最初に戻る  月毎変化のまとめ98へ戻る  詳しい経過 Yasu321    前のデータに戻る  次のデータへ行く

詳しい経過をごらんになりたい方は先へお進みください。↓自動車をクリック

 

気づく以前のこと

性格と生活と環境

気づいてからの変化 1

気づいてからの変化2

予備05

予備06

01

気づく以前のこと 上に戻る↑

 

「ちょっと変」 (1998,8)(53歳10ヶ月)と気づく以前のことを思い出してみます。(筆者=私=田口文機)

(気づく以前)

 

1997年12月

53歳2ヶ月

(物忘れ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(物忘れ)

 郵便局から 預金キャッシュカードが 簡易書留で

送られて来ることになっていた。

 

 しかしいっこうに来ないので私が「郵便局から 簡

 

易書留で何か来ていなかったかなー」と 聞いた。

 母さんは「さあ、気がつかなかったけど」という。

郵便局に問い合わせをすると「12月XX日に配達

した。」と言うことだった。

 カードが すぐ無ければならないというものでもな

かったので、そのまま忙しい年末、正月が過ぎていっ

 

た。正月も一息ついたころ、棚の整理をしていたら、

 

上の方から配達控えの付箋の付いたままの 封筒が

 

出てきた。

 封筒が出てきたので、何事もなかったように季節

は移り変わっていった。

 

 

 

 

(気づく以前)

 

1998年2月

53歳4ヶ月

(同じことを何回も言う)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(同じことを何回も言う)

 

母さんと娘は仲が良かった。ほとんど言い争いをす

 

ることはなかった。この日 私が夕方家に帰ったとき

険悪な空気が流れていた。1時間もすると元に戻っ

た。私としては、元に戻っているものを、詮索する

ほど、必要も暇もなかった。

しばらく日にちが経ってから、娘が言うには、

 「あの時、前にも聞いた話を何回も言うから、

『その話はもう聞いたって、何回も言って』と言ったら

『何回も言っとらへ ん』と言ってものすごい怒って、

1〜2時間しゃべらんかった」と。

何かを注意して言ったのではなく、ニュース情報

的 に、教えてあげたという内容のようだった。

私は娘に 「貴重な情報を教えてもらったのに 

食いつかなくてもいいやろ」

 「別に食いついてしゃべったわけでないよ、

普通に言っただけやし」

 

 

 

 

(気づく以前)

 

1998年5月

53歳7ヶ月

 

(電話の伝言があいまいになった)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(電話の伝言があいまいになった)

そのころ 娘は中学3年、私はPTAの係をやって

いた。修学旅行が翌日という日に 母さんは「長」の

人から「行ける人は見送りに行く」との電話を受けた

という。当日の朝、朝食の時にそれを聞いた。

私は もし行くとすると時間がない、見送りに行くの

は係だけなのか、係以外の保護者も行くのか、他

の係への連絡はどうなっているのか とか考えてい

た。

 連絡というと 私だけが用件を聞いておけばいい

場合と、他の何名かの係の人に伝えなければなら

ない場合とがあったので「みんな集まるのかな、私

だけが行けばいいのかな」と聞いた。母さんは

「さあーわからん」と言う

「わからんて・・・(電話で詳細を)聞いたんやろ」

「私が出ていって(PTAの係りを)やっているわけ

やないしわからん」

「いま 連絡をどうするかってことは 普段 係をやっ

ている やっていないに関係ないがね」と言い争い

になってしまった。

電話の内容から今後の処し方を判断することがで

きなかったのだ。

 

 

(気づく以前)

 

 

 

その他

 

 

 

 

 

 

生協(消費生活協同組合)の注文で 

 

いか を 十ハイ(10匹) 二回連続注文、そして連続で

 

はないが、まだたくさん残っているのにまた注文するこ

 

とがあった。

 

 ただ私のところの生協の場合 注文してから商品が届

 

くのが二週間後であるため、今の私も時々同じものを二

 

回注文することがあるので何とも言えない。

 

