時間がありました。

    −−◎ゴミ出しの日で カラスが散らかしたのを掃きまとめてきた。

        仕事日の日程で1日経過。

2017.10.1()  晴れ 湿度 52%
    −−◎今日は体調も良く 一週間分の 散らかりを整理整頓した。(^o^)/

    −−◎私の家から5分以内で行けるところに又薬局スーパーが建築中だった。従来から2店あったところへ

        去年11月に1店出来て至近距離に4店もあることになる。周囲には田圃も多いところでやって行けるのかと

        他人事ながら心配だ。それなりに市場調査などして開店するのだろうけれども...。


2017.9.30() 晴れ 湿度 40%
    −−◎地方新聞の夕刊が本日で廃止になった。コラム欄の最終日は私が関心を持って読んでいた筆者の

        締めくくり文だったので「ほっ」とした気分になった。

    −−◎土曜日で例のごとく家事関連の諸事を済ませたが 時々腰痛が出て5分〜10分ほど一休みし

        時間がかかった。

2017.9.29(金)  晴れ 湿度 44%
    −−◎格差社会、の上の方1%にはとてもよく 下の方99%にはとても悪い状況は

        安倍さんから 小池新党に換わっても解決しない。 

2017.9.28(木)  晴れ 湿度 39%
    −−◎靖子さんの胃婁の器具を定期交換するため病院へ連れて行ってもらった。3時ころ特養へ戻ってきた。    

2017.9.27(水)  曇り 晴れ のち 雨 湿度 62%
    −−◎生活していると いろいろなことが発生する。10日ほど前のこと「水道貸してくれ」と頼まれた。手洗いにとか 

        20リットルボックスに一杯とかは 外に取水口があって使いやすいため たまにはある事である。

        そんな時の事は特に記すほどの事でもないが それとは違うので記録しておく。

        「工事用の水を一週間ばかり頼む。使用料は払うから」と言うのだ。

        引き受けて 相手方の ホースを取水口に接続し使用させてあげた。

        その時点の水量メーターの数値を確認してメモした。一日過ぎて夕方メーターを確認したところそれほど

        使用していなかった。2日目の夕方の確認では使用数値が倍ほどになっていて3日目も2日目とほぼ同量

        使用されていた。ちょっと使用量が多すぎると思い 4日目の朝仕事を開始され一時間ぐらい経った時に

        見に行ったところ 水を出しっぱなしで水路に流していた。これでは「有効使用していないのにメーターは上がるはずだ..」

        と若い職人さんに「使用していない時は取水口までコックを止めに来てください」と伝えた。

        私はとっさに警戒心がわいてきて−−この見ず知らずの会社使い逃げするつもりか?だったら無神経に使っても

        苦にならんのだろう−−と思いその会社に電話をした。

        会社は存在していて、出しっぱなしの事と 水道代にしては多額になっても払ってくれるのか と伝えた。

        相手方は「職人は細かいことに気が回らず、すみません 注意してもらってありがとうございます 使用した分は

        きちんと 払います。」 との返事だった。4日目から10日目の間は水路に流していた分が無くなったのか

        低い数値に戻っていた。10日間の使用数値から我が家の10日間の(過去の平均メーター数値から推測)を

        差し引いて工事用使用数値を計算しきちんと支払ってもらった。(謝礼金として+1000円あったが)

        ※水道を出しっぱなしで水路に流すという"社会通念"から離れた行動があると 見ず知らずのその会社疑って

        しまった私の疑念は昨今の社会事情からすると正当である。私自身にも他者への無頓着な行動がないかと考え

        役立てるべき教訓である。

2017.9.26(火)  晴れ 湿度 52%
    −−◎ここ数日前から 腰痛がする。日常行動は出来るが動作をゆっくりしないと痛みが走る。

        午前中は軽いが夕方に痛みが増してくる。おかしなもので行動意欲が減少する。

        コンビニへ200mくらい歩いていくには支障がない。近いうちに診てもらって来よう。


2017.9.25(月)  晴れ 湿度 52%
    −−◎月曜日で忙しかった。新聞代とガス屋さんが集金に来られた。

2017.9.24()  晴れ 湿度 50%
    −−◎夕方 町内自治会の「秋のおひまち」があり行ってきた。「お祈り」と自治会長の報告があった。

        お祈りの「のりと」の中身はほとんどわからなかったが、終わりの方で意味の分かった言葉は「五穀豊穣」、

        「商売繁盛」、「町内安全」、「家内安全」、「○○退散」などであった。良いことがやって来て 悪いことは

        退散するようにと祈っていたようだった。

        「自治会長の地域報告」では 市民運動会の予定や、生活環境施設、水道管の交換とその後の

        道路補修工事、が予定されている事(決まっている事)と、市へ要望している事などの報告があった。


2017.9.23() 秋分の日  晴れ 湿度 54%
    −−◎9月17日の台風通過以来、私にとって朝夕は快適気温(18℃〜25℃)になってきた。朝起きのころは

        23℃〜25℃だ。本日は朝23℃で 午後は北側の部屋は26℃だったが 南側の部屋は29℃あった。

        まだ日によってはクーラーをかけている。例年ストーブを入れ始めるのが11月5日〜15日だから 

        天候異変が起こらなければ 1ヶ月半ほど冷暖房が要らず、自然の気温の中で過ごせる。(^O^)/

    −−◎午後3時から3時半ころ いつも 玄関へ夕刊と郵便物を採りに行く。(私の居住地域では郵便は午後3時ころ

        配達される、夕刊も3時ころ配達される)郵便受けには何もなかった。日々の習慣で動いていたのだが

        空っぽの郵便受けを見て「今日は祝日だったのだ」と思い出した。祝日は郵便も夕刊も配達されない。

2017.9.22(金)  晴れ 曇り 夕刻雨 湿度 62%
    −−◎口答えと言っても あの「ああ言えばこう言う」「こう言えばああ言う」の口答えではない。

        「歯ごたえがある」と同様の食べ物を評する言葉だ。そんな言葉は聞いたことが無いが論者(若者)によると、

        歯ごたえとは 一定の固形物を食べた時に 顎の筋肉を刺激する度合いが適度で美味を表す

        肯定的現象に使用する。ところで プリンとか乳製品の菓子、ゼラチン系菓子、または食品はほとんど

        噛まなくてもいいので「歯ごたえ」ではなく「口ごたえが良い」と肯定的に表現する時に使う。それに

        屁理屈でも何でもいいから「論理性」を重んじる十歳代から二十歳代の初めの青少年が口答えに

        肯定的要素を加えようとする気持ちも加わって「口ごたえ」として使われているらしい。


2017.9.21(木)  晴れ 湿度 50%
    −−◎9月21日は 世界アルツハイマーデー 。

        「国際アルツハイマー協会」が認知症への理解をすすめ、本人や家族への施策の充実を求め、世界各国で

         運動しているが 世界保健機関(WHO)と共同でこの日を制定し 運動の促進をはかっている。

        国内でも公益財団法人「認知症の人と家族の会」が様々の活動をしている。

      認知症の人と家族の会 1980年に発足した認知症に関わる当事者を中心とした全国的な規模で活動する民間団体
         ↑
        赤い自動車をクリックすると「家族の会」行く。※当ホームページから離れる。

        ここの中で探していくと介護の初期、中期、後期の介護の知恵を得ることができる。


2017.9.20(水)  晴れ のち 雨  湿度 51%
    −−◎日本には 現状の基準で 現状のまま推移すると 問題にぶつかる"問題"が多数ある。赤字予算の国家財政、

        少子化、高齢化、交通など社会施設の老朽化、年金財政、うつ病の蔓延、医療費の増加、自殺、いじめ、

        貧困家庭、まともに廃炉にしても建設費以上に経費の掛かる原発、東電の壊れた原発はさらに経費が掛かる、

        格差の拡大と 書き出していくと限がない。かつて60〜70年前に先進国イギリスが経済力が弱まり「沈滞している」と

        言われたことがあった。日本も今、部門によっては最高峰に達している状況にありながら、解決しなければ

        ならない深刻な問題を抱えている。

2017.9.19(火)  晴れ 湿度 54%
    −−◎今週も始まった。途中靖子さんを見に行った。かなり顔がこけてきていた。顔色は良かった。


2017.9.18(月) 敬老の日  晴れ 湿度 63%
    −−◎台風は通過した。我が家の周辺200mの範囲では破損のようす無し。平地で山崩れ無し。浸水被害なし。

        少し離れた周辺地域では、風にあおられ転倒しケガをした人がおられたり、ビニールハウスが倒壊し農作物に

        被害が出ていると報じられている。

    −−◎私が少年のころNHKのラジオに「自然とともに」という番組があった。鈴虫や 蝉 かえるなど動物の声や

        川の流れ 風の音 ある種の植物に風が当たり笛のような音を出す様子など 興味深く聞いていたことが

        あった。このごろではそれとよく似た「音の風景」と言う番組をやっている。街の雑踏の音 市電の音 

        花火大会の音 数10m落下する滝の音 風鈴のある街の音など 「5分間のサウンドトリップ」と称して

        NHK-FM(時間をずらしてラジオ第1、第2でも)でやっている。5分間番組で待機して聞くということもないが

        音楽の後などに偶然聞けることがある。♪♪♪

2017.9.17()  雨 風 湿度 64%
    −−◎朝から夜、そして明日にかけて、台風18号が日本列島を通過中で当地も時折強い風が吹き、

        時折集中的に雨が降り弱まったりしている。

        外出はしなかった。飛んで来た物に当たったり、自分が吹き飛ばされてはいかんので..。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

           B隊員「ちょっと行ってくるから」

           A隊員「こんな風が強い日にどこに行くの?」

           B隊員「風が強いからいいのさ。ドロシーちゃんみたいにオズ王国で冒険してくるから..」

2017.9.16() 雨 湿度 61%
    −−◎スイカ王宮舞踏会


      A 「大きくなったねー」

      B 「うん でかいねー」

      C 「食べてしまうの もったいないけど食べなきゃねー」

      隊長「今年の"中秋の名月"は10月4日やし 今夜にしよう 明日は日曜やし」

      B 「ワーイ。パーティーやるんだ。小さい子にも言って来なくては..。」

      A 「大きい子はカラオケとか ビンゴの用意とか 」

      C 「王宮舞踏会にしようよ」

      隊長  −−スイカの働きも大きい こんなに盛り上がって−−


     
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    −−◎メモ(社会の動きを私が自分流に整理するためのもの)

        アメリカのトランプ氏。 (あっちこちからの新聞やテレビからの拾い出しで)

        アメリカでの中流経営の社長(巨大企業ではない)

        自身の本心はわからないが選挙時には雇用の増加、企業減税、メキシコの壁、アメリカ第一、

        などを打ち出した。主軸は共和党の中でも古くからある最も右派の主張に乗っかっていた。

        最近の国内施策での動きの事例だが..。

        ◎不法移民のお送り返し(日本語で不法移民と書くと 密航者のように見えるが アメリカのこの人たちは

          一定の手続きをして数年以上も定住している人たちもいる)。対象はメキシコ人だけでなくアラブ系の

          人たちもいる。

        ◎黒人が白人警察官に殺された事件があって、一定経過ののちその処理を巡って抗議集会が持たれ

         そこへ白人主義の人たちも集まり騒動になった。これに対してトランプ氏が「どちらも悪い」と言ったため

         "白人至上主義"と見られた。

        電子産業の中心地シリコンバレーにはアラブ系の人たちがたくさんいて、それを雇う経営陣も移民阻止に

        賛成しない動きがあり、白人至上主義にも反対である。

        ウォール街に集まる経営陣にはユダヤ系の人も結構いて、白人至上主義が"ネオナチズム"を容認するものとして

        反対していた。

        "大統領令"にサインするだけでは中々うまくいかないもののようだ。国民保険制度の廃止も頓挫(トランプ氏に

        とっては)している。アメリカ国民にとっては廃止しない方が良いのだけれども。

     

2017.9.15(金)  晴れ 曇り 湿度 57%
    −−◎一週間(5日)が過ぎた。台風が来るらしいので、夕方買い物に行った。食品スーパーのカートン(買い物車)に

        幼児を載せられるようになっているものがある。載せかご+幼児+大人となっていて押して進めていく車。

        2〜3歳の子どもが足をぽんぽん揺らせながらキョロキョロ見廻して、若いお父さんが買い物をしていた。

        子どもが手を指して「ママー」と言っていた。お父さんは指した方は全く見ないで子どもにささやいている

        様子だった。様子では子どもが見間違えて「ママー」と言ったらしい。今日の子守と買い物はパパの役目だった

        らしい。このごろパパの買い物姿をよく見かける。

2017.9.14(木)  晴れ 湿度 47%
    −−◎台風接近中で心配だ。

    −−◎予定通り業務進行。と言っても往時と比べれば5分の1程度だが..。


2017.9.13(水)  晴れ 湿度 48%
    −−◎靖子さんはそれなりに体調を維持して過ごしている。特養から「近況」のお便りがきた。

        −− ご家族様

          最近、気温の変化が激しいですが、体調に気をつけて過ごしていただいています。

          調子をくずされることのないように気をつけていきたいと思っています。

                      (日付)                   スタッフ一同 −−

        靖子さんは特養できちんと気を使ってもらって大事に介護され過ごしている。

    −−◎隣の家が取り壊しをされるとかで「工事でご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします」と

        挨拶に来られた。(9月14日〜...)


2017.9.12(火)  曇り 時々雨 日射しがあった時も  湿度 59%
    −−◎北朝鮮とアメリカの武力抑止力競争の間にあって安倍内閣は(その他の大臣も)諸外国の大臣クラス

        に会っても"制裁"を強めることを提起してはいるが、平和のために北朝鮮やアメリカに働きかけることを

        提起することはやっていない。内閣自身も北朝鮮やアメリカに平和の方向で話を付けるような提起もしていない。

        そればりか、この状況を"活用"して国民の不安を誤解して「日本も武力抑止力を強化しなければ..」と

        憲法の改悪を大っぴらに提起し始めている。日本国憲法がある事で世界中の人々から寄せられている

        日本への信頼を、憲法改悪することで裏切ってしまうことになり、改悪は押しとどめたい。


2017.9.11(月)  曇り 晴れ 雨 曇り 雨  湿度 58%
    −−◎豊橋の写真


    ハリストス正教会

    1913年(大正2年)建築で .

    国の重要文化財。自社撮り




      炎のまつり

      よく見ると人が手筒花火を手にもって

      やっている。写真は去年のもので観光

      パンフレットより


     


2017.9.10()  晴れ 湿度 61%
    −−◎昨日、歩きすぎて足腰が痛かった。古い なんとか遺産 と言われそうな 明治・大正の建物を

        見物してまわったり、土曜日だというのに イマイチ人通りの少なめな商店街を歩いたり、豊橋にきたら

        名物カレーうどんを食べるべしと食したりして歩いた。今朝起きて時計を見ると9時だった。日曜だった

        から良かったが こんなに遅くまで寝ていたことはめったにない。

        足腰が痛かったのもすっかり治っていた。写真はあまり撮れなかったが後日紹介。

2017.9.9() 晴れ 湿度 65%
    −−◎豊橋市まで行き、「炎のまつり」なるものを見てきた。と言っても主たる行事は夕方からで 和太鼓に

        合わせて手筒花火を中心に各種小型花火を打ち上げる行事だったが 昼間 前もっておこなわれる

        舞台行事などを見てきただけだった。順次かなり大勢の人たちが見物に集まられる模様だった。

        写真などを見て「ああ こういう花火や催しが行われるのだろう」と想像図を描きつつ明るいうちに

        帰ってきた。

2017.9.8(金)  晴れ 湿度 57%
    −−◎最近のパソコンや電子辞書は単語的にものを調べるときにはとても便利が良い。だが物事を"総体"

        として見ようとするときは不便である。若いころテレビジョン受像機の勉強をしていた時 暇に任せて

        部品の配列を覚えた。「この部分はどういう働きをしているか」わかると簡単に覚えられ、2日くらいかけて

        諳んじた真空管方式の配線図を書いたものだった。パソコンや携帯電話の急速な進化(変化)と比べて

        テレビは基本的な仕組みは変わらず、トランジスタ方式になっても基本は変わっていない。これを掌握

        しようとすると、電子辞書やパソコンの情報画面では役に立たない(そんなことをする人もいないが..)

        書籍で 配線図が付けてあり(まとまりごとに分けて書いてあっても良いが)個別に説明し総体として記述して

        あるものを見て全体像がわかってくる。全体像がわかっていて ちょっとあいまいなことを情報画面でという

        ことなら良いが、「学校で教科書もノートも廃止して パソコンとタブレットで」と言う話が出ている(私の情報

        誤認かもしれないが)が教科書もノートも大切で 一般には書籍が無くなって行ったら総体として物事を

        掌握したり一貫性を持った考えが(理由があって変化するのは構わないが)無くなってしまうのではないかと

        心配する次第である。

2017.9.7(木)  雨 曇り 晴れ 曇り 湿度 76%
    −−◎午後 知人(=友人?)が訪ねてきた。一年半ぶりだったか。

        昔の話(若いころの)やら、世間話やら、それぞれ弱りくる体調のことや、子どものことなど1時間ばかり

        話して席を立って行った。「また 来てよ」と声をかけた。

        時々 思い出したみたいに来てくれる知人がいてこころ楽しいことだ。


2017.9.6(水)  雨 曇り 雨  湿度 19%
    −−◎北朝鮮とアメリカの双方が軍備の武器抑止力を強め、互いに非難し合っているさなか、トランプ氏は

        日本がアメリカから新型兵器を買うことを"許可した"と報じられている。

        北朝鮮とアメリカの軍拡と演習の競争と非難のしあいは日本の軍事予算の増額と軍備増強を

        けしかける結果となっている。そういえばトランプ氏は就任直後のころ「アメリカの日本での軍備費を

        もっと負担しろ」とか「自分でもっと防衛しろ」とか言っていたようだったが、今この状況の中でそこへ

        追い込んできたように見える。初期にやるべきことは、一触即発の危機状態に進めるのでなく平和の

        雰囲気を作り出すことではなかったのか。そうすれば軍備費も増やさなくて済むはずだ。


2017.9.5(火)  晴れ 曇り 夕刻より雨 湿度 51%
    −−◎通常通り、の日程で業務進めた。

    −−◎当然に空気のごとくあるものと思って生活している"電気"。東京方面で大規模停電になり山手線と

        その他の路線で電車が40分ほど停まったとのこと。

        40分間とはいえ利用者多数の人たちに「約束の時間に行けない」などの不都合が生じたに違いない

        "近代科学"の塊のような都市社会だが 電気が止まると動かなくなり、一層進む未来社会を想定する時

        何か補完機構も考えて進めないと巨大化して"崩壊"などと言うことになりかねない。

        そんな事態は防がねばならない。


2017.9.4(月)  晴れ 湿度 40%
    −−◎台風(15号)が太平洋側を通過した日から世の中少し涼しくなってきた。快適気温が復活する兆しに

        喜んでいる(^O^)/。しかし各地で大雨もあったし、まだ9月だからあと2つ〜3っつ上陸台風が来るかも

        知れないので用心していないといけないが...。

    −−◎報道によると

        スマホ14万台が乗っ取られサイバー攻撃に悪用されていた。専門家は警戒を呼び掛けている。

        と報じられていた。物理的な盗難ではなく電子的に使用できなくなり、悪者が成りすまして悪事(サイバー攻撃)

        を働いているらしい。14万台も使って悪者集団が思いのままに 悪事やいたずら仕掛けたら世界中に

        混乱が発生してしまう。各電話会社は遮断するなどの措置をとって被害の広がりを防いでもらいたい。


2017.9.3()  晴れ 湿度 51%
    −−◎電器屋スーパーへ行きパソコン関連の消耗品を買い、店内を一周し各種商品を一瞥してきた。数年前と

        比べても機能が前進しパソコン関係は値段が安くなり、家庭電化品は値段はあまり変わらないが

        機能強化の分割安なったということか。横幅1mを超えるようなテレビがあって "映画館なみ"との

        感じを受けて帰ってきた。

    −−◎北朝鮮がまた核実験をしたらしい。第二次大戦時の日本軍国主義のように 追い詰められて あとさき

        考えず"自殺行為"的な攻撃を仕掛けてこないか心配だ。朝鮮の国民の被害はもちろんの事近隣の

        日本も大被害を受けることになる。安倍総理は「中国、ロシアに制裁強化を」などとばかり言っておらず

        自ら乗り込んでいって平和のための話を付けもらいたい。


2017.9.2() 晴れ 湿度 53%
    −−◎長年の習慣というものは面白いものだ。土曜になると気分がゆったりする。自分に対して自分が

        仕事をすればいいのだから(家事関連作業は)。動く自分と それを見る自分がいる。

        動きすぎると疲れるし動かないと ぐちゃぐちゃになってしまう。その辺を適正に判断して 動くことが

        できるのも「定年経過後」の「内職的仕事人」の土・日であるようだ


2017.9.1(金)  晴れ 湿度 56%
    −−◎地方紙の夕刊の発行が10月から取りやめになると広告があった。新聞社のご都合でやむを得ないこと

        だが 夕刊記事の中にこの地方の識者の書くコラム欄があって楽しみに読んでいたのだが朝刊に移す

        こともなく 無くなってしまうらしい。それぞれの人の中央紙とは異なった角度からの「時代の関心事」を

        興味をもって読んでいたのに無くなってしまい残念なことだ。


2017.8.31(木)  晴れ 湿度 58%
    −−◎午前中、靖子さんがかかっていた○○大学付属病院の歯科の売店へ歯みがき(薬用歯磨き剤)を買いに

        行ってきた。歯科診療室は1Fに各室合計目算50人分程診療台があり、障がい者歯科もそのうちの

        一室であり診療台は5台あり、内科は2Fにある。

        木曜午前で靖子さんの担当の先生が見えるかなと思って足を運び障がい者歯科の中を廊下からのぞいて

        見ると4人ほど治療中で先生と衛生士のほかに研修医の先生やら衛生士の"卵"やらいっぱいおられて

        忙しそうで あいさつに来ただけだからと戻ろうとした。

        衛生士さんが出て来られて

         「あー 田口さん 今日は先生学会で研修に行っておられて留守なんですよ。 奥さんどうかされましたか?」

        私「歯みがきを買いに来たので ご挨拶と思ってちょっと寄っただけです。特に変化なくすごしています」

        衛「そりゃー良かったです。歯科の訪問診療やってもらって見えますか?」

        私「ええ 1ヶ月に1回来てもらってます。」

        衛「先生にはおいでになったことを伝えておきます。なにかご心配なことがあったらいつでも言って来て下さい」

        私「ありがとうございます。何かありましたらよろしくお願いします。」

        と言って帰ってきた。

        私が驚いたことは 靖子さんの診察の時 先生の顔はよく覚えているが、衛生士さんや 診察室事務のかたの

        顔はほとんど覚えていないが、この衛生士さん私の名ばかりか、その後の対応方針までつかんでおられて

        とっさの対面でも適正に話をしてくれたことだ。

        ※薬用歯磨き剤=安全を考慮した殺菌剤、抗炎症剤、歯周炎予防などの作用ある歯磨き剤。


2017.8.30(水)  晴れ(薄日)  湿度 61%
    −−◎アメリカと韓国が軍事演習をしている。北朝鮮がミサイルを発射した。双方「抑止力を強化するため」と言っている。

        双方の武器抑止力(BY)は高まった。抑止力が高まることは良いことかと言えばそうではない。

        地球大破壊の危険性が高まっているということである。

        北朝鮮のミサイル発射に抗議する。

        ミサイル戦争、核戦争になると 都市空間は破壊され、直接爆弾が落ちなかったところも放射線が充満し生物は

        生きていけなくなる。映画「猿の惑星」の世界が空想ではなく現実化することである。北朝鮮にはミサイル発射

        による威嚇をやめることと、かつての「日本軍国主義」の真似をして無謀な行動をとらないよう要求する。

        強国アメリカには早く話し合いの糸口を通じて外交交渉を進め平和を回復する努力を行なうことを要求する。

        日本政府も抗議するとともに 外交的筋道で抗議の意味を理解するよう話し合いをすることを要求する。

    −−◎新聞報道(毎日、読売、NHK、テレ朝、TBS)によると

        とある私立高校の硬式野球部で前日の公式戦が引き分けになったことを受けて

        主力投手だった生徒に 監督が「ふざけた態度をとった」と言い、コーチが「反省が足りない」として

        100mダッシュを100回(10000m)を指示し 8000m走ったところで「あと30回プラスだ」として

        合計130回(13km)走るよう指示された。生徒は 午後1時から4時20分まで3時間20分走り続け

        途中で倒れた。重度の熱中症で1週間入院していたという。

        校長は「不適切な指導があった。生徒の健康管理がされず反省している。今後、このようなことが無いよう

        留意していく」と言っていたとのこと。

        私はこの状況を「古典的体育会系指導方法」と呼んでいる。


2017.8.29(火)  晴れ 湿度 64%


    −−◎あさがお

     隊員B「隊長!このところあさがおが 毎日ボンボン咲い

         てるよ。夏休みも終わりだというのに」

     隊 長「種まきが遅れたから 遅くに咲いているよ」

     隊員B「朝顔まつり やろうよ お菓子にフルーツ いっぱい出して」

     隊員A「Bちゃん スイカの自由研究まとまったの?」

     隊員B「うん 出来たよ、あっ スイカもある」「ワーイ」「ワーイ」

    −−◎さわぐな あわてるな うろたえるな 冷静沈着に状況把握 方針を設定 覚悟を決めて 方針を進める。

        認知症について小説でよみ知っていた程度だった私が 自分に言い聞かせた言葉だ。

        状況把握とは、最近では認知症にいたる脳の病気の種類がほとんど同時にわかるようになってきている。種類

        によって症状(=行動への現れ)が違い、対応も違ってくる。これをつかむことである。そのほかに介護保険

        訪問介護や介護施設、身障者手帳など、

        何事も一気にわかるわけではないので 方針は介護を積み重ね 積み重ねして 変化していくが...。 

2017.8.28(月)  曇り 薄日  湿度 70%
    −−◎今日は「お掃除の日」。早めに起きて整理した。いつものようにお掃除お姉さんが今日は3人来られて

        10時〜12時まで2時間かけてあちこちきれいにしてもらいすっきりした。 (^o^)/  

    −−◎昨日の追加説明。「とこにゃん」をイメージキャラクターとしている人もいますが

        常滑市の公式↓イメージキャラクターは「トコタン」です。(観光パンフより転写)



    常滑市のいいところは後日記載の予定。

    昨日の「とこにゃん」は自社撮りです(太陽光線の角度が観光パンフとは違います)。

2017.8.27()  晴れ 湿度 65%
    −−◎とこにゃん = 愛知県常滑市のイメージキャラクター



                                                      本物の猫と↑ほぼ同じ大きさの置き猫

    隊員B「ギヤー! でかい 取って喰われてしまう!」

    隊員A「だいじょうぶだよ」

    とこにゃん「常滑まで来てくれたの、いろいろあるから 見物したりして ゆっくり遊んでいってね」


2017.8.26() 曇り のち 晴れ 湿度 60%
    −−◎靖子さんとこへ 日用品等の補充品をもって様子を見てきた。2日前と特段の変化なし。雰囲気を更新と思い

        先月の写真をはずし 大きな海の写真を貼ってあげた。先日のスイカの写真もA4の紙にプリントして

        貼ってあげた。

    −−◎各地で例年と違う天候が続いている。農作物の出来が心配だ。

2017.8.25(金)  晴れ 曇り 夜小雨 湿度 72%
    −−◎靖子さんのくすりについて 医師の確認があり 投与してもらうことになった。

    −−◎B子が高校時代のお友達にばったり合う、アナウンサー女子に「あの声 いつもしゃべっている声と違うね」

        というと

          「当たり前よ 有料と無料の声は 違うのよ」だったとか...。

          その話を聞いて思わず微笑んだ(^^;)


2017.8.24(木)  晴れ 湿度 62%
    −−◎特養で靖子さんの「施設サービス計画書」の策定会議が行われた。

       @入浴に関して

       A臥床時間の増加に伴う拘縮や褥瘡の廃用症状を防ぐ介助と措置。

       B胃ろうの看護師と介護士による継続実施。900calを今月から1200calに増量

       C口腔清浄の実施

       D排泄での清潔を保ち皮膚病や褥瘡を防ぐ。

       E定期健診、血液検査で体調や栄養状態を把握し処置、治療をおこなう。

       また環境事項として

       @目線を合わせ声掛けを行ない介護する。家族も協力する。ドアは解放し様子を見る。

       A孤立感を感じないように配慮する。行事に参加する。

       B思い出の品や季節感を呼び起こす年中行事の飾り物などをかざること

         以上の内容が話し合われ決められた。

       飲んでいる薬について私が訊いた。私が知らない間に中止されている薬があり、効果があれば再開

       するよう依頼した。

2017.8.23(水)  晴れ 湿度 71%
    −−◎昨夕の雷雨は治まり、晴れていたのに 深夜に少し降ったらしい水たまりがあった。

        本日も、朝から晴れていたが4時ころにわか雨だった。農家の皆さんには都合のいい雨だった。
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    −−◎

     隊員C「隊長 隊長!スイカこんなに大きくなったよ。取って食べようよ」

     隊員B「まだダメだよ。夏休みの自由研究で観察してるんだから」

     隊員A「もう少し待った方がいいかな、取るときには隊長にトラックで

          運んでもらわないと ボクたちだけでは大きすぎて持てないよ」







    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    −−◎企業に対して「規制緩和」を浅慮で進めると格差社会を進行させる。

2017.8.22(火)  晴れ 夕刻1時間ほど雷雨 曇り  湿度 69%
    −−◎夕方雷雨で大粒雨が降り、竜巻注意報!が出ていたが 竜巻の気配なし。

        注意報は 過去の経験から 一定の範囲で発生を予測するが個別にどこで発生するか までは予測できないし

        範囲の中で実際には発生しないこともある。こういう天気予報は当たらない方がいい。

        数時間前に雨が上がって 静かな夜になると虫の声でも聞こえてきそうな夜だが 田圃も草原(くさっぱら)も

        無くなって聞こえてこない。( ^。^;)

2017.8.21(月)  晴れ 湿度 69%
    −−◎平日日程の始まり日。

    −−◎月曜日はゴミの日。ゴミ置き場の掃き掃除。

        排出場所は大通りの向こう側でラーメン屋の駐車場の片隅の電柱脇である。

        この場所は30数年前は一反(300坪=約1000u)ほどの田圃で初夏の夜は賑やかにカエルが

        鳴いていた。片隅の道路脇の電柱の周りだけ盛り土がしてあり、そこが排出場所になっていた。

        持ち主のかたが駐車場にして変遷はあったが今はラーメン屋が借用されたようだ。電柱脇は過去

        から継続して排出場所である。ラーメン屋自身は産業ゴミとして業者に収集を依頼しておられてここに

        ゴミは出されない。多くの排出場所では 黄色い網がかけてあるがここでは網の保管場所がなく網掛けが

        してない。収集日の朝にはカラスが来て引っ掻き回し散らかっていた。他所で網が普及するにしたがって

        ここでのカラスが多くなっていた。私は以前は6時30分ごろゴミ出しをしていたが数年前から8時過ぎに

        ゴミと共に箒をもって行き 散らかったゴミをまとめている。外に出ると散らかっているのが 見える場所に

        あって気になっていたがすっきりした気分でいられる。数mも散らばっていては収集の職員さんにも

        迷惑をかけてしまうが それを防ぐことができる。さいわい当所の収集時間は9時でそれ以後のカラスの

        心配はない。(^o^)/


2017.8.20()  晴れ(薄日) 曇り  湿度 69%
    −−◎本日はゆっくりすごした。テレビ映画で「Always 三丁目の夕日’64」−2011年版を見た。

        三丁目の夕日は 何本かあって 前にも見たことかあったかもしれないが..と思って見ていたが この版は

        初めて見たたものだった。物語の背景は1964年(前回東京オリンピックの前年)ころの東京のどこか

        すみっこの街の中。

        "高度成長"となる初期の日本社会。従業員は社長・その妻を含み数名の鈴木オートの社長が世界進出を

        妄想したり、東北からの就職社員がいたり、取りまく街の各種小商店のオジサンたちがいて当時の社会意識を

        映し出していた。どの地方でもありそうな50年前の平均的な街のようすだがひとつの物語として固定されると

        人々が生き生きと生きている その時代の街の風景として浮かび上がってくる。

2017.8.19() 晴れ  湿度 64%
    −−◎昨晩から今朝にかけて"豪雨"と"雷雨"。

        市内での被害ニュースは無かったが他市町でかなりの水被害が出た模様。

    −−◎朝から晴れで気温上昇。湿度はここ数日間より若干低めだったため不快感は無し。

        9時に眼科検診に行き、検査をしてもらった。治療痕は安定しているようだった。

        眼科以外の外用は無く屋内で静かにすごし 雑件を処理したり 生協受け取りなどした。

        夕方、公民館広場で 盆踊りがあったが 今回は見に行かなかった。

        

2017.8.18(金)  曇り 晴れ(薄日) 雷雨 湿度 77%
    −−◎私が見たところの 昨今の国際情勢の概括。

        17世紀から19世紀の海洋国群(スペイン、ポルトガル、イギリス、オランダ)の支配は国際世論の抵抗の中で

        衰退した。フランスやドイツの世界支配の夢も崩れた。20世紀後半のソ連とアメリカの対立はソ連の崩壊で

        立ち消えた。

        21世紀は@新興国アメリカとA4千年の歴史とうたう中国Bロシア帝国以来のロシアが、20世紀的願望をもって

        世界の指導権を争う事態となってくる。CEU諸国は「20世紀的」立場とは性格を異にしている。D植民地支配

        を脱したアフリカ諸国、E東南アジア諸国連合、Fラテンアメリカ・カリブ諸国。D、E、Fの諸国は強国支配ではなく

        対等の国際関係を望んでいる。私も大国支配ではなく民主的で対等平等な国際関係を望んでいる。


2017.8.17(木) 晴れ(薄日)  曇り 湿度 74%
    −−◎薄日とは言え暑い日差しの中犬を散歩させておられた男性が通過され会釈。

        この時間に(11時ころ)散歩とは自身の散歩ではなく犬の散歩だろう。「犬を飼う」ということはこういうことも

        あるのだ。私が何か飼ったことのあるものと言えば子どものころ鈴虫とか金魚くらいのもの。金魚は夏は

        涼しい場所に 冬は水が凍らない部屋に置けば長生きする。犬や猫は他所の家で見ると「かわいいな」とか

        「面白い」と思ったことはあるが「飼いたいな」と思ったことは無かった。

        私が大きくなり昨今に至るまで人としゃべっていれば時には『ペット』の話も出てくるが「犬飼いませんか」とか

        「猫飼わない?」の話になると頭を過(よぎ)るのは「家を1日でも留守に出来ない」ということと 飼うことに

        願望もないことから 返事は「良いですねー でも今はダメですねー 餌をもらえない犬(猫)が可哀そうだから」

        ということになっていた。

        今も犬猫はいない。犬猫が嫌いということでもない。他所様の家やテレビでの「お犬さま」や「お猫さま」を

        楽しく観察することはある。
     

2017.8.16(水)  雨 曇り 雨  湿度 73%
    −−◎昨日と今日は 雨模様で気温も抑えられ楽に過ごすことが出来た。

       草花の 水やりも不要だったし...。


2017.8.15(火)  雨 曇り 湿度 77%
    −−◎敗戦の日。去年の「敗戦の日」のこの日記に

        「なぜ1億の人がいっせいに戦争行動をとり 15日を期していっせいに戦争をやめる方向に進んだのか」と

        疑問を出していた。

        新聞やテレビで 著名な人や 著名ではない おじいさん おばあさんの話からしてつかんだことは

        当時は戦争推進の方針を政府が決めて 上下一体となって機運を盛り上げ 戦争を批判するような隙も無かった。

        母が息子に「生きて帰って来いよ」などと言うことは禁句であった。憲兵や特高が思想取り締まりの元締めを

        やっていた。本気で戦争推進の行動をしていた。

        急に戦争をやめる方向になったのは @ 「勝っている 勝っている」との戦争情報が嘘だったこと

        A「生きて帰って来いよ」に見られるようにこれ以上戦争の犠牲になりたくないとの内心の気持ちがいっせいに

        噴き出したからと見られる。

    −−◎昨今の国際関係では危険な動きがみられるが戦争ではなく外交努力で解決すべきである。

2017.8.14(月)  晴れ 湿度 62%
    −−◎本日は平日業務再開。

      −−元気なひまわりが咲いている。『ぼくは 暑いのがいいんだよ』と言ってカンカン日射しを受けて輝いていた。−−

        経過を振り返って見ると私は夏の暑さには強かったようだ。


2017.8.13()  晴れ 湿度 64%
    −−◎昨晩というか 今朝0時30ごろ外に出てペルセウス座流星群を観察した。10分ほど見ていて3回見えた。

        「よし 見えた 見た」と言って中に入り寝た。

    −−◎Well being(ウェル ビーイング)という言葉も辞書の日本語訳では意味を充たしていない。"幸福"という

        だけでは「青い鳥」や「四葉のクローバー」をさがす童話の世界にはいり込んでしまう。

        表現すれば

        「社会的な生活の中で 安全が保障され、健康を保ち 福利があり、直近にそれらを脅かす状況がない」

        ということになる。

        社会的な評価(位置づけ)としての幸福な状態と、こころの中の位置づけとしての幸福とは関連性はあるが

        別々の事柄である。

        

2017.8.12() 晴れ 湿度 67%
    −−◎当社の業務はカレンダーに従って進めている。11日〜13日が"お盆休み"で14日は平日。

        先日8日の 検診結果が「異状なし」で元気になっていて、暑さも気にかからなくなった。

        「病は気から」というのは真実でもあり真実でもない。外傷とか伝染病とか放射線による障害などは

        気分で治ることはないから真実ではない。内臓不調や残業の長時間化のストレスなどの原因のある

        ものについても真実ではない。特段確認できる支障がなく遠因(ありもしないこと)についての心配など

        はそれで病的になることがあり、笑いの場面や、明るい気分でいるときはそれなりのホルモン(内分泌)

        が有り、元気になり健康の方向へ向かうので真実である。

    −−◎金曜日が休日で本日が土曜であることはわかっていて、諸雑事を済ませてどこかへ出かけようか

        などと思っていて30分前に生協配達日であったことを思い出し外出をストップした。かなり前の

        事だったが忘れて外出していて皆さんに迷惑をかけたことがあった。

        生協を済ませた後、喫茶店でひと時すごし、本屋さんへ行き物色し、近くの山のドライブコースを昇り、

        展望台へ散歩。散歩の人は何人かおられた。平地より少し涼しく歩くのも苦にならなかった。展望台からは

        本日空気が澄んでいいたことと 私の眼も視力が良くなっていて 市内の駅周辺が良く見え

        隣市の建物までも良く見えた。薬局スーパーへ寄り消耗品を買い帰宅した。

        

2017.8.11(金)・山の日  晴れ 夕立 曇り 湿度 71%
    −−◎過日(3月中旬)に岡山、倉敷、尾道を訪ねた際の記事(3月19日)の中で――後日記載−−としてそのままに

        なっていたが 追記するにしても"日記"では納まりきらず別の機会に書くことにする。

         大原孫三郎氏が父親から倉敷紡績を引き継いで 大正年間に倉敷労働科学研究所をつくり、戦前、戦後の

        紆余曲折を経て現在「大原記念労働科学研究所」(東京)として研究活動が継続している。

         同じころ「大原社会問題研究所」が作られ 多数の優れた学者たちが集まり業績を残した。こちらも戦前、戦後の

        紆余曲折ののち、法政大学大原社会問題研究所として、現在も活動が継続されている。

        大原孫三郎氏が重役や経営陣の反対を押し切って自社の従業員や近隣の街の人々の生活、健康、教育の

        問題に関心を持ち、解決に取り組み、社会にある原因の解明に取り組んだことを高く評価したい。

    −−◎4時から 墓参りに行ってきた。出かけたら雨が降り出して先が見えないほどだったが 霊園につく頃には

        しだいに小降りになっていた。先に夕食をと レストランで1時間ほど過ごしていると 雨は止んだ。霊園に戻り

        清掃をして飾りつけをし、おまいりをしてきた。

2017.8.10(木)  晴れ 湿度 68%
    −−◎人には 天まで昇ろうとする願望を持つ人や 願望は持っていなかったが優れたことをなした人がいる。

        多くの場合謙虚である。

        他方には 樹木が成長するように少しづつ前進するが安定した生活を願望し そのような生活をする人がいる。

        一人の人でもその年齢によって一方から他方へと両側面を持つ人がいる。

        "天才"の存在は興味深い観察課題である。

2017.8.9(水)  晴れ 湿度 63%
    −−◎「『あついー 水ー みずー』と叫んでいた。」と、助かったが今は老人となっている長崎の人が伝えていた。

    −−◎8月9日は長崎に原爆が投下され日。長崎市主催で「原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が行われた。

        テレビで放送されて、1時間余りしまいまで見た。田上富久長崎市長の「平和宣言」は 国連で採択された

        核兵器禁止条約にふれ、世界の政治指導者に「核兵器によって国を守ろうとする政策を見直してください」と訴え、

        日本政府へは「核の傘に依存する政策の見直しを進めて下さい」と訴えていた。

    −−◎さすが水準の高い田上市長、私のように「すべての核保有国への世論の"制裁"」などとは言わず

        水準の高い表現で全世界に訴えていた。


2017.8.8(火)  晴れ 湿度 73%
    −−◎台風は昨晩から今朝にかけて 暗いうちに通過したようだ。静かな朝で雲はあるがチカチカの晴れ日。

        当地方ではわかる範囲では暴風被害や、水害は無し(午後5時)

    −−◎今日は私の病院行きで、嵐の中を出かけるかと心配していたが天気の事は気に掛けず出かけることが出来た。

        国立医療センターへ診察に行ってきた。このところ暑さのせいで、疲れることもあり、検査で悪い結果が

        出ないかと心配していたが36項目のうち一つだけが上限値を越えているのみで他は下限、上限の範囲内

        だった。暑い 暑い 疲れた だるい と思っていたが 五臓六腑 ほぼ健全らしい。

        「疲れたと感じるのも健康のしるし。涼しくする とか 休憩して快復するとか出来るからね」と

        そういえば熱中症で快復した人が「暑かったが何とも感じていなかったのに急にひっくり返ってしまって」と

        話していたのを聞いたことがある。

        −−−ようしっ! 元気だ! 頑張って 行くぞ!−−−

        −−影の声――体調管理もちゃんとやって。  だよ−− 

        残念なことがひとつ、20年近くお世話になった担当の先生がこの病院を近々辞められて どこかで開院

        なさるとのこと。「それはおめでとうございます」とは言ったものの喜愁半々。

        偉い先生なのに健康保持や予防の事を細かく話してくれて、人生論も話したり、立場も違うのに 私が

        同じレベルと錯覚して話進んでしまって失礼したことも...。

        この先生の 人となりについてはまた後日書くことがあるかも知れません。


2017.8.7(月)  曇り 雨 湿度 68%
    −−※午前。台風接近中。 週初で業務開始。

    −−◎午後8時。午後から雨で時折強く降り自転車置き場のプラスチック屋根がボコボコ音を立てている。

        静かになり止んでいる時もあり、何回か繰り返し降っている。風は2度ほど強く吹く音が聞こえたが

        現状は静かになっている。

    −−◎"人格" "性格" どちらを採っても"ちょっと違うなー"と思うことがある。私が青少年時代には使わな

        かった "アイデンティティー"という言葉がある。"自己同一性"などという訳語を見て「何じゃそれは?

        鏡に映った自分か?」と思ったものだ。「主体性」といえばわからんでもないが、アイデンティーを使用して

        ある文章を見て主体性と読んで意味を得ようとすると ぴったり来ない。

        17年1月25日の記事の中の 年代別の情報、知恵の収集の集積と それをもたらすこととなった国とか

        地方とか、個別環境の影響、対抗して生きようとする意志や感情の総体と、

        15年1月24日の記事のごとくの

        結果として現れている"生活感覚"の総体がアイデンティーなるものであろうと判断した。

        それは個人個人別々ではあるが、大勢の人のアイデンティーを観察すると群れに分類できるようでもある。

        指標を変えて分類すると縦、横、斜めの分類が可能でそれぞれが重なり合っている。

        さらにいろいろ説明できるが今日はこのへんにして...。

        "自己同一性"という訳語は意味ある事を言っているようで「何も言っていない」言葉である。

        「これは これである」と言っているだけであり、ある物≒クローン程度の意味であるので、あたらしい日本語訳を

        決めたいがどう言ったら良いか思いつかない。(^o^)/

       

2017.8.6()  曇り 晴れ 湿度 65%
    −−※午前。台風接近。  (>_<)ゞ 停電するかも..。

        早めに更新。停電しなければ その後更新予定。

    −−※夜。台風いまだ到来せず。今のところ停電なし。

    −−◎72年前、広島にアメリカが原爆を投下した8月6日である。10万人の生命を奪った原爆投下は

        ヒトラーの役人が人々の死のもがきを眼前に見ないでガスコックを開けたのと同じ悪の行為である。

        原爆投下は抑止力論が最終的にはこのような場面に至ってしまうことを示している。

        7月7日国際連合は核兵器禁止条約を122ヵ国が賛成して採択した。これからはアメリカ、イギリス

        フランス、ロシア、中国と、開発を試みている北朝鮮に対して核兵器を廃棄するよう"制裁"をしなければ

        ならない。それはミサイルのさらに増やすとか、石炭、石油の輸出入を制限するというような低レベルの事

        ではない。北朝鮮VSアメリカ同じ低いレベルで応酬している。この2者よりも精神的にも崇高なレベルに立って

        「国際連合の核兵器禁止条約に従いなさい」と世界中の大きい世論の声の"制裁"を行なうことだ。

        理想論で実現性がないと言う訳でもない。1930年代「毒ガス兵器を禁止する」ことは世論の力で取り

        決められた。また「戦争によって領土拡張をしない」ということも国際的な同意事項となって第二次大戦では

        戦勝国は領土拡張をしなかった。(中世的国家ソ連の千島侵略以外は)

        利害の重なり合いを戦争で解決しようとすることは止めて頂きたい。核兵器の使用などもってのほかの事である

         広島市で原爆の日に平和祈念式典が開かれた。

        

2017.8.5() 曇り 湿度 76%
    −−◎朝顔の第一花がようやく咲いた。種まきが遅く子どもたちの通る夏休み前には咲かなかった。

        10月まで咲き続けるだろう。

    −−◎休日日で諸事処理。

    −−◎ ○人の振り見て我が振り直せ−−→人のふり見て我が身を自覚せよ(^o^)/

        10数年"自宅待機"でいると 20年、または30年前に接したことのある人と出会うことが頻繁にある。

        今日も とある催し物があって私の用件は終わって外へ出ようとしたとき 「田口さん」と声を掛けられた。

        相手のかたの顔を思い出せず「どなた様でしたかねー」というと「〇〇や」との返事。その人の若いころの姿を

        思い浮かべて「あーっ 〇〇さん その節はご厄介になりまして..。ありがとうございます。」と応え、

        二言〜三言近況を話し後にした。問題は彼が私より年配とは言えそれほど違わないのに 高齢に見えたことだ。

        仕事では20代、30代、40代の人と接して彼らと同年配のつもりで話していて自分もその人たちと同じで

        年齢を意識していなかったのに、旧知人に出会って この人がこんなに老けて見えるということは私もこんなに

        老けて見えるということらしい。でも"自覚せよ"と言っても「老人の生き方」などという事態は成り行きで老人

        になっていくだろう。そこは近代社会の良いところで他人に被害を及ぼさぬ限り百人百様、顔は老けても

        ありのままで存在し続けている。これが私のようだ。

    −−◎日本にも昔、「家」を離れて生活する職業集団があった。歴史もその変化の流れもヨーロッパ古代とは違い

        メンナーブント(Mannrbund)とは違うが、古代から江戸時代の間にあった。

        いずれ調べてみたいと思うが例示だけすると次のようなものがあった。

        僧侶(大きい寺院) 歌謡集団(=出雲のおくに) 鉱夫(役人に監督されて)、たたら(製鉄集団)

        山師(材木伐採、出荷)、大工(飛騨の匠)、狩猟集団、海賊(倭寇)、≒貿易(密)集団、貿易集団(朱印船)、

        船漁業、輸送船(江戸時代)、演芸集団(歌舞伎、人形浄瑠璃 軽業師など地方にもあった。)、やくざ、

        生涯そこで過ごす集団や、年齢的に所属するものなど様々だった。

        そのほかに季節的に動く人たちとして杜氏(酒の仕込み、寒天の専門職)など。

        富山の薬売りなども長期間かけて地方に出るが、単独で動き、商品の補充や回収商品の返還などでくにへ

        戻るので家族もいるし船や山師などとは拘束度合いも違っていた。

     

2017.8.4(金) 曇り  晴れ 湿度 69%
    −−◎昨日、朝起きて台所を通過するとクーラーが付きっぱなしですーっと冷えていた。消し忘れたらしい。

        「朝から暑いから まぁいいか」と朝の諸事を済ませ、朝食終了までそのままにしておいた。

        その夜は切れていることを確認して寝た。

        今朝起きて台所を通過した時 またクーラーが付いていた。確かに昨晩は消したのにおかしいなーと

        リモコンを点検してみたらタイマーが 『6時間後に入り』となっていた。温度、風量、風向などの

        設定ボタンがあるが 「風量が変わらないなー」などと思いながらタイマーのボタンをポクポク押して

        タイマーがセットアップされていたらしい。(^_^;)。タイマーは解除したので明日の朝はもう大丈夫だ。

             

2017.8.3(木)  薄曇り 晴れ 湿度 72%
    −−◎あるBSテレビで新潟県長岡市の 『長岡花火大会』生中継といって 花火の模様を映していた。

        このごろは「花火」を近くまで見に行くことは無くなった。本日は花火を見ながらの夕食となった。

    −−◎1945年以前と比べたら とりあえず 自由で 民主的な この国を 自由と民主と名の付く自民党

        党首の安倍さんがウルトラ右翼国家に作り替えようとしている。1945年以前の軍国主義国家と

        おなじ社会になってしまう。「そりゃー大変だ」と、他方では「それはダメでしょう」という市民の声も

        広がってきている。東京都議選で大敗し内閣支持率も20%台に落ち込んだ。

        機密保護法や戦争法で支持率が下がり 治安維持法類似の"共謀罪法"強行採決で 支持率はさらに

        低下し 大本営発表の日報隠しで自衛隊員を危険にさらし 「モリ」と「カケ」でお友達に利益供与の疑いが

        持たれ支持率はどん底になった。

         私は 軍国強権国家を作らせず 憲法にあるような人権を守り平和で民主的な社会を守り

        一層発展させていきたい。

2017.8.2(水)  晴れ 湿度 68%
    −−◎靖子さんを県医療センターへ連れて行った。6月のエコー検査で影が見えたので8月もう一度検査して

        もらった。とくに変化(悪化の方向へ)している様子もなく 影は 腫瘤かまたはdebris(ゴミ、代謝皮残留、

        破片)かも知れない。とのことで様子見ということになった。

        靖子さんの今日の様子。→順番待ちをしていて、腕などさすり声を掛けると 眼は私を見たり他のお客さん

        の方を見たりしていて、かすれたような声で「あっ」とか「うっ」とか言っていた。検査の時横になった時

        足をまっすぐ伸ばせずくの字に曲げたままでいてやりにくかったようだった。車椅子に乗った時も足を曲げた

        ままいるので椅子の足掛けから後ろに外れて床に擦るようになり時々立ち止まっては足を元に戻して移動した。

        病院は冷房完備であるし 車も冷房を"強"にして行き来したので熱中症にはならず11:30に帰宅したが

        帰宅後の午後は35℃を越えていた。暑い "(-""-)" 暑い "(-""-)"。

    −−◎サラダを毎日食べる。基礎材料のレタスに加えてトマト、リンゴの薄切り、ニンジンの千切り、玉ねぎ(少し加熱)

        ソーセージの薄切り、きゅうり、セロリ...、書き出せば際限がないが時により冷蔵庫にあるもので作る。

        食堂屋さんで食べるのと比べると美味しさがイマイチだ。少し前の事ネットのwebで見ていたところ

        小川さんというかたが(どこの誰だか知りませんがそのように書いてあったのでそのまま記載)ドレッシングに

        ついて書いた本の内容を紹介しておられた。

        −−ドレッシングの基本は

        油、塩、酢、であり

        例えば 油は サラダ油、オリーブ油、エゴマ油、ココナッツ油など、塩も各種あるが食卓塩も可

        甘味は三温糖、蜂蜜など−−

        味付け素材を並べて紹介してあった。サラダの美味しさはドレッシングで決まるというのだ。それでは自分で

        やってみようと、やってみた。結構変化した味が楽しめる。失敗してとても食べられず捨てた(試作品は小量

        なので)こともあった。今後の推移は後日記載。

2017.8.1(火)  曇り 湿度 68%
    −−◎8月になった。この8月で1998年8月に靖子さんが認知症を発症して19年になる。当人はもちろん

        見守る私と共に人生の3分の1を認知症と対峙して過ごしてきた。

        主として事実現象のみを記載したこの日記(『以前の介護日記』)には現れていない大きな物語がある。

        10日で治癒する病気ならばその10日は"仮の生活"として"本来の生活"戻り生活する。

        当時の医療水準では予防も治療も出来ない病気・認知症で それを受け止めるべく 覚悟を決めて

        生きてきた。

         19年となると これが私の"本来の生活"であったのだと振り返る。

2017.7.31(月)  曇り のち 晴れ 湿度 71%
    −−◎今週もはじまった。流れで仕事はたんたんと進めた。暑いので散歩は中止。

        7月は末日となった。日常業務以外で今月は何かできたのかなー?。今年7ヶ月で何か進めたかなー?

        と思いつつ あれもやらなければ これもやらなければ と少しづつこなして存在している私。

2017.7.30()  雨 のち 曇り 湿度 76%
    −−◎ 昔 秀吉がいくさで そこでの兵が1000 敵かたは3000あった。秀吉は数千いるように見せかけて

        使者を送り相手方を降伏させたという。これが日本での抑止力論の始まりだった。

         アメリカは元々核兵器とミサイルを持ち北朝鮮はミサイルを打ち上げ核兵器を開発しようとしている。

        アメリカと北朝鮮の双方の抑止力が高まっている。双方の抑止力が高まるということは私流に言えば

        戦争の危険性が高まっていることである。米軍基地のある日本も巻き込まれる危険性がある。 

         歴史的に見て戦争ではどちらも正義を主張する。国民の生命を守るという。そのようにして起こって

        しまった戦争の結果は双方で数1000万人の生命が失われ、家屋、道路、鉄道その他の生活施設が

        失われ、莫大な軍事費で国民の財産が失われ、地域コミュニティー破壊されてしまっている。中東や

        アフリカの一地域での戦争状態が示している。

         抑止力論との関係でいえば、太平洋戦争の時にアメリカが日本よりも強固な軍事力を持っていたのに

        アメリカに戦争を仕掛けた。「負けるかもしれないからやらない」との抑止力の立場にいたならアメリカとの

        戦争を始めなかったかもしれない。今北朝鮮が自身の軍備はアメリカに対して抑止力の論理に従って拡大しているが

        自身が攻撃を仕掛けるときはその論理に従わず、かつての日本軍国主義のように、(日本軍国主義とは

        論理は違うだろうが)勝利すると思って戦争を仕掛けてきたらアメリカよりも日本が大被害をこうむり、北朝鮮

        自身も悲惨な事態になるだろう。

         どちらが正義か、どちらが勝ったか負けたかにかかわりなく被害を受ける日本はあの1945年の光景に

        遭遇するかも知れない。

         韓国の新大統領は北朝鮮に「話し合い」を呼びかけた。(北朝鮮のミサイル発射でストップしているが..)

        アメリカの軍事演習や、経済面やその他の"制裁"は効果をもたらさずミサイルの実験を続けている。

         強国であるアメリカや強国とは言えないが日本が、北朝鮮と同じレベルに立たず、ゆとりもつて、高度な民主主義

        と高度な平和の精神に立って北朝鮮との"話し合い"を進めるよう外交的努力を行うべきだろう。

        北朝鮮の一番の隣人である韓国の 大統領に協力して速やかに外交行動をとるよう期待する。

          北朝鮮も トランプ氏が「体制を保証する」といい北朝鮮をつぶすとは言っていないようだからミサイル実験

        などは中止し話し合いに出てくることを期待する。

    −−◎"午後から雨"どころか 朝から小雨だった。草花の水やりはしなくても良かった。 (^o^)/

        午後からは雨が上がり曇りに。

2017.7.29() 曇り のち 晴れ 湿度 71%
    −−◎ここ数日の空模様は 午前中曇っているのに昼頃からカンカン日照りになっている。駐車場脇の草花たち

        朝 曇り空を見て「今日は水やりしなくていいだろう」と放置していたところ、萎れ気味になっていた。

        日照りの最中に水やりをするのは良くないので そのままにして 日がかげって薄暗くなると元気な葉っぱに

        戻っていた。地面が冷めてきていてもう大丈夫と水をかけた。

       「明日の朝は曇っていても水やりをしよう」と決定!・・・そんな日に限って午後から雨になったりして・・・ (^^♪

    −−◎家事をこなし、本日はゆとりの土曜日。

2017.7.28(金)  曇り のち 晴れ 湿度 68%
    −−◎靖子さんは以前は2ヶ月に一回歯科へ連れていき、歯の清掃をしてもらっていたが、本人の体力と

        私の行動力の弱化により中断し、特養の依頼医に検診をしてもらっていた。来月から口内衛生保持の

        処置をしてもらうことにした。

    −−◎2016年の日本人の平均寿命は男性が80.98歳、女性が87.14歳と世界トップクラスに更新した。

        トップは男女とも香港で、日本は男女とも2位とか。

        85歳すぎの人がテレビや新聞に登場すると、著名なかたも、そうでない方々も思い出す話に必ず

        悲惨だった戦争体験が出てきている。戦争をおしすすめる暗い重い空気を語り「あんな世の中にしては

        ならない」と語っている。私も そんな世の中にしてはならないと訴える。

    −−◎昨日記事の追加。

        M・ウェーバーは"男性優位社会"の発生を論じている中で メンナーブント(Mannrbund)という

        集団の存在から説明している。

2017.7.27(木)  曇り のち 雨 のち 曇り 湿度 77%
    −−◎テレビ番組。NHK木曜午後7:30「日本人のおなまえ」という番組で 苗字の起源や珍しい苗字

        などを紹介している。今週は沖縄編だった。

        童名(わらびな)(幼名)、屋号、門中とかが紹介されていた。

        @わらび名は隔世で孫へ引き継がれ(ばあさんの名は女の子に 爺さんの名は男の子に)伝統や

          生活感情を継承していて大人になってもわらび名で呼ばれている人も多くいる。

        A屋号は村の中の地形や場所、商売の屋号など様々だが苗字ではなく『1本松』の次郎さんとか、

          屋号で呼ぶケースも多々ある。

        B門中とは その昔 昔の中国と貿易をしていて貿易集団の唐名(中国風の集団名)や 琉球王朝の

         日本風に言うと武士、工人などや、漁業集団、その他の集団につけられていた名のようだ。

         でレビでは糸満市で門中対抗の ボート競技のようなものが紹介され、40ほどの門中が一体となって

         地域を作って行っている

        ※そこで私の思ったことはAの屋号では子どものころの田舎でも家々に屋号があったことを想い

         出した。かんばし(上橋)とか ひのみ(火の見櫓)、新しい家はあるじの名に『さ』(=様の省略)を

         呼ばれていた。

         Bの門中の話を見ていてM・ウェーバーのメンナーブント(Mannrbund)=狩猟、戦争を本務とする団体。

          を思い出した。沖縄で今は集団は存在しないが 先祖が属した集団の系列を引き継ぎお付き合いを

          している様子だった。

          一家族−−氏族−−種族の原形を見るような気がした。

2017.7.26(水)  曇り のち 晴れ 湿度 19%
    −−◎使用している車両はかなり年数は経つが外観も機能も安全に使用できる状態になっている。

        ドアのガラス支えるゴムクッションが劣化してちぎれていた。あまり気にならなかったのだが

        開け閉めする時に"ガタッ ガタッ"と音が出て勢いよく閉めるとガラスが割れはしないかと気がかりだった。

        それとクーラーをかけていても暑い空気が流れ込み、大雨の時直接ははいらないが、隙間から流れ

        込んできて車内を濡らしてしまう。車屋さんへ行きゴムクッションを交換してもらった。

        車屋さんの奥さんは靖子さんとも知り合いだったため「このごろのご様子はどうですか」などと修理待ちの間

        世間話をしていた。


2017.7.25(火)  曇り 雨 曇り 湿度 80%
    −−◎梅雨が明けたというのに 各地で大雨が降り続けている。田んぼや畑に水がついて、作物がやられて

        しまっていることが報じられている。道路や鉄道も壊れてたいへんなことになっている。

        市町村段階では財政的にも対応できないケースもあり、生活環境の原状回復のため国が乗り出して

        早期に対応することが望まれる。

2017.7.24(月)  曇り のち 雨  湿度 75%
    −−◎このごろ変化したもの。

        郵便による広告チラシの封筒(?)や郵便のような形をした宅配便の広告チラシの封筒の

        事である。封筒が以前はすべて紙であったがビニール袋になってきている。柔らかくて中身を

        取り出すとクシャクシャになるものや、薄いが平面を保とうとしているものなど各種ある。

        一週間分貯まると 結構な量になり 再利用もできないし リサイクルにも出来ないので

        ゴミにしているが ゴミ袋の中でビニール袋が大きく占有している。紙が減った分ビニールが増えて

        処理場の燃やす総量は減っていないのではないかな...

          ※私の習慣上 "ビニール袋"と書いたが 材質は ポリエチレンやポリプロピレン

          ペット、プラスチック、ポリメチルペンテン などがある。
     

2017.7.23()  曇り 雨  湿度 81%
    −−◎午後から雨で気温は30℃未満。連日の35℃超えとは違って過ごしやすかった。

    −−◎生活者にとっては物価は安定していた方が良いが 資本にとっては物価は年々最低でも1%ほど

        は上昇した方が良い仕組みになっている。マイナス金利を実施しヘリコプターマネーのばらまきを

        やっているが どの会社も日銀が思ったほど設備投資もせず(老朽化を補充する程度はあるが..)