 


02

性格と生活と環境.... 上に戻る

(気づく以前)

 

病気と気づく以前普通に暮らしていたときの様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(性格)

きれい好き、冗談を解する、色彩の美的感覚は

 

するどい。

 

 直感的判断に優れており、論理的思考には弱か

 

った。

 

 ある年のお正月の朝大雪が降った。「よし今日は

 

店をお休みにしてスキーに行くよ」とか、どこかへ遊

 

びに行くときに、その日の朝決めるようなこともあっ

 

た。

 

 しかし人倫の処理となると、「人間ってそんなもん

 

じゃあないと思うよ」などと理詰めになることもあっ

 

た。

 

(趣味)

ボーリング。まだ修業時代、お客様に連れて行っ

 

てもらい、かなりのレベルに達した。

 

そのほか、油絵、文化刺繍などを始めたが、忙し

 

さのためものにならなかった。

 

酒、行事で宴会などあれば飲むが、日常的には

 

飲まない。

 

たばこ、20年くらい前マイルドセブンを半年間ほど

 

喫煙したことはあるが、後は喫煙していない。

 

店用の顔、家庭用の顔

 

と言っても別に 裏表があったというわけではな

 

い 店に出ているときは 声がハイトーンであり、シ

 

ャキシャキとしていた。

 

家庭用の顔 声の調子は低くなる。

 

何でもとっておく。買い物の包装紙、袋。雑誌、

 

本。何かの折りにもらった石鹸、お茶、タオル、砂

 

糖、茶碗、海苔 などなど。

 

   

 

 

(気づく以前)

 

病気と関係のありそうないろいろなこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎緊張とストレスの連続

 

美容院の仕事が忙しく、待っているお客様のことを

 

気遣い、いつも緊張とストレスの連続だった。

 

 

◎風邪を引くと頭痛がした。

 

風邪の時、小児用風邪薬ジキニンを何回もケース

 

買いをして保管していて飲んでいた。

 

 

◎栄養ドリンクを飲んでいた。そのために不整脈

 

になった。栄養ドリンクの服用を中止したら不整脈

 

は起こらなくなった。

 

 

◎1995年7月のある日 子供を連れて外で和食

 

を食べてきた。その夜、食中毒症状が出て、激し

 

い腹痛があって救急車に来てもらいみどり病院に

 

運ばれた。その時救急車の中で激しく呼吸をして

 

過酸素(酸素が多く吸収されすぎること)症になり

 

かけたことがあった。(本当にその症状になると脳

 

を冒されることがあると聞いている)

 

 

◎我が家の真上に電力会社の高圧電線がある

 

 

◎うちの食卓で母さんの位置は、電子レンジの前

 

下にある

 

 

◎十数年前から ニワ・インターナショナルという

 

ところの、ルイボスというお茶と ニワナ−106と

 

いう食品を食していた。

 

 

◎プロポリス(蜂蜜加工品)を飲んでいた。

 

 

◎仕事で使用する パーマの液体がお客さんのセッ

 

トアップの時蒸発し店内に満ちていた。

 

◎爪のマニキュア時に、洗い落とし、塗布において、

 

シンナーを使用していた。

 

03

気づいてからの変化1   上に戻る↑

 

1998年8月

 

   から

 

1999年2月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(この間は当たり前にやっていた)

この間、美容院の仕事は当たり前こなしていた。

 

食事の用意は、朝食を週三日は私が作り後の日は

 

母さんが作った。昼食はその時の都合によって、夕食

 

は母さんがやっていた。

 

洗濯は母さんがしていた。

 

(おかずか黒こげ)

煮物をしていて おかずを黒こげにしてしまうことが

 

何度かあった。

 

([料金もらっていない]と言う)

美容院の仕事で、髪をやってあげたのに「お金をもら

 

っていない」と言うことがあった。私は言っていることを

 

記憶まちがいと思いもしないで、一緒に集金に行った。

 

相手のお客さんから「あの時お払いしましたよ」と言

 