        ばらまき金を使おうとしない。大手会社の内部留保(儲けの蓄積)は増え株価も上がっているが

        生活者の賃金は上がらず、「不景気」で先々に備えて節約せざるを得ない。

        賃金を 「よその会社はどんどん上げてくれ うちの会社は上げないけど..」などと言っていないで

        上位の会社が一斉に賃上げをしたら、生活者の「景気」も良くなり、消費も増え景気動向も

        上昇変化をするだろう。

        このまま ばらまきを続けていると 土地家屋が値上がりし 突然に ハイパワーインフレになるだろう。

2017.7.22()  朝曇り 晴れ 湿度 62%
    −−◎朝7時の気温、一階『店』の部屋28℃、一階北側の台所(炊事場兼食事場)26℃、一階事務所(と称する

        作業場)27℃、だった。熱中症警報器がオレンジ色の光をぺカペカ発していた。事務所は気温が上がらぬ

        うちに空調を付けておいた。仕事は休みだが基本ここを中心として生活しているからだ。

        各地で大雨で被害をもたらしているが 当地方でもどしゃ降り雨が降るには降ったが短時間で 雨日も

        少なく、水不足が懸念されている。

    −−◎早めに済まそうと9時に眼科へ、治療後の経過は安定しているとのこと。

        左右の見える高さ位置が異なることについて伝えた。(※3mほど先の物を見ながら手で両目を隠し、片方を

        はずして見た後 それを隠して反対側の目で見ると10cmほど上下差がある。両眼で注視してみると補正

        されて統一されて見える。)

        先生「どうしてもそれは少しは出てきます。」とのことだった。

        日常生活で先方が二つに見えるのでないから まあいいか と納得。

        次回は1ヶ月後に検診になった。

    −−◎生協受け取り日。奥様方とは"お天気"の話し。

2017.7.21(金)  曇り 夕方晴れ 湿度 66%
    −−◎朝賑わしい子ども達の声が聞こえてこなかった。昨日で一学期が終わり夏休みになっていた。

        20年くらい前 ゆとりの教育とかで極端なものでラジオ体操も一時廃止されていたことがあったが

        まもなく復活したらしい。広場は距離が離れていて声は聞こえてこない。

    −−◎

2017.7.20(木)  曇り 晴れ 湿度 68%
    −−◎靖子さんを見に行ってきた。日々見ているといつもと変わらない感じだが、1年前と比べると 手足の

        動きなど硬くなって、弱くなってきている感じだ。ベットで横になっていて目は開いていたが こちらと

        焦点が合っていなかった。空調は完備していて室内は適温で涼しく 熱中症の心配はないが 今年の

        夏は暑さが続くようだから 持ちこたえてほしいと思った。

2017.7.19(水)  曇り 晴れ 湿度 63%
    −−◎アニメ『ドラえもん』のドラえもんの声をやっていた大山のぶ代さんの夫 砂原啓介さんが亡くなられた

        と報じられていた。大山のぶ代さんが認知症になって啓介さんが世話をしておられそのころの画像が

        紹介されていた。言っておられたことは

        @私が病気になった時(のぶ代さんより)先に逝くわけにはいかない誰もお相手する人がいなくなる。

        A一人で抱えず人に応援を頼め。

        B無理をしてやらないようにする

        C趣味(世間的に言えば)というか介護の事ばかり考えないで他の事もやること。

        こんなことを心構えとして介護をしてこられたとのこと。

        発症後の大山のぶ代さんの(写真や動画での)ニコニコした姿から大切に扱われ良好な間柄であった

        様子がうかがえた。

        お別れの時のようすを見ておられた人の話では「のぶ代さんはお分かりにならない状況ですが

        枕もとで『啓介さん』と言ってじっと見ておられて席を離れて向こうへ行かれた。」 と報じられていた。

    −−◎ロイター通信によると イギリスはノーフォークのコンガム村で7月15日 世界一速いカタツムリを決める

        レースが行なわれた。詳細はロイター通信を。

        世の中には面白い"競技"があるものだ。

2017.7.18(火)  曇り 晴れ 湿度 71%
    −−◎日野原重明氏が他界された。105歳だったとのこと。私はこの人を目標にと(年齢の)(^O^)/生きて

        きたのにこの先止まってしまった感じだがでもまだ30数年ある。先生は「ターミナルケア」のことを

        提起され、今ではその考えも広がってきている。各地の病院の中には がんに罹った人を対象に

         『集い』が行なわれ『より良い生き方』を探る活動が行なわれているケースがある。

2017.7.17(月)・海の日  晴れ 湿度 74%
    −−◎休日日。本日も気温高し。読みかけていた本をしまいまで読みメモなどして読了。午後茶店へ行き、出た後は

        ふと思い付き 環状線道路を橋を渡って大学方面へ、コンビニでお茶を買い、県庁方面を廻って1時間20分

        ほどドライブし環状線に沿って帰宅。

        気分が転換した。

2017.7.16(日)  晴れ 曇り 晴れ 湿度 61%
    −−◎今年は海の日が17日になり、今週は3日間の"連休"になった。追いかけられていない限り祭日は休み日

        である。30℃を超す暑さの連日で どこかへ出かける気分にもならず、冷房を駆使してゆっくり休養日と

        決め込み思いつくままに動いていた。

    −−◎マイナンバーの情報流出が 相次いで報じられている。「本人でしか知りえない」ということになっているので

        無関係の人が 流出ナンバーを使って本人のような顔をして 資産取引でもしたら 本人の知らない間に

        借金が発生していたり、預金が引き落とされたりしたら大変なことになりそうだ。悪用した人は当然罰せ

        られるが、悪人が罰せられても、本人の発生した借金や、引き落とされた預金の原状回復はしない。(振り込み

        詐欺でも 犯人が逮捕されても盗られた金は戻ってきていない)世間で大混乱が起きないうちこんなナンバー

        制度は廃止した方が良い。


2017.7.15(土)  曇り 晴れ 湿度 70%
    −−◎買い物は前日に済ませた。眼科も無し。ゆとりの土曜日だった。生協受け取りなど。

    −−◎以前に 地球外生命体について 私の根拠の少ない空想で100個ぐらいそんな星があるだろうと書いたが

        丸山茂徳氏によると生命体の発生・存続することのできる20+16の条件を挙げ 「銀河系にはその条件を

        満たす星の存在が想定できない。膨大な数のいくつかの銀河系の中にも想定できない。だから地球以外に

        生物は存在しないと私は考えている。調査・研究をなさっている方々の成果を期待したい。」と言っておられた。

        100個ぐらいあると言っている私も調査・研究の成果を期待している。

    −−◎もやし、かいわれ。

        もやしを調理して食べていたら黒っぽい豆の皮が一つだけくっついていた。そうだ皮はあるだろう。

        もやしやかいわれの種の皮は生産過程の中で いつ どうやって取り去るのだろうかと不思議に思った。
     

2017.7.14(金) 曇り 晴れ 雨 曇り  湿度 66%
    −−◎昨年末から今年4月にかけて、野菜や根菜類は 値は高く品質の良くないものが出ていた。

        じゃがいも、大根は6月ころまで、白菜は先週も高かった。今日買い物に行ったところだいたい去年並みの

        値段に戻っていた。白菜の1/2(2分の1)カットは中身が見えるが6月までのはガサガサで密度が

        低かったが 今日のは一定の密度があった。出来の悪い作物でも無いよりは良いだろうと流通しいた

        のかもしれない。

        去年の夏から初冬にかけての産地での天候のせいだったのだが、今年は今年で各地で水害が発生

        しているが大丈夫だろうかと気がかりである。


2017.7.13(木)  晴れ 曇り 雷雨 曇り  湿度 72%
    −−◎民主主義を抑圧するおそれのある 治安維持法類似の"共謀罪"法が施行された。

         「一般の人には関係ない」などと政府は国会で答弁していた。

         この法律以前の時期に発生した『大垣警察市民監視事件』について違憲訴訟が起こされていてその裁判が

         現在 審理されているがその中で

         県側は「警察の情報収集は具体的な犯罪発生のおそれがある場合に限定されていない」として警察の

         監視行動を正当化しようとした。共謀罪"法がなかった時でもこのありさまだから 施行以後はひんぱんに

         監視事件が警察によって引き起されると予想される。

         「一般の人には関係ない」などとする政府答弁は「うそっぱち」である。

         こんな悪法は廃止することに賛成する。

         ※『大垣警察市民監視事件』=この日記の2017/2/22付に記載

    −−◎靖子さんはそれなりに体調を維持して過ごしている。特養から「近況」のお便りがきた。

         −− ご家族様

            梅雨明けもまだですが、暑い日が続いています。靖子様はお変わりなくすごされています。

            今後も、体調の変化に気をつけて、介助させていただきます。

            今後も、よろしくお願いします。

                        (日付)                 スタッフ一同          −−

        靖子さんは特養できちんと気を使ってもらって大事に介護され過ごしている。


2017.7.12(水)  曇り 晴れ 曇り 雨 曇り 湿度 74%
    −−◎本日も予定通り終了。暑かったが 体調には異常なく日常生活に支障なし。

    −−◎※昨日のセブンイレブンの追記。セブンイレブンは元々アメリカのコンビニ会社で7時から午後11時まで

         営業していてそれを店名に付けていた。日本でも7時から11時営業で店舗を作って行ったが 地方の

         市町村の一部に「青少年保護育成条例」の中に小売店は午後9時までとの規定があって(たいていの店は

         午後7時〜8時に閉店し住民のだれもが不便を感じない地方)セブンイレブンはそこでは店を出さな

         かったし 初期のころはそこに無理して出す必要もなかった。という状況であったようだ。

         本国では店は衰退していったが日本では大きくなっていった。

         

2017.7.11(火)  薄曇り 湿度 72%
    −−◎7月11日は セブンイレブンの日だそうだ。(コマーシャルを頼まれているわけではないが..)その昔

        地方によって夜間の店舗の営業は午後11時までと規制されていて朝7時から夜はギリギリの11時まで

        営業し店の名前を7・11(セブンイレブン)としたのが始まりとか、24時間営業になっても店名は残った。

        本日を目指していろいろな商品=菓子類が売り出されているが印象に残っているのは"わさび7"

    −−◎私が県医療センターへ椎間板の診察に行ってきた。予約時間は9:00でほぼ時間に呼ばれて診察。

        先生は術後何年かの経過を電子カルテ見ながら自分で復習するかのように読み、「...でしたね 今は

        どうですか?手のひらはどうですか?」と尋ねられた。

         私 「足のつま先の方が上向きに動かないのは治っていませんが、悪化もしておらず、歩行は気をつけて

          歩けば普通に歩けます。手のひらの軽いしびれた感じは3年前からありますが悪くなっておらず

          日常作業は支障なく出来ます。」

        先生「手は頸椎から来ていますから治療は首のうしろからですね、お箸が使えなくなってスプーンでしか

            食べられない状態になったらすぐ(予約日にかかわらず)来てください。」

        要点のみ書いたがその他いろいろ説明してくれて、状況も日々の注意点もよくわかった。この間20分だった。

        そのあと 朝食抜きで行ったので院内の喫茶店でコーヒー + モーニング()をとり食してきた。

    −−◎以前 (16.7.2と16.12.5)に 人間は一生の間に何万人もの人たちと交流し合い

        人間形成されていくことを書いた。それは「社会学という学の中で論じられているらしい。「社会学」ではなくて

        私の「経験"学"」から言うと次のようになる。

        私を中心として 家の出入り口の道路から宇宙の果てまでの物理的広がりと 周りの人々の人文的広がり

        それらの過去からの時間的集積としての「現在」がある。それを大きな枠組みと見立てて、日々体験し

        見聞する出来事を 枠組みのあるべき空間部分の位置にはめ込んでいく。その枠組みを基としてその次の「行動」が

        展開されていく。次に来る状況に対しての思いめぐらしは色々な表現がある。展望、願望、見通し、失望、

        興味、空想、架空、フィクション、その他などがある。

        想像ではあるが実生活に即した有り得る展望と、過去にも現在にも未来にも存在しない有り得ないフィクションも

        精神活動には存在する。その枠組みの総体が私である。

        と言っても −−朝起きて、適度な収入を得て、文化にも接して、一日を過ごす−− との状態なのだが..。

        

2017.7.10(月)  曇り 一時雨(雷雨) 曇り 湿度 70%
    −−◎仕事中はラジオで音楽など掛けている。"言葉"を発しない音楽なら仕事の邪魔にはならない。

        曇りだったのに、昼すぎは暑くなっていった。夕刻、夕立が来てその後は涼しく感じたが気温は

        30℃を保っていた。散歩は雨のため取りやめた。


2017.7.9(日)  曇り  湿度 68%
    −−◎「ギャー またまた 九州方面で大変なことになっている。去年は地震で今年は水害だ。

         お友達どうなっているかなー 流されていないだろうな ちゃんと食べているかなー...」

        

2017.7.8(土)  晴れ 湿度 64%
    −−◎朝一番、9時に眼科へ。視力検査と眼圧検査をした。

        見え方について聞かれ、夜間に遠くの電灯が本当は1点なのに横棒一に見えていたのが治っている

        ことなど話した。

        先生「安定してきているようですね。次回は2週間後に来て頂きますが目薬はまだ有りますか」

        私 「ありがとうございます。まだ有ります。」

        帰宅後は おふとんを干すなど諸事項をこなした。

    −−◎夜9時ころ駐車場脇の植木や花達にホースで水をかけているとラーメン屋の主人がダンボールを

        収め調味料でも取りに物置へ来られて顔が会い私が「こんばんわ-」というと「ニーハォー」とのご返事。

        特段なんということのないご近所の日常挨拶だが、明るい時間には「おはよござんす」とか「こんにちわ」

        とちょっと音程の異なる日本語だったのに、ふいに顔があったので直感的発声で「ニーハォー」と

        口に出たらしい。愛想がいいとは言えないが、生活様式を心得てしっかりやっておられる人だ。

        台湾語は北京語とは違うと聞いていたが挨拶用語は同じらしいことがわかった。


2017.7.7(金)  晴れ 湿度 61%
    −−◎今週の"労働日"は今日で終わり。土・日は家事・その他・の日。靖子さんが病気になったころ

        子どもはまだ中学生で3人分の家事をしていた。子どもが大きくなって1人分減って2人分になった。

        (靖子さんの認知症的活動が活発になってその分の仕事は増えたが..)靖子さんが特養へ行って

        家事は 私の分1人分になった。3人分が1人分になったからと言っても作業時間が3分の1には

        ならないようだ。買い物の時間にしても1時間かかっていたものを1人分だから20分と言うことにはならない。

        疲れていると "おっくう"になる事もあるが 頭脳と体の健康保持のためと 楽しみながらやっていると

        結構すいすいとはかどるものだ。予定のメモ帳を"済み"で消し"翌日廻し"は翌日分に追記して終了すると

        すっきりした気分になる。

        明日はそのような1日が始まる。

2017.7.6(木)  曇り 晴れ 湿度 55%
    −−◎♪ささのは さらさら のきばにゆれる おほしさま きーらきら.....♪

        市内の市立病院で 長く入院している子ども達のために七夕まつりが行われた。子ども達はそれぞれの

        想いを短冊に書いて結び付けて願いを託した。看護学生や看護師、医師らによる歌や楽器演奏やクイズに

        家族= 父母 兄弟姉妹も来て一緒に楽しんだ。−−−と地元放送局のテレビが伝えていた。

        早く元気になって学校に行けるようになると良いですね。(^^♪


2017.7.5(水)  晴れ 午後から 曇り 湿度 70%
    −−◎昨夜のうちに台風通過、大雨の中を外出かと心配していたが晴れていた。

        靖子さんを県医療センターへ診察に連れて行った。注射をしてもらって特養へ戻った。

        車椅子に乗っていて 床面を歩くことはないが"外出時"は靴(ゴム底で柔らかい布製)をはかせてもらって

        いるが 病院の廊下で抜け落ちてしまい よそ様から「落ちましたよ」と言われたことが何回もあった。

        今日は靴をはじめからぬいで車の中に置いて行った。これは正解だったが...

       ◎ ひとつ注意していると別の事で抜けることがある。"診察者無料駐車券"を失くしてしまったのだ。

        この券は入場する時にボタンを押して受け取り 医療費支払いの時に"診察に来た人"として

        チェックしてもらい退場する時にこの券をスロットに入れて退場できる仕組みになっている。

        診察以外の用件では有料となる場合がある。「有料でもいいから」と思っても券がないとお金も払えず

        ゲートを通過できない。

        さあ大変!と車椅子を押して途中も見ながら車まで戻り車内の 座席や足元を探したが見つからない。

        受付センターへ行き「どうしたらよいか」聞いたところ「駐車場整理の警備の人に言ってください。診察でしたから

        会計チェックなしでも出られるようにしてくれますから」とのこと。

        ここの警備の人は常時 女性職員を含めて5〜6人おられて、身障者用区画では以前に私も手伝ってもらった

        ことがあるが車椅子への乗せ換えを手助けしてくれたりして親切だ。私が車椅子を押してそこへ行きその旨

        話すと「診察されてもう帰られるんですか?ではこれを出るとき入れてください」とポケットから新しい券を

        出してくれた。後は通常通り通過して無事"脱出"できた。(^O^)/

        人間 想定外の事が起こると ちょっと戸惑う。たまにはある事らしく係の人も手早く"診察者"であることを

        確認して処理してくれて助かった。


2017.7.4(火)  曇り 雨 豪雨 曇り 湿度 77%
    −−◎正午頃から 雨もようだったが夕刻豪雨になってきた。明日のために車椅子用の車を借りに行こうと

        小降りになるのを待っていたが なかなか収まらないので雨の中を事故にならぬよう注意して

        出かけて行ってきた。

        帰ってから30分ほどしたら小降りになり1時間後にはポツポツ程度になり、数mなら傘なしでも移動

        できるほどに小降りになった。なんだか豪雨の時間を選んで出かけていったような結果になった。
     

2017.7.3(月)  晴れ 湿度 72%
    −−◎

       隊員B 「もぐら男さん なに持っているの?」

       もぐら男「いいだろう 東京大学クッキーだぞ」

       隊員B 「あー あの有名な 豊田真由子さんの行ってた」

       もぐら男「誰? だれ? それって 紹介しろよ」

       隊員B 「ぼくも知らないよ。・・・・」。 −−口に出して言えないよ 元老院の

            おっちゃんも禿げてるし−−

       もぐら男「黙り込んでしまって どうしたのや?」

       隊員B 「どうしても聞きたい、『この〇〇、...』、『△△か おまえは...◇ね』

            といってた...」

       もぐら男「わかった わかった その先は言わなくていい。あの人東大だったの

            この東大クッキー 全部君にあげるよ 口が勝手に変な事しゃべり出す」

       隊員B 「だけど東大だって良い人もいるから1まいだけね、みんなにもあげてよ」

2017.7.2(日)  晴れ 曇り  湿度 75%
    −−◎靖子さん このところ髪をカットしていなかったため肩まで蔽っていた。いつも靖子さんの あねさんにカットして

        もらっているが 靖子さんが車椅子に掛けると頭を後ろへ傾けるため後頭部がカットしにくく、先延ばしに

        なっていた。今日は2人で行って 私が靖子さんの頭を支え後頭部に空間を確保しカットしてもらった。

        本人は不本意に頭を動かされて「あーっ あー」と "抗議"の声を発していたが静まった。

        苦心して作業を終え セットアップすると ボーイッシュな涼しい感じになった。(^O^)/ よかった よかった。              

2017.7.1(土)  晴れ 湿度 73%
    −−◎午前、食料品の買い物。歯科も眼科も本日は無し。生協受け取り。

         午後 雑貨品の買い物。暑かったが気分は快調。


2017.6.30(金)  雨 曇り 晴れ 湿度 65%
    −−◎子どものころ 田舎で暑いとき「かくらんした」とか聞いたり、「すずしいとこで遊ばんとかくらんするぞ」

        とか言われたことがあった。かくらんした人がどんな具合になるのかは見たことがなかったが大人同士の

        話を聞いていて 暑いときに無理して仕事(農事)をしていると気分が悪くなってきて体が不調になる事

        らしかった。大きくなって住む場所も移り日常語としては「かくらん」を聞いたことがなかった。

        時過ぎて 世間で日射病言われる"病"が出てきたが周囲に誰も「かくらん」などと言う人は無く

        その関係など考えたこともなかったが そのうちに熱中症と言われるようになり、症状が知らされて

        『あの かくらんではないか』と思った。そのまま推移してきた。

        ふと 辞典で見てみようと思い調べたところ

        かくらん=「霍乱」と書き"揮霍燎乱"(りょうは手偏にォ)=きかくりょうらん の略語。手を振り回してもがく事。

        暑い時 吐き気や下痢をもよおす急性の病気になる事。元気な人が急に病気になる事を「鬼のかくらん」

        などと言う。

        田舎には古い言い方がそのままのこっていたのだなーと思った。


2017.6.29(木)  曇り 晴れ 湿度 62%
    −−◎ 主要先進国食料↓自給率(%)

    1位 オーストラリア 230%

    2位 フランス     130%

    3位 カナダ      120%

    4位 アメリカ     119%

    5位 ドイツ       91%

    6位 スペイン     90%

    7位 スウェーデン  87%

    8位 イギリス     74%

    9位 イタリア      71%

    10位 オランダ    67%



    12位 日本      40%

    ※発展途上国では100%以上が多く、中東の石油国では50%前後の国もある。

    TPPと並んで EUとも貿易交渉をすすめ

    「自動車を輸入税を無しで買ってくれ、その代わりチーズやワインを輸入税無しで買ってあげるから」と交渉

     している。

    "これで チーズやワインが安くなる"と喜ぶのはちとはやい。小麦が外国頼りになってしまっている。

     大豆も肉類もその他の食品も外国頼りになってしまうと、農業者の所得が減りGDPが下がってしまう。

     いきなり工場で雇ってもらうわけにもいかない。現状でも巨大企業は内部留保(利益金)を増やし

     「景気は回復傾向にある」と言っているが、給与所得は増えず消費支出は減少傾向にある。

     日本でなにか外国とのトラブルが発生し「食料品は売らない」と言うことになったらチーズもワインも大暴騰

     することになりかねない。現状で 世界が一つの国ではなくそれぞれ独立国であるのは理由がある。

     一国として確信をもって成立していくためにも70%〜90%くらいは自給を保ちたいものだ。


2017.6.28(水)  曇り 晴れ 湿度 68%
    −−◎靖子さんを見に行った。横になっていたので手を取って「おい おい」と声をかけると眼を開いたが

        眼はこちらを見ていなかった。以前に比べると体全体がこわばってきているように見えた。

        機能訓練計画書にハンコを押してきた。

        壁の風景写真を「清流」に貼り換えてきた。

        世間でも「老々介護」であちこちでそれぞれ苦労して介護しておられる話が紹介されている。

        多くの人が苦労を乗り切っておられるが、中には不幸な事件が発生して、悲しい思いでいる。


2017.6.27(火)  曇り 一時雨 曇り 湿度 66%
    −−◎

       隊員B「隊長! 水やり 忘れてたの 咲くのが遅かったんじゃない」

       隊長 「そんなことはない なかなか雨が降らなかったからだ」

      

2017.6.26(月)  薄曇り 晴れ 曇り  湿度 63%
    −−◎電話「プルルーン プルルーン」

          私「ハイ ハイ」

        電話「ピポ ピポ プルルル ピポ ピポ ピーー」

        "ポコ"(←私が電話を切った音)

        時々 会話用電話番号にFAX信号が送信されてくる。。取引先や知人は FAX用番号を知っておられて

        送られてくるのでそうではない。また 取引先でもなく私には関心のないコマーシャルFAXもたいていは

        正しい番号に送信されて"通信"としては成り立っている。どんなに集中した気分で作業をしていても電話には

        速やかに席を立ち出る(当然のことであるが)。電話の声が「ピポ ピポ」だと迷惑な感じがする。

        私の迷惑防止と 相手方の経費節減のために 番号間違いを訂正してもらおうと 着信記録に残されていた

        相手先に電話をしたところ テープの声で「こちらは〇〇情報サービス株式会社です。お客様の....」

        と聞こえてきた。FAXを請け負って送信している会社らしい。

        この電話とは別のところで調べたところ その種の会社では依頼会社から100通とか1000通とか

        依頼され 請けた番号に代理送信する業務をしている。また番号は 引き受け会社が電話帳から抽出した

        特定業者向け 特定地域向けの番号簿に基づいて送信する場合もある。

        一般に会社の宣伝部が100通のFAXを送るにしても電子化した文書とは言え 通信トラブルに備えて

        だれかが自分の仕事のかたわら注視していなければならないが、FAXサービス会社ならば数人で

        何十台ものFAX機を見ていることができ双方にとって利益のある話である。時代の推移と共に

        新しい仕事が業務としてなりたって来るようになったのだなーと感じた。

        受けて(私)にとっては不要な情報にFAX用紙を使用されて不利益な話であるが...(^O^)/
        

2017.6.25(水)  雨 湿度 70%
    −−◎朝7:02、地震P波を感知。新聞を取り入れて玄関で見出し読みをしていたところ天井方面で

        ガサガサとの音、ネズミかな、ついに今年も侵入か?思う間もなく2秒後にS波到来、ぐ ぐっ と揺れて

        小さく揺れながら収束していった。即座の感覚認識では「P波を感知し間があってS波を感知したから

        @距離の離れた場所 Aある程度の大きさ」と感知した。

        一時間後報道情報を見たところ震源地は長野県西筑摩郡王滝村あたりで震度5強=5+だったとのこと。

    −−◎本日は一日中雨、外での用件無し。

    −−◎前々日「チラシ広告を99%処分」と記したが形容的に書いたもので99%に意味はないが、コマーシャル

        では意味がある。ホコリを除去する空調機、ゴミをとらえる掃除機、洗剤、歯みがき、歯ブラシ、その他、の宣伝文で

        「99%除去」と言っているが「100%除去」とは言っていない。「100%除去」と表示してはならない、との

        決まりがあるからである。


2017.6.24(土)  晴れ 湿度 66%
    −−◎仕事は休日日。土曜の家事関連作業処理。

        午前 眼科に行った。治療後は安定的に推移しているようだ。「次回診察は2週間後に来て下さい」

        と言われた。眼の開閉に異物感は無く、かゆみ痛みもなく 涙にも支障なく(涙の出過ぎや乾燥など)

        よく見えるようになった。

    −−◎ダニ防御処理。ダニを見かけたわけでもないし、被害にあったのでもないが、防御処理をすると良いというので

        時々やっている。注射針のような太目の針のついた"ダニアース"(商品名)で畳に何ヵ所か"注射"した。

        マットと畳の間のダニシートを新しいものと取り換えマット(半ば固定的に置いてある)にも消毒薬をかけ、

        その上にさらにダニシートを張りその上に布団を置いて完備。"注射"作業に結構時間がかかった。

    −−◎パソコンの電話相談を受け適正に支援処理。

2017.6.23(金)  晴れ 湿度 61%
    −−◎私もまた市場経済の下で"柔軟"に生きている。

        冷蔵庫を買いに行った時の話。

        新聞の折り込みチラシ広告は毎日10枚ほど各種広告が入ってくる。世間の情勢を知るために一応

        目を通すが99%は不要の紙きれとして処分している。市内の電器具スーパーの有力店4社の広告も

        時折はいってきている。探し出した広告の中から 今あるものとほぼ同じ大きさの冷蔵庫を目安にした。

        "お得なサービス価格"として値段が表示してあり、その横に"価格はご相談ください"と書いてあった。

        その店に行き"ご相談か"と思いつつ店員さんに「15%くらい安くしてよ」と交渉すると、「そうですか-」

        と事務卓へ行きパソコンに向かって計算していて「このくらいでいかがでしょうか」と価格を示した。

        13.4%引きの価格だった。「いいでしょう」と契約した。

        市場経済の下では 売り手と 買い手の同意によって価格が形成されて行き、一定の気力をもって

        事に当たって行かないと生きていけないようだ。

        数百円から数千円の物は いちいち交渉していたら客も店も手間取ってしまうので、店は他店との

        対比をしてギリギリの線で"定価"のごとき価格を表示しそれに従って取引している。

             

2017.6.22(木)  晴れ のち 薄曇り 湿度 64%
    −−◎日没は19:12だが空は19:40ほどまで薄明るかった。西の空が暗くなったのは19:50ころ。

    −−◎原生地では湿地帯に育つという水芭蕉、昨日の雨のあと花軸が伸びてきて小さめの"花"が開いていた。

        両脇の大きな葉っぱよりも小さく写真に撮りにくい。去年は6月3日に咲いていたのに2週間ほど

        遅かった。雨が少なく花軸が伸びなかったようだ。これから梅雨時の雨も降るようなので、2本目

        3本目と咲いていくだろう。

    −−◎古代王朝国家観と儒教の混合体である"教育勅語"をほめたたえ、共謀罪法を作ってしまい、

        軍国主義時代や国民意識を江戸時代にまで引き戻そうとする 試みはたやすくそのようにはならない

        だろう。(私としては そのようにさせてはならないとの気持ちであるが..)1945年からの戦後

        七十数年、憲法を作り、民主主義を引き継ぎ 発展させようとする人々が増えてきている。

        "大正デモクラシー"の時代とは違って、形成されてきた民主主義精神を意識下に持ちそれぞれの

        立場から発言している若者たちも多く見かけられるようになってきている。民主主義精神の保持・発展を

        期待したい。

2017.6.21(水)  雨 湿度 65%   夏至
    −−◎今年も半年過ぎて"夏至"になった。本日は雨で夕刻 日の入りを確認できなかったが遅くまで

        薄明るかった。

      当地方の 日の出 日の入 表  −−日付は飛び飛び(不規則に順次抽出)−−
    月 日. 6/2 6/4 6/6 6/8  6/10 6/13 6/15 6/17 6/196月21日 夏至  6/22 6/23 6/24
    日の出
    (時:分)
     4:39 4:38 4:38 4:38 4:37 4:37 4:37 4:37 4:38 4:38  4:38 4:38 4:39
    日の入
    (時:分)
    19:0319:0419:0619:0719:0819:0919:1019:1019:1119:11 19:1219:1219:12
     
    月 日
    .
     6/26 6/28 6/307月3日  7/6 7/9 7/12 7/15 7/18 7/21  7/24 7/27 7/30
     日の出
    (時:分)
     4:39 4:40 4:41 4:42 4:44 4:45 4:47 4:49 4:51 4:53  4:55 4:57 5:00
     日の入
    (時:分)
    19:1219:1219:1219:1219:1119:1119:1019:0819:0719:05 19:0319:0118:59

       6月21日と7月21日を比べると日の出は4:38→4:53と15分日照時間が短くなっているのに対して

       日没は19:11→19:05と6分だけ日照時間が短くなっている。地球の傾きの角度の関係で当地方では

       朝方の方が変化が多いようだ

2017.6.20(火)  晴れ 湿度 48%
    −−◎老人の交通事故がニュースに飛び出してくる。単に年齢ではなく、ギアチェンジ装置の

        「オートチェンジ」が事故増加を加速しているように見えるが のちほど観察してみたい。


2017.6.19(月)  晴れ 湿度 51%
    −−◎本日は2ヶ月に一回の「お掃除の日」で A社から若いお姉さんがたに来てもらって(3人の時も、

        4人の時もあるが本日は2人)屋内(台所など)の掃除をしてもらった。

        片付いてすっきりした気分になるが、2週間ぐらいで普通の気分になる。気を付けていて物理的には

        掃除直前と比べれば1ヶ月くらいは乱雑化していないし、その後も乱雑化が加わるわけではない。

        他方では"慣れ"の気分が加わってきて乱雑化と慣れの接点が"普通気分"の現れとなる点である。


2017.6.18(日)  曇り 湿度 54%
    −−◎終日 曇りで晴れ間なく かといって雨も降らず。

        15日(木)の後日記載だが古い冷蔵庫内の整理の件。

        賞味期限の過ぎた粉末系の調味料など、乾燥して塩が吹いている自家製梅干し(ビンに入ってはいるが)

        などがいっぱいあった。今後使用するにしても新しく買う必要のあるものなど。なかみを全部捨てて

        うつわやビンも廃品に回すようそれなりにきれいにして箱に詰めた。かなりの量の不要物が冷蔵庫を

        占拠していたようだ。

    −−◎明日は"お掃除の日"で 室内を少しだけ整理した。

2017.6.17(土)  晴れ 湿度 43%
    −−◎今日は町内会の古紙回収の日で 公民館前の広場へ古新聞、広告チラシ、不要パンフレットなどを

        持って行った。

        今月は高齢者クラブの分担の月。PTAや子ども会は家の前まで集めに来るが、高齢者担当の月は

        自分で持っていく。適度な運動になるので持っていくのもかまわない。

        3人ほど番をしておられて、愛想よく荷降ろしを手伝ってくれた。私に「ありがと」とか「ごくろううさん」とか

        声をかけてくれた。

        このごろ業者の廃品回収所がいくつか作られて(集まらないので廃止したところもあるが)衛生、防火

        などで問題点も指摘されている。私は町内会の方に出している。わずかだが"収入"は担当団体の

        活動費に使用できるため「協力」の意味もある。この"収入"は回覧で時折(毎回ではないが)報告

        されていて、かなり以前は10万円を超えている時もあったが古紙が安くなって3万円台が続いていた。

        最近少し戻っているが過去の半分程度のようだ。

    −−◎午後眼科へ行った。視力、眼圧の検査をしてもらい、目蓋をひっくり返して治療痕を診てもらったが

         ほぼ治っていたようだ。

         止がね(ヘス)は返却した。消毒し耳ひもは取り換えて次の人に使用されるようだ。

        先生「目薬はまだありますか?」

         私「まだあります」

        〇感染症を防ぐため3種類の目薬を1日4回点眼している。

        先生「もう普段通りの普通の生活をしていいですから、目薬はちゃんとやって下さい

           週一回 検診に来てください。そのうちにお眼鏡のための検査をします。」

         私「ありがとうございました。」

        眼科の事は以上。

        ◎このごろ思うことは、お医者さんが丁寧になってきたことだ。

        私が20代〜30代のころ、何か質問すると、威張っているように見えて、不機嫌になり、「そんなこと

        わからんよ」と怒られたこともあったが、いまは変わってきている。

        靖子さんの方も含めて私たちが診てもらっている先生は(半年に一回のケースもあるが)7人

        おられるが どの先生を思い浮かべても、話をきいてくれて、検査資料や写真に基づいて

        わかりやすく説明してくれて、私が不安に思っている体調をメモして持って行って質問すると かなり

        細かく話してくれる。

        3人の先生からそれぞれの時に「これ見ときなさいよ」と各種資料をもらった。→血液検査の

        各項目の病気との関係の説明書。眼の病気の各種説明パンフレット。注射の副作用では

        その会社の出している薬剤説明書などなどいっぱいある。

        この変化は長幼の序(私が老人)の無意識の現れか?

        または 県医療センターの各種職員さんの「おはようございます」はさわやかに感じるが医療界

        の変化の現れか?。観察していきたい。    

2017.6.16(金)  晴れ 湿度 42%
    −−◎「梅」と「らっきょう」が売られている季節となった。去年作ったらっきょう漬がまだ半分残って

        いるので今年は作らなくても良さそうだ。

        梅雨時であちこちで大雨のようであるが当地方では雨が少なく、近県で貯水ダムの水が少なくなって

        給水制限をしているとのニュースもあった。朝 花に水をやる仕事が一つ増えた。


2017.6.15(木)  晴れ 湿度 44%
    −−◎共謀罪法案をついに与党の強行採決で通過させてしまった。憲法に違反するおそれがあり、

         国民を警察が総監視し 形成され始めた市民社会を江戸時代か、軍国主義社会に引き戻してしまう

         おそれのある法案を多数の異例の方法で通過させてしまったことに抗議する。

    −−◎アメリカで共和党の議員が銃で撃たれた。民主党の大統領候補のひとりだったサンダース氏は

        犯人を非難し「暴力で政府や政策を変えたり、要求を実現することは出ない。厳しく非難する」と言っている。

        過去に非暴力の同様の考えで運動をした人がいる。

        ☆インドの独立を勝ち取ったマハトマ・ガンジー、

        ☆アメリカでの黒人の地位向上に努め対等の立場を得たキング牧師、(マルティン・ルーサー・キング・ジュニア

        ☆南アフリカで 白人支配と差別制度を廃止させたネルソン・ホリシャシャ・マンデラ氏

        これらの人にいろいろ評価はあるが、言論やデモなどで世論の支持を獲得していったと言う点では

        評価できる。

        日本では過去に 当時社会党の幹部だった浅沼稲次郎氏を演説中に刺殺した事件があった。

        政府に対してでも、その批判者に対してでも 刺殺事件などは許されるものではない。


2017.6.14(水)  晴れ 湿度 40%(当地方は雨少なく乾燥気味)
    −−◎国連は世界を平和的に維持し民主的で暮らしやすくして行こうとする組織だ。

        安倍内閣は"戦争法"を作るときは「国連の活動に参加するため万一に備えて"切れ目なく"」などと言い

        国内戦争体制を作ろうとした。今の"共謀法"では「国連の条約に加入するため」と言って国内での監視と

        個人情報を掌握し権力の維持強化を狙っている。

        他方では 国連人権理事会の 特別報告者のジョセフ・カナタチ氏からの 人権についての懸念の書簡に

        ついての返事は カラタチ氏によると「怒りの言葉が並んでいる」だけ「中身についての実質的な反論を

        出来ないでいる」と言われるような返事しかしていない。

        また特別報告者であるデービット・ケイ氏は日本の表現の自由についての危惧を公表した。これに対しても

        政府は「一部の人に言い分を聞いて行って報告されたものだ」としている。

        この二つの国連からの指摘に対して、問題点について反論も「丁寧な説明」もできないでいる。

        一方では国連を 自分に都合よく"国連、国連"と言って利用し 他方では国連の指摘を軽視している。

        国連を重視するのならば「自由と民主」(政党名)の立場に立って真摯に点検・見直しをしていただきたい。

        〇共謀罪法案は 参議院の委員会での審議不十分なまま"中間報告"を出し本会議で

        14日から15日未明にかけて成立させようとしているようだ。

        多数の横暴での かつてのヒトラー政権のようなやり方は止めてもらいたい。


2017.6.13(火)  晴れ 湿度 44%
    −−◎冷蔵庫が壊れた。コンプレッサー(コンプレッサーを含む冷却装置部分)が故障したためだ。

        買い換えた記憶がないから30年ほど使用していた。報道レベルの話では"時計"とか古い"自動車"などを

        100年とか何十年も修理して使用している人がいるそうだ。むかし田舎では家庭内の小道具や農用道具

        を「親の代から使っている」という物を見たことがある。

        ところで今私が仮に長年使用し愛着を持った"冷蔵庫"を修理しようとしたとする。年度が経過していて

        メーカーでは範囲外として修理してくれない。でもその道のプロに頼めば修理は可能である。その器が

        特別の意味ある物なら(何かの賞の記念品とか)修理したかもしれないが、それほどの意味は無いので

        修理は止めた。

        今まであった場所にピッタリはいるようにほぼ同じ大きさの物を購入することにした。

        「古い 冷蔵庫さん 長年 我が家のために働いてくれてありがとう」。(^O^)/

2017.6.12(月)  晴れ 湿度 40%
    −−◎今週も通常業務が始まった。臨時の出来事かある場合以外はほぼ予定表の日程で(家事・食事・仕事

        休憩・散歩・新聞・テレビ)事を進める。その日によって "気が重い"とか"軽い"があるが総じていえば

        計画通りに進め 済ませると気分が軽くなる。放置して未処理の山が出来てしまい 手が付けられ

        なくなる事態を防げる。


2017.6.11(日)  曇り のち 晴れ 湿度 46%
    −−◎湿度というものは どうもわからん。体感的(肌感)にも 視覚的(お天気)にも本日は昨日よりも湿度が

        高いはずなのに 低い表示だ。今もって"湿度当てクイズ"はあまり当たっていない。(^O^)/

    −−◎中学のころ「理科」の時間で

        「元々の菌のいないところでは菌は発生しない。缶詰は高温で殺菌して密封してあるので腐らないのだよ」

        すると誰かが聞いた。「でも地球で一番初めの菌は出てきたのやろ」

        「そこまで考えるとそうかも知れないね、今は新しい菌は出て来ないのだよ」

        それを聞いていて−−生物は最初どうやって発生したのか?−−どこから来たのか?−−と興味を

        持ったものだった。

        その後、地球や生物を研究する世界では次々と発見があって、数十年経た今では7つほどに時代区分され

        地球も水(海)で全面的に覆われたり、大陸が出てきたり、高温化し、冷凍化し、巨大隕石の衝突があり

        地球史20大事件(まとめて10大事件と言う時もある)と呼ばれ、生物がごくわずか残る絶滅状態と

        大量発生を繰り返してきた。現生生物の世界が出来、その中に人類がいることがわかってきている。

        細かく解明されていく"地球史"を見ていて興味津々となり、あと100年は生きたいものだと思う。(^O^)/
        

2017.6.10(土)  晴れ 湿度 54%
    −−◎午前、眼科に行った。治療後安定しているが、予期しない感染症の発症や 外部からの衝撃が加わって

        いないか診察する為である。特に異常は無かった。当てがね(ヘス)は6月16日まで付けてその後は

        「持ってきてください」とのことで治療後24日間装置くすることになる。

    −−◎布団を干したが2時ころ薄曇りになり中へ入れた。Yシャツのボタン付け、その他の服のいとほぐれ修復。

        12時30分生協受け取り、ほか いつもの土曜の作業を処理し終了。
        

2017.6.9(金)  晴れ 湿度 57%
    −−◎徳田ねぎ イメージキャラクター「ねぎっちょ」くん


       ネギと言えば、九十九里ネギ(千葉) 下仁田ネギ(群馬) 九条ネギ(京都)などを

      よく聞くが 私には"徳田ねぎ"も有名である。近隣の行政区(町)の特産物で当市の

      南地域に"ねぶか街道"と呼ばれる街道があった程かなりの量が当市を横切って

      出荷されていたようである。ネギと根深(ねぶか)の違いは ネギは白い部分が5cm

      以下で全体に小ぶりの物を言い、根ぶかは成長と共に周りに土をかけ白い部分が

      長く太目(種子も違うが)になったの物を言う。このごろでは作物名はいろいろ付けら

      れているが総称としてネギと呼ばれるようになってしまった。

2017.6.8(木)  晴れ 湿度 65%
    −−◎私の眼科治療のその後。

        治療後16日を経過した。@以前より良く見えるようになった。A治療痕はほぼ正常に癒着した。

        B瞳孔が開いたのは普通に戻ってきてあと少し、明暗さもあと少し残すのみとなった。

        今やっていることは

        @感染症を防ぐため1日4回目薬の点眼。治療痕が外部に露出し目蓋の中で濡れているため細菌が

        繁殖しやすく、内部の器具に付着しやすい。生体レンズではそれ自体に抗菌力があるが"外部"レンズでは

        それが無いので繁殖するおそれがある。

        A眼帯のような当てがね(ヘス)は夜就寝時のみ装着する。無意識に眼をこすったりすることを防ぐためである

        ほぼ正常に癒着しているものの、外部から強い力が加わって剥離するのを防ぐためである。

        B診察は5月25日〜27日まで毎日行った。5月29日〜6月10日までの2週は週2回。6月12日以後は

         週一回検診に行く。

        生活は6月5日に「特別無理をなさらなければ平常のリズムで生活なさってかまわないですよ」と

        "眼科休暇"から解放された。

2017.6.7(水)  終日 小雨 湿度 63%
    −−◎靖子さんを県医療センターへ診察で連れて行った。流動食を少し増量してもらったことを伝えた。

        エコー検査で"がん"の検査をしてらったが、現状ではがんはないようだった。

        注射をしてもらって、その時は少ししか痛そうな振りをしなかったが、部屋の外の椅子で帰り支度を

        整えていたら思い出したように痛そうに顔をしかめて泣き出しそうな顔になった。私「あー痛かったねー」

        と肩や腕をさすってあげていると一分くらいするともとに治った。そのあと特養に戻るまで変な顔を

        しなかったので 一瞬前の注射を思い出して「ひどく痛かった」と私に泣きついているように見えた。

         隣の席で順番待ちをしておられたご婦人が(60歳代か?)「よく お世話なさってますね」と言われた。

       私「はーっ まぁー」

      婦人「いつも やさしくお世話していらして、明るくしておられて」

       私「えっ?」

      婦人「別の科にかかっていて ここで時々見かけるんですよ」

       私「あー そうでしたか、存じませず..」

      婦人「奥さん幸せと思いますよ。もう長いんですか」

       私「19年になります。」

      婦人「私なんか。そういう病気になったらと 心配で..」

          誰でもそんな事態になったらどうしようと多少の心配はあるが ホントに不信感があったりして心配な人は

            これは私への"外交辞令"だと思った。そんなことを世間話で口に出しては言わないものだ。

           それに「人が変わったように」夫が妻の世話をしたという人を その子たちから聞いて何人か

           知っている。で私は確信をもって言った。

       私「大丈夫ですよ。もしそんな事態になれば 覚悟を決めてしっかりやってくれますよ。人ってそういう

        ものですよ。」

      婦人「そうだと良いんですが..」

        これはちょっと話題を変えなくてはと

       私「靖子さん このうちの奥さんですが 若いころは今でいう タレントさんみたいに美人で 映えというか

         先を見る目と言うか あって 若いころの写真を大きくプリントしてお部屋に飾ってあげてます」

      婦人「たいへんですが これからも大事にしてあげてください」

         中から このご婦人の名が呼ばれて話しは終わった。

2017.6.6(火)  晴れ 湿度 53%
    −−◎明日靖子さんを医療センター連れていくため車両を借りてきた。晴れていると良いが..。

        朝顔と ひまわりと 風船かずらが双葉の芽を出した。種を植えることを忘れていて 5月中ごろ一度に

        植えていたが このところの雨で適度に湿ったらしく芽を出した。

        水芭蕉は何本か大きく葉っぱが育っているのに中心のつぼみがまだ出てこない。去年は6月3日に花が

        咲いていたのに今年は遅いようだ。


2017.6.5(月)  晴れ 湿度 37%
    −−◎靖子さんとこの風景写真を初夏の風景に貼り換えてきた。

        靖子さんがこのところ痩せて見えていたが体調には特に悪いところがなく、相談していたところ胃瘻から

        の食事量を少し増やしてみる とのことだった。

    −−◎夕刻6時ころ散歩に出て周辺を見渡してみると遠方の木の枝や電線が 以前よりもはっきり見えた。

        目を治療したせいで外界が物理的に明るくなり、気分も明るくなった。(^O^)/


2017.6.4(日)  晴れ 湿度 39%
    −−◎休日日。

        眼科休暇で溜まっていた家の中の雑事をボツボツ処理。3時から空調付けて昼寝。

        靖子さんはそれなりに元気。


2017.6.3(土)  晴れ 湿度 35%
    −−◎カールも無くなる。

        明治製菓の「それにつけても〜 おやつはカール〜♪」の

        カールが8月生産分をもって大幅に縮小し 「カレーあじ」は無くなり、「チーズあじ」と「うすあじ」を

        西日本地方のみ残すという。

        こちらは原料不足ではなく、競争激化で販売低迷で新商品に重点を移すためで、当初販売終了も

        考えたが底堅い人気商品であったことから一部を残すことにした。

        カールを生産している5工場(他の商品も作っているが)のうち 四国の松山工場に一本化するという。

        (以上 明治製菓のコマーシャルおよびお知らせによる。また複数の報道による。)

        昭和のお菓子が無くなっていく....。(^O^)/

    −−◎一万円札の 福沢諭吉先生は明治初頭の社会に直面して

        それより前の時代には「暴政府の風にて ことさら徒党を禁ずるの法を設けて 集議を妨げ」..「人民もまた

        徒党と集議との区別を弁論する気力もなく」(文明論之概略 巻の二 第5章[岩波文庫115p])と

        経過してきたので明治初頭の時代の困難を生み出している。と言っている。

        徳川幕府自身は「私は幕府を譲り渡すことはない。それならば巷で政策を論議することは行く末は

        徒党になるに違いない」と”寛政異学の禁”などを出して多数の研究者を捕まえ処罰した。(しかし結局は

        徳川氏は政権を投げ出すことになったが)(処理に当たっては江戸市中を戦闘状態に巻き込まなかった

        のはまだ益しだったのだが)主体的に受け止めての開国を出来なかったから 今それを

        作って行かなければならないと論じている。

        時代は経過して 治安維持法は江戸時代の徒党と集議を区別しない考えを受け継ぎ学者・文化人、

        出版社、新聞社、雑誌社の人を捕らえ処罰した。

        時代は今日に至って"共謀罪"法案は徒党と集議があいまいで 社会批判や政策批判が「この論議の

        行く末は徒党(=テロ)になるに違いない」などと解釈されて捕まえられないとも限らない。政府の言う

        「一般の人」とは社会批判や政策批判をしない人の事である。


2017.6.2(金)  未明に雨 晴れ 湿度 40%
    −−◎1ヶ月間は感染症にかからないように注意し体調の保持に努めなけれはならないが、

        本日から自動車の"運転解禁"と"日常活動"が取り戻せた。夕刻5時30分ころから買いものに

        出かけた。前方が明るくはっきりと見え心が躍った。眼が良く見えるようになったこともあるし前日と

        昨夜の雨で かすみと黄砂が洗い流されたのかも知れない。

        治療前先生から「一週間分の買い物をして、外へ出なくても良いようにしておいて下さい」と言われて

        いた。いつも一週間分の買い物をしているため普通の事と思い前々日に買いだめをしておいたが

        生鮮食品はゼロ状態になり、勢い込んで買って来て、冷蔵庫に収まりきらないことになってしまった。

        また変質して捨てることにならぬかととまどう.。

2017.6.1(木)  前夜に雨 晴れ 湿度 55%
    −−◎本日から6月。

        眼科のその後。本日検診に行った。そのうち参考のために全工程をまとめるつもりだが

        今は単発的に気づいたことをメモする。

        左右の明暗の差はまだあるが、よく見えるようになった。25cm〜30cmでの 新聞、本、パソコンの

        細かい文字ははっきり見える。2m〜3mにある 貼り紙やカレンダーも見えるようになった。

        @顔をまっすぐにして正面を見た時は普通に見えるが、顔の向きはそのままで左側のものを横目で

        見た時上下に二つ見える。診察の時にそのことを先生に聞いたところ すぐには返事がなかった。

        短時間隙間があって「横目で見るときは誰でもそう見えることがあるんですよ。正面を見ている時は

        どうですか?」 私「まっすぐ前を見ている時はそういうことはありません」

        「それなら大丈夫ですよ。支障はありません」とのことだった。

        私が想像するに、暇にまかせて目の見え方についてあれこれ試していて気付いた"二重像"で

        あったことと、今まで眼がぼやけていて"二重像"が意識されなかったのにはっきり見えるようになって

        気づいたらしい事だ。

        A2年ほど前、視界の下部分に まつ毛のようなものが邪魔しているように見えて鏡で見たが

        眼の中にも外にも何もなかった。そのころ先生に聞いたところ「それは飛蚊症の一種です」と言われた。

        真っ黒の縦棒のようなものが気づいた時には無くなっていた。それでもと思って白い紙を見て

        観察してみたら まつ毛幅より少し広くなってうっすらとあった。その時に先生は「稀に飛蚊症が

        消えていく人もいるんです」と言われた事があった。今回の治療の"注意書き"に「よく見えるように

        なって飛蚊症が意識されるようになることがあります」とあったが現れなかった。

        それでもと思い片方の目を閉じて飛蚊症のあった方の眼で白い紙を見て上、下、左、右と動かして

        見ていたところ 以前のうっすらよりもさらにうっすらとなって見えるには見えた。探し出さなければ

        見つけられない程度で生活に支障はなさそうだ。

             

2017.5.31(水)  晴れ 湿度 56%
    −−◎白内障で手術をする人が周辺でもいることがわかった。

        5月25日以後に接した人たちの中に 世間話をしていてその話が出た。

        〇近所の人の 知り合いのAさんが「白内障の手術で予定立てなあかん」と言っておられたとのこと

        〇毎月集金に来られるご婦人(60歳代)「私も白内障の手術をすることになって6月12日から

          一週間ほど休みもらってやってもらうことにしたんです」と。

        〇治療中は"運転禁止"でタクシーを利用して眼科へ。タクシーの運転手さん「うちの親爺も以前に

         白内障(手術)をやってもらって『見えすぎるくらい見えるようになった』って言ってたよ。今はもう

         亡くなったけど、10年くらいしたらまただんだん見えにくくなってきたそうだよ。老眼は関係なく進むし

         中に入れたレンズも擦り減ってくるんやないかねー」と。

        その話題にならなければだれも話さないことだが当てがねの眼帯を付けているのでその話に進み

        関連することを話してくれる。数日の世間話の中に3人もおられたとは結構多いものだ。

    −−◎国連の人権理事会の委任する 特別報告者であるデービット・ケイ氏は日本の表現の自由に

        ついての調査結果の報告書を公表した。

        日本ではメディアに対して直接的、間接的な圧力があるとして

        メディアの独立性を保持するため放送法などを一部改めることを求めている。

        特別報告者である ジョセフ・カナタチ氏、同じく特別報告者である デービット・ケイ氏が、それぞれ

        別々の事柄で 独自の調査を行い "問題あり"との指摘に到達したことは単なる誤解ではなく、報告者が

        日本の人権の将来を危惧する問題点を日本が持っているということだろう。

        

2017.5.30(火)  晴れ 湿度 59%
    −−◎組織暴力団や 金塊強奪集団などは 現行法で厳しく取り締まらなければならないのは当然の

        ことである。過失による事故はそれなりの対策が必要である。新聞を埋めている"事件"の

        多くは経済的貧困とそれと並行する文化的貧困の過程で発生している。

        困っていても 困っている人の99%は自己を平常に保って生きている。ギリギリのところで踏み外して

        しまったようなケースもある。

        罰則を強化するだけでは事件はなくならない。

        ”自己責任で生きていけ”と言う言葉がある。私は自分ではそのつもりで生きている。

        しかし 様々な状況や事情を抱えて生きている人々に”自己責任で生きていけ”と言って突き放すのは

        政治の役割の放棄である。政府は政策的にグローバル化を推し進め格差社会を進行させるのではなく

        これを補正する政策をとって行かなければならない。そこにしっかり目を向けた政治を進めてほしい。

    −−◎強国は弱小国や小民族の権利を強奪してはならないし、小民族の側も権利回復のため暴力行為を

        もって進めてはならない。現状でほんとに権利回復を実現しようとすれば、同じ思考レベル(暴力行為や

        戦争)で闘うのではなくより崇高な精神に立たなければ権利回復は出来ない。

        中東にIS(アイエス)という集団が動いている。ヨーロッパの都市で爆弾を破裂させ事件を起こしたり

        集団誘拐をしたりしているが 「自分たちの理想の国を作る」と言って一定地域を支配している。

        「理想の国」を作るというなら 方法・手段においても民主的でなくてはならない。無関係の多数の

        人たちを殺戮し集団誘拐などとんでもない話である。仮にそのようにして出来た"国"が理想状態で

        あるはずがない。

        強国はテロ集団に対応するのは当然であるが 過去数100年にわたる植民地主義による侵略を

        反省し 現地住民の「集団」に期待をかける しいたげられ貧しい人たちを

        集団から引き離し自らの力で民主的な社会を作っていけるようにする対応も必用だろう。

    −−◎ところで 治安維持法類似の"共謀罪"法案が参議院に送付され 憲法違反の危険を残したまま

        充分審議されないで多数の力で強行採決される惧れありである。

        この"共謀罪"法案は過去3回「問題あり」として廃案になった法案とほぼ同じで、上に書いたテロとは

        無関係なもので世論に指摘されてあわてて「テロ」の文字を付け加えた法案である。

        この法律が必要だと言っている「国際条約」はマフゥイア(麻薬集団)を取り締まる条約でテロとは

        無関係だ。オリンピックやテロ防止にかこつけて 過去3回廃案になった法案を復活しようとしている

        ようだ。時代を軍国主義の時代や はたまた 江戸時代まで引き戻し 現代的に スマートに

        物言えぬ社会を形成しようとする試みである。

        憲法に違反する こんな法案を成立させてはならない。

        

2017.5.29(月)  晴れ 湿度 52%
    −−◎眼科に行った。感染症にもならず順調に回復ているようだ。6月1日まではおとなしくしていて

        6月2日以後は通常生活に戻って良いそうだ。眼は翌日からよく見えるようになったし、体が

        だるいわけでもないので じっとしているのも努力を要するが "お勤め お勤め"とじっとしている。

        当てがねは新しい(消毒済み)物と交換してくれた。

2017.5.28(日)  晴れ 湿度 50%
    −−◎探検隊
    ""
      A「隊長! 鬼さんたちと遊んできて以来どこかへ行ってないね」

    隊長「花はいっぱい咲くし山菜もあるから行きたいが

        熊や蛇もいる 君子危うきに近寄らずというからなー」 

      B「えー 隊長 君子だったの」 

    隊長「バカ言え 勇者だ 準備万端整えて出発!」 B「わーい」

    隊長--熊が出たら大変だ、近くで風景見るだけ(声に出さない声)--
    −−◎眼のその後

       瞳孔が平常に戻るのを2日と書いたが(5月25日に)先生に尋ねたら「一週間か10日」かかると

       のことで、「暗い世界」と「鮮やかな世界」が見える状態がもう少し続きそうだ。

       当てがね(ヘス)という物がある。3mmほどの穴がぎっしり空いたアルミの器具で眉毛から鼻の横

       を覆い外側へふくらんでいて衝撃を防ぐ眼帯のような物だ。内側には何も挟まないので穴から見える。

       過日(5月25日)看護師さんから。

       看「当てがねを一週間は昼も夜も付けてください。その後は夜お休みの時だけ付けてください」。

       私「そんなの無意味じゃないですか。私 以前にマスクとか眼帯とかして寝たことがあるんだけど

         朝起きた時には外れてしまっていて...」

       看「それじゃテープで押さえてでもやってください」とのこと。

       こんなことに異論を言う人は少ないらしい反応だった。

       その後 眼科からもらった説明や注意事項を見たところ私の想像では

       上まぶたの内側で切り開き治療後縫合して癒着を待つようだ。外傷的な意味では他の部位の手術と

       同様に大きい外傷のようだ。複雑な部位であるので胃腸だったら1の衝撃がここでは1が10ほどの

       衝撃を与え回復を遅らせることになる。

       夜 当てがねの上から3ヶ所テープでとめて就寝したところ翌朝安定して付いていた。

       日常 行動する時 眼に衝撃が加わるような動きはほとんどないが万一に備えてと言うことだ。

       そして気が付いたことは 今は眼鏡をはずしているが かけている時ずれるのを伏せぐため眼鏡に

       手を当てる癖があったり、痒かった時に眼に手を当てることがあるが その時に当てがねがあって

       防御され上まぶたを圧迫しないで済んだ。器具という物はいろいろな可能性を考慮して作られて

       いるようだ。

2017.5.27(土)  晴れ 湿度 50%
    −−◎朝の気温は21℃で 午後は晴れてきが室内では25℃〜26℃で"快適気温"の範囲内だった。

        眼科治療の休養のため 先週24日から来週6月1日(木)まで仕事は休み。

        本日は仕事せず、テレビも見ず、新聞は見出し読み、読書もせず、パソコンはこの日記のみ記載、

        買い物も行かず、だった。 

        やったことは 眼科診察と、生協受け取り、食事、洗濯、軽く清掃と基本生存活動のみ。

        日ごろ「忙しい 忙しい」とストレスを感じつつ過ごしているのに ゆったりした気分は始めのうちだけで

        "何もやらない"ことも意志力を要する。頑張って"何もしない"を実行する。


2017.5.26(金)  晴れ 夕刻より 雨  湿度 64%
    −−◎眼の治療風景。(5月24日)

       −−右腕に点滴注射セットを付けてもらって手術室に入った。歯医者さんの椅子のような椅子に掛けると

       「椅子をたおしますよ」と言われてじっとしていると 背が後ろに傾き足の方が上がっていき水平になり、

       全体がぶくぶくと上昇した。左腕に血圧測定用(自動測定器)の腕帯コネクタを巻かれた。

       「では始めます」の声かけがあって私の感触では刷毛のようなもので薬を塗られた。

       ※以下動作は見えていないので感触であり、「られる」は敬語ではなく受け身表現。

       「足の方を見てください」「左をみて下さい」「あっ 顔は動かさないで」「右を見てください」「上の方を

       見て下さい」と消毒やら麻酔が塗布されているようだった。

       私「ちょっと痛いです」「沁みているのですね」

       術部だけ穴の開いた油紙を顔にかぶせられ、術部取り囲むようにテープが貼られた。天井のライトが

       まぶしく見えた。「上の方を見ていて下さい」

       上の方?頭の方か?ライトの方か?ライトの方を見ていた。

       その後も何回か刷毛で薬を塗られた。針金状の器具で上まぶたが返され頭部の方へ引き付けるように

       開き固定された。

       その間も天井のライトはまぶしくチラチラと見えていた。次第にまぶしくなくなりまぁるい円盤のようになった。

       どこから切り込みを入れるのか。前もっての予想では−−鼻との間の涙腺付近か−−または耳の方からか−−

       と思っていたが上まぶたを大きく開いてそこから切り込みを入れて作業が進められているようだった。

       痛みを全く感じないので 何時切り込まれたのか判らなかったがごそごそと動く気配から上まぶた付近で

       すでに進行中であることがわかった。

       腕帯コネクタで時々腕が圧迫され5〜6回血圧が測定されたようだった。

       痛みは全く感じなかった。感触は中心部(鼻の方)へ向かって押される感じが何度かあった。円盤が

       無くなって白い壁のようになった。異様な声や息づかいが聞こえないから順調に進行しているなと

       思っていたが「今は何をやっているのだろう。いつまでかかるのかな」などと思っていた。

       一定の時間が経過した後、顔を覆っていた油紙をはずされて「終わりましたよ」と声掛けをされ

       ガーゼを挟み大きな眼帯のように油紙を張られて終了した。

       腕帯コネクタと点滴セットをはずしてもらい付き添われて自室に戻った。

       この間45分(術時間は35分か?)だった。−−

       前後関係、周辺事情は後日に...。

2017.5.25(木)  雨 曇り 晴れ 湿度 68%
    −−◎「一週間ばかり無理した動きをしないように」とのことであった。

        治療後の現状は 新聞を読むことや交通信号を見ることに支障はないがゆっくりすることにする。

        治療とそのものとは直接関係ないが 検査や治療の必要上瞳孔を薬で開いて内部を見やすくする。

        大きく開くと回復するのに2日ほどかかるそうだ。

        椅子に掛けて 左・右・左・右と目蓋で加減したり手で塞いだりして見ていた。

        書棚の中ほどにまとめてある電話帳ハローページの空色の背表紙、地図の本のみどり、カタログブック

        の黄土色、カラーバインダーの赤、使用済みノートの青色の背表紙などが 瞳孔を開いている目から

        見ると その色が鮮やかに明るく見えることを"発見"した。瞳孔を開いていない方では普通で

        "暗い"と言うことではないが比べると暗いことになる。「こういう世界もあったのだ」と言う発見だった。

        こんな鮮やかな色を見ないでいた時はそれが 普通で 自然な周りの世界だったのだ・

        類推して考えてみると 人それぞれにすこじづつ 見え方の違いがあるかも知れない。でもそれが 普通で

        自然で その人にとってそれが全世界であり他者との共通項(例えば青がどのように見えていても

        赤や黄とは識別されて見えているという共通項)があり特段の不自由が生じない。そして お互いに

        同じものを同じように見ていると思って存在し続ける。どうして調べたのかわからないが ある種の動物では

        白黒のみ見える動物もいるそうだが これが彼らの見える世界のすべてで不自由なく生きているのだろう。

        私の瞳孔も普通に戻って左右同等の"暗さ"を回復し、鮮やかなこの色を記憶から掘り戻して思い浮かべ

        楽しむことだろう。

        そして 油断して

        「この本の背表紙の色はもっと鮮やかなんだよ」と口走って

        「そうだね これより鮮やかな色の本はいくらでもあるだろうよ」

        「いやいや 他ではなく これそのものが鮮やかなんだよ」

        などと言う会話になって "この人は何を言っているのだろう" 

        と宇宙人扱いにされかねない、
     

2017.5.24(水)  曇り 晴れ 曇り 湿度 56%
    −−◎眼科の治療に行った。(ムリしないようにとのことで 本日の記事はこれだけ)


2017.5.23(火)  晴れ 湿度 53%
    −−◎国際連合の人権理事会の任命を受けて各国の人権状況について報告する立場にある

        特別報告者のジョセフ・カナタチ氏は共謀罪法案について「プライバシーの権利や表現の自由を

        行き過ぎた制限する惧れがある」として安倍首相に書簡を送った。政府は彼は国連の立場ではないと

        抗議した。カラタチ氏はこれに対して「中身についての実質的な反論を出来ないでいる」と言った。

        (以上 新聞各紙 テレビ報道)

        カナタチ氏は礼節をもっておだやかに表現されているが本質を指摘しているのに政府の反論は

        「怒りの言葉が並んでいる」だけだったという。

        国連と言う公平な立場から見ても国民の権利を制限する惧れがあるとしている。

        本日の衆議院本会議で この法案を与党各派は強行採決した。憲法に沿っての検証や法案の

        内容説明も不十分で 国連へも実質的な説明のできない法案を多数の力で成立させようとすることは

        将来の国民生活に危惧を残すものとなり、廃案とさせたい。


2017.5.22(月)  晴れ 湿度 54%
    −−◎靖子さんを見に行った。室温は調整されていて暑いことなく涼しすぎることもなく 我が家に居る時

        よりも居住環境は良い。

        ちょっと痩せているように見えたが医務室で聞いてきたところ、風邪熱とか 胃腸障害とか

        その他の特段の変調はないということで、私としては原因がわからなかったが様子をみることに

        した。

        ベットで眠ったような感じになっていたが「おい おーい」と声をかけ腕をさすってやると 眼を開けて

        「うっ」と言った。目は左右に動いたが目線はこちらの顔と合わなかった。


2017.5.21(日)  晴れ 湿度 44%
    −−◎午後の気温は30℃を越えていた。"快適気温"どこへ行ったのか。今(5月)からこんな様子だと

        夏が長くなりそうだ。

        "蚊"は5月から10月ぐらいまで出てくるが、私の周辺地域で私の長年の観察では気温によって

        多い少ないがあるようだ。30℃を超えた日の夜は蚊がいない。27℃以下の時に多いようだ。

        理由はわからないがそのように見える。


2017.5.20(土)  晴れ 湿度 50%
    −−◎テレビの「ぶらタモリ」でタモリが広島県尾道市内を訪ね歩く番組をやっていた。

        2ヶ月前に私も見てきた街だったので関心をもって番組を観た。小高い山のてっぺんにある

        お寺から見下ろした街や海の風景がよみがえってきた。「タモリ」では街の歴史家(90歳)