われて、「あっ そうでした そうでした。」とすぐ納得し

 

てしまった。立場逆転で丁寧にお詫びをして帰ってき

 

た。

 

帰りの道々「本当はどうやったの」と聞くと「もらった

 

と思う」と言った。「もらっていたのなら良かったがね」

 

と言いつつ戻ってきた。

 

別の時にもう一人あった。その時は近くの人だった

 

ので「一人で行って来てみ」と私が言って一人で行か

 

せた。その方も「もらっていたわ」と言って帰ってきた。

 

 また一人の方がいたが、今度は電話で確認させた。

 

相手の方が気安い人で、お金をもらったときの状況を

 

丁寧に説明された模様で「そういえばそうやったね」と

 

納得していた。

 

 次の時に「もらっていない」と言ったときに、私は「た

 

ぶんもらっていると思う」と言ってレジスターのお金を

 

点検した。来られた客さんの料金と残高金額が一致し

 

ていた。

 

 「忙しかったので状況を覚えていないかも知れない

 

けれどお金はもらったんやわ」と私が言って納得した。

 

 以後、料金をもらったら、私が確認することにした。

 

 それから後も「もらっていない」と言うことは何回かあ

 

った。「さっきもらったよ、おれも一緒にみていたから確

 

かだよ」と言うと納得していた。

 

([商品を万引きされる]と言う)

化粧品の店販商品がほんのわずかにある。それを万

 

引きされると言い出した。状況から見てほとんどあり得

 

ないことだった。

 

「そんなことはないと思うよ」と私は言った。

 

母さんは何度か「万引きされる」と言っていたが、実

 

際にはないことなので現実問題は発生しなかった。

 

(時々沈み込むことがあった。)

時々沈み込むことがあり、他人を避けるような感じが

 

見られることがあった。

 

このころ行動がちょっとおかしいと思う

 

 

 

 

 

 

 

この時期のことは 「こと」が毎日

 

起こるわけではない。たまにポツ

 

ポツとあるだけなので 他の人か

 

ら見たら全くわからない状況だっ

 

た。

 

04

気づいてからの変化2   上に戻る↑

 

 

1999年3月

 

  から

 

1999年8月

 

 

無かったことを言う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1999年3月11日 娘の高校入試の合格発表のあ

 

る日だった。その日は朝から寒い日だった。娘は前日か

 

ら「もう落ちたわ、落ちてるわ、見に行かんでもええわ」

 

と言っていた。

 

 「そやけど見に行かんわけにはいかんやろ」

 

と促して学校へ行った。風が吹いて寒かった。

 遠く離れた畑の中の道路に車をおき、歩き出したが

門を入るのがおっくうのようだった。

 奥の方に入っていくと中庭は、騒いでいる人でいっぱ

いだった。 掲示板には 番号順に受験ナンバーのみ書

き出されていた。娘はそれを確かめるように見ていた。

 あればどのあたりにあると言うことはわかっている。

 娘が、「あったよあそこに」と言った。 「そうか」と、私も

 

番号を確認してから「母さんに電話しなさい」と言って電

 

話をさせた。それからが大変だった。スリッパも用意せず

 

筆記用具も持たず、外での寒さに数時間耐えるだけの

 

服装もしてこなかった。が手続きは無事終了させた。

 

 家にいた母さんは親戚の人に

 

「入試、受かったって、お父さんが夕べ(昨晩)聞いて来

 

たよ」と言っていた。夕べ(昨晩)聞いて来るということは

 

ありえないことだった。

 

 

05

                                   上に戻る   。 月毎変化のまとめへ戻る

 

0000年00月

 

予備h

 

 

 

 

 

予備g

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

06

                                        上に戻る

 

0000年00月

 

予備f

 

 

 

 

 

予備e

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

07

                                         上に戻る

 

0000年00月

 

予備d

 

 

 

 

 

予備c

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

08

                                                   上に戻る    。 月毎変化のまとめ98へ戻る

 

0000年00月

 

予備b