        が同行されて街の発展の様子や線路の敷設の経緯など解説しておられた。私も少しは

        つかんではいたがこれを聞いて一層理解が深まった。


2017.5.19(金)  晴れ 湿度 47%
    −−◎治安維持法類似の"共謀罪"法案が委員会で与党派が強行採決した。

        人間の思考活動を犯罪とする憲法違反の法案である。

        テロ等の"等"が問題であり、あらゆる罰則を網羅することができ、それにともなう様々な問題の

        未解明なまま強行採決したことは不当なことである。このような法案は廃案にしてもらいたい。

    −−◎本日も仕事やその他の通常日程は無事終了。

         買い物は明日の予定だが日用雑貨品などは夕方買ってきた。


2017.5.18(木)  晴れ 湿度 39%
    −−◎木曜日の日程を無事終了。快適気温で気分良し。数日前から"半袖"にして、朝夕は時に

        その上から薄手の上着を掛けたり脱いだり、仕事もはかどっている。

2017.5.17(水)  晴れ 湿度 46%
    −−◎13日に 頬を蚊に刺された。引っかかないようにとムヒを何回も付けた。蚊の羽音と私の耳鳴りの

       周波数が近く 近ごろ蚊が接近しているのが聞こえにくく、気づかなかった。ムヒを付け続けた結果

       本日は手で触れると感触はあるが鏡で見てもわからない程度になっている。

       子どものころから、その年最初に腕や足に刺された蚊のおできが大きくなって1ヶ月ほど治らないことが

       多かった。免疫発動指令がそこで出るのか 2回目3回目はすぐ治ってしまう。

       腕や足なら対策もできるが 顔では見かけ上もよくない。1回目の蚊刺しを無事通過できてよかった。

       香取線香(=最近は線香ではないが)を出してきて2ヶ所に設置し網戸も点検して対策をとった。

       外の駐車場でぶらぶらしたり 散歩の時のために虫よけスプレーも用意しなくては..。

       最近では"グローバル化"して デング熱とかエボラ出血熱を運んでくるそうで 用心 用心 !!。

       

2017.5.16(火)  曇り のち 晴れ 湿度 45%
    −−◎靖子さんの特養では 居住者のこころを豊かにする行事が週1〜2回行なわれている。

        「今月の予定」によると @アコーデオンと歌。A書道教室。B歌と踊り。

         C近くの保育園の年中組の子たちが来てくれて 手作りのメタルをプレゼントしてくれるので

         お返しに折り紙作品をプレゼントするようで おじいちゃん おばあちゃんも とびっきりの

         笑顔で元気になられるそうだ。D大型テレビでDVD(=映画)鑑賞会。

         などがあるそうだ。

       −−−家族様への手紙−−−

       −−若葉が薫るころとなりましたがいかがお過ごしですか。

       1日2時間ほどの離床時間をもうけ 少しでも刺激ある生活ができるよう心がけています。

       痰が増えているため誤嚥のないよう気を付けています。

       これから暑くなるため体調の変化に気をつけ介助していきます。

                                       (フロア名)一同−−

       〇体もこころも 元気さを保ち 老化しないよう行事が工夫され開催されている。


      −−◎丸山真男氏(歴史・社会・哲学・学者)は 江戸時代は社会の仕組みや政治の事について庶民が

        話し合うことは許されなかったため市民社会や市民意識が形成されることは無かった。と言っている。

        明治から1945年の敗戦まで 教育勅語や治安維持法、あらゆる社会組織を通して軍国主義的な

        "社会規範"が形成され国民をその方向に推し進めてきた。市民社会の形成される余地はなく、

        大戦で数百万の軍人・市民が戦死した。戦後70年たって市民が様々な自分のいる場所で

        さまざまな問題を話し合い要望を提起するとか ボランティア活動をするとか 市民社会の芽が

        出始めてきている。

        今この時期に 人間の内心を罰する、そして あいまいな規定で 警察権力の思いのまま運用できる

        共謀罪法案を強行採決で成立させようとすることは、安倍さんのG7への手土産にはなっても、

        市民社会の発展を押しつぶすことになり、国民の未来のためにはならない。

        テレ朝の報道によるとパレルモ条約はマフィヤ対策のものでテロ対策ではない。この条約を批准する

        為に新たに共謀罪法を作る必要はない。日本は「批准するかし ないか」であって加入について

        日本の国内法を審査する内容も機関もないので批准すれば「加入」は決定する。とパレルモ条約

        の専門家の話しを紹介している。


2017.5.15(月)  曇り のち 晴れ 湿度 41%
    −−◎水芭蕉の芽が9本出ていた。数日前から出ていたが本日記録しておく。うちの水芭蕉が咲くのは

        6月初旬で これから大きくなってあの変わった形の花をもうすぐ見せてくれるだろう・


2017.5.14(日)  晴れ 湿度 58%
    −−◎天気、気温、湿度。

        5月12日までの4〜5日気分が悪かった。どこか体調が悪くなったかと思ったが 食欲、胃腸、

        体温、血圧に特に異常はなかった。13日には気分が悪かったことを忘れていた。

        思い返してみると早朝と昼間の温度差が7〜8℃、10℃くらいあった。13日は早朝22℃で

        雨降りで昼間でも24〜25℃だった。で気分が悪かったのは"熱中症"の初期症状だったかも知れない。

        13日は雨で気温が安定していてそれが治っていたのだろう。本日は少し気温は上がったが

        晴れていて黄砂も少なくなり少し風もあり、気分は快適だった。

        それで「今日は湿度が低いだろう」と見たところ昨日とあまり変わらなかった。湿度の肌感は発汗や

        その蒸発と関係があって、肌感で言い当てるのはなかなかむつかしいようだ。

        

2017.5.13(土)  雨  湿度 62%
    −−◎予定通り土曜日の日程を処す。

        一週間分の食料品その他の買い物、駐車場の掃除、脇のプランターの整理。

        生協の受け取りと雑談(お天気と体調の話)。外に出る用件はその程度であとは室内で家事作業。


2017.5.12(金)  曇り 晴れ 湿度 50%
    −−◎社会保障制度=健康、失業、年金、障がい者の生活、生活保護、について

        世界の社会保障制度は大雑把に分けて3つある。(自称"社会主義"と称している発展途上国は

        手近に資料が無いので除く)

        @スウェーデン型=すべて国家が保証する。財源は保険料と 税金とスウェーデン領内の海域での

         石油資源の収入による。

        Aドイツ型=公共組織管理の保険(生活保護は別)で国民全員が何らかの形で加入する。財源は

         すべて保険料(会社側と労働者が支払う)で確保し国の支出無し。

        Bアメリカ型=直近まで個人個人が保険会社(日本での保険会社のような会社)と契約し

         保険料を支払い、事情発生時に支給を受ける。多くの人が保険に入っておらず「盲腸の手術で

         2万ドル{=220万円}かかった」などと言う話を聞いたことがある。

         (オバマ、ケアと言うのは 低所得者も保険に入れるよう推進し 極低所得者には国が支援しよう

         という物で トランプ氏がこの予算を削る修正案を出したが 州政府や良識ある国民の反対、や

         「もっと削れ」と逆の反対もあって第一回目は通らなかった。)

        〇日本は健康保険は戦前からあり診療時に一部負担が有る、その他の保険は戦後出来た。

         国民年金は当初徴収だけだったが 支給の時になって国家の補填がされるようになった。

         ドイツ型からスウェーデン型に変化しつつあるようだ。

         TPP協定でアメリカがアメリカの保険会社の意向で日本の保険制度に意見を言ったので

         問題となっているがそれは別の機会に...。


2017.5.11(木)  雨→曇り→晴れ 湿度 50%
    −−◎靖子さん。胃瘻を新しいものに取り換えてもらった。

    −−◎午前 表に出て肩をほぐしていたら、ご婦人が自転車ら乗って通りかかり立ち止まって

        「新聞は、いつもここの自転車のかごに入れとるけど 西側にある郵便受けがいいかね」

        私「どちらでもいいですよ。通りかかった時便利な方で..。いつもおせわさまです。」

        「暑くなったで気を付けてください」 私「○○さんも..」と話しながら通過された。

        このかたは83〜84歳、町内の当番が周ってきておうち中では この人の役目となっているようだった。

        自転車に乗って動くことができ猫背にもなっておらずしっかりした人だ。"新聞"と言っておられたのは

        市の広報や個別に配る諸資料の事だ。

        次に出会ったかたは、散歩の途中で駅方面からの帰り道(一本通りだが細い道(幅2m)で車もあまり通らず

        通学路になっている)手押し車を押してばあさんが対面から歩いてこられる様子、私は邪魔しない

        ようにと右側によって歩きすれちがい間際に目線が会い首をちょっとふって会釈するおだやかな顔の

        ばあさんは満面の笑みを浮かべて「こんにちわ」と言われた。私もあわてて声に出して「こんにちわ」と言い

        すれちがった。この人は見たことはないが近くの人だろう。顔や体の縮ぐわいから見て90歳を超えている

        が幸せにくらしておられる満面の笑みだった。

        交差道路で(双方細い道だが)立ち止まって左右を見ようとすると自転車の爺さんが「あっ こんちわー」と

        言いながら通過された。私も「こんにちわー」と返した。一旦停車は自転車側であったのだか元気よく

        通過された。知らない人だったが80歳代。この生活様式でこれまで来られただからこれからも無事

        に元気に生きていかれることだろう。

        ※ 何かと言うと よそ事でなく 私の周りは "後期高齢化社会"なってきているということ。

        

2017.5.10(水)  雨 のち 曇り 湿度 57%
    −−◎靖子さんを県医療センターへ診察で連れて行った。この1ヶ月は風邪とか胃腸の病気は無かったため

        「変わりありません」と伝えた。今日はあまりお話をせず処置室(トリートメントセンターと書いてある)へ

        行った。注射をしてくれる看護師さんが

        「ずーっと(長期間)来ていらっしゃってお世話大変ですね」と言われた。

        「えー まー でも先生に診て頂いて長生きしていてありがたいことです。発症した当時は『7〜8年

        でしょう』と言われていたがもうすぐ19年になります。」

        「深い愛情ですね」

        ここで注射は終わって処置室を出た。今日も早く特養へ戻ってきて「もう済んだんですか速かったですね」

        と言われた。

        "深い愛情"と言われてピンと来なかったが

        確かに デイサービスへ行っていたころ 迎えに行くと「あーっ来た来た」と言う感じで中からかけて

        来ていたし、「ありがとう」とか「こめんね」とか うれしそうにボーリングをやったり 絵を描いたり

        本人にとって好ましい存在だったかも知れない。ご近所の人からも「よくやりなさるね」と言われた。

        ただ これは 私の生活についての"標準体系"から"このような場合にはこうするものだ"との考えが

        あって成り行き上このようになってしまったようである。深い愛情と言えるかどうか?。

        でも感情は好感情でも変化し消滅することもあるが、不治の病になっても理念は変更すべき要件が

        整わなければ変更されないから継続することができ当人も私も安心してその筋道に乗ってすごして

        来たようである。

2017.5.9(火)  晴れ 曇り  湿度 41%
    −−◎私が 国立〇〇医療センターへ診察に行った。検査に特段の異常は無かった。

        いつものごとく 撮像資料や検査結果を出して「変化のないもの」「上限や下限を越えたもの」

        について説明してくれた。いろいろ聞き いろいろ話してくれた。

        生活は私流に言えば「無理をしないように、でも動けるところは動いて気分は積極的に」という

        はなしをされた。いつも元気づけられて帰ってくる。


2017.5.8(月)  晴れ 黄砂あり  湿度 26%
    −−◎フランス大統領選挙で 既存の二大政党に属さない中道系のマクロン氏(得票率 66.06%)が選出された。

        決選投票の相手候補は極右派のルペン氏(得票率 33.94%)だった。

        EUの分裂騒動は治まりそうだ。EUは元々「ヨーロッパでは戦争をしない」事を発想して作られてきたもの

        でありその枠組みが守られたことにヨーロッパ人は安堵している。ただマクロン氏が経済・産業大臣だった

        ときに多国籍企業の経済活動や利益獲得を推進するグローバル化を押し進め貧冨の格差が拡大した

        ことに批判もあった。批判がルペン氏への約34%支持となって現れた。しかしルペン氏ではグローバル化

        についての対抗手段や貧冨の差の解消はできないだろう。マクロン氏には大臣だったころとは違って

        国民の声を考慮した政策推進が求められるだろう。

    −−◎北朝鮮問題は「窮鼠 猫を噛む」ことにならない方向に向かっているようだ。報道によるとトランプ氏が

        「北朝鮮と話ができるように」と言っているし、北朝鮮もアメリカとの話し合いについて探りを入れている。

        双方の顔が立つような折り合いをつけてほしいものだ。戦闘状態になることは避けなければならない。

        安倍さんも中国やロシアに「北朝鮮に圧力」をかけてくれと言っているだけでなく拉致問題もあるので

        元総理小泉さんのように北朝鮮に直接話に行ってもらいたいものだ。

2017.5.7(日)  曇り のち 晴れ 湿度 32%
    −−◎世界地図、つづき

        昔の人(ヨーロッパ人)の地図はイギリスが西の果てで 東はトルコ シルクロード 中国へ

        と続いていた。コロンブスが西へ西へと行き 後のアメリカ大陸に到達し、地図では大西洋を

        隔てて西側に南北アメリカ大陸が付け加えられた。

        ヨーロッパ式の地図から見ると アラビア付近を中東と言い、日本付近を極東と言うのも理解できる

    −−◎治安維持法類似の"共謀罪"法案に関連して、

        老人から聞いた 老人の知り合いの人の話がある。老人が学生のころ学生会の人たちが集

        まって会合を開き年次の活動計画を(今の時代とは違うから たぶん行事計画を作っていたのだろう)立てていた。

        数日後、集まった人たちが次々と逮捕された。

        上からはやんやと言われるが 特高警察は「適当なる告発材料がないので大変困って」逮捕者作り出し

        逮捕したのだという。

        治安維持法の適用第一号事件で「京都学連事件」である。

        国家転覆を相談したとの記録も証言もなかったのに(あろうはずもないが..)逮捕者を有期刑の

        有罪にした。こうしたことは一般の人がこれを見て「意見は言わない方が良いのだ」と"見せしめ"の効果を

        はっきして人々が口をつぐむ方向へ進んでいってしまった

        "共謀罪"法案で 「一般の人は関係ない」などと言っているが 成立すれば「成立してしまえばこっちのものだ」

        とばかりに「何か事例を作れ」と 下部にやんやと言い 逮捕者を作って 前例を作り上げ 国民の声を

        抑えることになるかも知れない。

        自由にものの言えなくなる"共謀罪"法案に私は反対である。

        

2017.5.6(土)  曇り のち 雨  湿度 58%
    −−◎カレンダーに合わせて5連休で ゆっくりと過ごす。

    −−◎世界地図はヨーロッパが左で アメリカ大陸が右になっている。

        うちの店の壁に貼ってある世界地図はアメリカ大陸が左で日本が右になっている。これは

        何年か前の 雑誌「ナショナルジオグラフィック」の付録で108cm×78cmの大きなものだ。

        ヨーロッパやアメリカではこれが"普通"らしい。

        東洋が中ほどにある地図と ヨーロッパが中ほどにある地図との違いがある。自分の立ち位置の

        違いで地図上の位置も違ってくるようだ。


2017.5.5(金)  晴れ 湿度 49%
    −−◎我が家の店は 靖子さんの記憶を留めるようにと原形を保持していて 1台だけ鏡をはずし

        ボードの白壁が出来たので 雑誌のグラビアから切り取った靖子さんの好みそうな楽しそうな子どもの

        何枚かの写真や 何年か前にもらった「子ども110番」のお礼の楽しい図柄入りタオルや 若かりし頃の

        靖子さんの写真などが貼ってある。一番高いところには「知ってる?? 子どもの権利条約」のポスター

        が貼ってある。十数年前からあって色あせているが来訪されたかたは気付かれたことだろう。

        「子どもの権利条約」は

        1989年に国連で採択され、

        1990年に国際条約として発効した。

        1994年4月22日に日本ではそれを批准し、

        1994年5月22日に発効した。

        「子どもの権利条約」の4つの柱

        @生きる権利  A守られる権利  B育つ権利  C参加する権利

        これらの権利を守るよう定め、こどもにとって一番いいことを実現しようと提起している。

        国内、外国、で子どもへの良くない事件が報じられているが子どもへの最低限でも良いが

        共通認識として「子どもは守る」と言うことを保持していきたいものである。

2017.5.4(木)  晴れ→曇り 湿度 47%
    −−◎母の日は5月14日で ちょっと早めだが 靖子さんとこへ 子どもと一緒に行き

         ”カーネーション犬”(※)をプレゼントしてきた。暑さのせいか顔が赤っぽかったが 体調に

         変異は無さそうだった。

         ※カーネーション犬とは カーネーションを持った犬の飾り物。

2017.5.3(水)  曇り 晴れ 湿度 39%
    −−◎本日も体調は普通で無事すごす。

    −−◎憲法記念日。

2017.5.2(火)  晴れ 湿度 38%
    −−◎明日 憲法記念日。

        −−−戦後帝国議会で 「平和な日本を建設していく憲法を作る」事を提起したのは

        天皇自身であった。(その時点では天皇の政治的発言は許容されていた) 議会で議員や法律家の

        議論をもとに 素案をつくり その後にGHQの意見を聴いた。発布された憲法は全国民から

        喜びをもって支持された。−−−(←NHKの5月1日の番組)

        素案をGHQから出され押し付けられたものではなかった。

        憲法について「理想的すぎるから条文を現実に合わせて書き換える」との主張があるが

        理念に現実を近づける不断の努力が求められている。民政、国政、外交にわたって 理念の

        実現に向けて何を行なうべきかを考える議論を深めたい。


2017.5.1(月)  曇り→晴れ→曇り→小雨→曇り→晴れ 湿度 29%
    −−◎4月末から5月上旬にかけて「さつき」の花が咲く。一時期市がこの花を推進したこともあって

        歩道の境目や大通りの中央分離帯、民家の生垣にと一斉に咲いている。ある時児童公園の

        一角にこの花が咲いていて小さな標識があり「平戸ツツジ」と記載されてあった。

        そういえば田舎の村では「つつじ」と言っていた。「さつき」とは「かきつばた」の一種でそれより

        小さめの花も事を指していた。 花の本で「さつき」を見たところ−−渓流脇などに

        咲くツツジ科の花で花は小さめ−−とあった。なぜ「平戸つつじ」を「さつき」と言っているのか

        わからないが、想像するに、この地方では古い昔からさつきの花が受け継がれ広がっていて、

        同種のものだから「さつき」と呼んでいるのだろう

        所によって呼び方が違い、同じなまえでも違う花をさしていることもあるのだなーと思った。


2017.4.30(日)  晴れ 湿度 37%
    −−◎仕事はカレンダー通りにやっているので土・日は休み。昨日は「夕刊がこないなー」と思っていたら

        祭日だった。他社に勤めているわけでもないので土曜と祭日が重なっても損をしたとは思わないが

        祭日を忘れてしまうことがある。

        仕事は仕事用のメモに予定を記載してあるが それ以外の用件は大きなカレンダーの日付横の

        余白に「市役所」とか「郵便局」とか「病院」とか「ごみ出す日」その他を書いてある。朝起きて

        「今日はこれと..これをやる..」と 日常的なごちゃごちゃ用件とは別にやることを意に留めて

        その日が始まる。病院など予約のあることは忘れたことはないが、自分だけで決めていたことは

        予定表に書いてあっても忘れてしまっていることがある。そういう用件は日付の余裕をもって

        書いてあるため今までのところ支障が起こったことはないが...。

    −−◎休日でない日の我が家周辺の風景は7:40の前後に小学生が賑やかに通過。そのあとは向かい側の

        駐車場(朝は車がない)に幼稚園バスが来て園児を載せていく。8:00ころ男女の中学生が3〜4人

        連れだってまたは1人で走って通過。そのあとは男子または女子の高校生が自転車で走る。我が家の

        近くには通りを南へ200mのところと北西700m所に高校があってそれぞれ南へ、北へと走る。

        そのほかに制服から見て4校の高校生が駅まで行くのか学校まで行くのかわからないが通過する。

        勤めの人は我が家が駅と駅の中間あたりにあって東と西に分かれるためあまり見かけない。

        次に9:30頃にはデイサービスのお迎えの車が通過する。そして一仕事して帰ってこられたり

        これから出かける農家の方がたを見かける。


2017.4.29(土)  曇り 晴れ 湿度 37%
    −−◎人は環境の中に生きている。自然、社会、家族、自身のこと、があり、自身と環境との関わり合い

        が記憶として留められ、記憶の集積が"体系"として記憶され、翌日はそれをもとにまた環境との

        関わり合いが継続していく。通常はそれで難無く経過していく。

        自身の持つ生活についての"標準体系"とは異なる事態に出会うこともあるが ちょっとした異なり

        ならば人間は補完・対応していく能力を持っている。

        しかし"標準体系"とは大きく異なる事態、事件、事故、病気などに遭遇すると困難を伴って

        乗り超えることになる。

        事故は本人の恐怖と家族のショックは はかりしれない。癌では本人が苦境に襲われる。

        靖子さんが発症後4年経過ごろ(=この日記の「過去の介護記録」り2002年1〜7月ころ)毎朝起き

        ると「こわいよ〜 こわいよう〜」と言っていた。毎朝泣いている時もあった。

        記憶か失われ、行動が失われていくことへの恐怖だったのだが、私は何もしてやることが出来なかった。


2017.4.28(金) 曇り 晴れ 湿度 29%
    −−◎フランス文学者 桑原武夫氏が活用していた 書籍 文献など10、400冊を(1988年)遺族が

       京都市に寄贈していた。向島図書館に保管されてたが図書館改修の時に「保管場所がない」と

       2015年12月に全部廃棄してしまった。(←以上報道による)

       氏は 文化論、文芸論や訳本に力を注がれた。蔵書は資料的な価値と共に、氏の人格形成や

       関心事を知りうる 氏と一体のものであったのに廃棄されてしまったとは残念なことである。

2017.4.27(木)  曇り 晴れ 曇り 湿度 26%
    −−◎「第32回国際アルツハイマー病協会国際会議」が京都市の国立京都国際会館で開かれた。

        ロンドンに本部を置く「国際アルツハイマー病協会」と「家族の会」の共催。(家族の会は私も会員)

        いままでは病人を介護する立場からの発想から取り組んできたが取り組みの深化とともに

        本人の立場から「望み」を実現することも進めていくことが提起された。

        うちの靖子さんの場合は発症から3年くらいは仕事をやっていたし、発症から10年くらいまでは

        意思表示が出来ていたことを考えると 発症から意思表示困難になるまでの「生き方」を自分で

        考え、選び、進めていくことも大切と思う。

    −−◎靖子さんとこの風景写真を「菜の花」の風景写真に貼り換えてきた。

2017.4.26(水)  雨 湿度 47%
    −−◎昨年の台風−北海道−ポテトチップス品薄・

        台風・豪雨で東北・北海道地方で各種農作物が被害を受けて出荷できなくなってしまった。

        ジャガイモも被害を受けた。ポテチの会社がジャガイモ不足のため "ビックサイズ"とか"ご当地もの"

        の生産を中止した。ところがお店では「のり塩」とか「うす塩」とか「コンソメ」もなくなっているという。

        ポテチのファンが「たいへんだポテチが無くなってとしまう」と買いだめをなさっているとか...・

        ところで ポテチでこの騒ぎだから なにかの事情で 船が付けないとか、外国とのトラブルで

        「日本へは食料を売らない」とか言うことになると日本国民は飢えてしまうことになりそうだ。

    世界の 穀物自給率−食料自給率(2015年 農水省-資料から作表)

    穀物↓自給率(%)

    1位 アルゼンチン 243%

    2位 カザフスタン 200

    3位 オーストラリア198

    4位 フランス    186

    5位 ウルグアイ  168

    6位 タ イ      156

    7位 ハンガリー   140

    8位 ブルガリア   131

    9位 ベトナム    129

    10位 ウクライナ  128

    大きく離れて

    123位 日本     28

    日本の穀物↑自給率(%)は28%非常に低く小さな国も含めて193ヵ国以上の中で123番目となっている。

    主要先進国食料↓自給率(%)

    1位 オーストラリア 230%

    2位 フランス     130

    3位 カナダ      120

    4位 アメリカ     119

    5位 ドイツ       91

    6位 スペイン     90

    7位 スウェーデン  87

    8位 イギリス     74

    9位 イタリア     71

    10位 オランダ    67



    12位 日本      40

    主要先進国食料自給率は12番目で順位が低い。順位10番目のオランダが67%であるのに対して

    日本は27%低い40%となっている。日本も1965年ころは70%だったが歪んだ工業化社会を推し進めた

    ため食料自給率が低くなってしまった。何が歪んでいるかと言うと工業化の進んでいる国でも100%以上

    の自給率を維持しドイツ、イギリスも高い自給率を保っている。TPPなどで日本農業を潰していくとさらに

    自給率が低下し 何かをきっかけに食料不足が発生する虞がある。安全な食料をきちんと確保するため

    日本農業をまもってもらいたい。

        

2017.4.25(火)  曇り 晴れ 湿度 35%
    −−◎韓国−北朝鮮・

        かつての朝鮮戦争の時の"休戦協定"のままであるのが現状である。

        平和的な交流があったり、途切れたりして平穏を保ってきていた。双方が"抑止力"と言って

        戦力を増強してきた。核兵器を背景に威嚇するアメリカに対して北朝鮮は核兵器とミサイルを

        開発しようとしている。アメリカは「そんなことをしたら本当に実力行使をするぞ」と言っている。

        日本はそれを支持している。これが現状のようだ。

        もし戦闘状態になると 最近の兵器の威力からすると 双方に多数の死傷者が出ることが

        予想される。威嚇するだけでなく 北朝鮮が何を望んでいるか聞きだして平和的に解決してもらいたい。

        「窮鼠 猫を噛む」のこぜりあいが大戦闘になり双方の多数の国民が犠牲になる事は避けなければ

        ならない。 

    −−◎業務、家事、散歩は日程通り進んだ。

2017.4.24(月)  晴れ 曇り 晴れ  湿度 35%
    −−◎本日、午前は「お掃除の日」

        お掃除の日の私にとって良い日であるのは 2〜3日前から主に前日に お掃除依頼してある

        部屋も依頼してない部屋も それなりの整理・整頓を行ない本日に「ああ きれいになり

        すっりした」と言える気分になるからだ。自分だけで決めておいても時に流れがちになりそうだが

        外側からのイベントがあると忘れようもない。

    −−◎"3億円強奪"、"4千万円強奪"、"銀行員バック奪わる"、怖い怖い。あっ!数千円しか持ち

         歩いていない私が怖がることないか。いやいや「これだけしか持っていないのか」と殴られたり

         刺されたり。やっぱり怖う怖い。こんなニュースがあると真似をする泥棒も出てくる。

         ひょっとすると カード決済のクレジット会社の大がかりな陰謀か?CMを強めた会社はあるか?

           いやいやそんなことはない。そこまではやらないだろう。


2017.4.23(日)  晴れ 湿度 27%
    −−◎ここ11ヶ月近く湿度を測ってきた。気温が上昇すると湿度も高くなる傾向がある。

        晴れの日と雨の日では雨の日が湿度が高い。しかし気温にも天候にも単純に比例している

        のでもない。私の"湿度当てクイズ"(3%の違いは"当たり"とみなす)で当たった確率は

        極めて低い。気温の方は結構当たっている。この4月などは時々雨も降り、気温は

        朝と午後2時ごろで13℃〜14℃の違いがあった日もあって私の体感での湿度の答えと

        では雨の日でも意外と低かったり 晴れの日でも高かったりする。暑かった日に

        「この蒸し暑さなら...」と答えた湿度よりかなり低い場合もあった。気温や天候の変化に

        関係はあるが 時間的なズレがあることがわかった。

        湿度当てクイズに当たるようになるにはまだまだ一層の訓練を要するようだ。(^O^)/

2017.4.22(土)  曇り 時々 薄日  湿度 24%
    −−◎チューリップ一輪咲き、次々と咲いて春を知らせる華やかな気配を放ったが 脇から百合が

        芽を出してきて「次は私の番だよ」と言っている。チューリップが散り、百合の芽が全部

        出てきて花をつけるのは1ヶ月ほど先か。

2017.4.21(金)  曇り 湿度 46%
    −−◎番組表に 火野正平の「心たび」−岡山市(NHK)とあり、「先日行った所だ」と見ていた。

        市内の後楽園や岡山城などが紹介され 私が見てきた風景を反芻した。

        テレビというのはあちこちのテレビ局で 結構全国各地の紹介をしているものだと感じた。

        と言うのは 私が行って来てから1ヶ月程の間に2回も見たのだから..。他の人も

        "行ってきた土地をテレビで見る"との事があるに違いないからである。

        番組と関係ないが 私がそこで案内の人から聞いたことは藩主池田氏は 岐阜県の池田町

        出身であったため"池田"と名乗っていたという。

    −−◎次に私が調べて見たいことは人口減少(=高齢化)と格差社会の進行との関連である・

2017.4.20(木)  晴れ 湿度 39%
    −−◎今日の考察課題は「異なる生活意識(職業・出身階層・宗教・出身国その他)の人間(個人・集団)が

        共有の空間でどのように存在しているか?」である。そのうちに観察して集約したい。

    −−◎"快適気温"になっきた。私の場合は室内温度で19℃〜24℃である。このくらいの気温の時は

        冬や夏に比べて体調もいいし気分も元気になる。血圧も安定を保っている。風邪もひかないし

        熱中症警報装置も音を立てない。(^O^)/


2017.4.19(水)  晴れ 湿度 36%
    −−◎治安維持法類似の"共謀罪"法案が国会に出された。

        この法案は 発展途上にある近代民主主義社会を崩壊させる法案である。

        「オリンピックのため」と言っているが 法案にオリンピック限定と書いてはない。

        オリンピックに向けては現行法で取り締まることができる。伊勢志摩サミットも無事開催できた。

        ここ数年起こっている殺人事件は(大阪の小学校・東京日暮里・小田原介護施設)テロとは

        無関係で格差社会での経済的貧困や精神的貧困によって起こっているものであり格差社会を

        是正する対策を立てれば犯罪は減少する。

        「一般の人とは関係ないし 監視されることねない」とも言っているが270の

        事例の中には 一般の人の日常の生活行動に類することがたくさん書かれている。

        貯金を下ろしてきたとか。家具修繕のため大工道具を買ってきたとか。不眠のため

        睡眠剤を買ってきたとか。日常生活行動に言いがかりをつけられてしまう内容となっている。

        監視していなければ "共謀"に結び付けられないので言いがかりの材料を得るため

        常時監視の体制をとることになる。

        戦前の治安維持法の下で 本の出版パーティーを開いた後日「共謀した」と言いがかりを

        つけられて逮捕された事件があった。戦争に協力的であったのに雑誌「中央公論」と「改造」

        が廃刊に追い込まれた。

        このような事態を再現させたくない。

        現状でさえ 国民世論調査に反する法律を強行採決で作っているのにオリンピックが

        終わったころから もっと「自由」に悪法を作って行こうとしているようだ。

        次にねらっているのは非常事態法でトルコのように大統領が国会にもかけないで「自由」に

        法律や命令を発することだ。


2017.4.18(火)  晴れ 湿度 57%
    −−◎山本地方創生大臣は重要文化財などの管理の任に当たる 文化学芸員について

        「観光振興の障害となっている」とか「花を活けたりお茶をたてたりできず」「ばかげたことが

         当然のように行われており、一番のがんは文化学芸員と言われる人たちだ。一掃しないと駄目」

         と発言し問題となっている。その後謝罪したというが 当人が発言したその時の感覚と考え方を

         現わしている。そのまま実行したら人間の生活文化の継承を遮断してしまう。

         いくつかの(−)マイナス結果を出す事柄が含まれている。


2017.4.17(月)  曇り のち 雨 湿度 48%
    −−◎ある場所で コンピュータソフト作成用の ブログラムに お子様用のがあると聞いた。

        ”if then” を "もしこうならば"と 日本語で書くそうだ。私は見たことがないが..

        製品化されたものならば 早く売ってしまわないとすぐ時代遅れになるかも..

        小学生から英語を教科として取り入れるそうだから、単語としては覚えてしまえばそれほど

        難しくないプログラム用語を小学生でもあやつれるようになり"もしこうならば"は必要で

        なくなってしまうから。(^O^)/

2017.4.16(日)  晴れ 湿度 48%
    −−◎3時半すぎに散歩に出かけ 戻ってきたら汗びっしょり、お風呂の時間まで待っていたら

        風邪をひいてしまうわと、なにはともあれ総着換え。部屋の温度は26℃で朝と昼の

        温度差が大きく対応が追い付かなかった。冬が長引きチューリップが少し遅れて咲いて

        いたのに、いきなり"夏"になってしまっては、私の好きな"快適気温"の期間が無くなってしまう。

        でもまだ4月だからカレンダー通り"快適気温"が来ることを期待している。

    −−◎どんなはなばなしい行事、会社、活動、スポーツ、スター(芸能)、文化人、の活動も

        それを地道に支える人たちが必ずいる。

        

2017.4.15(土)  曇り のち 雨 湿度 40%
    −−◎私が眼科に行ってきた。白内症になりかかっているらしい。「春霞のせいかちょっと霞んで

        見えるのは」と思っていたがそうではないらしい。信号もよく見えるし行動に支障をきたす程

        ではない。進行を防ぐため目薬をもらってきて点眼している。

    −−◎上の記事と無関係だが世の中に"うつ病"が広がってきているらしい。

        電通事件やこのところ何件か報道された警察官の自殺事件、中堅会社員の自殺事件など。

        17世紀イギリスの工場で児童を働かせていて事故や病気で亡くなる児がおおかったという。

        日本では明治・大正・昭和にかけて 繊維工場で働いいた女子労働者に結核で亡くなる人が

        多数いた。そして現代 集密化された労働環境の過程で"うつ病"が増加してきているようである

        後日 報道や歴史資料を見て観察してみたい。


2017.4.14(金)  晴れ 湿度 34%
    −−◎昼休みに書店に行き目当ての本を確かめた後店内を見て廻ってきた。ネットが普及・発達

        してきても"本"の文化は衰えることはなさそうだ。

        本日も無事終了。明日は私が眼科へ行く。

        

2017.4.13(木)  晴れ 湿度 33%
    −−◎平日日程を予定どうり終了。

        夕方 近隣の人と おしゃぺりをしていて 「今年はいつまでも寒いねー」と言われて。

        私も暖かい日もあるが今夕はちょっと寒気がするかなと思い「そうかも知れないよ」と

        チューリップが遅く咲いた話をすると「そうか やっぱりそうなんや(いつまでも寒い)」の返事


2017.4.12(水)  晴れ 湿度 22%
    −−◎プランターに植えていたチョーリップがいっぱい咲いた。去年のこの日記では3月24日に「11本」

         咲いたと書いてありそれより20日間ほど遅かったようだ。花の咲かなくなった桜に代って

         春の庭先(駐車場)を彩っている。

         予定通り仕事を処理し予定通り諸事をこなした。

2017.4.11(火)  雨 湿度 38%
    −−◎私が腰の「リハビリ診察」に県医療センターへ行ってきた。

        先生は2013年以後の経緯を簡潔に復唱され、「このごろはどうですか?」と尋ねられた。

        私「良くなってはいませんが 自覚して行動すれば生活に支障は感じません」

        電子カルテと写真で何百人の患者の中から私と私の体内状況を思い浮かべ説明された。

        説明はわかりやすく 私の心境にぴったりだった。周辺技術の進歩と先生の修練の蓄積かな?

        9:00の予約だったが<.8:30の人が何人か遅れてこられたらしく 8:40に呼ばれて

        10分程度話し帰宅したのが9:10で 私の仕事開始はいつもより少し遅れた程度だった。

    −−◎テレビで『三宅裕司のふるさと探訪〜こだわりの田舎自慢〜岡山県倉敷市』 視聴者の投稿した

        ふるさとを訪ねるという番組をやっていた。過日 倉敷市へ行った後で興味を惹かれてみていた。

        見ていなかった街の人のようすや名物 風景が見られた。見てきた美観地区や人力車の"お兄さん"

        が登場して 「ここだ ここだ」と言いながら番組を見ていた。

    −−◎世の中「窮鼠猫を噛む」にならなければいいが....。


2017.4.10(月)  曇り 時々 晴れ 湿度 47%
    −−◎11時20分 外に出て呼吸をしていたら 通学路を 新一年生が20名ほど先生に引率されて帰宅していた。

        緊張して きちんと2列に並び中には2人で手をつないでいた。

        見守っていると 先の方の家からお母さんが出てこられて子どもを引き取り挨拶しておられた。

        通りでは白バイのお巡りさんが通過していった。

        想像するに 新しく学校が始まって数日(見なかったが4月7日もこうだったかもしれない)、新一年生が

        事故にあったり事件に巻き込まれないよう送って来られたのだろう。

        引率の学校の先生ご苦労様。

     

2017.4.9(日)  早朝 雨 のち 晴れ 湿度 38%
    −−◎お祭り日をねらって2日間降ってきた雨は 本日は晴れた 気温も日中24℃くらいまで上がった。

        天気予報によると明日は寒くなるという。体調に注意していなくては...。

        暖かくなって いくぶん過ごしやすくなったが、急に気温が下がると 対応しきれなくなってきている。

            

2017.4.8(土)  雨 湿度 59%
    −−◎治安維持法類似の"共謀罪"法案は 人を驚かせるニュースの間をぬって進行しつつある。

        この法案について政府は「正当な目的で活動している団体の監視が必要になるとは考えていない」

        との答弁書を出した。

        しかしこの"正当な目的"とは政府の政策に従順な政府の声を代弁することである。

        その"正当な目的で活動している団体"を含め批判的な活動をしている団体も、当局が

        "〇〇法に違反している疑いがある"と認定すると常時監視の対象となる。認定は誰が決定するのか?

        警察が行うことになる。現状でも 既述したように 別府警察の民進党選挙事務所への隠しカメラ

        盗撮事件や、大垣警察の住民運動団体への監視事件がある。別府事件では警察が謝罪したが

        "共謀罪"法案が出来ると「そのように認定した」として 謝罪などしなくて済むようになり 大々的に

        監視をすることを防ぐことはできなくなるとんでもない法案である。

        「悪いことしてなければ監視されてもいいではないか」との論について。

        平穏に暮らしている私たちを何者かによって生活の一部始終を監視することは憲法によって許され

        ない。そうなれば自民党の言う「自由・民主」の国家ではなくて専制国家になってしまう。

    −−◎新聞の4コママンガにばあさんが茶箱に腰かけている場面があった。茶箱を椅子代わりにするのも

        どうか?と思うが(マンガだからいいけど..)

        それはともかく 茶箱と言えば思い出すことは 昔は木製の茶箱 リンゴ箱 みかん箱 などが

        家庭で物入れに使用されていた。

        大きな茶箱は現在でも流通用に使用されていて 気密性が高くお茶屋さんに行くと背後に

        製造元の名入りの箱が並べられている。旅館や大手食堂では箱ごと買っていたという。

        リンゴ箱は もみ殻を入れてその中にリンゴを順次上に並べて流通させていた。みかん箱は小型。

        近ごろではお茶も小袋が多くなり茶箱使用は少なくなった。リンゴ、みかんはダンボール箱になり

        木箱は見かけなくなった。家庭の物入れも大、中、小と形も様々にプラスチック製のケースが

        出てきて我が家にも子どものころ住んでいた家にはあった"木箱"の物入れも今は無い。

          

2017.4.7(金)  雨 湿度 58%
    −−◎今日と明日は地域の お祭り日。

        お神輿が 魔除けと福来のため 細い通りも 廻ってくる。お神輿は毎年台座の上に新しく

        作る。雨で飾りは透明ビニールで覆ってあった。

2017.4.6(木)  曇り のち 雨 湿度 54%
    −−◎当地方ではあちこち桜が満開の模様。児童公園の桜、居宅の大きな1本立ちの桜、

        堤防沿いの桜並木の下では 提灯が飾られ、ビニールシートで場所取りがしてあったが

        夕方から雨で 花見の宴はどうなさった事やら。

        私は散歩途中に公民館広場の桜を観察、横から見たり 桜越しにお空を見たり、携帯で

        写真を撮ったり、ベンチに掛けて眺めたり

        春を感じた次第。

        

2017.4.5(水)  晴れ 湿度 35%
    −−◎靖子さんを県医療センターへ診察で連れて行った。診察の時に

        以前から手足の動きが硬くなっていたが このごろでは 手を胸に足も折りたたんで背を丸くして

        横向きに寝ていることが多くなった。まるで蚕のさなぎのような形になっている。(※蚕のさなぎと

        言っても見たことのない人にはわからないかも知れないが...)

        それと 痰が溜まってくるので吸引してもらっていることなど2点について報告した。

        診察とは別の事だが 本日現在の意思表示の能力は

        @私の顔や手の動きを目で追うこと、A以前より小声になったが「あ〜〜」とか「う〜〜」と泣き声の

        ような声を発すること、B注射をしてもらう時顔をしかめて 「痛い」顔をすることなどである。

    −−◎月次カレンダーの4月のところに どこかの 美しい桜の風景があった。写真の部分(25cm×18cm)

        だけ切り取って靖子さんのベッド脇に飾ってあげた。

2017.4.4(火)  晴れ 湿度 24%
    −−◎明日 靖子さんを県医療センターに連れていくため、車椅子用のレンタカーを借りて来た。

        声をかけると私の方を見るが表情の変化はなかった。

        

2017.4.3(月)  晴れ 湿度 21%
    −−◎自民・公明両党は"共謀罪"法案を4月6日から衆議院で審議入りすることで同意した。

        国民総監視社会を作り出し、戦後70年間形成されてきた民主社会を崩壊させる"共謀罪"法案に

        私は反対である。

    −−◎夕方 足りない食品があって 食品スーパーへ買い物に行った時、黒スーツ姿の娘さんが

        買い物をしているのが見えた。私の"直感"は−−きっと今日は新入社員の入社式があった

        のだな。順次仕事を覚えて 優れた社会人になれるといいね−−と思った次第。

        

2017.4.2(日)  晴れ 湿度 29%
    −−◎チューリップ


     う さ ぎ 「隊員Aちゃんが言っていた"ポコッ"と出てきたのってきみ

             だったの、あの後寒くなかったの」

    チューリップ「寒くなかったよ、トップに咲いたよ

            それ仲間も次々と」

    ムーミン   「大丈夫みたいよ うちの谷にもオランダから来た

             チューリップさんがいるけど 元気だよ」

    チューリップ「みんなで水まいてくれてありがとう 黄色ちゃんも

             紫ちゃんもオレンジちゃんも 向こう側の畑にいる子も

             もうすぐ 全員顔を出すよ」

           

2017.4.1(土)  晴れ 湿度 27%
    −−◎エープリルフール

                 ↓うそつきのパラドックス または 自己言及のパラドックスの例文
        −−−−−−−−−−−−−−−−−
        |   この文章は嘘である       |   
        −−−−−−−−−−−−−−−−−
         この文章が嘘ならば真実を言っていることになる。この文章が真実ならば嘘を言っていることになる

        じゃー 嘘ならば....と無限に続いていくことになる。他方で
        −−−−−−−−−−−−−−−−
        |   この文章は正しい       |   
        −−−−−−−−−−−−−−−−
         この文章は矛盾が起こってこない。それはなぜかということについて(説明は省略)

        古代ギリシャの学者(哲学者)さんたちが これを真剣に論議していたという。

        ※世間の"お遊び"につきあいして "嘘"についての話題を。


2017.3.31(金)  曇り のち 雨 湿度 29%
    −−◎新一年生


     「わーいっ 学校や 学校や ルン ルン ルン

      ♪ともだ-ち 100人できるかなー♪ 

      くまちゃん 探検隊は 帰ってきてからやるよ」

      「うん みんな そうだよ ぼくだってこんど4年生

      になるんだから...新しい遊び 覚えてきたら 

      みんなに教えて...探検隊もやるけど」

       
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    −−◎ユニクロ柳井社長 トランプ大統領に反旗?

        ファーストリテイリング(=ユニクロ)はニューヨークで大規模な展示会を開いた。

        柳井正社長は「トランプさんが自動車会社に『ここに工場を作れ』と言って『はい』と言う。

        そういう問題ではない 直接 我々の企業に言われたら僕らも撤退したい。アメリカでの生産では

        コスト高になり消費者に良い商品を提供できない」と言っていた。


2017.3.30(木)  晴れ 湿度 24%
    −−◎イギリスのメイ首相がEU離脱をEU側に伝えた。記者会見で「これから離脱のための複雑な

         手続き作業が始まる」と要点について話した。(←各種新聞より)

         そしてポロリともらした言葉は、

         ”There is no reason to pretend (that) this is happy day”

         「幸せの日だなんて顔 とても しておられないわ」(訳−田口)

         私の解説−国民投票でEU離脱が選択された。EU離脱を訴えていたメイさんが首相に選ばれた。

         自分の政治的主張と同じ方向に進んでいるから喜んでいると思われるかもしれないが 

         複雑な作業や 結果発生してくると予想される プラス現象に加えてマイナスについても考え

         なけれはならず とても とても たいへんだと言っておられるようだ。

         EUの法律で処理していたものを イギリス法として新たに設定しなけれはならない事や

         EU圏内のロンドンに事務所を置いていた会社が ベルギー オランダ ドイツ フランスに

         事務所を移す動きも出てきている。残るも困難、出るも困難に直面しているようすだ。


2017.3.29(水)  晴れ 湿度 22%
    −−◎靖子さんは54歳の時に若年認知症と診断されて、この8月で発症後19年になる。

        私はその時々の判断ではあるが 最善と思われる道を選択してその生き方を見守ってきた。

        13年8ヶ月で歩行困難になるまで散歩をしていた。

        一般社会では認知症について 最近では社会的な理解も広がって、症状や対応についてテレビでも

        取り上げられ 当事者同士が集まって行事が開かれている様子もうかがえる。

        "若年"と言っても 社会的に言うともうすぐ定年の年齢である64歳での発症と あと10年ある54歳

        での発症とでは大きく違う。

        その時点での最善を選択してきたが 反省し今後の教訓とすべき点は多々ある。(と言っても時は

        経過し対象の状況は存在しないが...)

        

2017.3.28(火)  晴れ 湿度 20%
    −−◎@靖子さんを見てきた。「おい おい」と声をかけると私の顔を見るが表情はない。

        歯科は今まで外の障がい者歯科へ連れて行っていたが 連れていくのが困難になって

        特養の連携歯科医に診てもらうことになって担当の先生を紹介され 診察結果の話を聞いた。

        「1ヶ月に1回くらい、診て頂くようお願いします」とお願いした。

        障がい者歯科も若い女性の先生だったが こちらも若い女性の先生だった。

        A靖子さんの部屋に倉敷へ行って子どもと2人で人力車に乗っている写真と 鬼につかまった

        写真に 「楽しく元気にやっているよ」子どもも「ちゃんと就職して○年になるよ」と書いて

        貼ってあげた。

        というのは発症前後のころ「私がこんなふうに(病気)になって 一家は どうなってしまうん

        だろう。子どもはちゃんと大きく(=学校出て就職する)なれるかなー」と正気の時は

        心配していた。で 安心しなさいよ子どもも大きくなったし 普通に生活できてるよと

        知らせてあげたのだ。


2017.3.27(月)  晴れ 湿度 20%
    −−◎昔、ズルチンという甘味料があった。子どものころ家にあった粉を舐めて体調を崩したことが

        あった。腹から胸にかけての異様な気持ち悪さその感触は思いださないが"気持ち悪かった"

        ことは覚えている。

        甘味料と言えば 植物等に自然に存する糖類(砂糖にするもの以外)を集積したものと

        全く化学合成的に作り出したものとがある。

        私の気分は 今も甘味料と聞くとその言葉に反応する。お菓子を買う時 カタカナ文字の甘味料が

        入っているとそれは避けている。

        ※ズルチン(dulcin)=エトキシフェニル尿素 C9H12N2O2 甘味料食品として売られていたが

         中毒事故が多発し日本では1969年使用禁止、アメリカでは1954年禁止。

      −−◎電柱広告の集金日だった。電柱を含みその内側はわが店舗との心理的テリトリーを得た

        気分になっている。(内側は当店の敷地であるが内外に明示しているという意味で)

2017.3.26(日)  雨 湿度 40%
    −−◎旧い知人たちと会った。(数十名)近隣の人以外は 数十年ぶりに会う人もいて、顔も名前も思い

        出せない人、顔はわかったが名前が出てこない人が合わせて5〜6人いた。私の記憶も頼りなくて

        相手方に失礼した。

        今回の印象に残った言葉→ある知人が会話のしめくくりに

        「また会いたいですね、向こう岸でなくこちら側で..」

    −−◎治安維持法類似の"共謀罪"法案     自民党・公明党は

        @オリンピックのために「国際組織犯罪防止条約」を締結しなければならない。

          そのためには共謀罪法を新設しなればならない。

        A共謀罪法は一般の人は対象ではない。野党の人は「飲み屋さんでしゃべっていたら逮捕

         されるようなうそを言っているがそんなことはない」

                 (以上は 3月26日NHKテレビ日曜討論から 私が聞いた内容)

     ※@「国際組織犯罪防止条約」は国際的な暴力団と麻薬集団に対応する条約でありテロとは関係ない。

         暴力団対応のため条約を締結する場合でも その34条には「自国の国内法の基本原則に従って

         必要な措置をとる」とある。犯罪が実行された(既遂)ことを処罰することが基本原則である。それに

         反する共謀罪は必要でなく憲法にも反する。

         オリンピックと言っているが 伊勢志摩G20で現行法で厳重な取り締まりをして"安全"に開催されて

         いる

     ※A「一般の人は関係ない」と言っているが 安倍総理は 正常な目的の集団であっても「犯罪を目的

        とする団体に一変した段階で、その人たちは一般人ではない」と言っている。

        人々が保育所増設や内容改善、派遣労働の改善、介護の改善などの事で集まり(組織)を作り活動したり

        労働組合の活動などを常に監視していなければ"一変した"かどうか判定できません。

        昨年民進党の選挙事務所に隠しカメラを取り付けたように 合法的に盗聴やカメラ撮影をされてしまう

        ことになる。

       B問題はかつての"横浜事件"のように片言隻句を切り張りして「犯罪の疑いあり」と判断し拘束する。

        政府や政策に批判的な団体に目を付けて人々を拘束し半年後、一年後に無罪で解き放されても

        その間に 住民の声、批判の声を抑えつけるために共謀罪"法は重要な役割をしたことになる。
             

2017.3.25(土)  晴れ 湿度 21%
    −−◎家事というものは、手を付けて始めると際限なく広がっていくもので適度なところで決着を

        付けないと限りがない。家事とは収入を得るための仕事を除き、広い意味で文化に接する時間を

        除き、生活に必要な衣食住の準備、後始末 継続維持のための整理整頓に尽きるようだ。

        50年この方やっていて、多少便利な小道具に変化があったがほとんど変わっていない。

        ちょっと時間が出来た時集中的にこなして少しすっきりした。でも油断をしていると

        この家事の"小悪魔"元気を取り戻して追いかけてくるようだ。

    −−◎眼科へ行ってきた。

2017.3.24(金)  晴れ 湿度 19%以下
    −−◎山陽新聞、3月18日(水)


      全国ニュースの紹介ではなく地域記事の紹介。

     岡山県が中心で西は広島、山口、東は兵庫県に読者が広がって

     いるという。地域ページを見ると「甲子園応援バスの企画」とか

     「デニム関係業者が共同で展示販売会を開催」とか「市役所出張所

     の女子職員さんが振り込め詐欺を未然に防いで表彰」とか

     市町村のようすなど生き生きとした市民のようすが多彩に書かれて

     いた。

     ここでも この街を自分の住む街としてそれぞれが暮らして居られる

     息吹が伝わってきた。(私が自分の住む街を 良しも悪しもひっくるめて

     自分の街として暮らしているのと同じように)


2017.3.23(木)  晴れ 湿度 21%
    −−◎探検隊
    隊員A 「倉敷のくまさん 来たよ」

    くまさん「ワーッAちゃんいらっしゃい

      楽しく探検していってね」


    隊員B 「たいへんだ たいへんだ 元老院のおっちゃんが鬼に

          つかまちゃったよ」

    隊員A 「エーっ 助けに行かなくては」

    隊員A 「コラー 放せ! 放せ!」

    鬼    「ギャッ ハッ ハッ ハー 邪魔するなー」

         「というのは 冗談だよ 俺たちは 海の向こうの国と

         貿易をして儲けているんだから 貧しいお百姓さんから

         物を盗ったりしないよ。俺たちが神様で祭られている

         神社もあるから見ていってくれ ギャッ ハッ ハッ」

2017.3.22(水)  晴れ 湿度 19%以下
    −−◎倉敷・尾道の事はのちほど書きたいと思うが、人力車のお兄さんの事を紹介しておく。

        一時間の間に@江戸時代の始めは海だった。

          A天領(幕府直轄地)で数十年かけて干拓をして街を作った。

          B代官が40人ほどいて..悪い奴も2〜3人いたそうだけど

          C地主の○○さんは慕われていて庄屋さんやっていた。

          D戦争で焼けなかったため古い町が残っていて荷車・大八車しか通れない細い道が残っている。

          E古い町が"美観地区"に指定されて 観光に来られる人に見てもらっている。

        建物や社寺、道傍の飾り物り説明に加えて質問したことに答えてくれていた。


2017.3.21(火)  雨 湿度 45%
    −−◎治安維持法類似の"共謀罪"法案を 安倍内閣は 国会への法案提出を閣議決定した。

        今住んでいる社会を暗い社会に押し込んでしまう"共謀罪"法を成立させてはならない。

        国会で この法案が憲法と民主主義を押しつぶし すべての人々に関わるとんでもない法案

        であることを解明し廃案にしてもらいたい。


2017.3.20(月) 春分の日  晴れ 湿度 25%
    −−◎30億年又は6億年の地球生物史の中に私はいる。人間はそれに加えて社会関係の中にいる。

        その中の人生 仮に100年生きたとしても瞬時である。それを締めくくりまとめることは 何事が

        起こるかわからないので最後の一瞬までできない。一瞬を越えてしまうともうできない。

        結局私はまとめ締めくくることはできない。

        それで私は「やることはいっぱいある」と未完のものを一つ一つ取り組んだり、「為すべき事はやった」と

        時に思ったりして、これからも進んでいくだろう。

    −−◎3月18日は「点字ブロックの日」。歩道や駅に敷設されていて、目の不自由なかたのために歩行を

        誘導する情報が書き込まれ、大切な施設で、点字ブロック協会は「道路の点字ブロックの上に自転車や

        荷物を置かないで」と呼び掛けている


2017.3.19(日)  晴れ 湿度 19%以下
    −−◎倉敷市には倉敷紡績株式会社がある。関連工場がいくつかある。そのうち2工場を外側から見てきた。

        当時の社長だった大原一族が力を注いでいた"大原美術館"市内に5ヶ所あり入場料を払って2ヶ所

        見てきた。大正年間に建物と資金を提供し"若竹の園"という託児所を作りのちに保育所になり 

        現在は幼稚園として継続している。これも外側から見てきた。どこにでもあるような簡素な作りで

        倉敷紡績との関係はパンフレットを見ないと分からないほどだった。内容も普通の幼稚園のようだった。

        大正年間に倉敷中央病院(現在:病床数=1,166床、職員数=3,071人)を作った。

        これは外側から見てきた。

        以下は見ては来なかったが 大正年間に倉敷労働科学研究所をつくり従業員の健康に気を配った。

        石井記念愛染園を引き継ぎ現在の福祉活動に受け継がれている。

        冷房施設など労働環境の改善、農業問題にも取り組み「資源植物科学研究所」も作った。

                       −−−以下後日−−−

2017.3.18(土)  晴れ 湿度 27%
    −−◎午後 広島県尾道市を見てきた。古い寺院も多いが。この地にゆかりの深い文学者を紹介した

       "文学の小道"や"猫之小道"などがあった。

        街中にある尾道市立大学サテライトスタジオては市内の写真家のメンバーの展示がおこなわれていた

        尾道市立大学芸術文化学部のキャンバスはここではない。

        海辺は間近まで家や小型漁船の船着き場があり対岸が見えて川のように見えるが"海"だそうだ。

        線路は潮風を避けたのか海から山際の中腹を走っていた。

2017.3.17(金)  晴れ 湿度 24%
    −−◎岡山県倉敷市を見てきた。この市では"美観地区"を設定し古い街並みが保全されているようだった。


2017.3.16(木)  晴れ 湿度 25%
    −−◎何年前からか かなり以前から "紙"の消費を少なくしよう 運動がある。東南アジアの森林が

        日本の紙のために無くなってしまうなどと言われて。

        紙の節約の場面は 「いらない」と断ればおいて行かない電話番号帳とか 電話の請求書は

        ネットで..請求書発行の場合は50円戴きますよとか、以外にあまり気が付かない。

        ネットで見て印刷すればこちらの紙は必要になる。

        ここ最近 以前と比べて 新聞の折り込み広告の枚数は増え、郵便や宅配の広告物も増え、

        4種類ほどのタウン雑誌が無料配布され、こちらの紙を使ってFAXの広告が送信され、

        月末には紙の梱包のため一仕事ある。節約より消費が増えているようだ。

        「南の国の森林さんたち生きていますかー。」

2017.3.15(水)  晴れ 湿度 22%
    −−◎そしてまた 次々流れてくるニュースの中に混じって 出てきているのが トランプ氏の主張する

        日米貿易交渉である。アメリカはTPP交渉で日本が譲歩したものは「あの時そう言ったではないか」と

        しっかり確保し関税では日本に不利な要求を突き付けてくることが予想される。

        安倍さんにはトランプ氏へのご機嫌取りに終始することなく国民生活や日本経済を守るため頑張って

        もらいたい。

    −−◎昨年12月に相手(=アメリカ)が「協定は結ばないよ」と言っているTPP協定の承認を強行採決をした。

        同時に"関連法案"も成立させた。改定関連法の中には 健康保険、食品衛生・食品添加物、

        農業関係、著作権、裁判権その他の国民生活が不利になる事が内容が含まれている。

        日米交渉で押し切られたら 日本はアメリカの"植民地"のようになってしまう惧れがある。

    −−◎スーダンへの建設支援部隊の工事現場が 一時戦闘状態であったことに対する自衛隊幹部たちの対応。

        「戦闘ではなかった。」

        「日報は破棄したので無い」

        「存在した」

        「破棄するよう指示された。」

        「いずれにしても公表され適正に処理されている」と

        このようなことがあったと報じられている。

        ※道路建設などに携わる現場自衛隊員を危機にさらす状況で すぐに撤収しなければならない時

         その状況が国会にも国民にも正しく伝えられず、撤退指示も出さず 道路建設に行ったのであって

         戦闘に行ったのでないのに 戦闘状態の下で働かせられた隊員の人たちの恐怖は推察に余りある。

         時の政策に合わせて 状況を 隠したり 出したりと 戦時中の 大本営発表を思い出させる不穏な

         出来事である。
         

2017.3.14(火)  晴れ 湿度 21%
    −−◎次々流れてくるニュースの陰に隠れているが 治安維持法類似の"共謀罪"法案は公明党も了承した。

       法務省は来週にも 法案提出を閣議決定しようとしている。時の権力者が自己権力の永続化のため

       この法を"活用"してくると第二次大戦中のような暗い社会になってしまう。

       ようやく根付いてきかかった日本の近代民主主義社会を守り一層発展させたい。

       悪法 治安維持法類似の"共謀罪"法はその妨げになる。

       ※近代民主主義の発想は 物言えぬ戦時中も良心的な学者によって解明、追求されてきた。日本の

       実情に即して発展させようとして努力してきた人たちがいた。

       敗戦の年の8月15日の後 10月に治安維持法で捕まっていた人たち1500人以上の人が保釈された。

       その中には日本の未来を考えていた学者、出版人、文化人も多数いた。それらの人たちを含め、

       正気に立ち返った役人、その他の人も含め国民の総意で日本国憲法が作られた。

       日本人の目から見た人類の世界史的経験 イギリスの権利章典、フランスの人権宣言、アメリカの独立宣言

       などの近代民主主義の精神が取り込まれている。今 日本国民は自由で民主的な社会の発展途上に

       生活している。憲法に即して人権など一層発展させなければならないのであって、

       悪法 治安維持法類似の"共謀罪"法によって この社会を押しつぶすなどと とんでもない話である。

     

2017.3.13(月)  晴れ 湿度 27%
    −−◎2016年2月に 高市早苗総務大臣は、衆院予算委員会で放送法に定められた政治的公平に

        反するテレビの報道に対して、電波法に基づき放送電波を停止する可能性に言及した。

        そして その後4月に いくつかの局が 大臣の意図を思もんぱかって自主規制的に

        ニュースキャスターを降板させ入れ替えた。

        私には どの局も降板者がやっていた番組が不公平とは見えなかったが 大臣の目には"政府寄り"

        でないことが不公平に見えたらしい。

        その時期に 繰り返し 放送法に言及したことが 局の萎縮した自主規制を生み出したように見える。

2017.3.12(日)  晴れ 湿度 25%
    −−◎終日暖かく体調が持ち直した。


2017.3.11(土)  晴れ 湿度 25%
    −−◎特養からは年 数回 「お便り」が郵送されてくる。

        今月のお便りは...。

        −−−

        靖子様、ご家族様

        先日は面会に来て頂きありがとうございます。靖子様はお変わりなくお過ごし頂いております。

        日中離床時間を設けております。気温も少しずつ温かくなってきておりますが体調の変化を

        見のがさず配慮してまいります。

                    (日  付)

                                    (担当部所の)スタッフ一同

        −−−

        言行一致で様々な配慮がなされているようで安心している。

        例えば 昨年12月に深夜から朝にかけて"熱発"したら "即病院"と手配していただき11時に

        病院へ着いた。それまでの間に"もしかして入院になるかもしれない"と 衣服、小間物も準備して

        持って行ってもらっていた。付き添っていってくれた看護師さんは昼食抜きで4時30分まで様子を

        見たり事務処理をしたりして居てくれた。それから特養へ戻って記録処理をしていると時間も経過し

        "昼食は抜き"ということになってしまったのではないかと思った。

        ※ここでは思い出した"例"を書いたが介護士のスタッフの方々にも同様に靖子さんを見守って

         もらっている

2017.3.10(金)  晴れ 湿度 20%
    −−◎治安維持法類似の"共謀罪"法案は 近代刑法の「思想は罰しない」との原則を否定する刑法改定

        に匹敵するものである。

        政府は国際条約に必要だと言っているが 「国際組織犯罪防止条約」はテロとは無関係であり

        各国は国内法の原則に従って運用すればよいこととなっている。

        戦争法や機密保護法と結びつき「権力に隷従したがらない者を徹底して排除する」「排除される

        危険を見せつけて萎縮させる」仕組みである。治安維持法の当時各種法律と組み合わせて戦争を

        押し進め多数の親族、知人を戦死者とさせた治安維持法とよく似ている。また"準備行為"や"集団"

        は「限定」されるから大丈夫とも言っているが これら要件は捜査機関の判断で左右され決して

        「限定」とはなっていない。

2017.3.9(木)  晴れ 湿度 25%
    −−◎三寒四温そのままの気候の移り変わりのようだ。ここ2・3日寒さが戻っていたが本日は

        揺るいだようだ。

        若年のころは 寒さにも 暑さにも強かったが、近頃寒さにも暑さにも弱くなった。

        暖房も使用しているが居室のみで 「生活している」と他の部屋へも移動するし、物干しへ

        も出る。外へも出て体が冷えてきて風邪ひきの前段階のような気分になってしまい室内へ

        戻り温まって健やか気分を取り戻す。

2017.3.8(水)  小雪  晴れ 湿度 23%
    −−◎今朝 戸口を出ると路面は濡れていた。見廻すと車の屋根の上に1cmほどの雪があった。

        「おおっ 寒むっ」と中へ戻ってしばらくすると 薄日の中 小雪が舞っていた。

    −−◎靖子さんを県医療センターへ診察に連れて行った。

        胃瘻の術後 体重が減っていたが 2ヶ月の間に減少分の半分くらい戻っていたことを施設から

        聞いていたので、そのことを話した。先生はそのことを記録された。

        靖子さんは空(くう)を見るような表情で反応が少なくなっているが、注射のため

        Treatment room(処置室)に入り 消毒綿で腕を拭かれた時顔をしかめた。

        看護師さん「あっ わかってるねー 注射やから ちょっと痛いよ」と言われた。

        注射針を チクリと刺されたとき 眉間にしわを寄せ 唇の両端が少し動いた。

        @私の想像であるが 室内の光景やアルコールの匂いなどからこれから展開する

         出来事を想起したのかもしれない。

        A注射針がチクリと刺されば明らかに痛い。痛いことを感知しの表情で外に表すことができる。

        Bふだんは 空(くう)を見るような表情をしているが 注射のような"事件"があると感知し

         外に伝えようとする行動が残っていることがわかった。

    −−◎"共謀罪"法案について

        "共謀罪"法案は「オリンピックを安全に」などとそのために出されたように言っているが

        治安維持法に類似する"共謀罪"法案は過去3回 国民各界の批判をうけ廃案になって

        いる法案である。

        「テロリズムを付け加えればいいだろう」と言って閣議決定をしようとしているが、何年か

        経過した後の社会で 学者や報道が政府に批判的な論文を出したら「この文章はテロを

        意図している疑いがある」などと言って かつての"横浜事件"のように大学の先生や文化人を

        逮捕して国民の声を押さえてくる可能性をもっている。

        通報、密告を活用することや、現状では許されていない 一般常時監視をすることになってくる。

        事例=2016年7月 民進党の選挙事務所に 別府警察署が 無断で隠しカメラを設置して

            いた事件。

        国民民主主義を崩壊させてしまうこのような法律は成立させてはならない法律である。

        もちろんテロは現行法で取り締まらなければならない。


2017.3.7(火)  晴れ 曇り 小雪 晴れ 湿度 23%
    −−◎一昨年 2015.9.19(土)のこの日記で抑止力論について書いた。

        *******

        いつかは大爆発する「抑止力」論の限界。 (BY=武器抑止力の単位)

        A国の抑止力    0BY    B国の抑止力    0BY    C国の抑止力    0BY

        A国の抑止力   10BY    B国の抑止力   10BY    C国の抑止力   10BY

        A国の抑止力...20BY    B国の抑止力.. 20BY    C国の抑止力.. 20BY

        それぞれの国が抑止力を強化..........

        A国の抑止力.. 30BY    B国の抑止力...30BY    C国の抑止力.. 30BY

        A国の抑止力   40BY    B国の抑止力   40BY    C国の抑止力   40BY

       見かけ上平静を保っているが危険性は増大している。かつての第2次世界大戦時に帝国軍の暴走

       のような大爆発が起こることを恐れる。

       権益侵犯に対しては、平和の国際世論にも訴えて外交力によって解決させたい。

       戦争になれば まず弱者がのけ者にされ排除される、このような事態は避けなければならない。

       *******以上***一昨年の記事

       昨今 抑止力が上昇している。ここではどちらが "良い" "悪い" は言わない。正義の貫徹のため

       双方の多数の国民の犠牲になってしまうことは 避けなければならない。

       元防衛庁(自衛隊)の幹部で 評論家をやっている人がテレビで最近の各国の動向について

       述べたあと 「北朝鮮との話し合いの糸口をさぐっていくことも必要でないか」と言っていた。

       大国はゆとりをもって小国(この小国の下層民はひどい貧困とも伝えられている)をなだめる

       こともありうるかも....。


2017.3.6(月)  晴れ 曇り  湿度 22%
    −−◎8時30分から3時30分までの仕事、いつも通りこなす。「仕事」としてやっていると

        朝起きた時−−ああして−−こうして−−と考えながら人間生活保持のための行動(家事)を

        しながらも気分に張りをもって動くことができる。

2017.3.5(日)  晴れ 曇り 湿度 23%
    −−◎カレンダーの表によると日の出 日の入りの時刻は

        冬至(12/22)   午前6:58  午後4:45   

        本日( 3/5 )   午前6:18  午後5:52

                  差   40分     67分   合計107分 日照時間が長くなっている

        朝が40分程度早くなるのに比べて夕刻は1時間以上延びている。感覚的に夕刻の方が長くなっている

        感じがしていたが実際にもそのようであった。


2017.3.4(土)  晴れ 湿度 21%
    −−◎本日は、一週間分の食品のまとめ買い、私が眼科検診、生協の品受け、その他の諸家事を済ませた。

        靖子さんに状況変化はないようだ。

    −−◎"共謀罪"法案について

        さらに問題は 告げ口 というか 通報の問題がある。

        例えば「仲間内でしゃべっていたことを 誤解または曲解されて 犯罪として仕立て上げられして

        しまわないとも限らない」と人々が疑心暗鬼になってしまったり、「保育所作れ」とか「派遣労働者を

        待遇改善や本雇用にせよ」などの政策要求が言えなくなってしまい、口をつぐんでしまうになってしまう

        法律が出来たらすくにそのようになりはしないが、3年、5年、10年とたつうちに物言えぬ社会になって

        しまう惧れがある。

        戦前の軍国主義も 総合的に軍国主義社会の構成を少しずつ作っていき「気が付いたら こんな社会に

        なっていた」という話を年配者からよく聞いたものだ。

          

2017.3.3(金)  晴れ 湿度 22%
    −−◎今日は"お雛祭り"の日。以前にも書いたが 私の幼いころ居た村では"お節句"と言って4月3日に

        やっていた。幼児から小学生が男の子も女の子も一緒に数人まとまって各戸を廻る"がんどうち"

        という行事があったことを思い出す。

        今では食品スーパーでバックグラウンドミュージックで流してくれて雰囲気が盛り上がる。

    −−◎"共謀罪"法案について

        政府答弁で「一般の方々には関係ない法律で...」と言っているが

        戦前の治安維持法(1925年)を作った時も「一般には関係ない」と言っていたが 特高警察が国民を

        監視し、文化人や学者を検束し見せしめとして一派に市民の発言を封じていった。

        検束された人に 法政大学教授であった哲学者 戸坂潤 もいた。戸坂潤は1945年8月9日に獄中で

        病死した。敗戦の6日前だった。

        「負けられません勝つまでは」とか「ぜいたくは敵だ」とか他の戦争推進政策と結びつけて国民の

        生活内容の自由まで奪っていってしまった。直接逮捕されることがなくても一般国民を不幸に

        追い込む法律だった。治安維持法類似の"共謀罪"法案も同様の結果が予想される。

        

2017.3.2(木)  晴れ のち 雨 湿度 32%
    −−◎"共謀罪"法案について

        日本国憲法は19条で人間の精神作用全般を指して「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない」

        としている。

        ******
        権力が「このA(人)は他人に危害を加えようと考えている」と捕まえていって質問する

            「何か悪いことをしようとしているだろう」

        Aさんは−−何をばかばかしいことを考えている。そんなことこれっぽつも考えてないよ−−とあほらしくて

        答えなかったとする。

        権力 「何も言わないという事はやろうとしていたのだな」
        ******

        人類の長い経験を振り返って19条の「精神作用」の自由を規定とている。「沈黙」も精神作用であり、

        沈黙を切り分け権力が「内心」を調べることは許されず 罰するなど とんでもない話である。

        "共謀罪"法案は「考えている」と権力が想定すると逮捕されるような仕組みになっている

                     

2017.3.1(水)  晴れ のち 曇り のち 雨 湿度 26%
    −−◎当地方で梅が咲くのは3月で近隣の梅畑もそろそろ時期だがまだ咲いていない。

        花の香りが運んできた春を感じさせてくれるのも間近い。

          

2017.2.28(火)  晴れ 湿度 26%
    −−◎治安維持法の再現である"共謀罪"法案の国会提出、法制化に反対する。

        "共謀罪"法案は過去3回 国民各界の批判をうけ廃案になっている。

        大正14年、都会では大正デモクラシーなどと言われ明るい方向に進んでいこうとしていた。

        その時に治安維持法が成立し人々が「物言えぬ」状況を作り出し 世の中は暗く、政府は

        戦争を遂行していった。戦争で日本人300万人 相手国で1000万人以上戦争関連死で

        亡くなっいる。子ども、兄、弟の死を 悲しむ 母 姉妹の気持ちを抑えつけた戦争体系だった。

        治安維持法と共通項を持つ"共謀罪"法案である。

        外国で発生しているようなテロ行為は現行法を活用して防ぐことは出来るし防がなくてはならない。

        オリンピックが「"共謀罪"法がなければ開催できない」と 外国のオリンピック委員が言っている

        のを私は聞いたことはない。オリンピックにかこつけて これから10年、20年、30年と

        国民を締め付けて「物言えぬ」社会を作り出す"共謀罪"法案を成立させてはならない。

               

2017.2.27(月)  晴れ 湿度 19%以下
    −−◎本日、午前は「お掃除の日」で A社から若いお姉さんがたに来てもらって屋内(台所・風呂・

        トイレなど)の掃除をしてもらった。その他にダンボール箱を壊し手持ちできる量で束ね、新聞、

        チラシ、広告小冊子は持てる程度の大きさに束ね、外の物置の中へ置いてもらった。

        と書くと"軽くさっさっさっ"と済ませたような印象になるが、私の感覚でいえば"大掃除"レベルで

        脚立に乗って、敷居の上の桟(さん)や冷蔵庫の上も茶箪笥の上、見えないところも清掃し

        依頼した部屋と廊下がバッチリきれいになった。

    −−◎    

2017.2.26(日)  晴れ 湿度 21%
    −−◎早朝、戸を開けて外に出ると車の通りも少なく"春の香り"が漂ってくる。この空気はきっと

        街の北側の山々から降りてくるのだろう。

        チューリップはいくつか芽を出してきた。サクランボの木、藤ノ木は芽が膨らんできているが

        "冬眠中"である。ぶんたんの木は緑の葉っぱを付けたまま生育は休憩中。

        駐車場の庭掃き掃除をしながら感じた春のけはい。

          

2017.2.25(土)  晴れ 湿度 30%
    −−◎私が眼科に行った。安定的に推移している。

          

2017.2.24(金)  晴れ 湿度 20%
    −−◎靖子さんを障がい者歯科へ診察に連れて行った。

        むし歯治療と歯石除去をしてもらった。

        ここの先生はとても親切な先生だと感じている。

        ちょっと距離があって車で連れていくのが困難が増してきているので 今後は特養の依頼の歯科の

        先生に頼むことにした。


2017.2.23(木)  雨 のち 曇り のち 晴れ 湿度 35%
    −−◎明日は靖子さんを歯科へ連れていく。

2017.2.22(水)  晴れ のち 曇り 湿度 30%
    −−◎去年 2016年7月 民進党の選挙事務所に 別府警察署が 無断で隠しカメラを設置し 盗撮した

        事件があった。各新聞が報じていて どの新聞でもいいが

        毎日新聞は 次のように伝えている。

        ↓  ↓ 

          参院選の選挙期間中に設置 人の出入りなど録画(←見出し)

        7月10日に投開票された参院選大分選挙

        区で当選した民進党現職らの支援団体が入居

        する大分県別府市の建物の敷地内に、同県警

        別府署員が選挙期間中、隠しカメラを設置

        し、人の出入りなどを録画していたことが、

        3日 分かった。カメラの設置は無許可で、

        建造物侵入罪などに該当する可能性があり、県

        警の捜査手法に批判の声が出るのは必至だ

                   (毎日新聞 2016年8月4日) 以上記事

        @"何か違反をやるだろう"と事務所を盗撮し しかも無断で 敷地内に盗撮カメラを取り付けるなどと

          とんでもない話である。

    −−◎またそれとは別の地域ことだが風力発電建設を巡り 警察がその実情を調査研究する住民の情報を

        電力系会社に提供していた事件があった。

        各新聞に報じられたが

        日本経済新聞は 次のように伝えている。

        ↓  ↓ 

        岐阜県警が反対住民情報を漏洩 風力発電計画巡り (←見出し)

        2014/7/24付

         岐阜県大垣市などで計画されている風力発電施設建設を巡り、県警大垣署が事業者の

        中部電力の子会社シーテック(名古屋市)に反対住民や市民運動家ら4人の氏名など

        個人情報を漏らしていたことが、24日分かった。

        岐阜県警幹部は「署員が同社側と打ち合わせをしたのは事実」と認めた上で「もし漏らし

        ていれば、地方公務員法の守秘義務違反に当たる恐れもあり、今後調べる」と述べた。

         シーテック側は取材に対し「通常は知ることができない(個人の)病歴など必要以上の

        情報を得ていた」と情報提供を受けたことを認める一方で、提供を受けた情報の詳細に

        ついては「個別のケースなので明らかにできない」としている。

         大垣署の牧村康弘副署長は「同社が残した記録について答える立場にない。公共の

        安全と秩序維持を目的に、適法な範囲で第三者と情報共有することはある」と話した。

         同社は、大垣市や同県関ケ原町の山林約42ヘクタールに、高さ約130メートルの

        風力発電設備16基(最大出力4万8千キロワット)を建設する計画で、

        現在、環境影響評価(アセスメント)の手続きを進めている。〔共同〕

                     (日本経済新聞 2014年7月24日)以上新聞記事

        Aこれもまた 住民の声と 住民運動に対して 何か予断を持って「個人の病歴」などを含む

         情報収集をし企業に提供するなどこれまたとんでもない話。

    −−◎愛知県で とある会社が 万博跡地に 大規模な太陽光発電を作ったが 申請許可の面積

        大きく超えて 森林を伐採し「自然を壊してしまう」と問題となったことがあった。

       

2017.2.21(火)  晴れ 湿度 22%
    −−◎横浜事件。

        1942年〜1945年にのころ、日本は中国や東南アジア、南太平洋にかけて侵略戦争を押し

        進めていた。マスコミも出版界も戦争推進の論を張っていた。

        そんな時、雑誌「改造」(42年8月号−9月号)に載った細川嘉六論文が『政府のアジア政策を

        批判するもの』として問題となっていた。細川が別の本の出版記念で7月5日に 出版関係者を

        招いて宴会を催しことがあった。

        雑誌「改造」は発売領布禁止処分となり、細川は9月14日逮捕された。

        1943年これと関連して改造社、中央公論社、朝日新聞社、岩波書店、満鉄調査部、などに所属する

        人たち約60人が治安維持法違反容疑で逮捕された。神奈川県の特高警察が被疑者を皮や竹刀で

        殴打し、バケツの水をかけるなど激しい拷問を行ない知的人士4人が獄死した。「改造」と「中央公論」は

        廃刊となった。裁判は継続していて敗戦の1945年8月15日を経過した。

        裁判官、検察官は何を考えていたのか、大きな政府方針の転換をリアルに掌握する感性が無かったのか

        治安維持法の廃止1ヶ月前の45年8月末から9月始めにかけて30人に有罪を言い渡した。

        その後、政府関係者は GHQ(連合国)の戦争犯罪訴追を恐れ この件の公判記録をすべて短期日に

        焼却してしまった。

        戦争では戦死者、軍人、空襲による民間人死者300万人 海外で2000万人の戦死者を

        出した戦争は終わった。

        @横浜事件では 見せしめ的に逮捕、拷問死させることによって、続々戦死者を出している

          戦争行動へのへの批判や 厭戦気分を抑えようとした。

        A当時マスコミは戦争推進への大きな役割を果たしていた。「それでも足らない」と

         「改造」や「中央公論」を廃刊に追い込み新聞には軍部広報誌のような役割を担わせた。

        B子を兵役に取られた母の声は「無事帰ってきておくれ」がこころの奥底の声であった。

       

2017.2.20(月)  晴れ 湿度 28%
    −−◎私の母は3人姉妹で長女だった。母は30歳代で病で亡くなった。一番下の妹は96歳まで生きていた。

        中の妹は102歳で健在であることを知った。2人は〇〇県の生家の地元に近いところに従来通り

        暮らして居られたとのこと。我が家は 戦後の混乱の中で別の地方に住むことになって 向こうは

        私を知っていたということだが 私はこの人を写真でしか見たことはない。

        それぞれに子たちや孫たちがいる。一度だけ私が青年時代 この中の誰か6年生くらいの男の子が一人で

        列車に乗って遊びに来たことがあり市内や観光名所を案内してあげた記憶がある。

        この102歳のおばあちゃんの指示で 子たちが季節のものなどを私の姉のところへ贈ってきていた。

        子たち(といっても私より10歳くらいしか変わらないが)の話によると「口ばかり達者でげんきにやっとるよ」

        「最近安全のため老人ホームで預かってもらうことにした」とのことだった。

        私の後のちの記憶のため記しておく。    

2017.2.19(日)  晴れ 湿度 21%
    −−◎靖子さんのとこへ おもちゃの お雛様を持っていき 床頭台に飾ってあげた。

        背中に"床ずれ"が出来そうで車椅子時間を3時間程度に短くした。行った時ベッドに居て

        眼を開けたが 視線は合わなかった。

            

2017.2.18(土)  晴れ 湿度 19%
    −−◎月一回 町内各種団体が交代で紙類の廃品回収をやっている。今月は小学校保護者会(=以前のPTA)

        の担当だった。朝7時半までに持ちやすいように絡げて出しておくと取りに来てくれる。

        私も子どもが小さかったころ お役目で 作業に参加したことかある。ただ 御夫婦ともお勤めの場合は

        出られないので いつも出ている人は「私らばかりやらされて」などと けんかにならないよう

        ボランティアの精神で 譲り合い 埋め合って進めることも大切のようだ。コミュニティや市民社会が

        行動を通じて発展していくようだ。

    −−◎ドイツのメルケル首相が「@移民は受け入れる。困っている人を救うのは政治の役目である。A政治と

        報道機関は互いに尊重し合って行き、発言の自由は確保されなければならない」とドイツの立場に

        ついて発言し、アメリカのトランプ氏の行動を批判している。

        (私見)元々 強固な哲学背景を持つドイツ社会 70年前ヒトラーにかきまわされた非人道的な事への

        厳しい反省を行ない今もナチスを追っているドイツ社会。フラグマチズム(=実用主義)のアメリカの

        トランプ氏が"攻撃"を仕掛けたら 押し返されるか 論がかみ合わない結果に終わるだろう。

       

2017.2.17(金)  雨 のち 曇り 湿度 19%
    −−◎昔は正社員または正職員がほとんどだった。最近では 派遣社員や 期限限定契約社員、

        その他の労働者が2400万人ほどになっているという。

        資本にとって。

        "人材"と呼ぶように、素材と同じで経費節減のため 契約社員を 安く雇い 

        何時でも解雇できる仕組みで、働く人は未来の生活設計が出来ない。

        正社員と派遣社員に分け細かい違いで分断を図り 各々を対立させ 団結して生活改善をしようとする

        運動を妨げている。

        契約社員や 派遣社員を 速やかに正社員化していくことが望ましい。

    −−◎米トランプ氏のゴタゴタは彼の想定内の出来事である。もちろんいちいちのゴタゴタを計算して

        作り出したわけではないが 多少の引っ掛かりを 新聞記者とけんかして大きく報道させ

        彼の所属する共和党が政策にトランプ色を加えて政策を設定してくるところに落ち着くだろう。

        民主党も含めアメリカ国民は選挙結果は尊重する。

        問題は世界支配の構想の実行が日本国民にもたらす影響である。ソフトバンクやトヨタは

        さしあたりの延命を計ったらしい。

        安倍さんの"トランプ様々外交"で沖縄新基地の早期建設の促進を約し、自分から言い出して

        日本の軍事力を強めると約束してきた。国会では「外交の問題なので発言を差し控える」として

        明らかにしなかったが国民を苦境に追い込む"密約"が無かったとは言えない。

        TPPよりももっとひどい関税を押し付けてくるだろう。日本農業を守るためにも

        しっかりと対抗してもらいたいものだ。

    −−◎  −−−家にあれば笥に盛る飯を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る−−−有間皇子−−万葉集


2017.2.16(木)  晴れ 湿度 35%
    −−◎ブラック企業があって、従業員を酷使していた。大手企業でも 「電通」では社員を『社訓』でしばり

        ギリギリまで働かせていた。漏れてくるニュースから見ていると電通ばかりか名の通った会社でも

        「4時間残業してもタイムカードは2時間にしておけ」などという会社が続々と出てきて驚いている。

        どういう意図かわからないが 2月24日(金)を"プレミアムフライデー"として15時(午後3時)に

        仕事を終えて帰宅しよう、会社は帰宅させるよう手配しよう、と呼び掛けている。

        諸外国からの「働かせすぎ」との批判を避けるためか。

        規制を強めないとブラック企業は次々再生産されてくる。

        金曜3時から休みにして、消費を促し経済を発展させようとの意図も混じっているようだが

        消費よりも「ゆっくり休みたい」人が多いようだ。


2017.2.15(水)  晴れ 湿度 21%
    −−◎雑貨スーパーで数千円の事務機器を買った。レジを済ませてカートンを押して出入口の方へ進むと

        「当社の〇〇〇をお買い上げいただきましてありがとうございます。ちょっとしたお礼の気持ちですが」と

        と店員さんのような人が近づいてきて「切り餅 1kg」と書いた餅を渡された。ちょっと戸惑いの

        眼差しをすると 「ありがとうございます お餅でございます」と。大型スーパーの中で怪しげなものを

        配っている事もないだろうと受け取って車までいき乗り込んでから点検した。

        あのお嬢さんはメーカーから販売促進のため数日間来ていた人のようだった。私が自分が

        買うべき機器の大きさや機能を見ている時 数m離れたところで別の機器について 

        ここの店員さんとは違う服装の人が説明しているのが見えた。

        機器はI(アイ)社(仮名)のもの、そしてお餅はI(アイ)フーズ株式会社の物、地方都市で所在地も一緒で

        地番だけが違っていた。事務機器とお餅、妙な取り合わせだが、どんな事情か知らないが

        一緒に取り扱っているらしい。そういえばこの大型(120m×40m)雑貨スーパーにもほんの一角に

        お米、雑食品やお菓子が置いてある場所がある。I(アイ)社の地方はお米の産地、事務機器で

        切り開いたの販売網を活用して食品売り場のあるところにはお餅も売り込もうとの計画らしい。

        うまくいくと良いね。    

2017.2.14(火)  曇り 晴れ 湿度 35%
    −−◎特養で靖子さんの介護計画についての会議があり行ってきた。ケアマネ、主任介護士、看護師、栄養士

        が参加された。各係の人から 12月の胃瘻設置後の状況、今後の計画案が報告され、私の希望を言い

        取りまとめた計画案が設定された。

    −−◎人は日々、到達点のイメージを思い浮かべながら行動する。きれいになったお部屋を想像して

        お掃除をする。食べる場面を想像してお料理を作る。お買い物をするときは「これでサラダを作って

        こちらは煮物に」とかイメージする。子どもが「今度のテストで80点以上取ろう」と学習するが

        目標以上の時と以下の時がある。

        しかし長年繰り返しているとイメージしていることを意識しなくなってくる。

        日常生活では、自己体験や見聞によって得た普通の事をイメージして暮らしている。

        日常を越えた世界でも"空想"の文化発展に果たした役割は大きい。ギリシャ神話にイカロスの話がある

        蝋で固めた翼を付けて空を飛び 太陽に近づきすぎて翼が溶けて落下してしまうという話。その後

        この話は 人間の傲慢さと技術信仰を批判する話として伝えらられている。(←ある意味で意味深いが

        その問題は別の機会にするとして)

        人間が空を飛ぶという空想を持ち続けていて、科学と技術の工夫が付加され飛行機が飛ぶようになった。

        馬車より早い乗り物→自動車。明るい家庭→電灯。大声+のろし→電波活用の情報手段。

        農業技術の発達による食料増産。「鉄腕アトム」→物言うロボット。などなど。

        「自由な発想である」ことと「他者の正当な権利を侵害しない」ことを前提条件の上で自由な発想空間の

        広がりは望ましい。

    −−◎お祭りが好きで 神様がいなくてもお祭りをする日本人の心情に合わせてお菓子屋さん産業が

        押し出したバレンタインデー。コンビニも 食品スーパーでも 薬局スーパーでもチョコレートの

        売り出しに全力投球。ても店員さんに販売ノルマなど課さないでネ。そんな話が後から聞こえてくると

        楽しい気分も消えてしまうから...。         

2017.2.13(月)  晴れ 湿度 23%
    −−◎税務署へ行き申告書(=還付請求)を提出してきた。

    −−◎"個人情報"という物がある。以前にある会社から数百万人の個人情報が持ち出されたこと

        があった。その会社はお詫びとして"個人"に500円の謝罪金を出したという。その後も別の

        会社や団体からの情報漏れや情報持ち出し、システムに無断侵入しての情報略取などの

        事故や事件がいくつか報じられている。

        略取した個人情報を他の会社に売り渡していたこともあった。

        拡散した個人情報を悪人が悪用し被害を受けた例もある。

        @生年月日を変更することは不可能。氏名も通常は変更できない。住所は引っ越ししなければ

         変更できない。

        A個人にとっては 散らばった情報がどこにあるかわからず、取り消すのは難しい。「宣伝物を

          お送りした時の顧客情報として保持しております」といえば 取り締まることもできない。

        このような状況にある。

       私の付け加えの推測と意見。

       漏れた情報がどこかに累積されているのではないか。年代に合わせてコマーシャル電話が来たり

       私には無礼にも「葬儀の予約をしろ」と言わんばかりの電話が何回も来たりする。

       −−知るは政府役人と悪人たち、知らずは近隣コミュニティの個人情報−−。

       役人の国民支配はいただけない。商業資本のコマーシャル使用はそれだけならば被害はないが

       「老人を狙ってのオレオレ詐欺」や本人知らない間に銀行預金が引き出されていたような事件に

       なると大変なことになる。

       個人情報の規制と聞くと、庶民生活者は何万人の個人情報ことなど目もいかず 個人情報を

       知りうる範囲といえば 近隣数人〜20人程度まで...。「あっ これは個人情報だから知って

       いてはいけないことだ」記録はもちろん取らないし、記憶からも消す。

       「あそこにどなたが住んでおられるか存じません」だったり、孤独死で報じられたりする。

       個人的な あれや これやを知る必要もないが、互助的な意味で 表札の名前や

       若いか年寄りか 独り住まいか 家族もいるかぐらい知っていてもいい。    

2017.2.12(日)  晴れ 湿度 31%
    −−◎適時、家事などをすすめ過ごした。


2017.2.11(土)  雪 のち 晴れ のち 曇り 湿度 43%
    −−◎早朝、車の上に10cmほどの雪。駐車場や道路では溶けて周辺にのみ残雪。晴れてきて

        昼ころまでには消えた。安全のため朝の買い物は行かなかった。

    −−◎生協配送日。奥様がたと雑談。

    −−◎税金の申告書(=還付請求)の資料整理。源泉徴収で10%徴収されていて、健康保険や介護保険

        支払医療費などを差し引くと戻ってくる計算になるために計算した。

       

2017.2.10(金) 晴れ のち 雪 のち 晴れ 湿度 19%以下
    −−◎炊事場兼台所の蛍光灯が点かなくなって、交換した。天井に設置してあって 脚立から

        落ちないように、管を落とさないようにとちょっと緊張して作業をした。

        無事交換出来て点灯したら 前より明るい感じがした。

    −−◎今週のウィークデーもおわった。業務の仕事と家事の仕事では別々の神経と筋肉が動くのか

        「どんより疲れた」気持ちが無くなる。

       

2017.2.9(木)  雨 湿度 35%
    −−◎歩いていて 暗がりでよく物が見えない時 歩道にゴミが落ちていた時

        「ペットボトルの空き缶をあんな所に捨てていって...」とか「紙切れを放って行って..」

        接近して通過するとき「やっぱりペットボトルか」とか「紙切れではなくて コンビニの空き袋を

        捨てていったのか.. 」などと思う。遠い場所ならばそのまま通過するが 我が家の近くならば

        持って帰ってうちのごみ箱に捨てる。

        実ははじめは「白い物」しか見えていないのに瓶とか 紙とかだと思ってみる。長い生活経験上から

        頭が補ってそのように見せ、近づいて行って確認できる。眼の補完作用と言う。

        以下は私の推論。

        認知症の人が状況と違うことをしゃべることがあるのは「忘れた空白を」補完作用によって埋めていて

        本人は 真面目にしゃべっているのだろうということ。「何か(誰か)向こうに居た」などと言うのは

        ちょっとした物音か ちょっとした光線の変化を感じて、その人の経験から状況を組み立て

        しゃべっているのではないだろうか。

       

2017.2.8(水)  晴れ 湿度 19%以下(=LOW)
    −−◎靖子さんを県医療センターへ診察に連れて行った。何事もなく注射をしてもらって帰ってきた。

    −−◎節分の豆。

        節分の豆が残っている。自分で作るのも面倒だったので、すでに炒ってある袋入りの福豆を

        買ってきた。豆まきはせず 歯が丈夫な頃はボリボリ食べたものだか 食べもせず数日過ぎた。

        放置しておくと まずくなってしまうが どうしたものかと袋を眺めていて 加工はしてあるが

        もう一度煮ることにした。生と同じように水に浸して置き 夕食を作る時間に別のコンロで

        煮豆にした。細火で水を加えて長い時間似ていたら 柔らかくおいしくなった。はじめ軽いしょうゆ味

        だったが 砂糖を加えて水がなくなるまで煮ておやつにでも食べられるようになった。

       

2017.2.7(火)  晴れ 湿度 30%
    −−◎私が 国立〇〇医療センターへ診察に行った。血液、心電図、その他の検査に特段の異常は

        無かった。

        私 「毎回ではありませんが 車をバックさせる時、心臓が圧迫されるように感じて、突然止まって

           しまうんじゃないかと心配で..」

        医師「そのあと その感じはどうなりますか」

        私 「車を元に戻して、10秒〜20秒深呼吸をしながらいると1分経たないうちに消えますけど..」

        医師「それじゃー圧迫されたんだね、足の向きも左へ向けて後方を見ると良いよ。尻から足が前向きで

           両肩の角度を左から後方へ向けると心臓だけてなく内臓が圧迫されるから..」

        私 「そのようにやってみます」

        医師「いやーっ 年喰うと私もそうなんだけど あちこち がたが来て..。まあ適度に動いて無理はしないよう

            やってください。」

           ※ちなみに 私の年判断では この先生50歳代

         それから薬の話や、生活感など聴かれたり、私が聞いたり、心の健康の保持もしてもらっているような感じで

         沈んだ気持ちでいても元気な気持ちになってきて 心地よい気分で帰ってきた。

    −−◎明日は靖子さんを県医療センターへ連れていくため車を借りてきた。

       

2017.2.6(木)  晴れ 湿度 25%
    −−◎探検隊

        物音  「よいしょ よいしょ ポコッ!」

        隊員A 「エッ 何か物音がしたなー アーッ チューリップさんももう出てきたの」

        チューリップ「寒い日があったけど、日当たりが長くなって寒さも緩んできたのでじっとしておられなくて..」

        隊員A 「まあ ちょっとは暖かい日もあるけど 君たちの仲間はまだみんな眠っているよ、

             霜が下りたり雪が降る かも知れないよ」

        チューリップ「うん でも大丈夫 ぼくたちは芽が出たばかりの時は雪や霜に負けないように出来ているので」

        隊員A 「勢いよくがんばって大きな花を咲かせてね」

        チューリップ「うん 待っておってね。皆に言っといて 踏みつぶさないようにって、それと 晴れの日が続いたら

             時々 水をまいてねって」


2017.2.5(日)  雨 湿度 26%
    −−◎雨だったのに湿度は低い。寒かったので空調を一日中付けていたせいで乾燥していたのかも知れない。

    −−◎世の中、軍国主義的な戦争社会にならぬようにしたい。

       

2017.2.4(土)  晴れ 湿度 31%
    −−◎垣間見た、聞いた話しを思い出し、忘れぬうちに後のためにメモ(=この画面で史実かどうか

        実証できない)を残す。

    −−−−◎16世紀(1501〜1600)イタリアのヴェネツィアに近いフリウリ地方に風車を借りて製粉屋を

           営んでいた ド・メニコ・スカンディラ(通称=メノッキオ)と言う人がいた。

           彼は粉ひき機の調子を見ながら、粉ひき依頼者や受け取りに来た人と談笑し、休日には

           町へ出て行き所用を済ませ、買い物をしてきた。家族もいてごく普通の下層民だった。

           粉ひき機のようすを見ながら、誰も来ない時は買ってきた本を読んだり、人が来れば話を聞き

           気ままに見聞や自分の発想を織り込んでの話をしゃべっていた。

           ある時彼は呼び出され"異端者"として宗教裁判にかけられた。

           当時この地方では"教会"は 今でいう市役所と税務署と警察と裁判所とお寺とひとつに

           したような権限を持っていた。

           彼の主張は

           −−−私が考え信じているのは、すべてはカオスである。すなわち、土、空気、水、火、など

           これらの全体はカオスである。この全体は次第に塊りになっていった。ちょうど牛乳のなかから

           チーズの塊ができ、そこからうじ虫があらわれてくるように、このうじ虫のように出現して

           くるものが天使たちなのだ。−−−(杉山光信氏 訳本)

           神様もそこから出てきたのだと落ち着いて主張した。

           裁判官たちは彼の言っていることが理解できず一審では「疑いあり」だが釈放された。

           十数年後に再び捕らえられ異端者として処刑された。

       @教義は強権によって守られていたのか?。ガリレオは1600年代裁判にかけられ無期刑で

        軟禁状態に置かれ世を去った。1992年ローマ教皇庁はガリレオ裁判が誤りであったことを認め

        ガリレオに謝罪した。ガリレオの死去から350年後の事であった。

       Aちまたの おじさんが語り合えるほどに 町本が普及しかかっていたり 神の技ではない"起源"に

        ついて会話に出てくる状況にあったらしい事。

       B当時ヨーロッパに ギリシャ語・ラテン語や、周辺諸国語を幼少から学び、社会的に活動し諸外国へ

        出かけて活動する富裕で教養のある人たちと 生活の場で活力をもって活動する人たちがいたらしい事

       C人間の進歩は各部門の進歩が影響し合って進むらしい事。「この先はどうなっていたの?」と

        興味に押されて、資料を探索してみたい事柄がいっぱい出てくる。

       D初めて知ったことはイタリアのこの地方には今でも食用蠅を使ったうじ虫チーズがあるそうだ。

        

2017.2.3(金)  晴れ 湿度 19%以下(=LOW)
    −−◎昔はいろいろな休み日を作って、農家の人も、職人さんも、体を休めていた。

        冬期には12月初旬の"山の神の日""冬至""お正月""節分""ひな祭り""花まつり"と続く。

        本日は節分。「節分」と言う区分は他の季節にもあるが二月の節分が知れわたっている。

        農家の人が少なくなってきて季節の祭りも変化し 勢いはなくなってはいる。

        商業資本の宣伝と季節商品の売り込み合戦によって返って盛り上がっている。私の村では

        巻き寿司の"恵方巻"などと言うものはなかったが、全国にあるかのような宣伝がされている。

        追加してバレンタインデーとか10月のハロウィーン商業資本に押されてさかんになり、季節の

        節目は消滅することはないようだ。

        所によっていろいろあるようだ。青森県弘前市のある村には「鬼神社」との神社があって毎年

        節分に 鬼にお礼を言い感謝する祭りが行なわれるとのこと。    

2017.2.2(木)  晴れ 湿度 19%以下(=LOW)
    −−◎私に伝わってきた事柄や知恵は元々どこにあったか。

        鳥類、魚類は生活の知恵を主として形質の遺伝によって、集団を見習うことによって伝えていく。

        人間以外の哺乳動物では形質の遺伝と共に 親から教えられ、親を含む集団から見習って

        伝えられている。

        人間は遺伝形質(個人差ではなく馬、犬、猫とは違う人間は)と親からの伝承、社会組織からの

        伝承があった。他の動物との違いは時期は不明だが仮に数十万年前から発声言語も使用する

        ようになった。動作、鳴声、目付きなどによる伝承に付け加えられたものである。

        さらには一万年前(仮定)から支配者上層部や宗教的上層部では文字が作り出され伝承に

        活用された。発声言語と違って文字言語は地域的に離れている人や後の世代の人にも伝える

        ことが出来普及と知恵の蓄積に大きな変化をもたらした。

        3千年前(仮定)からパピルスまたは紙に書かれたものを綴じた本のようなものが

        作り出された。日本でも奈良、平安時代に貴族の律令の写しや解説、僧侶の仏典の写しや解説書

        などが出てきて、そのご物語や日記文学が現れた。だがそれらは手で書き写す写本が主であったし

        読む人も極めて限られた上層部人たちで少数だった。

        人々は 末端役人の話や坊さんの話、旅人の話から情報を得ていた。 江戸時代に瓦版などが

        出るが基本は変化がなかった。

        近代になって印刷術が発達し本や新聞など短時間に大量の印刷物が出来るようになった。他方では

        学校教育が整備され江戸時代と比べると爆発的に本や新聞が読まれるようになった。

        それ以前では数%(仮定)の人のものだった文字文化が100%の人に活用される大変化が起こった。

        民間人の間でも、意志、願望、感情を交流し合うことや世間に向かって発することが行われている。

    −−◎話は途中だがその片鱗を私は受け取っているようだ。続きは別の時に...。

2017.2.1(水)  晴れ 湿度 23%
    −−◎すぐ出てこない人の名前

        例えば俳優さん。

        テレビで中村玉緒さんがトーク番組に出ていた。話には全然出てこなかったが私は胸中で

        "この人の夫はあの人だったなー"と座頭市の映画の題名や顔のイメージが浮かんでくるのに

        名前が浮かんでこない。私の記憶もこんなことになってしまったのかなー。席を立って台所へ行き

        戻ってくるときに"勝新太郎だ"と思い出した。あの人の名前は..と思い出そうとしてから3分〜4分後

        だった。テレビ音声ではやっておらず文字資料は無くも思い出したのでほっとした。

        雑談の会話の中だとこれでは会話の流れに乗れないなー。善良な紳士とレディーのみなさんなら

        "勝新太郎だな"とか補完してくれて会話は進むのかも知れない。    

2017.1.31(火)  晴れ 湿度 19%以下
    −−◎湿度が低くなると 火災の他にも注意することがある。去年皮膚乾燥症で1月ころ体中が

        かゆくなって 皮膚科へ行った。「お風呂であまりゴシゴシ洗わないでください。皮膚を防御している

        皮脂が無くなってしまって 空気に触れて炎症を起こすのです。伝染病ではありません。」と

        言われて 塗り薬を付けて注意していたら4〜5日で治った。今年はなっていない。

        他に風邪とかインフルエンザ、ノロウィルス、その他の病原菌が乾燥した空気に乗って飛んでくるらしい。

        体調も健康に保って、注意!、注意!

    −−◎今年も一ヶ月経過した。健康を保持してやるべきことを順次進めねば...。    

2017.1.30(月)  雨 のち 晴れ 湿度 26%
    −−◎電器スーパーにLED電球級が売られていて、買ってきた。昔の電球40ワット相当の明るさで

        消費電力は4.4Wで約10分の1。耐用期間は5年から8年。お値段は1個500円(+税)だった。

        夕方切れていたところに付け替えてみると、白っぽい蛍光灯色で 待ち時間なく点灯し、旧来の

        ものより少しだけ明るかった。    

2017.1.29(日)  晴れ のち 雨  湿度 45%
    −−◎地球上の原初の生命体は約35億年前、動植物と言えるものは約6億年前に発生したと言われている。

        他方では、人間の感性に近い感性を持つロボットの開発が進められている。静的物質体の中で

        動的生物体の枠を拡げる試みがなされている。

        「巨人の星」=J・P・ホーガンのSF物語に出てくるような電子頭脳に近づきつつある

2017.1.28(土)  晴れ 湿度 39%
    −−◎昨日(27日)偶然、30年前に仕事関係で付き合いのあった知人Y氏に出会った。10分前後の

        会話だったが懐かしい話に心が弾んだ。7〜8年前に「うちの子が大学でYさんの講義を聞いた

        と言っていたよ」というと「年一回ぽっきり 一コマだけ私の専門で話に行ったことがあったねー」

        と言っていた。

        「お子さんは元気にやっておる?」

        「それなりに勤めている。」

    −−◎昨日の間に買い物を済ませておいて朝はゆっくりしていた。それは良かったのだが、午後からの

        作業があまり進まなかった。やはり朝は体を動かし外の景色や人々の動きに触れて緊張感を

        持った方が良いのかもしれない。

2017.1.27(金)  晴れ 湿度 23%
    −−◎「ご飯 ちゃんと食べていますか」と時々煮物のおかずなどの差し入れをいただきますが

        ご安心ください。きちんと1日3回食べていますよ。

        @ 今朝は お餅。大きめのお茶碗に お餅と水をを入れてレンジで2分。卵かきまわし納豆。

        白菜漬け(自家製)

        パンの日は四角いパンをトースターでポン。牛乳・

        A今日の昼は冷や麦(3分で茹るので)+サラダ(レタス+トマト+リンゴ+ポークウインナー)

        3時のおやつは仕事の関係で3時半。商品名カントリーマームのようなクッキー+インスタントコーヒー

        B夜は5時半から時間をかけて用意する。今日は筑前煮のようなけんちん汁のような煮物。

         椎茸+里芋+ニンジン+ごぼう+緑のいんげんマメ+おでんの練製品の小切り+味噌で味付け。

         どんぶりにつけるが3回分くらいある。残ったので明日食べる。

         別の日にはカレーや焼き肉、トン汁、その他 夜は時間がありその日の思いで作る。

        ※素材で冷凍できるものは すぐ使用できるよう小切りにして冷凍している。ご飯は一度にたくさん

         炊いて 200gの丸餅風のおにぎりにして冷凍、小切り椎茸、小松菜、小刻みあぶらげ、肉や魚、

         小切りカボチャ、おろしニンニクなど冷凍。商品段階で冷凍のものはそのまま冷凍。

         冷凍すると変質する物は冷凍していない。

         夕刻のニューステレビを見ながら出来立てのみそ汁など戴くとホッとして美味しい(^O^)/。

     

2017.1.26(木)  晴れ 湿度 30%
    −−◎アメリカ社会は"トランプ株式会社"の様相を呈している。政治の論理を越えて、総資本の論理を

        用いつつ個別資本の利益も保持しアメリカ社会を動かしていく、"トランプ社長"の世界支配を危惧する

    −−◎アルミニウムについて。(私の 以下は科学的ではない所見)

        ひところアルツハイマー型認知症でアルミニウムが蓄積して発症するといわれていた。

        清涼飲料水の缶を一斉に鉄製に切り替えたメーカーもあった。

        ある人の脳にアルミニウムが累積していたのは特別の事例であったようだ。

        その後アルミニウムの累積の話は聞かない。

        ある種の胃腸薬にはアルミニウムが使用されているようであるがその胃腸薬を服用していた人たちの

        アルツハイマー病の発症比率が高かったとの報告も聞いていない。

        日常的には今にも溶けだしそうな状況でアルミ鍋が使用されていが鍋からアルミが溶け出すことは

        ないし、清涼飲料水では一層少ない。

        アルミ原因説がその後どうなったか知りたい。

        βアミロイド(先生によっては別の呼び方もある)の蓄積によるものとの説が有力で薬が動物レベルの

        実験で開発がおこなわれている。

    −−◎若年性認知症の場合初期から中期にかけては、本人が「人生において何をしたかってのか」を

        考えてあげて 例えば仕事なら@仕事を進めるようにする。加えてA趣味的なことB身の回りの

        生活動作を、介護者が出すぎないように支えてあげることが適切のようだ。

        中期3分の2を経過したころからは"子ども扱い"をするも必要だ。介護者の動作言葉づかいを

        子ども扱いでと言うのではなく、子どもを大事に思う心構えと同じような気持ちが必要なのだ。

        それで"お正月セット"や"鬼のお面"が登場してた。

    −−◎私はどこから周囲の事柄や知恵やニュースを得ていたのか?

        学齢前は親や家族、周辺の大人たち、同じくらいの年齢の子ども。

        小学生になると 学校、ラジオ、新聞(部分的だが)、本、書籍

        高校生くらいになるとテレビが加わり、当時は青年向けの人生雑誌のようなものがあった。

        吉野源三郎の「君たちはどう生きるか」なども

        さらに年齢が進むと 電話、郵便物、学生仲間の会話。

        あとは仕事上接する人や住まいの近隣の人、そして年齢にかかわりなくインターネットの

        通信施設の設置され普及により活用すること、

        携帯電話。会話から文字伝達、動画伝送と機能が拡充しインターネットと融合し強化された物

        携帯番号やインターネット機能で形成される小集団社会。

        などから社会の仕組みや知恵、ニュースを得ていた。

2017.1.24(火)  晴れ 湿度 20%
    −−◎近隣の観察。

        近くの交差点角地に何年か以前に出来た車10数台停められるコンビニがある。

        その道路反対側に薬局スーパーが去年11月に出来た。駐車場は70台ほどのスペースがある。

        開店3日ほどはいっぱい客がいたが、その後は静かな様子だ。条件を設定して店舗設置設定を

        をしたのだろうけれども、見落とした条件があったのだろうか。商品は生鮮品を除く食品スーパー

        の商品と”百円均一”の商品のようなもので 家庭薬品や化粧品の展示区画が小さい。客がまばらで

        通りがかりに見たところ停まっている車は6台であった。

        私の予感では1年半で引き上げるのではないかとの感じがした。

        対策を立てて客寄せに努力すればはやってくるかも知れない。

    −−◎この前靖子さんのとこの"お正月セット"は片付けて持ち帰ってきていたが 次は節分なので

        豆と20cmほどの"鬼のお面"を飾ってあげた。

2017.1.23(月)  晴れ 湿度 24%
    −−◎外出の用件もなく月曜の日程を進めた。    

2017.1.22(日)  晴れ 湿度 37%
    −−◎気温と湿度。

        湿度の体感を訓練しようと昨年5月末ころから湿度を測lり記録してきた。

        私の気温の記録をしたのは さかのぼる事60年前小学校4年生ころ学校で、

        「何か自分で決めて観察日記を書いてみよう」と言われて、私はマメ(=大豆)を植木鉢植えて

        観察したが6月中ごろだっようだ。絵日記のように生育していく様子を書いた。大きくなって

        変化がなく 飽きが来て幾日も日付が飛んだ日もあった。マメが出来るまでと思っていたが

        出来ないまま夏休みが終わってしまい書きかけのまま出した。こんなええ加減なものを出して

        怒られるかもしれないと思っていたところ、何日か経って返してもらったとき「よく続けて書いたね」

        とほめられた。ノートにも 「生育模様のスケッチや 気温」など「よくできました」とあっても大変

        うれしくなった覚えがある。

        その後 気温が関心事だったのではないが無意識に関心を持っていたようだ。

        湿度については、

        子どものころは一般家庭に湿度計はなかった。学校にあったものは温度計と一体のもので同じような

        表示管が並んでいて一方には溜まりの部分にガーゼを巻き付けて下側の小さな水の入った容器に

        浸して濡らしておくというものだった。数値は温度計とは違う数値が書いてあった。

        いつも温度計より3℃から5℃下を指していた。湿度には無関心で数値の記憶はない。

        今までも「今日はカラッとして気持ちがいい」とか「今日は蒸し暑い」とかの関心はあるが数値には

        無関心で過ごしてきた。

        毎日"気温当てクイズ"をやっている。温度計を見る前に「今の気温は00℃」と押さえて見ると

        ぴったりの時が何度かある、1℃〜3℃までの違いもある。5℃違ったことはない。

        ところが湿度では とんと数値が思い浮かばない。当てずっぽうに数日の湿度から連想して数値を

        出して見ても大幅に違っていることが多い。湿度に関してはなお一層の修行と訓練を要する。(^O^)/

    −−◎トランプ氏の経済政策は ケインズ改良型の社会施設整備による 国家財政拡張策、と 今まで

        インフレを警戒してきたFRBの人事の入れ替えをして金融緩和策を取り入れ金融をだぶだぶにして

        行くだろうと私は予測する。インフレ傾向が進むと予測する。

        ”ケインズ改良型”というのは 1930年代は 不況だから貨幣をつぎ込んだのだが、今アメリカは

        ある程度好況なのに一層貨幣をつぎ込もうとしているところが違っている。    

2017.1.21(土)  晴れ 湿度 24%
    −−◎本日は眼科など行き、生協受け取り、午後少し昼寝、夕刻から一週間分の食品の買い込みなど。

        この日記の2016年分を切り離して別ページにする作業をした。

       

2017.1.20(金)  晴れ 曇り 雨 曇り 湿度 28%
    −−◎靖子さんを障がい者歯科へ診察に連れて行った。

        待ち席で 隣に座っておられたご婦人が話しかけてくれた。

        「大事にしてもらって見えますね、脳卒中か何かですか」

        「アルツハイマーです。」

        「長いんですか」

        「19年になります」と言って 話すともなく 介護の中での"事件"や"事故"についてしゃべっていた。

        「私も母を介護してました。90近くなってからでしたが96歳で亡くなりました。」

        「そうですか ご苦労されましたね。時々よそ様と話していると "うちも介護してました"と言われる方が

        おられまして、世間に結構介護経験者のかたが多いですね」

        「おいくつですか(年齢)」

        「(年齢など言って)働き盛りのころ発症しましてねー」と 思いつくことを話していた。

        「実は私 福祉関係の仕事をしいて ご様子は思い浮かびます」

        その時靖子さんの診察の名前を呼ばれた。

        「あっ それじゃ失礼して...、ありがとうございました。」

        と診察室へ行った。後から感じたことだが ご婦人はプロの優れた"福祉関係者"だと思った。

        何か聞こうと思ってお尋ねになったのではなく、介護者の状況を理解しておられて、

        私に"話す場"を作ってくださったのだと。

    −−◎歯科の先生は「少し痩せられましたね、なにかありましたか」と聞かれた。

        熱発したことや 胃瘻設置の事などをメモにもとづいて報告した。

        口の中を濡らしてから 1cmほどの紙のようなものが取れてきて

        「胃瘻になると 唾液の流れがとても少なくなり 口の中の皮膚が溜まってきてこんな風になるの

         です。食べられている時と 違った歯磨きと手入れをした方がいいですから、説明します。」

        清浄剤(液)と保湿剤を用いての手入れについてしわしく丁寧に説明してくれた。私がウロっとした顔を

        していると カラー図柄入りで1,2,3,4、と順番に書いた説明書をくれた。(必要あれば後日記載)

        ここの先生も親切で丁寧な先生だ。

        

2017.1.19(木)  晴れ 湿度 30%
    −−◎先日の積雪以来周りが急に寒くなってきた。日陰でも雪はもう溶けてしまっているのに

         空気は寒い。容量の小さい暖房機では事務所はなかなか暖かくならず、10時半ころまでは

         石油ストーブも付けて過ごしている。近年私は寒さに弱くなった。    

2017.1.18(水)  晴れ 湿度 29%
    −−◎グローバル化の中身は

        人や物、情報、資本が国境を越えて、行き来する状況がさかんになっていく事、または

        さかんにしようとする考え方で 当然それぞれの国の法律に従って往来している。

        人に伴って世界観、文化、(服装なども)、宗教も往来する。

        人が生理的に持っている情報と共にインターネット活用の促進する

        資本に伴って企業(外国企業の支店、外資系会社)もはいって来る。

        これが私が観察しているグローバル化である。

        発展した国と、発展途上の国では、双方が同じことをできる権利があるとしても、実力のない

        途上国ではできないこともある。資本の少ない途上国では相手国へ資本投資などできない、

        農産物は長期保存が出来ないので安くても売らなければならないが輸入の工業製品は

        保管がきくので相手の言うままの値で買わされる。「あらゆる保護主義を排除して」と叫ぶのは

        強い立場の国の横暴である。

        (強い立場をさらに強めようとするトランプ氏のアメリカ保護主義は上記の保護主義と性質が

        異なるようであるが....)

        資本輸出の仕組みをどのように制御するかが問題となるところである。

        

2017.1.17(火)  晴れ 湿度 25%
    −−◎民族主義。

        昔の時代にさかのぼれば

        生のままの一人の人は思いのままに行動すれば、善人でもあり、悪人でもある。

        一定の地域に住み多数の人員をかかえる人間集団も集団自体においては平穏に暮らしつつ

        あったが別の地域集団に遭遇すると「良い集団」となったり「悪い集団」になったりもする。

        互いに"消滅"させようとする勢いで争った史実もある。小さい地域集団だから"善"であるという

        わけでもない。

       、第一次大戦後から双方の相反する利益獲得のため"実力行使をしない""戦争で解決を図ろう

        としない"との機運が盛り上がってきた。(その後も紛争や戦争は起こっているが)

        過去の時代の大英帝国や スペイン ポルトガル オランダ ロシア帝国 オーストリー

        その他の強国に 支配され独立を得ようとする"民族主義”もあった。

        "優れた民族"と言いヒトラーが持った世界支配への野望、大東亜共栄圏と称してアジアへの

        侵略を試みた軍国主義日本があった。

        フィンランドのように民族意識をかかげ巧妙に生き抜いた事例もある。

        誰かの支配下にはいる"国際化"ではなく、権利は尊重しつつ、実力行使や戦争はせず

        対等平等の関係を持つ国際関係が将来確立することが望まれる。

        EUでは 多国籍企業の利益代理行為に反意を持つ住民意識が 右翼民族主義に引っ張られ

        悪用されないよう警戒を要する

        アメリカのトランプ氏は「アメリカを第一主義」で、ある意味"民族主義"である。

        そして今までは 政治を裏方で操っていたグローバル大企業の社長たちを 次々と大臣候補に

        挙げて体制を確立し 表向きにも 大企業の社長たちが政治を進めることにしている。経済力で

        他国を配下に置き枠組みや倫理にとらわれず 国境を越えて利益を得ようとする大国民族主義を

        確立しようとしている。

        このことについて私は警戒している。

    −−◎世界の高額資産家8人の資産は 所得の少ない人の36億人分だとNGOが報告したと

        報道で伝えられている。


2017.1.16(月)  晴れ 湿度 28%
    −−◎市役所に行き所用を済ませ出でてきて歩行通路ですべって転んだ。ご婦人が近づいてきて

        「大丈夫ですか?」と尋ねられ様子を見ておられた。私と同年配に見える男性も近づいてきて

        好意を持った声で「転んじゃいかんよ、転んじゃいかんよ」と私にも御自身にも言い聞かせる

        ように言われた。別段のこともなく立ち上がり、「雪には注意していたのですが水で滑ったようで..」

        ご婦人は立ち去られ、男性は「雪でも水でも気を付けんといかん」

        私「そうですね、ありがとうございます」と軽く笑顔を向けて通路を後にした。

        夕刻軽く"体操"してみたが何も感じなかった。手で支えて頭部はどこにも当たらなかったから

        大丈夫だろう。これがもし駅のホームだったら大変なことになっただろうと思うと"若者と同じつもりで

        動いちゃいかん"とつくづく気を引き締めた。

    −−◎食品スーパーで買い物をしていて、子どもと同学年の子の母親さんから声をかけられた。PTAの

        役をやっていた時に一緒だった人だ。数年ぶりだ。

        母親さん「田口さん!..」...「久しぶりですね」

        私    「あーっ ○○さん お元気そうですね」

        母親さん「わたしはもう 元気いっぱいです。奥様はどうですか」

        私    「病気は進んできていますが 幸いと長寿を保っています。私は元気ですが、

              足や目やそれなりに老齢化してます」

        母親さん「年の事はわたしも同じですよ。」

        私    「元気で長生き競争しましょう」

            

2017.1.15(日)  雪 のち 晴れ 湿度 48%
    −−◎本日も 深夜(たぶん)から早朝にかけて雪。積雪13cm(地方気象台)。駐車場はほとんど溶け

        大通りも車の通る部分は正午までに溶けていたが、道路脇と横丁には残雪あり。

    −−◎空気と水とお天気は地上に広がっている。国を越えて網羅しているサイバー王国は

        iot(internet of things)などと言って 地上に広がっている。問題はその仕組みの所有者と

        管理活用者 管理提供者がクローバル大企業のマイクロソフトやアップル その他の会社

        であることである

        ネットの仕組みが空気や水のように生活の中に浸透してきているが人間が作り出したもの

        であるので適正に管理されなければならない。

       

2017.1.14(土)  雪 のち 晴れ 湿度 39%
    −−◎早朝 当地方では この冬初めての雪。積雪7cm(地方気象台)だったが駐車場では2cm

        で 車の上で5cm程度だった。雪かきをしなくても10時ころには自然に溶けていた。

        買い物にもいかず 私の病院行きもないので 家事はすいすいとできた。

        生協の受け取りは 奥様方とお天気の話などして済み、用件は終わった。

             

2017.1.13 (金)  晴れ 湿度 45%
    −−◎ある方の思い出話し−−−。

       −−−「子どものころ ピアノ教室に通っていた。音楽は好きで ピアニストもいいかなと

            と思っていて」

            ピアノの先生から言われたことは"上手になろうと思ったら1日3時間ぐらいは練習して、

            だんだん上の学年になって プロの演奏家をめざすなら1日8時間の練習が必要ですよ"

            と言われて周りの話を聞くと家でかなり時間かけて練習しているらしい。

            「毎日 毎日 8時間の練習はとても続かない」と思い、ピアニストになるのは

            やめました。−−−

        なにごともその道のプロには それぞれの道に従って大いなる積み重ねがあるものだと感心した。

2017.1.12(木)  晴れ 湿度 36%
    −−◎平日の日程を支障なく進めた。

        各地で雪のニュースがあり寒くなりそうで、風邪をひかぬよう警戒している。

    −−◎トランプ氏 記者会見で質問の記者を非難、他国を侵す民族主義が世界に散らばって

        世の中が混乱状態に陥ってしまうようなことのないように望む。
       

2017.1.11(水)  曇り のち 雨  のち 晴れ 湿度 38%
    −−◎靖子さんを県医療センターへ診察に連れて行った。

        12月の入院は別の病院だったので 入院〜退院の経過についてメモを持っていって説明した。

        症状や検査値、処置について いちいち電子カルテに記録された。20分ほど話していた。

    −−◎現在の靖子さんの状況は 起きて(目覚めて)いる時は頭まで支えられる車椅子で 他の人と一緒に

        フロアにいる。目をつむっている時、肩などに触ると目を開ける。時々「あー」とか「うー」とか言う

        当分大丈夫だと思っている。
       

2017.1.10(火)  晴れ 湿度 27%
    −−◎私が腰の「リハビリ診察」に県医療センターへ行ってきた。屋内での生活動作には支障はないが

        道路では歩道でも自転車などが通るのでよく注意して動かなければならない。

        足首用布製サポーターを交換してもらうことにしてきた。

        本日は帰宅後10:30から仕事開始。

    −−◎明日は靖子さんを県医療センターへ連れていく日。

        我が家は医術によって生存させてもらっているなー (^O^)/。
       

2017.1.9(木)成人の日  晴れ 湿度 30%
    −−◎年のせいか、何か作業を始めようとするときおっくうになって開始までに時間を取ることがあり、

        やり始めるとすぐに終了する。

        "同窓会"の件も出るのが おっくうであったが 前日に電車の時刻、集合場所の地図確認などして

        「よし 行く」と決めて、行ってきた。実際動き出してみるとスムースに体は動き"午後5時のけだるさ"

        もなく、行程は快調であった。

        帰宅後も旅行の後処理も難無く済ませた。本日になっても疲れた感じもなく朝から諸事を済ませた。

        きっと行動を呼び起こすホルモンが分泌されて短期間持続しているのかもしれない。

        別の日のことだったが 体も動かし思考も働かせるまとまった行動をしたときは けだるさも おっくう

        もなくすごしたことがあった。適度に体を動かす作業も必要なことだ    

2017.1.8(日)  雨 湿度 30%
    −−◎時間があったので大学周辺と、駅周辺をひとりで散策してきた。どちらも風景がすっかり変

        わっていた。

        本日夕刻帰宅した。    

2017.1.7(土)  晴れ 湿度 **%
    −−◎午後から 大学時代の"同窓会"へ行った。どういう集まりかと言うと当時マンモス大学だったが

        学生をよりよくまとめるため1回生、2回生は高校のホームルームのように 50名づつの

        "基礎ゼミ"と称するクラスに相当する単位に分け、週一回は必ず出席し、「連絡事項も聞くように」

        とのシステムだった。その枠組みで学園祭の"出店"とか各種代議員の選出とか行われていた。

        そこでつるんだそれぞれの連中の仲間付き合いが卒業まで続いていた。

        私では この集まりの他 サークルの集まり、研究会の集まりがあり、その"同窓会"で過去何回か

        お誘いがあったがお家の事情で出席できなかった。靖子さんが発症後初期のころ、

        泊りがけで外出したのは家族一緒に3回ほどあったがその後10数年はなかった。今回時間の

        ゆとりが出てきて出ることが出来た。

        出席者は「予定が重なっている」とかその他の事情で来れない人もあって5名だった

        40数年後に会って顔と名前の結びつかない人もいた。4時間余り飲まない私ものけ者にされる

        ことなく、卒業後の 生の生きざまをそれぞれが話した。要職を経て定年退職の人や、私と同じく

        "まだまだ現役"もいた。"成功話"も楽しく聞いた。"失敗話"も、今ここでしゃべっているのは

        当人の教訓なのだと楽しく聞いた。全員出たのは生命に生活にもすぐ支障はないが

        「あちこち痛む」とか眼、耳、臓器の支障などのことだった。

        そして「田口さん、いま幸せですか?」との質問。

        若いころを共有しそこに生きてきたものでしか発せられない内面に迫るやり取りにまで進んだ

        ことに意義と楽しさを感じた。(この良さを「意義と楽しさ」で表すのは適切でないがこの状況を

        形容する言葉が浮かばず本日はこの言葉で)

2017.1.6(金)  晴れ 湿度19%以下(Low)
    −−◎靖子さんの名前で来ていた年賀状を大きい紙に並べて貼って持って行き部屋に貼ってあげた。

        去年も来ていたので、私が連名で出しておいてあげた。本人が読めないからと言って 相手方が

        心を込めて書いてくれたお便りを放置するわけにもいかない。

    −−◎年末に退院してきていたが 介護士さんの話では 熱発もしておらず 靖子さんの状態も顔色も

        良いようだった。   

2017.1.5(木)  晴れ 湿度19%以下
    −−◎月2回刊行の一般向けパソコンの技術雑誌がある。ハード面とソフト面と両面取り扱っている。

        以前はパソコンの事だけ書いてあったが 最近では タブレットやスマホ 外出先からの

        家庭内電気機器の操作、エクセルやワードの解説、そのほか 多方面に広がっている。

        それだけ 情報通信システムが総合的に結びつき電気機器とつながって多くの一般家庭で

        利用されるようになってきたことを映し出したのが この雑誌の内容変化だろう。    

2017.1.4(水)  晴れ 湿度21%
    −−◎多国籍企業の世界支配は"使えるものは何でも使う"ことで グローバル論の他には

        インターネットでの情報収集、通貨決済などをおこない"サイバー王国論"を駆使している

        カード決済など 機構、仕組にとどまらず事件、事象もフル活用する・

        カード通貨決済では、例えば電車料金は 定期券をカード式にした。はじめは一期間ごとに

        発行していたが次の期間 条件が変わらなければ料金の追加払いで同じカードを使用

        できるようにした。さらに余裕金を払い込んでおけば、臨時の1回乗車料金も決済できる

        ようにした。さらに同じカードで、別の社の交通機関も利用できるようにした。

        以下は私の想像だが「こんなことなら銀行のカード一緒にしたら」と(初回は書類が必要

        かもしれないが)一般商品と同じカードで決済できるようになるだろう。

        普通の人も生活上カード社会に取り込まれている。
       

2017.1.3(火)  晴れ 湿度22%
    −−◎テレビで 東京箱根大学駅伝 を見た。駅伝とかマラソンをやっているとたまに見る。目標に

        向かって 淡々と走り続ける姿にこころ魅かれるものがある。青山学院が1位だった。

        6時間近くやるためほか用をしながらでも見ることができる。

    −−◎お正月もすぐ過ぎる もう明日から仕事だ。    

2017.1.2(月)  晴れ 湿度27%
    −−◎時間を1秒だけ繰り入れる"うるう秒"が今年は1月1日の午前9時に実施された。

         前回は2015年7月1日(金)午前9時だった。

         1年5ケ月前のこの時は個人の時計も電波時計が普及してきて、インターネット社会になってきて

         プロバイダーはもちろん、それぞれの会社は独自に電波から時刻を受信し活用するように

         なってきていて、1秒の追加が技術上の不測の事態が発生させないかと 警戒心があり、

         騒がれていたが 当時 何事もなく通過した。また前回は金曜日の午前9時(通常の

         会社は営業開始時間)と重なって一層技術者の不安をかきたてた。

         前回 重大な支障が発生しなかったことと、今回の1秒追加時刻が休日日と言うこともあって、

         騒がれることもなく通過した。支障のニュースはなく、追加のニュースも目立たなかった。

         例外現象は技術者にとっては重大な関心事である。

    −−◎ゆっくりと 年賀状を拝見した。小学校以来会ったことがない人からもきている。毎年の

         添え書きから人生が伝わってきて、同時代を生きてきた感じがして、猿や鳥とは違って

         連携ある社会の中で生きてきた人間なのだとの自覚を強く感じる。

         その後のそれぞれの年代に巡り合った個性や特技、覇気、沈着、優れた人につながりを

         保って戴いて今ある自分があると感謝している。

         一瞬、一定期間、めぐりあって 連絡の途絶えた 魅力ある人、私の糧になった人もたくさんいる。


2017.1.1(日)  晴れ 湿度22%


    −−◎あけまして おめでとうございます。

    −−◎昨日は「第九番」など聴きながら新年を迎え、今朝はのんびりと過ごす。靖子さんとこへ行き

        模擬「おとしだま」など゛あげて、声をかけてあげた。

        そのあと町内の「村の神社」へ行ってきた。

        夜は 「ウィーンフィルニューイヤーコンサート」をテレビでみながら休日とは言え雑事を処理。

        「今年は あれをやって これも形を付けて」と思いを巡らす。

        そろそろのんびりもよし、削られた時を取り返すべく追いかけるもよし、人 、百人百様 。

        今年も張り切って行こう! と決意。



戻って次の年月へお進みください。 (このページの上へ戻る)